切り絵

2018年4月 8日 (日)

蒼山日菜先生 切り絵WS @朝日カルチャーセンターくずは教室

先月、天満橋にて開催されたばかりですが、引き続いて今月も、レース切り絵画家・蒼山日菜先生が来阪されてのWSが開催されることとなりました。

2ヶ月連続っていうのは、まずありません。
嬉しい限りです🎶

今回は、京阪電車くずは駅直結の、朝日カルチャーセンター・くずは教室。

改札を出てすぐのエスカレーターで2階へ。
そこから階段を上がったところが、くずは教室になります^^

Img_3560

初めての方も経験者の方も、それぞれのレベルに合わせて図案をご用意しております。
また、ビギナーの方には、ハサミもレンタルできます^^
遠慮なく、お申し付けくださいね。

詳細は・・・

朝日カルチャーセンター・くずは教室まで↓↓↓

朝日カルチャーセンター・くずは教室 ← クリックしてください^^

住所 : 〒573−1121 
          枚方市楠葉花園町14−1 京阪くずは駅ビル3階
電話 : 072-850-1500
URL :  https://www.asahiculture.jp/kuzuha

開講日 : 4月15日 日曜日
時間    : 10:00〜12:00

皆様のご参加、お待ち申し上げております🎶

| | コメント (0)

2018年3月14日 (水)

蒼山日菜先生 切り絵WS in 京都&大阪・天満橋

月末の土日に、レース切り絵画家・蒼山日菜先生が関西入りをされての切り絵WSがあります。

今日はそのお知らせです^^

24日(土)が京都。
25日(日)が大阪・天満橋。

ともに、よみうり文化センター主宰となります。

Photo

やっと…寒さも去り、緩やかな空気の春がやってきた感ですね^^
今日もあったかい一日でした。

卒業・入学の季節でもあり、何かを始めるには持ってこいのシーズンかもしれません。

そのタイミングでの蒼山日菜先生の関西入りのWS。
少しずつ、出張WSを減らされていることもあって、蒼山先生から直接指導を受けてのWSは、貴重な時間と思います☆

レース切り絵を体験してみたいと思っている方をはじめ、経験者の方々も受講できます。

京都、大阪・天満橋、それぞれの日程時間は以下のとおりです。

~☆~蒼山日菜レース切り絵 in 京都~☆~

開講日 : 3月24日(土)
時間   : 13:00~15:00
場所   : よみうり文化センター 京都センター
受講料 : 8400円
持ち物 : 筆記用具、ホッチキス

       作品持ち帰り用のクリアファイル

       ハサミは貸出

お申し込み・場所等の詳細につきましては、よみうり文化センター 京都センターへ直接お問い合わせください。

  ↓ ↓ ↓

https://www.oybc.co.jp/event_kyoto/detail_21355

 

~☆~蒼山日菜レース切り絵 in 大阪・天満橋~☆~

開講日 : 3月25日(土)
時間   : 13:00~15:00
場所   : よみうり文化センター 天満橋センター
受講料 : 8400円
持ち物 : 筆記用具、ホッチキス

       作品持ち帰り用のクリアファイル

       ハサミは貸出

こちらも、お申し込み・詳細につきましては、天満橋センターへ直接お願いいたします。

  ↓ ↓ ↓

https://www.oybc.co.jp/event_tenmabashi/detail_21274

天満橋センターでの開講は、今回が初めてとなります^^

是非、この機会をお見逃しなくです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

今月の2舞目

11日には持っていかなくては…という一舞があり、つまりは、土曜の夜には仕上げておかないとっていう切り絵チョウチョ。

9日と10日しか残っていない状況でしたが、金曜に無事に仕上げることができました^^

1時間と40分。

29101932_1171612772970339_368166924

l'heure bleue  ラール ブル (夜明け前の)青い時

フランス語です。

今回も名づけていただきましたが、名前って、センスが問われますよね。
でも、それだけではなく、感性も関わってくる。

自身で名前を付ける時は…
・切る前から決めている
・切りながら決まる
・切り上げた作品を見ながら考える

と、だいたいこの3パターン。

いつも名づけをしてくれる友人は、こちらが送った画像を見た瞬間にイメージングができているような…
そこは、やっぱり感性が澄んでいるのかなと思います。

いつも、ありがとです^^

このチョウチョ、下絵はほぼ無しで切りました。
今回は、少し切り始めくらいに思いの停滞というか迷いみたいなものがありました。
が、5分くらいでそれはクリア。
そんなことの積み重ねも、きっと何か、どこかで活きてくると信じます。

オ―ダ―の作品が…^^;
青写真だけは出来ているものの、なかなか切りに入れません。
引越し手伝い等々があったので、一応それは仕方ないこととしておきますが、来週には仕上げたいと思います☆

今日は所用で出かけてたんですが、途次、ハクモクレンの花を見つけました^^

29067297_1172520666212883_329349158

29136735_1172520622879554_969378417

29101600_1172520756212874_842430669

いい香りでしたよ^^

もう春です♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

indigo passage

3月に入りましたね。

「去る」弥生
去らず 去らさず
手前置き

です^^

しっかり掴まえて、今月もまた追いぬいていこうと思っています。

引越しの手伝いが入り、バタバタしてました。
明後日も、同じ引越しの応援へ。

そんな中、4日と5日の2日間、それぞれ1時間ずつでチョウチョを一舞。

28577430_1168672726597677_549277702

名前は、「indigo passage」

写メでは分かりづらいんですが、いい感じのインディゴブルーです。

名前は、ヒラメキの友人が、今回も^^

元々、4時間の切りを考えてたんですが、切り始めて15分くらいで変更しました。

「2時間でいこう!」

「♡」の連鎖を少し多めにしたんですね。
これ、工藤のトレードマークみたいなものなんですが、それだけにスイスイ切れます。
その辺りを換算してみて、2時間に設定。

元々想定の図案は、またどこかで使うことになると思います。
頭の中に残ってれば…の話ではありますが。(^^ゞ

「indigo」と云えば…

自分にとっては、映画『The Cotton Club』のエンディングで流れる『mood indigo』って曲がすぐに浮かびます♪

https://youtu.be/rfvQvsALSwc

↑↑↑

『The Cotton Club』は1984年の映画。
ギャング映画が好きで、Diane Lane のデビュー当時からのファンなので観た…という作品でしたが、ディキシーランドジャズが目一杯流れる、超お気に入りの映画です♪

話が逸れてしまいました(^_^;)

オーダーを頂いているので、それを先にやらないとダメなんですが、そこは…「定期試験症候群」が頭をもたげてきます(;´∀`)

なので、この一舞となりました。

別件で、急ぎのチョウチョが一舞あります。
明日と明後日で切り上げて、師明後日の日曜には渡してこないといけません。

オーダーの分については…

20180306

↑ 3種類書いたのを見てもらって、この中からセレクトしてもらいました。
一番上がいいとのことで、これをベースに図案を考えていきます。

チョウチョは…図案描かなくても切れたりしますが、他のものはしっかり描かないと無理なので…(^^ゞ

いろいろと、挑戦ありての前進になりそうです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

3/11 蒼山日菜先生 ネットミーティング式講座 in 天満橋 のお知らせ

前回、心斎橋のレンタルルームで行った「ネットミーティング式講座」

駅を降りてからが長くて、迷われた方も多く…
今回はそれを踏まえて、『駅近』での開催とさせていただくことになりました^^

すでに、アメブロの方でも告知はしておりますが、こちらでもお知らせさせていただきますね。

大阪・天満橋です^^

蒼山日菜先生がネットミーティングアプリで生出演されての、レース切り絵・セラデザ講座が、来たる3月11日の日曜日に開催決定となりました。

★開催場所が前回と異なりますので、ご注意くださいね★

開催日時 : 2018年3月11日(日)14:00~17:00
場   所 : 大阪市中央区天満橋京町 2-15 岡本ビル 7階
アクセス  : 大阪市営地下鉄 谷町線『天満橋』駅より 徒歩1分
          京阪本線『天満橋』駅より 徒歩1分

地図はこちらです。

27857797_1158664860931797_610838866

講  師 : 蒼山日菜先生認定講師

ネットミーティングアプリにて、蒼山日菜先生が登場予定です。
蒼山日菜先生と、リアルタイムで会話を楽しみながら、切り絵・セラデザを楽しんでいただけます♪

【教室内容】

  以下よりご選択下さい ※全て税込金額となります。

・『切り絵教室のみ』 
受講料4,000円+図案代1,800円

・『切り絵&セラデザ教室』
受講料4,000円+図案代1,800円+白磁代(転写紙、焼成代金含む。お値段は下記をご覧ください)

・『セラデザ教室のみ』
受講料2,160円+白磁代(転写紙、焼成代金含む。お値段は下記をご覧ください)

セラデザ教室は教材の準備のため、3月3日までにお申し込みください。

白磁のリスト画像は下に掲載しておりますので、そちらをご参照ください。

 

【ご注意】
※全て現品限りになる可能性があります。
※セラデザは教室後完成した白磁を預お預かりし、蒼山日菜先生が手ずから焼成。
その後、着払いにて東京よりお送りさせていただくこととなりますが、次回の教室にてお渡しすることもできます。

教室当日にお聞きしますので、その旨、よろしくお願いいたします。

【お申し込みはメールにて】

●お名前 ●教室内容 ●セラデザ教室の場合は白磁の種類

 を記載の上メールにてお申し込みください。

返信メールにてお申し込み完了となります。

※受講料は、当日のお支払いとなります。

 

      お申し込みはこちらから

       ↓  ↓  ↓  ↓

     info@aoyamahina.lovesick.jp

尚、ブティックぺーじにも、詳細が掲載されています。

 ↓のURLをクリックしてくださいね♪

https://hinaaoyama.amebaownd.com/pages/1339867/page_201710121126

 白磁リスト 

『有田焼ハートinクローバーカップ&ソーサー』
  価格:5,500円
サイズ:カップ 直径10cm ソーサー直径16cm 高さ 8cm

3d4ae356fb3a3476e18606c42a95f5e5_12


『有田焼フレンチ楕円大皿』
  価格:6,500円
サイズ:37cmx18cm
少し青みがかってとても軽く大人気の大皿です。

2ea4ade6c113e213395946a4f920b7e3_82


『有田焼三段重』
  価格:7,000円
サイズ:直径15.5cm 高さ14.5cm

Ab57f4bc27582181da643723f35ba80a_ef


『角皿2枚セット』※数量限定
  価格:3,000円
サイズ:15x15cm

6b33ee3840259aefca718f7aca847a69_44


『急須』
  価格:3,500円
サイズ:直径10cm 高さ蓋まで13cm
持ち手が変えられる2本付き。5、6人分のお茶がつげます。

25c906b0abdabb2824ffcfceab20d25a_8d


『湯飲み&ソーサー2個セット』
  価格:4,000円
サイズ:湯のみ直径8cm ソーサー直径12cm

92c3ec635e4404b21bf7d187860650bf_bf


『お茶碗2個セット』
  価格:4,000円
サイズ:直径11cm 高さ6cm

84f6b7219cb1e0986e2eeb023a592398_ab


  ~組み合わせ価格~

『急須と湯呑み&ソーサーセット』
  価格:5,500円

『湯呑み&ソーサーとお茶碗セット』
  価格:4,000円

『お茶碗と角皿セット』
  価格:3,500円

『湯呑み&ソーサーとお茶碗セット』
  価格:4,000円

『お茶碗と角皿セット』
  価格:3,500円

『揺れるグラス』
  価格:3,500円
サイズ:直径7.2cm 高さ9.1cm 
花器としても使用可。

561df20a3aca2f6280565cc6ec25e564_37


『ダルマ型グラス2個セット』
  価格:5,000円
普段使いにオススメのグラス。

0e5509596e8d6795157409542e1a69fd_9b


『ローションボトル』
  価格:3,000円
サイズ:直径7.5cm 高さ16.5cm

『マグ2個セット』
  価格:5,000円
サイズ:直径9cm 高さ10cm
縁が花レースのようなヒラヒラしたアンティーク風味のクリームがかったお色のマグカップです。

『ボール2個セット』
  価格:5,000円
サイズ:直径12.5cm 高さ7cm
マグとお揃いのボールです。朝食のシリアルを入れたり、フルーツを入れたり、お子さんの小さいお丼にも。

『マグとボールセット』
  価格:5,000円

904d08d9109612db8fab7bce57e63e72_0b


『ハートブルーの花器とマグセット』
  価格:5,000円
ハートブルーの花器サイズ:横11cm 高さ11cm
アロマディフューザーにも、お箸入れやペン立てにも。

56534196b55dbfafe7da39aebbfd571d_c4


『丸型ポット』
  価格:4,500円
サイズ:直径10cm 高さ蓋まで13cm
約3〜4杯分

4af97a4fcdb090f2769f51672020d1f0_1b


『円柱ポット(茶こし付)』
  価格:3,500円
サイズ:直径8cm 高さ蓋まで13cm
 約2杯分

27430de4cf27bf79017c98dab1d0d31d_3c


以上となります。

セラミックデザインアーツ(セラデザ)の方の締め切りが3日までとなっておりますので、お申込みの方はお早めに。

切り絵の方のお申込みにつきましては、ギリギリまでお受けさせていただきます^^

以上、蒼山日菜先生認定講師・工藤祐輔でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

優雅なる・・・

2月ラストの日ですね。

春の嵐がやってきます。
今のところ、静かな…それこそ、嵐の前の静けさ?です。

今月ラストの切り絵チョウチョができました。
2月に入って7つ目の切り絵で、チョウチョとしては6舞目。
モノクロ作品では、3つ目。

24、25、26日の3日間で4時間。

今回のは、「シャギー」を入れています。
多分…ですが、「シャギー」入れのチョウチョは、FBのプロフ画像に使っている『勇舞・火の鳥』以来だと記憶しています。

「シャギー」は好きなので、工夫しながら少しずつ入れていきたいと思っています^^

今回切ったのは…

28276630_1164749223656694_136194049

ちなみに「シャギー」のところは…

28379183_1164749220323361_121884642

今回は、「4時間」ってことで時間限定をしていることもあって、少し軽めにしてあります。

名前は、『grazioso』

イタリア語です。
英語でいうと、『gracious, graceful, pretty』といったところでしょうか。
『優雅な』『優雅なる』って意味。
特に音楽の世界でのっていう押しです。

いつものごとく、直観鋭い友人に名づけてもらいました☆

このチョウチョ。
今年に入って切ってきた中で、一番のお気に入りになりました。
なので…手放したくない…^_^;

どうなるのかな~

さて、3月ですね。
明日からは、オーダーものの切りにかかります。

文字と絵と…ということで、友人から注文を頂いてて、毎日、時間があればブレインストーミングをしています。
文字部分は、ほぼ粗方いけそうな感じ。
問題は「絵」のところです(~_~;)

チョウチョと違って、こちらは「下絵」をしっかり描いておかないとです。

頑張ります☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

波の海に…

今月5舞目のチョウチョ。
21日から23日の3日間で切りました。
掛った時間は、合計で4時間。

名前は…『Mare Undarum』
これ、ラテン語らしくて、英語で云うと「Sea of Waves」

天体に詳しい人やとピンとくる名前です。

月の表面には、いくつもの「海」がありますよね。
その一つに『波の海』というのがあって、それがこのチョウチョの名前です^^

また、工藤ではなくて、友人に付けていただきました(^_^;)
見てすぐの直観で、うねり→波→海 って出てきたらしいです。

そのチョウチョがこちら。

Img_2752_2

2つ折りにして切ることがほとんどのチョウチョ切り絵ですが、ラストのほうで切るのが、真ん中の胴体のところ。

切りながら…また遊び心がでてきまして(笑)、メトロン星人入れてみよって思って、それに近いイメージで切っておきました。

前回の「鷲」さんよりはわかりやすいかと思います。
ウルトラセブンに出てくる宇宙人ですよね^^

懐かしい…

で…メトロン星人といえば、宇宙人なので「宇宙」ですよね?
命名は友人ですが、工藤は何も伝えず、ただ画像を送って観てもらっただけなんですが、ちゃんと「宇宙」として繋がっている。

このシンクロに、やばく鳥肌立ちました。

おまけに、今日は、別件ですごいシンクロがあり、これまた鳥肌立ってます。

『Mare Undarum』のアメブロ記事はこちら →

それはそれとして、このチョウチョ。
元々は3時間ちょっとくらいで切れるかなって思ってました。
一応、図案は書きながらの切りやったんですが、上翅終わって下翅を切っている最中に、ちょっと切りにくい「絵」にしてしまい、それのお陰もあって(苦笑)その分多めに時間が必要となってしまいました。
こういう部分は、次へ繋いでいきたいですね。

使っているハサミ、実は片方の先が折れている状態。
おまけに、切れ味も…ちょっと鈍ってきています。
2010年の8月から使ってますが、まだ一度も研ぎに出したことが無く…

ハサミは全部で4本持ってます。
でも、使うのはもっぱらこの1本のみ。
これを、メンテに出すかどうか、今、すごく悩み中です。

どうしましょ^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

sacred torch

先に、アメブロの方で軽くアップさせていただいてますが、17日、18日と2時間ずつの切りで完成させました。

(アメブロは… ←こちらです)

名前は、『sacred torch』

工藤が付けたのではなくて、直観のいい友人に観てもらっての銘です^^
(結構助けてもらっています^^; )

28276909_1159099187555031_865972544

今年に入って切ってきたチョウチョの平均よりも、横幅最大値(上翅の幅になります)より5ミリほど大きくしています。

このチョウチョは、割とあれこれ下絵を描きながらの切りでした。

大きな流れのラインを描いて、後はその周辺を描きながら切って考えて、それからまた描いて切って…という按配。
一番細いところで0.2ミリくらいです。
それほど難しいこともしてないので、蒼山日菜先生の切り絵教室で云えば、中級レベルで切れる感じです。

辛子色、つまりは mustard color のチョウチョ^^
この色、好きです♪

自分の切るチョウチョは、色×模様×フォルム×ネーミングの兼ね合いかなと思っています。

その掛け算…今のところ「失敗やった…><」ってものはないのは天啓かな…
あくまで、「今のところ」ですが。
何か助けて頂いてるんですよね、きっと。
感謝しないとです。

今回は^^ 下翅に「鷲」さんの顔を入れこんでみました。
ただ…(笑)…入れこんだといっても、自分はそのつもりというだけで牽強付会なのかも(^^ゞ

見えます?

「seiran = 青嵐」ってチョウチョでは、「ウルフ」を入れこんでみました。
そういうイタズラ心も無いとね^^

今月はこれで5つ目の切り。
スローペース?
いえ、普通ペースです(笑)

次も頑張ります♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

女子3人展 「ワルツ」 @富山 のお知らせ

引き寄せられるように、見えない「糸」で繋がっているかのように、人と人が出会うことってありますよね。

元々の繋がりはあっても、年月とともに離れていくこともあって、でも…何かの「縁」で、また笑みを交わし合う。

そんな3人の女子たちが、郷里・富山の地に集い、それぞれの得手を持ち寄っての作品展を開催することになりました。

27973876_888604904654419_4003580820

28166920_1159898207475129_110414684

出展作家の3人女子の方々は…

 堀内章代さん(和紙造形)
 水野朋子さん(レース切り絵)
 宮本明日香さん(洋画)

ちなみに、レース切り絵の水野朋子さんは、切り絵の師である蒼山日菜先生の生徒さんであり、工藤の友人でもあります^^

DMには…

同じ年齢の女性が揃うことになりました。
同じ時間の流れの中、それぞれに個別の生き方をし、それぞれが自分の心で感じたことを、それぞれの手を使って、作品制作に励んできた三人です。
お互いの個性が響き合い、そして一つのものになるようにと”ワルツ”と名付けました。
ご高覧いただければ幸いです。

とあります。

この文章自体が、底辺にたゆむことなく流れる3人女子の「意思」の存在を、クレッシェンドに伝えてきてくれているようです。

工藤のアートの盟友でもある Natural Mandara Artist 涼葉えりこさん によると、「3」という数字には、

「創造性、祝福(セレブレイション)、表現、喜び、無邪気さ、肯定性、可能性」

という含意があるとのこと。

出展される3人女子の皆さんの、この作品展への追い風のようなメッセージみたいです^^

大盛況、祈ってますね♪

お近くの方には、是非、御観覧のお時間をとっていただければと思います。
よろしくお願いいたします。


 ~3人展「ワルツ」~

会期 : 2018年3月3日(土)~3月5日(月)
時間 : 9:00~18:00(最終日は17:00まで)
場所 : 北日本新聞ギャラリー
住所 : 富山県富山市安住町2-14
TEL : 076-445-3300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

書の贈り物

一連の切り絵チョウチョのうち、海外へ送らせていただく以外のものは、すでに送付をさせていただきました。

そのうちの1舞である『miyabi = 雅』をお送りした、雅号を「綾舟」さんという岡山のプロの書家の方が、工藤チョウチョのお礼にということで、色紙に「書」を書いて送って来てくださいました。

でも、お礼にと云われても…
工藤がそれこそ「お礼」でチョウチョを切らせていただいたわけですからね^_^;
Facebook上でではありますが、要所要所で何かと激励をいただいたり、声援を送っていただいたりと、ほんとにお世話になってきています。

こちらからのチョウチョが届いてすぐに、サプライズでお電話をいただいたのですが、なんか…思ってた以上にすごく喜んでいただけて、幸せな気持ちになりました^^

その際、「この感動を、チョウチョの名前『雅』を色紙に書いて送ります」と。

それがこちらです。

27972759_1159099184221698_307071254

国内のプロの書家の先生に「書」の色紙を書いていただいたなんてことは、これが初めてです。
光栄です☆

綾舟さんはとても小柄な方。
でも、その行動力はとてもパワフルで、その書は、時にダイナミックで豪快、時に思いやり溢れる優しさに満ちています。

ロシアとの交流にも尽力をされていて、その文化界にも知己が多い。
もちろん、それだけではなくて、書家として各国のカリグラフィ―界の方々とも出会いを重ねておられ、その一つ一つの出会いを、ほんとに大切にされています。

細やかな心遣いは、そこになんの衒いも偏りも無く、だからこその世界中との繋がりができておらるのかなと思います^^

ということを、お会いしたことはまだないのですが、綾舟さんのFacebook上タイムラインを見ているだけでわかるんですよ。

いただいたお電話でも、いつか必ずお会いしましょう♪ということになりました^^

楽しみにしています。

お手紙も達筆。

27867832_1159099180888365_801395151

こんな字が書ければいいんですけどね^_^;

綾舟さん、ほんとにありがとうございました♪

大切にしますね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧