お知らせ

2020年10月19日 (月)

代官山 ARTSRUSH 『箱庭展』 作品その二

東京・代官山ARTSRUSHでの企画展 vol.352 『箱庭展』の会期も、半分となりました。

ちょっと日が空いてしまいましたが、出展作品の2つめをアップさせていただきますね。

まずは、切り絵チョウチョから。

121964718_1975429032588705_5271458833165

名前は、” bail apasionado " 英語で云うと、” passionate dancing "
あ、これ、スペイン語です^^

このチョウチョ…
他の2舞より難産でした。
時間で云うと、1.5倍ほどかかったかと。

広げてみないとわからないと云うのが難点といえば難点なんですが、いろいろと不安を抱きつつも、思ってたよりはイイ雰囲気に切り上がったかと思います。

これも、名付けの友に見てもらうと…

・見てて立体的
・フラメンコみたいなダンス
・炎舞
・passionate dance

ということでした。
話すことも読むことも当然できませんが、自分、スペイン語が好きなので、それで、「bail apasionado」としてみました^^

 

これに合わせる「詩」をどうするか…
今回の展示用に、3つほどは候補に挙げてたのがあったんですね。
で、最終、そこから選んだのが…

Wiliam Wordsworth の『The Daffodils』でした。

一応、dancing でもあるので、軽快感を出したくて、用紙の色とガッシュの色をソフトなものにして、書体はカッパープレート体に。

20201004-baile-apasionado-02

慣れないことをしてしまいました。
なので、これがイイ方向に出たのかその逆なのかは、自分では判断付きかねますが、とにかく、合わせてみたのが「↓」です。

20201004-baile-apasionado-01

20201004-baile-apasionado-04

20201004-baile-apasionado-05

額はA4サイズ。

ちなみに、この「詩」のなかに、「dancing」という単語が入ってました。
これは、後で判明したことながら、なんとなくリンクしている感じで、うれしかったです^^

 

 The Daffodils

I wander'd lonely as a cloud
That floats on high o'er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host of golden daffodils,
Beside the lake, beneath the trees
Fluttering and dancing in the breeze.

 水仙

谷を越え山を越えて空高く流れてゆく
白い一片の雲のように、私は独り悄然としてさまよってきた。
すると、全く突如として、眼の前に花の群れが、現われた。
湖の岸辺に沿い、樹々の緑に映え、そよ風に
吹かれながら、ゆらゆらと揺れ動き、躍っていたのだ。

(岩波文庫 『イギリス名詩選』

 

東京・代官山 ARTSRUSH 『箱庭展』は、26日までです^^

2020101103

2020101101_20201019201001

 

 

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

伊丹で「カリグラフィー教室」スタート

4年ほど前、工藤が出張カリグラフィー教室を始めさせていただいた時、伊丹から大東の住道の会場まで、体験レッスンに参加してくださった方がいました。
この時と、少し間を空けて2回レッスンを受けられた後、お子さんの出産のこともあり中断。

あれから3年ほど経っているんですが、今回、その方が主宰する、「伊丹市の心ほっこりサロン Tonttu fleur」(伊丹市で子育てママ向けのイベントの主宰)の活動の一つとして、工藤に声をかけてくださいました。

何から何まで設定していただき今日の日を迎えたわけですが、やりとりしてて思ったのは、ともかく聡明な方ということ。
絵本のサロンもされているだけあって、つまりは、絵本の読み聞かせをされているんですが、それだけに「声」もいい。

「声」ってとても大切です^^
めちゃくちゃ姿勢のいい剣道女子でもあります。

その阪上まゆりさんが募ってくださった2名の方々と共に、今日は、会場である伊丹市神津交流センターにて、カリグラフィー体験レッスンをさせていただいた次第です。

心地よくソーシャルディスタンスを取れる明るく広い空間でのカリレッスンでしたが、文字を書けば息が止まるし、力が入って肩が凝る…(^◇^;)
カリグラフィーって、見た目だけだと華やかに見えるんですが、結構地味な作業です。

普通とは違うペンで、普通ではしない書き方で文字を書いていく。
でも、「普通ではない」って「異常」ってことではないですからね^^

何度やっても出来ない…って思ってても、ちょっとしたことで「出来た!」ってなる。
今日も、そんな光景が少しですがありました^^
黙々と慣れないペンを持って、「ペン先は45度で」「傾斜を忘れないで」「ラインは平行ですよ〜」と、何度も同じことを云われる中、「あ! 書けた!」ってなった瞬間は、実は工藤も嬉しかったりするんです♪

2020101601

途中、休憩を挟んでの2時間ほどの時間は、ちょっと大変だったかもしれません。
おまけにラストには、ご自身の名前をピンクのカードに、いきなり本番で書いていただきました。
でも、みなさん、がんばって書いておられましたよ。

終了後、主宰のまゆりさんが、資格まで取られたという「読み聞かせ」で、『魔法のハッピーハロウィン』という絵本を読んでくださいました。
大人向けの読み聞かせです♪
読み終わってからの語りがまた何とも秀逸で…

2020101602

工藤も学ぶことがいっぱいあった充実の時間となりましたよ。
感謝です。

2020101605

↑ ハロウィンのチョコまでいただいてしまいました♪
 重ねて、ありがとうございます☆☆☆

こちらでのカリグラフィー教室は、毎月第三金曜日となります。

お問い合わせは… ← こちらまで。

尚、レッスン内容等についてのお問い合わせは、工藤まで。
mail : mystic.tempo★gmail.com (お手数ですが、★を@に変更してくださいね)

 

さて…連続出社日数が、もうすぐ1ヶ月になりそうな工藤…笑
どうしたものか…
でも、とにかくここは乗り切るしかないので、やり遂げます。
伊丹から帰ってきて、まずはランチを久しぶりに以前バイトをしてたギンカさんで。

2020101603

もう…めっちゃ美味しかった明太子スパ大盛り。
何ヶ月ぶりのことか。

それと、以前ここのスタッフで一緒だったNさんが、自家製の「栗の渋皮煮」を持ってきてくれてあったのをお裾分けで一つ。

2020101604

結構大きい栗です。
こういう美味しいものを口にすると、なんか、いろんな嫌なことも飛んでしまいますね^^

で、お腹もいっぱいになって会社に繰り出してきました。

と…今日は会議があったこともあり、東京から常務が来てはりまして、
「クドちゃん、ちょっと話がある」
と応接室に呼び出され、何かと思うと所属替の件。
仕事内容なほぼ変わりませんが、業務部から事業本部への移動。
特に問題はありませんが、なぜ?(^◇^;) ま、いいですけど。

そのまま常務と種々懇談をしてて、カリグラフィーの話に。
すると、東京の女子社員さんの一人が24日に結婚式だそうで、「名前入れて、Happy Wedding 書いてくれんか?」ときまして、オーダーをお受けしてきました。
云ってみれば内輪のことなので、代金は額と送料の実費だけとさせていただいたんですが、日がない…(^^;;

正面突破で「なにしかやると」で頑張ります。

そして、明日は神戸の《風の家》にてカリグラフィーレッスンです。
工藤は生徒さんです^^
ほんとは爆睡したいです…^^;

そやけど、しっかりがんばってきま〜す。

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

代官山 ARTSRUSH 『箱庭展』 作品その一

今日からスタートしました。

東京・代官山のギャラリー ARTSRUSH での 企画展 vol.352『箱庭展』

工藤は、「カリグラフィー × 切り絵」で、作品を3点出展させていただきました。
2〜3日おきくらいに、一点づつ、こちらとアメブロの方にアップさせていただこうと思っています。

さて、今日は一つめ。

20201002-wisdom

名前は…wisdom 英知

今回も、工藤のチョウチョの「名付けの右腕」といっていい方に、いつものように、直感で名前を付けてもらいました^^

工藤の切り絵、特にチョウチョに関しては…ってことになりますが、外周枠を描いて、紙を二つ折り。
その後、翅の中に2〜3本のラインを引いて、あとは模様を少しずつ描きながら切っていく感じになります。
下絵を完成させてから切るっていうことは、ほとんどしてません。
そういうわけなので、広げてみないと、どんな雰囲気になっているのか、当人がよくわかってません。
こんなんでいいのかな〜とは思ったりすることもありますが、まぁ、なんとか仕上がっていますので。^^;

掛かった時間は、4時間弱かな。

 

そして、カリグラフィーの方は…

20201002-wisdom-calligraphy

No coward soul is mine,
no trembler in the world's storm-troubled sphere :

私の魂は怯懦ではない、
この世に吹きすさぶ嵐に戦くような、そんな魂ではない。

イギリスの詩人・小説家 Emily Brontë (エミリー・ブロンテ)の詩。

エミリー・ブロンテは、あの有名なブロンテ三姉妹の次女。
『嵐が丘』の作者といえば、ご存知の方も多いと思います。
この詩は、エミリーの最後の詩と云われているもの。といっても、いわゆる「辞世の詩」とかではないようです。
激しいですよね…
この激しさが好きで、これまでも何回もこの詩をカリで書いてきました。

岩波文庫の『イギリス名詩選』の中の解説によると…
「正統的な信仰や心情を示唆する表現と背中合わせにそれを超えて自分自身の信念を叫ぼうとしている」とあります。

うむ…なるほど…

これをイタリック体にて円形で書いていくってことは、最初から決めてました。
額の大きさが決まっているので、円の直径とか、xハイトの幅とか、さて…どうしたものかと思いつつも、先ずは適当にコンパスで円を書いてみました。
そこに、スピードボールのC4仕様で xハイトを決めて下書き練習をしてみると、ちょうどいい按配になっていて。^^

で、チョウチョとこれを合わせてボックスフレームに入れたのが…

20201002-wisdom-02

20201002-wisdom-03

20201002-wisdom-04

思ってたよりもしっくりきてて、色合わせもグッドかな〜と思ってます。

こういう色合わせ、実は得意…というところまではいきませんが、かなり好きです。

今回は、額の雰囲気・色、チョウチョの色、カリグラフィーの用紙の色、それと文字の色。
この組合わせ・掛け合わせで、この詩の雰囲気をバックアップできたらっと思っての配色。
なんとか及第点はもらえるかな〜って思います。


今回、カリグラフィーと切り絵で自己完結コラボにしたのは、実は、ARTSRUSHのオーナーのマヤさんからのリクエストがあったからなんです。
気に入っていただけたかな〜

 

『箱庭展』 26日までです。

2020101101

 

 

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

代官山 ARTSRUSH 『箱庭展』のお知らせ

東京・代官山にあるギャラリー・ARTSRUSHの企画展 vol.352『箱庭展』が、来たる10月14日の水曜から始まります。

実は、この『箱庭展』に工藤も作品を出展させていただくこととなりました。

7月の下旬だったかに、オーナーのマヤさんから連絡をいただき、本日、作品3点を発送してきたところです。

ARTRUSHと云えば、2013年と2014年の3月に、グループで作品を出させていただいたことがあります。
初めて出した2013年の時は、一点ものだったんですが、お嫁入りとなり、初出展でのことでしたので、かなり嬉しかったことを覚えています。

それはそれとして、今回はピンでの参加。

このような機会を作ってくださった、オーナーのマヤさんに、この場をお借りして、あらためて感謝申し上げます。

121013167_1966282453503363_1491609226085

121091276_1966282473503361_1771769841264

参加作家は…

・陶芸の須藤忠隆さん
・絵画の藤沢芳子さん
・彫金の長谷川藍さん
・点描画のNorikoさん
・造形の草薙能子さん
・アラビア書道&絵画の野谷美佐緒さん
そして、カリグラフィー&切り絵で工藤祐輔。

文字を書く身としては、アラビア書道の方が気になりますね〜 ^^

ただ、こういう状況時でもあり、東京へ行けないのと、皆さんに「是非」にと云えないのが苦しいところ。
が、お近くにお越しの際に、チラッとでも覗いていただければ、嬉しく思います。

工藤出展の3作品については、14日以降で、日をおいてアップさせていただきますね。

マヤさんにお会いして、ワインで乾杯したいな〜

 

ARTSRUSH 企画展 vol.352 『箱庭展』

会期 : 2020年10月14日(水)〜26日(月) 火曜は定休日
時間 : AM 10:00 〜 18:00
住所 : 〒150-0021 渋谷区恵比寿西 2-14-10-103
url     : www.artsrush.jp

120926407_1966303886834553_1713396217246

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

切り絵作家・石賀直之さん 切り絵展「〜遊・花と鳥のさえずり〜」のお知らせ

奈良在住の切り絵作家・石賀直之さんの切り絵作品展が、今月の末・29日より開催されます。

108409716_1880720795392863_8411783080132

こちらがDM^^

107999332_1880720812059528_6312037788345

Facebookの石賀さんのタイムラインでも発表されてましたが、会期が2日間延長となり、8月の6日までとなりました。
いきなり嬉しいことですね^^
多くの石賀さんファンの方々も喜んでおられることと思います。

石賀さんご自身の在廊は、初日の7月29日、8月1日・2日の土日、それから最終日の6日の予定となっているそうです。
一昨年の秋に大阪でお会いして以来、約一年半超えでお会いしていないので、自分も、今回の作品展を楽しみにしています。

前回お会いしたのは、2018年の大阪での個展。
それ以降、石賀さんご自身にもいろんなことがあったようです。
そんな一つ一つの人生の中の出来事とも真摯に向き合いながら、そこに湧いてきたいろんな思いを創造の世界へ振り向けて、新しい作品たちも誕生しているようです。

作品に込めた思いや強い意思の力、見る人をしてその世界へ誘ってくれる心の暖かさ。
「心」そのままの石賀さんの作品たちです。

暑い最中ではありますが、是非、一人でも多くの方々に観に行っていただきたいなと思います^^

 

石賀直之切り絵展 〜遊・花と鳥のさえずり〜

会期  : 2020年7月29日(木)〜2020年8月6日(木)
     *DMでは8月4日までとなっています。
時間  : 10:00〜19:00(最終日は〜15:00まで)
場所  : ならファミリー 近鉄奈良 5F アートギャラリー
最寄駅 : 近鉄奈良線、京都線、橿原線 西大寺駅
       北口下車 徒歩5分

 

以下、石賀さんの作品画像を少し^^
ご本人より、了承を得ております。

Ishiga01

Ishiga02

Ishiga03

Isgiga04

Ishiga05

Ishiga06

 

 

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

『カリグラフィー作品展 2020』 へ

先週の金曜日から開催の、LETTERSNOW(れたなう)主催、『カリグラフィー作品展 2020』へ行ってきました。

Img_5677

行ったのは、19日の日曜日。

今年は、年頭からいろいろとあり過ぎて…

いきなり3日にぎっくり腰。
これは、初期対応を知っていたこともあって、最初の30分は全く動けませんでしたが、なんとか歩けるようにまでなったので、仕事は休まずに。
次の週の金曜に、鍼へ行って対処〜現在に至るです。
これはもう、ほとんど金属疲労状態からきたのを自覚してます。
一番の原因は、会社の断捨離だと…
2トン超えの書類と不用品処理、ほぼほぼ一人でやってきた昨年ラストの3ヶ月でしたので。
皆さまも、お気をつけくださいね。
工藤は、自宅のテーブルに書類を一枚置いた瞬間に「グギッ」となったんです…^^;

そのあとは体調不良が続き、18〜20は3連休やったんですが、18と20は自宅こもりきり。
工藤が「霊媒師」と呼んでいる霊感強烈な連れに話してみると、「新年からの灰汁抜きやな」と云われました。
ま、そういうことにしておきます。

この作品展、行けるのが19日の日曜しかなかったので、ただただ気合だけで行ってきました。
弾丸ライナーにての往復で、玄関出て戻ってくるまで2時間かかってません。

写メOKでしたので、走り観しながら11作品をスマホにおさめて…

東京の yayoさんこと西村弥生先生の作品、昨年11月に来神した韓国のカリグラファーで大切な友人でもある Hwang Jun-youngくんの作品もあって、一人こっそり声をあげて喜んでた工藤です。
yayoさんの作品なんか、直に観れたのはどれくらい振りなんかな〜
やっぱり美しいんです♪

この日は、芦屋のO先生も来られてた様子。
タイミング合えばお会いできたのにな…と残念でした。

調子がやっぱり悪かったので、生玉先生・藪本先生にはご挨拶をさせていただいただけで帰らざるを得なかったのも、残念至極。
体調は、昨日の夜からやっとこそ復活したような感じです。

そんな事情もあって、ブログも更新が滞っておりました。
今日は今日で、とても哀しい報せがありましたし…

まとまりがなくて、申し訳ありません…m(_ _)m

なお、『カリグラフィー作品展 2020』は明日の14:00までです。

83605299_1713764185421859_23933765987797

お時間、ご都合合うようでしたら、是非。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

モダン・カリグラフィー workshop のお知らせ

「モダカリ」こと、モダン・カリグラフィー。

Instagram とかをチェックしてると、みなさん、上手でセンスありますよね。
工藤は、滅多なこったなやりませんが、中には、感心して溜息が出るような作品もあったりして、かなり勉強になります^^
なんといっても、オシャレでしょ♪

ちょっとしたタグや、カードに書いて添えるだけで、付加価値が増すというもの。

さて、そんなモダンカリグラフィーの workshop が、来たる16日の土曜日に開催されます。

講師は、田中真由子さん。

Instagram では … 【mayu____calligraphy】

昨日アップの記事のラストの方で、楽しいミーティング云々と書いたのは、この田中真由子さんの worksyop のことでした。^^

 

以下、詳細です。

 

  ☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

テーマ : 「thank you カード」をつくろう♪

日時  : 2019年11月16日(土曜日)
        13:30〜16:30

場所  : JR神戸駅近く(ハーバーランドエリア内)

料金  : 3000円(税込)
     ・テキスト、カリグラフィー道具一式を含む

内容  :・座学(カリグラフィー、道具等について)
     ・基本ストローク練習
     ・アルファベット文字練習(「thank you」の文字)
     ・カード作成

対象  : ビギナーの方が対象となります

☆ カリグラフィーに興味はあるけど未経験の方、これから結婚式等でDIYを考えている肩等々、大募集しています! とのこと^^

申込  :・Instagram のダイレクトメッセージ
      アカウントは、mayu____calligraphy 
     ・mayu.calligraphy0127☆gmail.com
          (☆を@ に変換してくださいね)

 

mayu____calligraphy こと田中真由子さん。
どんな作品を書かれるか、気になるところですよね^^
是非、Instagram をチェックしてみてください♪

ここでは、ほんの少しだけ画像アップさせていただきます。

73321734_1625291777602434_56158200719652

75371692_1625291807602431_50037620165322

74167146_1625291834269095_21480393995882

たくさんのオーダーも受けておられる実力派です。

みっちり3時間の workshop 。
文字を書く楽しみ、一人でも多くの方に、「たっぷり」味わっていただきたいな〜と思います。

工藤、一押しです♪

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

『あべまりえ×前田祐加 コラボ展〜La Campagne〜』へ

昨日、行ってくることができました^^

『あべまりえ×前田祐加 コラボ展〜La Campagne〜』

69353084_1569151299883149_48953774344859

場所は、JR芦屋駅から南へ徒歩5分、2号線超えてすぐのところにある「スペース R」さん。

17日に熱中症にやられてからこっち、入れてた予定はほぼキャンセル。
この作品展も、ほんとは25日に行く予定にしてたんですが、目眩が止まらないため、やむなく断念。
やっと、ほぼ完全リカバリーとなったので、駆け足ではありましたが、昨日行ってきた次第です。

あべまりえさん前田祐加さんも、お二人とも、工藤にとってはカリグラファーズ・ギルドの先輩。
前田祐加さんとは、何度もお会いしてるんですが、あべまりえさんとはまだ。
なので、25日にお会いできればと思ってたので、余計に熱中症が恨めしい…

とりま、行ってきたお二人の作品展は、ほんと、素敵なる空間になってました。

69076377_1568958859902393_90293225668581

69942045_1568958813235731_35621736210675

69217548_1568958806569065_15819632210765 

69668491_1568958849902394_22879030338975

仲のいいお二人だけに、「息」の合い方が素晴らしいです。
作品の数もかなりのもので、所狭しと飾られてました。

何冊も「水彩画」の本を出版されているあべまりえさんの絵と、優雅にエレガントな前田祐加さんの文字の協演が醸し出すノスタルジックな世界は、是非是非、一人でも多くの人に観ていただきたいな〜と思います。

会期は、残すところ、明日と明後日の2日間となりました。
工藤、一押しです^^

 

『あべまりえ×前田祐加 コラボ展〜La Campagne』

場所 : スペースR
住所 : 芦屋市茶屋之町 1-12 スペースR 3F
TEL : 0797-38-2949
地図 :  ← クリックしてくださいね

アクセスは…
 ・JR芦屋駅南口から南へ徒歩5分
 ・阪神芦屋駅から北へ徒歩8分
 ・阪急芦屋川駅からは、南東へ徒歩15分

会期は、〜9月1日(日)まで。
時間は、8月31日(土)が、11:00〜19:00まで
    9月1日(日)が、11:00〜18:00まで

明日、明後日の両日とも、お二人とも在廊されてます^^

是非 ♪

 

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

21世紀アート ボーダーレス展

21世紀アート ボーダーレス展』by Art Quick

20190605174545

一昨日の14日(水)から開催されています。

場所は、東京・上野の東京都美術館

各線の上野駅から、徒歩で7〜10分ていう便利なアクセス。
上野公園にあります。

多岐にわたるジャンル。
アート表現にボーダーのない世界。
エッグアート、レースドール、フラワーフレーム、ポーセリン、カルトナージュ、レース切り絵、グラスリッツェン、墨彩画、等々、ほんとに多種多様のアートワールドな展示会。

20190605172944

中でも、工藤が昨年までお世話になっていた、レース切り絵作家・蒼山日菜先生率いる、お弟子さん、認定講師のメンバー、そして、それぞれの生徒さんたちによる、総勢130有余名の作品軍が並ぶエリアは、多分おそらく「絶景」でしょうね。

そして、その蒼山日菜先生が、この『21世紀アート ボーダーレス展』で、

  〜☆〜 参議院議員 北村賞 〜☆〜

を受賞されたとのこと。
喜ばしい限りです。

おめでとうございます。

チームのメンバー、殊に、今回の展示に携わり、出展された方々にとっても、喜びいっぱいの思い出にもなるのではと思います。
併せて、こんなに素晴らしい「師」のもとに集えたということ自体、感じる幸せは格別ではないでしょうか。

これからも、ますます盛んに、ますます大きな展開を繰り広げていかれること、心よりお祈りしております。

会期は21日(水)まで。(*19日は休館日)
残すところ4日となっています。

東京近郊の方々、所用で関東エリアへ出向かれる方々、酷暑が続く日々ではありますが、ぜひ、お時間を取っていただいて、東京・上野まで、足を運んでいただければと思います。

悲しい哉、工藤は行けないので残念至極ではあります…(T ^ T)

 

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

「坂上楠生先生展」へ

前回の記事の続きになります。

2年ぶりの坂上先生の個展。
日本画です。
日本画といっても、坂上先生は「大和絵」という世界を独自に研究・発展をされてきました。
すでに、約半世紀になります。

帝国ホテルプラザの2階にある「尾山ギャラリー」
この「尾山ギャラリー」の創設以来、約2年ごとに個展を開催されてこられたということです。
今回で7回目。

64322639_1505568026241477_38571179287511

62207889_1505568036241476_44198495947545

↑ こちらがDM

工藤がお伺いをさせていただいたときは、どなたも来場されていないタイミングでした。

今回の個展は、「新シリーズ」の発表を兼ねての作品展。
坂上先生のHPによりますと…

”「平安シリーズ」を発展させ「アールヌーボー・アールデコ」を織り込んだ「令月美人」をはじめ令月と富士と花々の饗宴”とのこと。
一つ一つの作品をゆっくり鑑賞させていただいた後、坂上先生には懇談の時間を取っていただきました。

在廊でお疲れのところ申し訳ない気持ちもありましたが、坂上先生はいつものように、気さくに笑顔でお話をしていただき、本当に感謝です。

決して順風満帆の来し方ではなく、筆舌に尽くせぬ辛労の日々があり、それを「人生の師」と決めた方との数々の出会いを重ねる中で克服され、その中で「日本画」の道を極めてこられた日々。

これまでの、その時その時には「負」であり「苦」であり「不」であったものが、振り返ってみれば、全てが「加」であり「楽」であり「正」となる「因」になっていた…ということでした。
もちろん、そうしてこられたのは、どこまでも坂上先生の「命」の為せるもの。
「因果倶時」を奥さまと共に歩んで証明されてきた人生に敬意です。

懇談の中、坂上先生は…

「忍激の二字は、これ福禍の関なり」

ということを教えてくださいました。
読んで字の通り。
深にして含意多なる言葉です。
胸に刻んでいきます。

坂上楠生先生といえば、実は、芥川賞作家・宮本輝先生の連載小説の挿絵をいくつも描いてこられてます。
テルニストの方々は皆さまご存知のこと。^^
その宮本輝先生のことも、話題に上がりました。

30分近く、ゆっくりお話をお伺いすることができました。工藤は幸せ者です。

個展は、17日の金曜まで。
お時間ある方は、是非。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧