お知らせ

2017年5月18日 (木)

レース切り絵作家・蒼山日菜先生認定講師による切り絵講座スタート。。。

蒼山日菜先生のレース切り絵が大好きで、年に数回の切り絵教室に通い続け、夢中になって切り続けてきた何年もの月日。

そこからさらに、蒼山日菜先生を切り絵の師と定めて、自分の技量を極めようと努力を止めることなく続けてきたメンバーの中から、蒼山日菜先生が認定された講師が誕生しました^^

その認定講師によるコースが開講となります。

場所は…横浜、北千住、京都、そして、神戸。

初級~中級を目指しての、月に一回の定期コースです。

講師は、3名。

講師3名のプロフ等、詳細につきましては…
蒼山日菜先生のブログに掲載されています^^

  ← こちらをクリックしてくださいね。

18581934_1005613839570234_568207607

 ☆中沢由紀子講師☆

中沢講師は2カ所。

朝日カルチャーセンター 横浜教室(既に開講済み)

第2第4火曜日で月に2回開講
時間は11:45〜13:15 
4/11~6/27 計6回 

尚、6月27日は体験のみでも参加可能です。

7月からのコースもあります^^

詳細は、朝日カルチャーセンター・横浜教室まで。
TEL 045-453-1122

よみうりカルチャー・北千住センター

TEL 03-3870-2061
東京都足立区千住旭町42-2 
 北千住駅ビル ルミネ9F

第1日曜日 13:00~15:00 
5/21、6/4、7/2、8/6、9/3 5回(5/21のみ、第3週となります)
 
5回 16,200円 教材別途 6,480円
教材費を入れて、一回4,536円で受講頂けます。

ちなみに、体験としては初回の5月21日に受講できます

中沢講師は、繊細さは当然のことながら、さりげない心遣いをされる方。
作品では「鍵シリーズ」の切り絵は、特に目を見張ります。
そして、心優しいママでもあります♪

 ☆堀口真司講師☆

京都よみうり文化センター

TEL 075-353-7070
京都市下京区東洞院通七条下ル
  メルパルク京都3・4階

第1土曜 10:30~12:006/3、7/1、8/5、9/2、10/7

受講料 14,580円 教材費 6,480円
一回の受講料 4,212円でご受講頂けます。

長身・イケメンの男性講師です。
常に、難度の高い切りへの挑戦をやめない果敢な作家。
心臓の切り絵等、一風変わった作風の持ち主。
でありながら、人当たりがよく、優しさ溢れる好男子でもあります。

 ☆宗清有木子講師☆

神戸よみうり文化センター

TEL 078-392-3290
神戸市中央区栄町通1-2-10
  読売神戸ビル7・8・9階

第1日曜 10:30~12:006/4、7/2、8/6、9/3、10/1

受講料 14,580円 教材費 6,480円
一回の受講料 4,212円でご受講頂けます。

おっとりした性格ながら、ハサミを持った瞬間に没頭できる超絶集中力の持ち主。
ネコが大好きなことから、ネコをテーマにした作品も多々。

以上3名の講師は、ともに、蒼山日菜切り絵研究室メンバーでもあります。

蒼山日菜先生のレース切り絵に興味のある方、やってみたいけれど、なかなかきっかけをつかめない方、この機会に是非やってみてはどうでしょうか^^

専用ハサミの貸出もあります。
遠慮なくお申し出くださいね☆

ご質問等も受け付けます^^

mystic.tempo☆gmail.com (☆のところを[@]に変更してください) 工藤まで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

f- Grace 母の日フェア 【Mother's Day Gift】。。。

いつも、お世話になっている、大阪・大東市にある、

   Atelier&Shop f-Grace ~エフグラース~ さん^^

Img_7381

こちらで、つい先日から、母の日フェアとして。。。

   【Mother's Day Gift】

が開催されています。(同時開催…【カバンと春】展)

17883866_985950061536612_7501842264

17903373_985950064869945_2724545431

閑静な住宅街の角地にあって、JR住道駅からも徒歩7分。

明るくて、居心地がよくて…
来られた方々の中には、いつも笑顔いっぱいのオーナー・朴木さんと、ついつい時間を忘れて話しこんでしまう人も多いようです^^

そんな不思議な空間に、オーナーご自身の手になるプリザーブドフラワーのアレンジをはじめ、サノフラワー、手作り石鹸、革小物、雑貨等々、ナチュラルさを大切にしてセレクトされたアイテムの数々が並んでいます。

朴木さんの目と感性と人脈(←ここ、大切^^)で選ばれた一点一点からは、あたたかみも感じられて。。。

983913_1406716249398944_83624568542

17352485_1379348092135760_780187427

17634331_1394925293911373_426425735

17903704_986237561507862_3395485990

17903738_986237628174522_3876600351

17904100_986237568174528_6754386076

今年の母の日は、今年しかありません^^

お母さんへの日頃の感謝の思いを込めてのプレゼント☆

ちょっと足を運んでみてください♪
ピンポイントで素敵な一品との出会いが、きっと見つかりますよ^^

Aterile&Shop f-Grace ~エフグラース~
     【Mother's Day Gift】

会期 : 4月11日(火)~5月14日(日)
営業時間 : 13:30~

電話 : 070-6542-2099

住所 : 大阪府大東市氷野 1-8-2 木全ビル 104

【mail】  info@fleur-grace.net

【LINE@】公式アカウント…f-Grace
            ID…@sxw4087g

HP : https://www.fleur-grace.net/

【定休日】 日・月
*(平日は仕入れ等でお休みになる場合がございますので、営業日カレンダーにてご確認下さい。)

沿革…JR学研都市線 住道駅下車 徒歩7分

☆尚、駐車場はありません。近くのパーキングをご利用ください。

17952012_985950071536611_2787747460

☆★☆追記☆★☆

f-Grace さん、実は今日(4月16日)が、この地に店舗移転して3周年だそうです。
本日より4周年へ^^

ますますの発展、祈っております♪

17903770_986237508174534_5636416187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

ダンボール製カリグラフィー傾斜台。。。

ひょんなことから、カリグラフィーのレッスンを受け持たせていただくことになった昨年の7月。

どうせやるなら…机にフラットで文字を書くより、傾斜台を使っていただきたい…

その思いがつのって、勤務先でたまたま取り置きをしておいたダンボールを使って作成した、ダンボール製カリグラフィー傾斜台の初号機。

Fullsizerender01

何しか、傾斜をつけることが先決で、「できるだけコンパクトに」をメインにして作りました。なので、サイズは小さめ。

Fullsizerender

B4サイズのクリップボードを傾斜部分に置いて…というスタイル。
これは、ダンボールの表面の「波」を避けるため。

使用感は…練習用紙を半分まで使うと、そこから下半分への「書き」がしにくい。そのため、用紙の上下を逆転入れ替えをしないといけない…

それを踏まえて作成したのが2号機。

Fullsizerender_14

一回り大きくしました。

こちらは、クリップボード使用と併せて、コートボール(いわゆる厚紙)を置いてダンボールの「波」の部分をほぼクリアする仕様にしてみました。

傾斜は…大きくは変えれませんが、3段階対応です。

Fullsizerender_7

この2号機をベースにして、工藤の大切な盟友・芳川紙業株式会社須川栄司さんと連携を取り、製品化をお願いし…

出来たのがこちらです。

Fullsizerender_10

大きさは、市販・木製の傾斜台とほぼ同じ。

コートボール部分(白い厚紙)で、450×400ミリになります。
なので、工藤の2号機よりさらに一回り大きくなっています。
市販木製の傾斜台とほぼ同じサイズ。

Fullsizerender_9

傾斜は、現状、こちらも大きくは変えれませんが、3段階変更可。

工藤初号機・2号機と大きく違うところは、工藤機が3枚のダンボールを一つ一つばらばらのパーツにしていたのに対して、須川機は3枚のダンボールを貼り合わせた一体型であるところ。
土台の凹部分に支えの凸部分を差し込むだけ。
さすがプロです♪

コートボール部分が、ダンボールの「波」を避ける役割になります。

で、これが販売されることになりましたので、お知らせです。

芳川紙業株式会社須川栄司さん作成のカリグラフィー用ダンボール傾斜台

現在、モニター価格で、1台が600円+消費税(現状 648円)
宅配発送の場合は、別途、梱包代と送料がかかります。
1台から販売しておりますが、需要があるようでしたら、複数台で発注されると、1台分の平均価格が下がってきます^^

モニター価格となりますので、購入者の方々に使用感のフィードバックをお願いしています。
ご協力いただけると、須川さんも喜びますよ^^

また、御希望の方には、持ち手付きの外箱も別途作成可能。

発注の際にお申し出いただければ、傾斜台のサイズ変更も可能です。(若干の料金の変動があるかもしれませんが)

発注は…

・直接、須川さん へ → sugawa☆e-yoshikawa.co.jp(☆のところを「@」に変更してメール送信お願いします♪)

・工藤経由 → mystic.tempo☆gmail.com (お手数ながら、同じく☆のところを「@」に入れ替えてメールを送信下さいね^^)

尚、ご質問等もお受けしております。
須川さん、もしくは工藤へ、上記メールアドレスまで。
お気軽に^^

市販の木製傾斜版だと、値段の部分で気遅れしてしまう…という方が多々。
折角カリグラフィーに興味を持たれても、それで諦めてしまう方も中にはおられ…

それを見聞きするたびに、どうしたものかな~と思っていた矢先の発想でもありました。
ダンボールという材質上、水濡れ厳禁であることと、強度の力で傷んでしまうという弱点もありますが、そうそう大きな力で押すことも無いのと、これは補強も可能。

使い方は、各人各様でいいと思うのです^^

この一品が、カリグラフィー普及の、ほんの一助にでもなれば、自分も幸甚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

ひこかみ 干支紙細工。。。酉年編^^

来年の干支は『酉』^^

干支の話をすると、すぐに思い浮かぶのが、紙細工師・坂口雅彦さんこと『ひこかみ』さんのこと。

「紙細工」といっても、ほんとに小さく細かいものから、ダンボールを使っての大きな作品まで多岐にわたる坂口さんのパフォーマンスは、それを自分の目で観た人はよくわかる事と思いますが、ともかくダイナミックでありながら繊細。。。

特に、大阪は大正区にはご存知の方々も多い事と思います。

ダンボールシーサー、有名ですもんね^^

その「ひこかみ」さんの坂口雅彦さんの手から生み出された来年の干支紙細工『酉』

15589966_910995232365429_6484794412

作り方はいたってシンプル。
ノリもハサミも必要ありません^^

自分も早速作ってみました。

15541594_910995242365428_4883511809

15578482_910995265698759_3646456676

15541508_910995279032091_5193110060

見た目にはシンプルで簡単なものに見えますが、多分おそらく・・・改良に改良を重ねて、坂口さんも相当に頭をひねって生みだした一品ではないかと思うのです。

この「干支紙細工・酉」
一筆箋と封筒も付いています。

15492102_911534438978175_2361715163

なので、年末年始の御挨拶に、親しい人たちや大切な方々へ贈る事も出来ます。

御入用の方は、直接「ひこかみ・坂口雅彦」さんへお電話いただくか、もしくは以下のショップでも取り扱ってますので、お問い合わせください。

なお、工藤経由でも承りますよ^^

1セット500円(税込)
尚、ご注文品郵送の場合は、2セットまで別途送料がかかります。
(1セット → 120円、2セット → 140円)
3セット以上のお申し込みについては、送料無料になるとのことです♪

ご注文は。。。

・ひこかみ(坂口雅彦さん) : 090-1910-6986 まで。。。

なお、下記のお店でもお取り扱いをされています。

・大正駅前 株式会社 栄光堂印刷所
   住所 : 大阪市大正区三軒屋東1-2-9(大正橋交差点)
  Tel : 06-6551-3456
  FAX  :  06-6554-6550
  URL : http://www.eikodo-print.co.jp
  営業時間 : 8:30~18:15
  定休日 : 日・祝・土曜日不定休

・パティスリーリエ
  住所 : 大阪市大正区平尾5-12-10
  Tel : 06-7162-4636

みなさま、是非♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

『STUDIO LETTER ARTS レターアーツ作品展 2016』のお知らせ。。。

もう、会期はすぐそこですが・・・

カリグラファー・清水裕子先生が主宰する『STUDIO LETTER ARTS』の作品展が、神戸は北野にある「GALLERY 北野坂」で開催されます。

15319068_902322413232711_6979209026

清水裕子先生を中心とした講師4名と、受講生の方々のカリグラフィー作品展。

講師の皆さまは。。。

 清水裕子先生
 岡本真樹子先生
 東井裕子先生
 小川百合先生

約70点に及ぶ作品が展示されるとのこと。

DMに掲載されていますが、作品は、手書き文字をベースにした造形作品まで見応えのある力作が並びます。

会期は、つい先日から始まった神戸・ルミナリエとも重なっています♪

神戸の街を歩きながら、ゆったりした時間の中で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

一文字一文字に込められた思いと、そこから湧き出るようなあたたかさは、少し冷えた身体にホンワカしたぬくもりを起こしてくれますよ^^

期間中、デモンストレーションも連日開催されるとのこと。(14:00~15:00)

超お勧めの作品展です。

☆STUDIO LETTER ARTS☆
レターアーツ作品展 2016

会期 : 2016年12月7日(水)~11日(日)
時間 : 11:00~18:00(最終日は 16:00まで)
場所 : GALLERY 北野坂
住所 : 神戸市中央区山本通 1-7-17
               WALL AVENUE 3&4階
電話 : 078-222-5517
HP    : http://gallery-kitanozaka.com

主宰&問い合わせ Studio Letter Arts 主宰・清水裕子先生
e-mail : letterarts@mac.com
HP  : www.studio-letterarts.com

15338632_902322416566044_4902061240

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

嘉穂劇場へ。。。

嘉穂劇場 百花繚乱『現代アート展2016』へ行ってきました。
『蒼山日菜切り絵研究室展』が同時開催されています。

15135947_898944660237153_1952570599

九州へは、中学の修学旅行以来。
記憶にあるのは、グラバー邸とオランダ坂、揚げソバと西海橋と福岡の多分…博多駅?
今回は、その博多に泊まっての飯塚入りとなりました。

嘉穂劇場
炭鉱全盛の頃に建てられた由緒ある建築物で、国の登録有形文化財にも登録されています。

Img_5348

当時は、同じような劇場が50程もあったとのこと。
それが、炭鉱衰退の中で減少し、残っているのはこの嘉穂劇場ただひとつだけ。

その後、2003年の飯塚地方の大水害で浸水。
↓は当時の写真です。

P1040148

P1040149

その嘉穂劇場も、多くの芸能人の方々・有志の方々の尽力もあり、復旧されて現在に至っています。

そんな大きな意志のある場所で開催された今回の展覧会に、自分たちの切り絵作品を置かせていただくということだけでも、言葉に出来ない感動と感謝があります。

今回の展示は、企画をされたマサジアートギャラリーの其田正次さま・寿枝さまご夫妻が中心になって、様々に心を尽くされて実現したものであることを記しておきます。
本当にありがとうございました。

さて、嘉穂劇場
工藤は、同じく『蒼山日菜切り絵研究室』メンバーである宗清有木子さん、堀口真司くんと22日夕方に現地入り。

17時閉館なので、初日は1時間ほどしか居れませんでしたが、翌日の23日は、12時前よりラストまで在廊することができました。
この日は、師匠の蒼山日菜先生と共に、菅野湧己くん家族、安藤いく子さん、中沢由紀子さん、田島みよ子さんも共に在廊。

23日はちょうど祭日。
それもあってか、観光で入館される方が多々。
天候の悪い中ではありましたが、観光バスが、全部で4~5台になったのかな?
ほんとにたくさんの方に観ていただけたと思います。

15107355_895107423954210_6950035803

在廊メンバーとの掛け合いもよろしく、みなさん、やはりハサミで切った切り絵ということに至極感心をされてました。

研究室メンバーの作品が並べられているのは、劇場で云えば「上座」に当たる場所でもあり、そんな細やかな配慮にも恐縮です。

P1040152

↓は、蒼山日菜先生のエリア。

P1040047

あらためて。。。
切り絵の師匠である蒼山日菜先生とともに、切り絵作品を展示させていただいている「蒼山日菜研究室メンバー」の名前を以下に。(敬称略・順不同です)

・堀口真司
・安藤いく子
・田島みよ子
・宗清有木子
・清家由佳
・菅野湧己
・菅野和歌子
・山下ちとせ
・中沢由紀子
・Ko hina
・工藤祐輔

会期は明日30日までです。

是非。。。^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

ユコちゃん火の酉年賀状。。。

2016年は「申」年で「初夢」でした。
明2017年は「酉」年で「賀春」♪

そうです。
ユコちゃん年賀状です^^

前回の文字は書家の安田舞さんのもの。
今回は…この年賀状のイラストを描いた、イラストレーター中本優さんの祖父である中本操氏の手になるものです。

中本優さんは、福井県あわら市出身。
郷土を大切にしながら、大阪を中心に活躍されている若きアーティスト。

この「書」を書いた彼女の祖父は、教職を経て退職後に書道教室をされていたそうで、だからこその力強さを感じる文字になっています。

できあがりは、こんな感じ。

15220006_897764277021858_3204831047

凛々しいユコちゃんと火の酉。
「賀春」の文字。
『一富士二鷹三茄子』ならぬ『一ピラ(ミッド)二羽根三チキン』

そして、宛名面には、左からイシス神、オシリス神、アヌビス神、メジェド神というユコちゃんファミリーが^^

15219441_897764287021857_2585643971

この活版のデコボコ感がイイんですよね~
是非、この重厚感・手触り感を、直接味わっていただきたいと思います。

この年賀状、つい先日、発売になったのですが、先ず、52円切手対応のものが既に完売してしまっております。
82円切手対応のものが在庫有り状態。
こちらは、1ミリ厚のクッション紙を使用。
増刷はありませんので、お急ぎくださいね~

そしてもう一つ。

今回は、金箔紙を使用したものも製作されています。
ただし、額入り限定20部のみ。

こちらに関しては、中本優さんのサインとシリアルナンバーが書かれています。
かなりかなりで、レアなものです。

15078994_1183273865092520_170896431

15192729_1189158527837387_125706280

15078798_1523408227674611_565862887

今、このブログを書いている時点で、残数はひとつのみとなってしまいました。
最後の残りは、どなたがゲットするのでしょう?
早い者勝ちです。(ちなみに、工藤もゲットしております)

活版印刷は、すべて、大阪市福島区の明晃印刷株式会社の高崎健治氏によります。

以下、年賀状の申し込みフォームへ飛びます。

こちらからどうぞ。。。
   ↓↓↓
『ユコちゃんと火の酉年賀状』申し込みページ

尚、クレジット決済、コンビニ決済(前払い)をご希望の方はコチラのサイトからご注文ください。
   ↓↓↓
yukobow online store

是非、直に手に取って、ぬくもり感のある活版の妙を感じていただき、、大切な人への年賀状として送ってみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

『Natural Mandala Artist 涼葉えりこさん個展』のお知らせ。。。

アートの世界では盟友でもある〝Natural Mandala Artist〟涼葉えりこさんが、初めての個展をされることになりました。

15036727_892550500876569_7863712449

実はmixi時代からのお付き合いになります。
(長いこと、お会いしたことはありませんでしたが・笑)

初見のマンダラは、そのmixi時代。
現在のものと比べると、当然、至極シンプルでした。
ただ、どういうわけか、素人くささを全く感じませんでした。

「あ、この人、なんかすごいアーティストさんになりそう」
そういう予感も湧いたりしてました。
その時の記憶は、今もしっかり残っています。

それから時を経る中で、どんどん実力を伸ばしていかれ、作品に込める思いもまた裾野を拡げ、重層的になり・・・

その涼葉さんの作品を目にした人たちは、そこに癒しを感じ、心を和ませ、哀しみが和らぎ、少しずつ少しずつ次へのステップへと歩み始めようとする思いを育んでいける。

それだけではなくて、一つ一つの作品たちが、ともかく美しい。
一枚の作品を仕上げるために、どれだけのエネルギーを搾り出して、どれほどの思いをそこに込めてこられたことか。

様々な植物、優しい色たち、豊かなる女性性。

根底に流れる「いのちの源へ」の溢れる思い。
これは個展のテーマでもあります。

そんな作品群の中から、約40点の作品が並びます。
ご本人も、「見応えタップリです」と云われてますので、かなりなものだと思いますよ。

まだまだ紅葉残りし京都での開催。

会場では、明年2017年のマンダラカレンダー(後日、記事アップさせていただきます)やポストカード、マンダラ塗り絵も販売されます。

ほんとに、一人でも多くの方々に足を運んでいただき、目で観て感じ、心で感じて観入っていただきたい5日間です。

是非♪

15055748_892550510876568_7570687798


  Atelier Belles Feuilles EXHIBITION 2016

  涼葉えりこ 作品展
  ~いのちの源へ~

日時 : 2016年11月30日(水)~12月4日(日)
時間 : 11:00~17:00(初日は13:00~ 最終日は~15:00)

場所 : ギャラリー 空・鍵屋
住所 : 京都市東山区祇園町南側花町570-107

・京阪祇園四条駅6番出口より徒歩3分
・阪急河原町駅1B出口より徒歩7分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

たのげい in 福岡 & 『蒼山日菜切り絵研究室展』。。。

福岡県飯塚市に、嘉穂劇場というところがあります。
国の特定登録文化財でもあります。

火災や自然災害、戦争等々、いくつもの試練をくぐりぬけて何度も再建され、、現在は特定非営利活動法人(NPO)化されて営業が続けられている、まさに「昭和」でレトロな建築物。

2000年には、椎名林檎さんの一夜限りのライブの会場としても使用されたことがあります。ご存知の方もおられるかもしれませんね。。。^^

その嘉穂劇場にて、11月19日から月末まで、
『現代アート展 2016 嘉穂劇場百花繚乱』が開催されます。

その展覧会に併せて、
『蒼山日菜切り絵研究室展』が同時開催されることとなりました。

レース切り絵作家・蒼山日菜先生と、蒼山日菜先生のプロデュースメンバーによる切り絵作品展です。

14568034_882099751921644_6948454017

今回のこの『現代アート展 2016 嘉穂劇場百花繚乱』は、全国から25名のアーティスト(筑豊及び福岡県外のジャンル別作家14名と、全国から11名の切り絵作家)が、それぞれの作品を持ち寄っての盛大な作品展となります。

14639803_882099758588310_3799429370

蒼山日菜先生を除く出展作家は…(順不同・敬称略)

・Patrick Gannon(福岡・現代切り絵)
・坂本鷹也(福岡・立体造形)
・平野隆司(山口・色鉛筆 絵画/イラスト)
・Seung Hyouk Jeon(福岡・絵画)
・櫻木雅美(福岡・像と空間)
・有松稔晃(福岡・段ボールアート)
・大池麻衣子(大阪・ろうけつ染め)
・クリハラナミ(福岡・陶芸、インスタレーション)
・鶴岡誠(福岡・陶芸)
・やすながまゆみ(福岡・パステルアート)
・渡邊玲子(福岡・紙による造形)
・佐竹幸雄(福岡・インスタレーション)
・其田脩(福岡・絵画)

・蒼山日菜切り絵研究室メンバー
 ・堀口真司(大阪)
 ・安藤いく子(神奈川)
 ・田島みよ子(長崎)
 ・宗清有木子(兵庫)
 ・清家由佳(愛媛)
 ・菅野湧己(東京)
 ・菅野和歌子(東京)
 ・山下ちとせ(愛媛)
 ・中沢由紀子(神奈川)
 ・Ko hina (東京)
 ・工藤祐輔(大阪)

尚、会期中は、「クリエーターズマーケット」や、『たのしいげいじゅつ』による「たのげいオリジナル軽食」も予定されているそうです。

「クリエーターズマーケット」では、アート・イラスト・アクセサリーはもちろん、雑貨・クラフトからインテリアまで、幅広いジャンルのオリジナル作品が揃う「つくる人の祭典」と銘打ってのもの。

また、「たのげいオリジナル軽食」には、地元のコアな食材を使用したオリジナル且つポップでキュートなメニューが揃い踏みとのこと。

楽しみです♪

『蒼山日菜切り絵研究室メンバー』としては、蒼山日菜先生 とメンバー中の何名かもどこかの日程で在廊するかもしれません。

お近くの方はもちろん、福岡方面へお越しの方も、周辺地域へ来られる方も、お時間許すようでしたら、是非、覗いてみていただければと思います^^

なお、この度の展覧会に際し、企画等々、マサジアートギャラリーの其田さまご夫妻には、万般に亘りお世話になっておりますことを、ここに記させていただきたいと思います。
心より、感謝申し上げます。

『現代アート展2016 嘉穂劇場百花繚乱』
 同時開催『蒼山日菜切り絵研究室展』

会期 : 2016年11月19日(土)~30日(水)
開館 : 9:00~17:00
会場 : 嘉穂劇場
住所 : 福岡県飯塚市飯塚5番23号
電話 : 0948-22-0266

入場料 : 300円(劇場見学料込み)
  *幼児無料・小学生100円
   中学生以上300円

主催 : NPO法人 嘉穂劇場
企画協力 : マサジアートギャラリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

カリグラファー 前田祐加さん個展。。。

大阪を中心に活躍されている、カリグラファーの前田祐加さんが個展をされます。

前田祐加さんといえば、瞬時に、カッパープレート、スぺンサリアンが浮かぶ方も多いはず。

先日、大盛況で終了した『カリグラファーズ・ギルド展』関西展でも、スぺンサリアンのデモをされてました。(観たかった…)

工藤にとっては、ギルドの先輩でもあります^^

その前田祐加さんの個展のテーマの一つは『薔薇』
季節的にゲットしにくい「赤いスプレーバラ」を、かなり苦心して取り寄せたところにも、個展に向けての熱い想いが伝わってきます。(この時期には、ほんとに難しいんです。ご存知の方にはよくわかるはず☆)

個展では、上記のカッパープレート、スペンサリアンに加えて、もちろん他の書体の作品たちも。。。

数年前のものから近々に至るものまで展示されるそうで、祐加さん のカリグラフィーの変遷をも垣間見ることが出来るかもしれません。

内容も濃いです。。。
楽しみです^^♪

DMもセンスが良くて、素敵なものになっています。
手元に無い方、是非、会場でゲットしてきてください^^

Fullsizerender_11

☆前田祐加さん カリグラフィー展☆

【会期】2016/9/29(木)~10/9(日)

木金 13:00~20:00 土日 11:00~18:00
10/3(月)、4(火)、5(水) Close

【会場】Galerie 6C

西宮市南越木岩町9-5 パルレ苦楽園3F
TEL 0798-61-6131

※駅前のパン屋さんがあるビルの裏にまわり、
 階段で3階にあがってください。

Fullsizerender_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧