お知らせ

2019年6月13日 (木)

「坂上楠生先生展」へ

前回の記事の続きになります。

2年ぶりの坂上先生の個展。
日本画です。
日本画といっても、坂上先生は「大和絵」という世界を独自に研究・発展をされてきました。
すでに、約半世紀になります。

帝国ホテルプラザの2階にある「尾山ギャラリー」
この「尾山ギャラリー」の創設以来、約2年ごとに個展を開催されてこられたということです。
今回で7回目。

64322639_1505568026241477_38571179287511

62207889_1505568036241476_44198495947545

↑ こちらがDM

工藤がお伺いをさせていただいたときは、どなたも来場されていないタイミングでした。

今回の個展は、「新シリーズ」の発表を兼ねての作品展。
坂上先生のHPによりますと…

”「平安シリーズ」を発展させ「アールヌーボー・アールデコ」を織り込んだ「令月美人」をはじめ令月と富士と花々の饗宴”とのこと。
一つ一つの作品をゆっくり鑑賞させていただいた後、坂上先生には懇談の時間を取っていただきました。

在廊でお疲れのところ申し訳ない気持ちもありましたが、坂上先生はいつものように、気さくに笑顔でお話をしていただき、本当に感謝です。

決して順風満帆の来し方ではなく、筆舌に尽くせぬ辛労の日々があり、それを「人生の師」と決めた方との数々の出会いを重ねる中で克服され、その中で「日本画」の道を極めてこられた日々。

これまでの、その時その時には「負」であり「苦」であり「不」であったものが、振り返ってみれば、全てが「加」であり「楽」であり「正」となる「因」になっていた…ということでした。
もちろん、そうしてこられたのは、どこまでも坂上先生の「命」の為せるもの。
「因果倶時」を奥さまと共に歩んで証明されてきた人生に敬意です。

懇談の中、坂上先生は…

「忍激の二字は、これ福禍の関なり」

ということを教えてくださいました。
読んで字の通り。
深にして含意多なる言葉です。
胸に刻んでいきます。

坂上楠生先生といえば、実は、芥川賞作家・宮本輝先生の連載小説の挿絵をいくつも描いてこられてます。
テルニストの方々は皆さまご存知のこと。^^
その宮本輝先生のことも、話題に上がりました。

30分近く、ゆっくりお話をお伺いすることができました。工藤は幸せ者です。

個展は、17日の金曜まで。
お時間ある方は、是非。

 

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

0.05ミリペン画家 もとゆきこさん個展へ

昨日は、朝から半日、アート満腹の時間の中を動いてました^^

10:00からは、日本リボンローズ協会のKアトリエにて、カリグラフィー出張レッスン。
これはまた後日にアップさせていただきます。

レッスン終了後、このKアトリエから徒歩10分くらいのところで8日から開催の、0.05ミリペン画家 もとゆきこさんの個展「花と鳥展」へ、K先生・Nさんとともに行ってきました。

62478841_1505941206204159_49683870337948

SAKURAのPIGMA0.05で描かれた細密なるモノトーンの世界。

もとゆきこさんとは、以前、切り絵作家・石賀直之さんの個展で初めてお会いしたんですが、その場で石賀さんから紹介^^
何日かの会期中の中の、同じ日の、しかもほぼ同じ時間に会場に居れたからこそ相知ることのできた縁。

その時に、もとゆきこさんが、石賀さんからのリクエストもあって、作品を持ってきておられたんですね。
ともにその作品たちを直に見せていただいたんですが、もう…ため息ものだったんです。

今年に入って、1月と3月にも個展をされてたんですが、工藤の方がヘビーな日々で、結局お伺いすることができず…
今回は、場所の確認をカリレッスンの前日にしてみたら、めっちゃ近いやん!ってくらいの場所。
これでまた、そのため息ものの作品たちを見れるってことで、テンションあげて行ってきました ♪

会期初日の直前まで、展示する作品を描き続けておられたようです。

↓ こちらがDM

62206698_1505567866241493_46278413918824

「わー」とか「へー」とか「すごいな」とか、ボキャブラリーが貧困なことが証明されてしまうような、それでもやっぱり、ため息ものの作品たちに観入らせていただきました。

 

〜☆〜 もとゆきこさん 〜☆〜

どんな方かと云うと…↓ を参照くださいね^^

62071664_1505567932908153_79926180024932

62311157_1505567936241486_29078324028794

仕事をしながら活動を続けておられます。
そんな中、というのか、それだけに、というのか、限られた時間の中で作品に向き合う姿勢とか思いは、やっぱり半端なものではありません。
常にアイドリング状態で図案を考えてて、それがある一瞬に凝結して決まる。
そこから、ひたむきにペンを進める。

不思議なもので、作品はモノトーンですが、工藤には、一つ一つの作品をじっと見ていると色彩が感じられます。

その作品たち、販売されてます。
ポストカードもあります^^
工藤はポストカードを2枚ゲットしてきました☆

62232845_1505567992908147_49892076522664

で、↓ の開運カレンダーを戴きました^^ ラッキーです♪

62315674_1505567922908154_66895195389978

ぜひ、一人でも多くの方々に見ていただきたいですね。

会期は23日の日曜まで。

62239360_1505567872908159_17515389581032

ちなみに、会場となっている「花音(hanane)」さんは、オーナーの小橋 貞さんという方が、手描き絵でTシャツを作成・販売されてます。
オーダーも受けられます^^
こちらもよかったら是非。

この後、工藤は、帝国ホテルまで徒歩でテクテク。
この日の次なる目的地へと向かったのでありました^^

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

「ジャパンあるてぃすと展」終了

今月の24日(金)から開催されていた、

「ジャパン あるてぃすと展」が、昨日、無事に終了の運びとなりました。

会場となった、八尾市恩智にある「茶吉庵」には、連日多くの方々が来場され、延べで300人を超えたとのこと。
工藤のカリグラフィーの生徒さんたちや、友人知己も行ってくれてまして。
感謝です♪

61651668_1497376373727309_28742614094855

今回の作品展、来場者に投票用紙が配られ、そこにお気に入りの作品を3点記載し投票。
ラストデーとなった昨日は、各協賛団体からの賞とともに、その集計&順位発表、そして表彰式がありました。

ちなみに、搬入で久しぶりにばったり会えた堀口真司くんは、4位入賞。
おめでとう♪(名前のところをタップ or クリックしたら、彼の作品が見れます^^)

併せて、facebookで友人にしていただいている書家の浅田信子(雅号は「麗光」)先生は、「八尾市長賞」を受賞されており、昨日、リアルで「初めまして」のご挨拶をさせていただきました。
滅多に顔出しすることのない工藤ですが、麗光先生と作品の前でツーショットさせていただきました^^♪
作品は ↓ です。

61394228_1497376593727287_63309395613376

「龍」って文字をよく書かれるんです。
それに、日々、あちこち飛び回っておられて、ものすごいバイタリティー溢れる方。
お会いできて嬉しかったです。

今回の展示会は、特に、「茶吉庵」オーナーの萩原浩司さん、そして濱谷宗慎さんには、最初から最後まで本当にお世話になりました。
あらためて、感謝申し上げます。ありがとうございました。

とにかくおもしろい展示でした。
若い作家さんたちを中心にしつつ、いろんなジャンルの作品たちが集結。
築250年という古い家屋に溢れるとてもいい「気」が、それぞれの作家さんたちが持ち寄った「気」と融合して溶け合って昇華したような…

「あるてぃすと展」は、昨日で終了となりましたが、この「茶吉庵」では、今後も興味深い企画や展示が続きます。
要チェックです♪

 

さて…
昨日は堀口くんと行動を共にしてたんですが、会場からしばらく山手の方へ上がっていくと恩智神社があります。
表彰式まで時間があったので、二人でそちらへ行ってきました。

↓ 茶吉庵のすぐ前にある鳥居。
もともと、この辺りまで、昔は海だったそうで、この鳥居は海用の様式なんだそうです。

61522276_1497376370393976_21425614436800

↓ 入り口

61749252_1497376420393971_22608928951060

↓ 写っているのは堀口くんです^^

61611078_1497376413727305_79021296515211

↓ こちらは裏側

61900980_1497376467060633_68540454252765

↓ 龍好きの工藤なのです。

61654866_1497376473727299_92195806974239

↓ 木漏れ日がきれいで…

61703176_1497376497060630_36381069033991

↓ 入り口へ向かって降りていく階段。
何気に、宮地嶽神社を思い出しました。

61254521_1497376510393962_14838916715517

昨日はともかく、爽やかな一日でしたよね。
工藤たちが通る道道には、チョウチョが舞ってたり。

61309999_1497376323727314_46190052998297

あ、工藤の作品については、また後日にアップさせていただきます。
また、チョウチョですが…笑

 

今月は今年一番の忙しさが続いた日々でした。
本も、10冊は完全無理やから、せめて7冊くらいは読みたいな〜と思ってましたが、全然・・・
終わってみたら、4冊が精一杯。
その分、来月はしっかり10冊読もうと思っています。

6月からは、地に足つけて作品作成に勤しんでいきたいです。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

ウィークリーカリグラフィー 27 と「ジャパン あるてぃすと展」in 八尾

一昨日の日曜、ちゃんと書きました^^
ウィークリーカリの27回目。

今回は、レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉。

20190519

Impatience is the mother of folly.

 性急さは、愚かさの母である。

もう一つ、候補があったんですが、それはまた後日に。

 

「焦りは禁物」「急いては事を仕損ずる」とは、ちょっとニュアンス的に違う。
こちらのブログのプロフ写真に載せてあるガンジーの言葉…

Good travels at a snail's pace. 

  善いことは、カタツムリの速度で進む。

こっちの方が近いかなって思います。

だからといって、なんでもかんでもじっくりゆっくりがベストってことではなく、即断即決が必要なこともありますよね。
その辺りの判断は個人レベルになってしまうのかもしれません。

succinct but significant … 簡潔でありながら意義深き言葉と思います。

 

さて…

24日の金曜から29日の水曜まで、大阪は八尾にある「茶吉庵ギャラリー」というところで、

「Japan Artist Exhibition」〜ジャパン あるてぃすと展

という作品展が開催されます。
大方100名近いアーティストの方々が、それぞれ1点ずつの作品を展示(販売されるものもあり)。
実は、主催の濱谷宗慎さんからお誘いをしていただき、工藤も切り絵で出展させていただきます。
明日は、その搬入へ^^

DM 見てたら、知った名前が☆^^☆
元気にしているのだろうか…

何はともあれ、楽しみです。
行った事のないギャラリーなのですが、濱谷さんからお聞きしたところによると、八尾の古民家らしいです☆
築250年の旧河内木綿問屋とか。

楽しみにしています。

お時間あります方、ご興味のある方、おられましたら是非^^

60792482_1490645184400428_75535423705416

60592926_1490645191067094_94631215437237

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

カリグラフィーレッスン@Kアトリエ

先にアップしないとアカンのに、あとあとになってしまいました。

4日の土曜は、不定期カリレッスン@日本リボンローズ協会 ・Kアトリエでした。
毎回、和気藹々とやってます^^

59953821_1482308828567397_47388713559554

↑ この写真…レッスン終わってから、また撮り忘れに気付いて、「練習してます」アングルになっていただいたもの。
皆さま、ご協力、ありがとうございました。m(_ _)m

ちなみに、この日のあやのちゃんは…

60097943_1482308848567395_78161471421494

ネンネしてます(^_^;)
でも、ほんとかわいいのです。

この日のレッスンは、前回からの引き続き。

K先生は、ロゴ擬きをひたすら練習。
工藤ともどもに、あれこれ試行錯誤をしながらは、前回と同じでしたが、ちょっと進展もありました。
次回には、いいものに仕上げていければいいな〜と思います。
想像と創造の中で生まれるものは、次へのステップにきっとなります^^

Uさんは、引き続きカード作成。
今回思ったのは、工藤サイドにもう少し付加アイデアが必要やなってことでした。
次のレッスンでは…
・Happy Birthday
・for you
・Season's Greeting
・Thank you
のカード見本を作成して持っていくことになりました。

併せて、そろそろ「エンボス」の準備も♪

Nさんは、強いて云うなら、イタリック体修了作品作成トーンに入ってます。
ちょっと長めの詩文を、再度練習。
次回から、清書へ進むステップに入ります。
長いからこそ、書く量が多いってことで、それがそのまま、「いい練習」にもなるんです。
文字と文字の感覚、単語と単語の間のスペース等々。
結局のところ、そういう部分て、自分でやりながら体感するのが一番ですからね。

以上、初期からスタートの3名さま、それぞれがそれぞれのベクトルで進んでます^^

そして、あやのちゃんのママこと、Yさん。
大文字含めての単語練習に入りました。
スペイン語がお好きということで、ラストの方で、

「Felicidades」

の練習も。

途中からの参加っていう感じではありますが、多分進度は早いと思います。
前にも書きましたが、ペン運びが大胆なので、それがいい方向へ出てます。
次回もしっかり練習しましょう♪

 

ところで…

東京・代官山にあるアートギャラリー「ARTSRUSH」さん。
現在、ここで「薔薇展」が開催中です。
そこに、日本リボンローズ協会さんも出展されてるんです。

Dm

毎年、この時期に開催の「薔薇展」
会期は20日の月曜まで。

お時間ある方は是非☆

 

今週から、天気の方があんまりよろしくないような感じですね。
イヤな梅雨がやってきます。
湿度が嫌いです…
こらえて乗り越えて、夏を迎えるぞー

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

切り絵 二人展 『光と彩り×線と密度』へ

24日の水曜から開催されている、二人の切り絵アーティストさんの作品展へ行ってきました。

17_1

お一人は、切り絵と花言葉を作品のモチーフにされている石毛潤也さん。
もうお一人は、モノトーンの一枚の紙から緻密な作品を切り出す福田理代さん。

15_2

場所は、谷6のミライエギャラリー
谷6の3番出口から出て、徒歩1分です。

工藤がお伺いした時は、ちょうど空いている時間帯だったようで、この日在廊されていた石毛さんから、ゆっくりたっぷりお話を聴くことができました。
作品にかける想い、花言葉のこと。
それぞれの作品に実は手の込んだ工夫もされていること等々。

元々は設計に携わる仕事をされていたそうで、特に空間設計に興味が深くて、それが作品作成にかなり役立っているとのこと。
それだけに、実物を見せていただいて、その創意工夫を直に目にすることが出来たのはラッキーでした。

画像では、どうしても二次元の世界になるので、奥行き感はなんとなくわかっても、実際のところは掴みにくいですからね。

その石毛さんの作品です。

01_3

色好きの工藤なので、ずっと観てたかったです^^

03_3

02_3

↑ こちらの作品は、二重三重に重なっています。

06_2

10_3

影の映り方一つも、さりげない計算があるんです。
そこは、流石の設計士さんですね☆
そして、優しさが満ち溢れています。

 

この日は残念ながら在廊されておられなくてお会いできなかったのですが、福田理代さんの作品も。

09_3

facebook、insta をされている方の中には、↑の作品を目にした人もおられるかも。

強烈な作品です。
結構大きいです。
「緻密」って言葉がびっくりするような、そんなすごい作品です。
これは、facebook で初見した時、絶対に実物見てみたい!って思いました。

実際に目の前にすると、声も出なかったですよ。

04_3

↑ 福田理代さんの今回展示の作品の中で、工藤1番のお気に入りがこちら。
写メではわかりにくいんですが、一枚の紙でできていて、すべてのパーツは繋がっています。
しかも、平面作品ではなくて立体的。

 

お二人の作品たちの中に流れている「気」も、とても清々しいものでした。
この場を去る時には、来た時よりも気分もよくなっていたという♪

ほんと、来て良かったです。

 

会期は、30日の火曜まで。
時間は、11:00 〜 19:00 まで。(最終日は 〜17:00 まで)

あと3日あります。
ぜひ、行ってきてみてください^^

18_2

 

 

 

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

ひこかみの干支紙細工 「亥」

年末ギリギリになってしまいましたが、毎年恒例のものをひとつ。

 〜☆〜 「干支紙細工」 by ひこかみ 〜☆〜

2019年は「亥年」ですね^^
今回は発注出すのが3日前?やったか、とにかくバタバタしてて遅くなってしまいました。
で、昨日届いたばっかり。

49151010_1390219997776281_483992875

ハサミも要らない、ノリも要らない。
取り外して、折って、組み立てて、はめ込むだけ。
すぐにできますよ^^

こんな感じです。

49203682_1390220057776275_926593276

カラフル亥ちゃん♪

「紙細工ひこかみ」は、since 1999
来年2019年は、20周年になります。

「ひこかみ」こと坂口雅彦さんとは、4年半と少し前に初めてお会いしました。
3人展「Dear...」をしているときに、会場まで、わざわざ大きな花を抱えて持ってきてくださった方。
大阪・大正区を基盤に活躍されている庶民の中の庶民です。
誰よりも、庶民が一番偉いと思う。
そして、苦労人。

コツコツと歩まれてきた道のりは、そうそう簡単に語れるものではないものなんやろなって、坂口さんの姿を見ているだけでわかるような気がします。

ひこかみさんの大きなダンボールシーサーはつとに有名です。
他にもダンボールとあれこれのコラボで楽しい工作空間の中で、子供たちにも喜ばれています。

49196524_1390321957766085_200521432

48939652_1390321964432751_421433933

49308604_1390321971099417_694410656

干支の紙細工♪
送料込で一つが 500円。
ご注文は、坂口雅彦さんへ直接… 
 tel  :  090-1910-6986
または、メールにて。
e-mail  :  hiko@baycom.zaq.ne.jp

49014568_1390220041109610_735910201

今年も残すところ、明日だけになりました。
2019年は「亥年」
今はみなさん、猪突猛進のアイドリング状態でしょうか? ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

2019年版 活版 ユコちゃん「ご縁」年賀状

毎年、この時期になると必ず年末のご挨拶へお伺いするところが2箇所あります。

その一つが、大阪は福島区にある活版印刷の明晃印刷さん。

今日お伺いしたのは、その年末のご挨拶とともに、イラストレーター中本優さん作成の「ユコちゃん年賀状」を購入するためでもありました^^

48412953_1383132525151695_722525432

↑ 手前から、パンカボード、特Aクッション1.0。この2種類は82円切手使用分。
一番奥のが特Aクッション0.6。

48419476_1383132575151690_3949294_2

↑ この味な活版印刷の凸凹の風合があたたかみがあってイイんです^^

47571359_2007739529312612_538769115

厚みは、↑な感じ。
順番入れ違ってますが、上から特A1.0、0.6、パンカボード。

48411085_1383132601818354_915862890

↑ こちらは表面。

48375752_1383132608485020_202731148

↑ 購入すると、おまけでこのステッカーが付いてきます♪

48425581_1383132651818349_564573471

↑ いろんな方々の協力で出来上がった活版「ユコちゃん "ご縁"年賀状」
印刷は、いつもは社長の高崎健治さんが担当されるのですが、今回は、なんと…中本優さん自らが体をガチガチにしながら頑張られたんです。
お疲れさまでした^^

ちなみに、特Aクッション0.6 は完売しています。

残り2種類に、若干在庫あり。
今年も超絶人気になっている「ユコちゃん年賀状」

パンカボードは、若干ベージュがかった紙色で、匂うとウッディな香りがするのが特徴。
希少と思いますよ^^

なお、販売は、オンラインショップでの取り扱いは終了で、ウェブサイトからお問い合わせくださいとのことでした。

各種税込で1枚が180円。別途送料がかかります。

 ← こちらからどうぞ^^

それから、金箔・銀箔版。

工藤は金箔のを毎年ゲットさせてもらってます♪
今回も。

48411414_1383132675151680_648020168

48398696_1383132681818346_920830883

購入希望の方は  ← こちらからお問い合わせくださいね。

その中本優さん、先日は誕生日でした^^
お祝い込めて、ささやかながらのケーキを♪

48419308_1383060798492201_479424828

↑ 誕生日を期に前髪を切ったばっかりの笑顔の優さまです♪

48398800_1383060831825531_394907668

↑社長の高崎健治さん。今日の追い上げ印刷をされてました。

2時間ほど懇談させていただいたんですが、最初から最後まで爆笑の渦です。
いつもいつも元気をいただきます。
今日もエネルギーをいっぱい充填して帰ってくることができました。
感謝です。

明晃印刷さんには、今年も本当にお世話になりました。

高崎さん中本優さん
来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

「宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。」 @姫路文学館

兵庫県姫路市にある「姫路文学館」
白鷺城を臨むこの「姫路文学館」にて、先月11月10日から、

「宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。」

が開催されています。

44339437_2005727089484483_158184917

出品数は、約250点。
直筆原稿をはじめ、愛用品、関連資料・パネルが並びます。
詳しくは、 ← こちらをクリックしてみてください。

45863318_2230570143889922_419248509

実は、この初日の11月10日には、オープニングセレモニーがあり、宮本文学の熱烈なファン「テルニスト」を代表して、HN 「べーすまん」さんがスピーチをされています。

45875801_2230324827247787_259888760

ユーモアを交えながらの語り。
その場で聴きたかったな…

宮本輝先生は兵庫県神戸市生まれ。
1977年(昭和52年)に、デビュー作『泥の河』で第13回太宰治賞を、翌1978年(昭和53年)には、『螢川』で第78回芥川賞を受賞。

名実ともに、日本を代表するストーリーテラーとして、人間を見つめ、人間を描き続けることで、読者に 「人間のあたたかさと、生きる勇気」を湧き立たせ続けておられます。

今年は特に、1981年から書き始められた 『流転の海』シリーズが完結した年にもなりました。
37年という歳月を通して書き綴られた全9巻からなるこの大作は、宮本輝先生ご自身によれば、「ここには、人生の全てが書かれている」とのこと。

ちなみに、以前、拙ブログでもアップさせていただきましたが、この『流転の海』シリーズ全9巻の豪華本セットが、現在、新潮社から発刊・販売されています。

47686397_1373638429434438_450340054

限定300セット。増刷なし。

ただ…残部僅少となっているようです。お急ぎくださいね^^

さて、姫路文学館でのこの展示ですが…

会期  :  2018年11月10日(土)〜2019年1月27日(日)
開館時間  :  10:00〜17:00(入館は〜16:30)

休館日  :  毎週月曜日(*12月24日・1月14日は開館)、12月25日(火)〜1月5日(土)、1月15日(火)

観覧料  :  一般〜700円、大学・高校〜400円、中学・小学〜200円
               ・20名以上の団体は2割引き、 ・常設展示も観覧可

主催  :  姫路文学館 ← リンクしています。

☆ 本日12月8日(土)は、13:30〜15:40で、宮本輝先生原作の映画 『道頓堀川』の鑑賞会があります。 当日先着100名。

☆ 明年1月14日(月・祝)には、13:30〜15:30で、宮本輝先生のシルクロード紀行『ひとたびはポプラに伏す』の取材同行記者の北日本新聞社・大割範孝氏の講演会が。
こちらは、当日先着150名。

テルニストの間でよく語られることなのですが、宮本輝先生の作品は、1回ではなく、なんども読み返したくなる。再読したくなる。
苦しい時、辛い時、凹んだ時に、悲しみに沈んだ時に、その綴られた文章から「人間のあたたかさと、生きる勇気」を得ることができる。

宮本輝先生のお父様、お母様、そしてご本人がモデルとなっている『流転の海』に出てくる、松坂熊吾の名台詞があります。自分も大切にしている言葉です。

「何がどうなろうと、たいしたことはありゃあせん」

「自分の自尊心よりも、大切なものを持って生きにゃあいけん」

こんな時代だからこそ、ぜひ、一人でも多くの方々に観ていただきたいと思うのです。

45877063_2230570253889911_910897128

* 掲載の写真の内、2枚目、3枚目、5枚目は、テルニストのHN 作雄さんの手になるもので、転載を快諾していただきました。
 この場をお借りして感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

隠れ家のNoël 2018 @ f-Grace in 大東市

出張カリグラフィーレッスンで、「場」を提供していただいている、大阪は大東市住道にあるAtelier & shop の f-Grace さんにて、現在…

《隠れ家のNoël》 と銘打ってのクリスマスフェアが開催中です^^

47052467_1364947110303570_452178006

閑静な住宅街に位置する f-Grace さん♪

毎年開催のこのイベント、いつも思うのは、そのネーミングのセンスの良さ☆
多分おそらく、お店に入った方は《隠れ家のNoël》という言葉のもつ「空気感」みたいなものに、すぐに納得されることと思います。

それくらい、お店の雰囲気とぴったりの名付け^^

それだけではなくて、オーナーの朴木さんのものを選ぶ目の確かさ。
そして、ものを作るこれもセンスの良さと腕の確かさ。

現在、神戸の北野で開催中の『第8回異人館プリザーブドフラワーコンテスト』にも出品されてるんです♪

是非、行ってみてください。

そんな朴木さんのお店 f-Grace さんで《隠れ家のNoël》 でのほんの少しだけですが、アイテム写真を^^ (写真はオーナーの朴木さんよりお借りしております)

47681275_1372106422920972_483549775

47386524_1372106472920967_141283986

47578531_1372106429587638_486662978

f-Grace

住所  :  〒574-0062
         大阪府大東市氷野1-8-2 木全ビル104

TEL  :  070-6542-2099 (13:30 〜)

アクセス  :  JR学研都市線 住道駅下車 徒歩7分

mail  :  info@fleur-grace.net

LINE  :  ID … @sxw4087g

定休日  :  月曜日 (不定休で日曜、他、仕入れ等で急遽休みあり)

* 駐車場はありません。

47492745_1372117166253231_533240826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧