ポーセラーツ

2017年7月31日 (月)

ポーセラーツ フリーレッスン3回目。。。

6月の下旬に、西宮にある自宅サロン《ESORA》さんへ行ってきました。
これで、3回目になります。

ESORA》さんと云えば、知る人ぞ知る『神馬友子』先生。
何かの機会に、またあらためて書かせていただこうと思っていますが、この神馬先生、ほんとにすごい方。

自分があれこれ云うより、見ていただいたほうがいいので、プロフ貼り付けておきますね。

神馬先生のプロフィールはこちら →  ←クリックしてください。。。

とにかく、こんなすごい先生に教えていただいていたんだっていう、ある意味畏怖のような気持ちにもなってくるんですが、実際は、とてもアットホームで気さくで、笑顔いっぱいの素敵な方なんです^^

たいがい緊張しいの工藤ですが、初対面の時はともかく(笑)、2回目からはもう落ち着いてご自宅へ上がらせていただいています。

そんな中での3回目のフリーレッスン。。。

今回も、前回に引き続き、切り絵の師匠・蒼山日菜先生の切り絵をベースにした転写紙を使用してのポーセラーツでした。

ちなみに、日菜先生の転写紙は『無鉛』。
人体への影響を考えて、『無鉛』で開発・作成されたもの。

この日は、チーム蒼山・関西切り絵仲間の真司くんとともかさん、そして工藤の3名。
それから、台湾から来られて、日本で多くの資格を取られた方。

結局、いつものことながら、淡々と貼り続けた工藤が最初に上がり。

時間もあったので、追加で、白磁ではなくて硝子ものをさせていただきました。

19510601_1032289823569302_7793923_2

工藤のは、手前の長方形の皿と、真ん中にある風鈴。
真司くんはその向こう側の硝子のティーポット。
ともかさんは、左の丸皿。

19430092_1032289826902635_544400047

↑は貼り付けた後の図。

そして、先日。
焼成なって、手元へもどってきたのがこちら。

20446565_1050325791765705_3175214_2

キレイに仕上がってました^^

20428026_1050325795099038_290396808

これは、日菜先生のボクシング好きが高じて出来上がった「ボクシンググラブ」(^_^;)
何故か、誰も使わない・・・ということであったので、工藤が使ってみました。
ま、見えにくいところに貼ったんですけどね。
対角線向こうとで2か所に貼ってます。

これ、何に使うかというと、カリグラフィーのペン置き♪
結局のところ、ペンは、とても大切な友人からプレゼントしてもらった1本しか置かなくて、あとのスペースにインクをズカズカと置いてますけど…

↓ こんな感じ。。。

20525959_1052745764857041_416410811

絵が見得変…笑


で…風鈴はどうなったかというと…
転写紙との相性等々のこともあってか、本体には貼りつかなかったんです。
真司くんのティーポットも同じく。
これは、またあらためて貼り直して、日菜先生に焼成していただこうかと思っています。
(窯を購入されたんです^^; どこまでも徹底される方です。。。畏怖。。。)

さて、神馬先生の『ESORA』レッスン。
次回は9月の予定です。

強烈な暑さの日々が続いています。
何度も書いてますが、ほんと、熱中症には気を付けてくださいね、皆さま。
(工藤はもう…今月何度もやってますが…)

佳き8月をお迎えください^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

ポーセラーツ フリーレッスンへ。。。

3月15日に、ポーセラーツ体験講座へ行ってきました。 ← その記事^^

それから約1カ月…
4月の24日に、西宮にあるESORAさんへ2回目のお伺い。

今回は、切り絵関西メンバー4名中3名で受講してきました。

実は…このメンバーの切り絵の師匠である蒼山日菜先生が、このポーセラーツ用の転写紙を監修・販売されることになり、この日はそれを持ちこませていただいてのレッスン。

この転写紙は、もうすぐ公開・販売になります^^
全体のお披露目まで、今少しお待ちくださいね。。。

ESORAを主宰されている神馬友子先生は、ともかく気配り目配りが細やか。
一人一人の作業も、しっかり把握されてて、タイミングよく提案等々もしてくださいます。

前回の記事にも少し書きましたが、この神馬先生、本を出されてます。

つい最近、面白いことがありました。
師匠の蒼山日菜先生が…実はこの本を持っておられたという。。。^^;
しかも、神馬先生の名前を見ることもなく、なんとなくよさそうな本…と思って購入されていたそうです。

こんなことがあるんですね~
奇遇というのか、縁のあるシンクロというのか、メンバーみんなでビックリでした。

自分も今読み進めさせていただいてますが、読みやすいのと要点がしっかりわかりやすく表現されていたりで、自宅サロンをするためということだけではなくて、何かを始めようとする際に、何かと応用の効く内容になってます。

よかったら是非^^

本題に戻りまして。。。

ポーセラーツです。
工藤は今回もシンプルに進めました。

転写紙を貼り付けたあとの画像がこれです。
3名それぞれ個性が出ます^^;
(絵柄の周りのピンクの部分は、焼成で消えます)

18119054_994437080687910_9155049062

これを焼成していただき…先日、手元に届いたのが ↓ こちらです。

18423988_1003619933102958_174370024

↑ 3名分。。。

18423678_1003619936436291_647625342

18423740_1003619943102957_855521011

↑ こちらは真司くん作。。。
神馬先生も、「女子力高い!」と絶賛でした^^
男性作品ですからね~これ。
確かに女子力高いです。。。

18403491_1003619939769624_732341951

↑ こちらのフォトフレームは、宗清さん♪
黒とゴールドで攻めてはります。。。

18447475_1003619999769618_912603287

18485628_1003620003102951_835926778

↑のマグと↓の箸置き(工藤は、これを、ペン置きにして使います♪

18425112_1003620056436279_498676335

↑このペン置きには、ほんとに小さくワンポイントだけ。

シンプル工藤と違って、さすがに真司くんは、難易度の高いものに挑戦しますね、何でも。
こういうところは見習わねばなりません。

次回は…工藤も難易度上げます☆

実はこの日のこと、そして真司くんの作品が焼き上がった時点でのことを、神馬先生がブログに書いてくださってます。

 ← 4/24/2017 *今日の貸切レッスン!切り絵仲間で^_^

 ← 5/5/2017 *切り絵×ポーセラーツのコラボレーション♡&心がモサモサ...

感謝ですよね。。。

神馬先生、ありがとうございました^^

その、神馬先生の座右の銘がすごい…

「一番忙しい人が、一番たくさんの時間をもつ」

ただただ、「忙しい」「忙しい」って云うとうだけって、実はまだまだなんやな~って…

一日一日を大切に、しっかり「地に足つけて」(=最近の工藤のテーマです)これからも頑張っていこうと思います^^

今日は…「母の日」でしたね。

Insta と FB で、「母の日」カリを上げておきました。
仕事から帰るなり書いたものです。
Insta と FB に同じものをアップするって、滅多にしないんですが。。。

HAPPY MOTHER'S DAY !

18447218_1003513819780236_861454701

世のすべての「おかあさん」たちに、感謝の意を込めて。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

里帰り。。。

一昨年の福岡展へ出展させていただき、その後、縁を得て飛び立っていった『勇舞・火の鳥』が、先日、わけあって、手元へ戻ってきました^^

強いて云うなら「一時帰宅」のような…

到着は20日。
でも、バッタバタに忙しかったこともあり、封を開けたのは22日の日付の変わった後でした。
(この日に必要だったこともあり…)

18157701_994436810687937_6438110144

18199190_994436807354604_2128887291

目にするのは…1年と5カ月くらいぶりになります。
なので、写メ撮りまくり^^;

この一舞が生まれた経緯は、←ここに書いてあるんですが、自分にとって大きな転機になったチョウチョでもあります。

そんな時…たまたま購読しているとあるブログの未読の分を読んでいると…

<4月22日から6月1日まで>
やり直しの機会(特に仕事上)
少しの間離れていたパワー存在との新たな再会。
表面的なものを掘り下げて源泉を見つける。
始めたことが自分の真実、純粋さに基づいているか確認。

という一文に目が止まって、しばし、鳥肌状態。。。

いきなりの4月22日に、「少しの間離れていたパワー存在」との新たな出会いをさせていただいたってこと?

自分にとって、『勇舞』は、ほんと…そんな存在でもあったんです。
だから、当初はどうしても手放したくなかったんですね。
でも、こういう巡りで、再び手元へ戻ってくるっていう「運命」みたいなものを、このチョウチョが持っていてくれたんやって感じ入った次第です。

そう。
手放したからこそ、再びの新たな出会いが出来たってこと。

18119425_994436804021271_6354872032

裏面です。
このチョウチョ、ほとんど下絵っていうものを書かずに切りました。
少なくとも…1/3位の切り絵は、下絵は書かないかもしれません。

今日、この『勇舞』の写メを友人に見せたんですが、

「これ、すごく色っぽくて好き」と云っていただきました^^

そうなんや。。。色っぽいんや。。。

切った当人は、そう云う風には思っておらず(^^ゞ

そう云えば、切り絵の師匠である蒼山日菜先生に、以前…「工藤くんのチョウチョはエロイよね~」と云われたことがあります(;・∀・)

切っている当人としてはですね…
チョウチョを「女性」に模して切っているので、結句、そういうことになるのかもしれません…
でも、自覚はないんですけど…笑

本日、返送させていただきました。

持ち主である、東京の切り絵作家さま、ありがとうございました^^

―☆―☆―☆―

その22日、そして23日の2日間は、蒼山日菜切り絵研究室メンバーの宗清さん・真司くんと共に、師匠と長時間にわたって、一緒に行動させていただいた貴重な2日間となりました。

22日は京都読売の切り絵教室~三条のカフェ・ショコラにてミーティング。
23日は、午前と午後、神戸にて切り絵教室。
2日間とも、アシとして勉強をさせていただいた貴重な時間でした。

ありがとうございました。。。

そして、24日は、西宮のESORAさんにて、主宰の神馬友子先生ご指導になる、ポーセラーツ講座。

ヘビーに濃い3日間。

出来上がってから、あらためて記事アップをさせていただく予定ですが、この神馬先生…なかなかすごい方です。。。
詳しくはその時に^^

18119054_994437080687910_9155049062

↑ 
転写紙を貼ったところです。
これを窯で焼成して完成となります。
さて、工藤のはどれでしょうか。。。笑

出来上がりを楽しみにしつつ。。。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)