« 気まぐれカリ1枚 | トップページ | 藤原京へ…その1 »

2020年8月 4日 (火)

悲喜交々。。。(65)

前回って…2008年の10月なんですね^^;

あーーーめちゃ久しぶり〜笑

久しぶりながらも、単なる言葉遊びですので、レベルは低いです。
俳句ではありません。季語が無いのもあります。
当人が、俳句をと思って作っておりませんので。^^;
でも、折角なので個人の記録としてアップさせていただいてます^^
10コたまったら出す感じですね。

だいたいが、道すがらの草花を見ての思いつきが多いです。
なので、後の方のは、その写メ載せておきます^^

 

紙一重
眼差しひとつの
胸三寸

春風に
俯く君の
可憐さよ

一閃に
浮かぶ笑む君
薄化粧

夏空に
染まりて舞いし
飛天かな

夏空に
城辺に映えし
百日紅
(これだけ、「解説」を。笑 「城辺に=しろべに」はつまり、百日紅の「白」と「紅」の花のことです。とある城址で目にした百日紅からの一句)

コツコツと
「時」見定めて
綴る文字

変わり身と
飽きの行手に
火炎かな

Img_4317

足元に
佇む命の
愛おしさ

 

Img_4943

空蝉に
身を顧みる
夏の朝

 

Img_6466

炎暑にも
負けじと胸張る
矜持かな

 

こんなところです。
またたまったらアップさせていただきま〜す^^

 

| |

« 気まぐれカリ1枚 | トップページ | 藤原京へ…その1 »

悲喜交々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気まぐれカリ1枚 | トップページ | 藤原京へ…その1 »