« heart in heart ♡ | トップページ | レタグラフィー本部にてカッパープレート体講座 »

2022年1月19日 (水)

「A4サイズ対応」ダンボール製傾斜台

工藤の盟友・芳川紙業株式会社総合企画部の須川栄司さんと、あれこれとやり取りをしながら完成なった「ダンボール製傾斜台」。

もともとは、カリグラフィーの講師をすることになって、どうせなら、来てくださる方々には傾斜台を使って文字を書いていただきたい…との思いで、ダンボールで自作したのがきっかけ。

あれから、もう何年になるのか。

ちなみに、ダンボール製傾斜台についての最新の記事はこちら

↓ ↓ ↓

ダンボール製傾斜台 Part 1
ダンボール製傾斜台 Part 2

サイズは、430×450でした。
通常流布している木製の傾斜台とほぼ同じくらいのサイズかと思います。

008_20220119204201

須川さんという人は、ダンボール製品や什器、それにおもしろグッズ等々の制作のプロ。
こちらのややこしい注文にも、誠実に対応してくださいます。
いつも、感謝しております。

昨年のいつくらいからか忘れてしまったんですが、この通常サイズのものとは違う、より大きい傾斜台の制作をお願いしてました。
が、ここ数年、B4サイズの練習用紙ではなく、A4サイズのものを使用する方々が増えていることもあって、それなら、小さいバージョン、A4サイズ対応の傾斜台もあればいいな〜と思った次第。

今回も、昨年後半くらいから、何度もやりとりをしつつ、試作品も送っていただき、ようやく完成の運びとなりました。

2種類あります。

左が、外寸300×350の縦長
傾斜部分は、300×320
右が、外寸320×350
傾斜部分は、320×320のスクエア

Img_6772

仕様は同じなので、左の縦長サイズの方の写メを以下に。

本体は、折りたたみ一体型。
本体とコートボール(いわゆる厚紙。ダンボールの”波波”を回避するための下敷きとして使用)のセットとなります。

Img_6754

まずは、カッパープレート体用の傾斜で。

Img_6756

写真右端の高さで、約5センチ。
付属の衝立式のパーツを使用して傾斜を付けます。

ちなみに、イタリック体等の練習にも対応してます。

Img_6757_20220119205601

傾斜は、通常サイズと同様、3段階に可変。

Img_6762

とにかく何より、ダンボール製なので軽いから持ち運びに便利です。
通常の木製のものになると、そこそこ重いので、持ち歩くのにも不便ですよね。
そういうわけで、工藤も木製傾斜台は、自室に据え置き・常設で使ってまして、ダンボール製のものは出張レッスンに持って行くようにしてます。

こちらの縦長タイプは、A4サイズ用紙を横に置くと、ちょうど同じ幅になります。
用紙を上部のへりのところに合わせて縦に置くと、傾斜の下部に2センチほどのゆとりができます。

工藤ももちろん使ってみました。
縦長・スクエア型、どちらを選ぶかはお好みになりますが、A4用紙を縦オンリーで使うなら、縦長。
縦横双方で使用ということなら、スクエア型の方がいいかと思います。

お値段は、本体一式で1台600円+税=現在660円
ご購入の際は、そこに梱包費110円と送料(どちらも税込)がかかります。
送料の目安は、900円前後〜かなと思います。

一人で1台を購入するより、何人かで共同購入をして、送料を割り勘するのがベターですね。

一応、工藤経由の販売もありますが、工藤からの場合は、直接手渡しオンリーになります。
お値段は、5台一組として購入(定価で購入してます)して、送料/5台とちょっとだけ手数料(1台につき2〜30円くらいかな)をいただいて、1台900円(税込)とさせていただこうかと思っています。

制作・販売は、芳川紙業株式会社さん。
設計・担当は、須川栄司さん

お問い合わせは…
・芳川紙業株式会社・須川さん
 e-mail : sugawa@e-yoshikawa.co.jp

・atelier mystic tempo 工藤祐輔
 e-mail : mystic.tempo@gmail.com

まで。

寒い日が続いてますね。
今日もひときわ寒かったです。
冷たい雨も降ってました。
みなさま、体調に気をつけててくださいね。

 

 

| |

« heart in heart ♡ | トップページ | レタグラフィー本部にてカッパープレート体講座 »

カリグラフィー」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« heart in heart ♡ | トップページ | レタグラフィー本部にてカッパープレート体講座 »