切り絵

2017年9月12日 (火)

『第2回レース切り絵ワークショップ@京都・三条 Café Chocolat』のお知らせ。。。

蒼山日菜先生のレース切り絵認定講師として、切り絵仲間・関西組のtomokaさんが、京都・三条のカフェ・ショコラさんにて、2回目のワークショップを開催することになりました。

前回は、ケーキセット付き^^
今回は、ランチ付で行います。。。

午前11時30分よりのスタート♪

新しい事にチャレンジしてみたい方
以前からレース切り絵が気になってた方
経験があるけれどご無沙汰..この機会にまた始めてみようかな~と思われている方

未経験の方でも、フェミニンtomokaさんが、丁寧にご指導させて頂きます♪

一緒に、蒼山日菜先生の図案をチョキチョキ楽しんでみませんか?^^

1名様からお友達同士等々、お誘い合わせの上お気軽にお越し下さいませ。。。

Fullsizerender_6

ワークショップの詳細は下記をご確認下さい。

★★★===========================★★★

【日程】 2017年9月29日(金)

【時間】 11時30分〜14時30分
  •11:30〜13:30 レース切り絵
  •13:30〜14:30 ランチ

このタイムスケジュールで進めていく予定です。

【場所】 Café Chocolat (カフェショコラ)

①地下鉄東西線 「京都市役所前駅」ゼスト7番出口より徒歩5分
②阪急「河原町駅」9番出口より徒歩10分
③京阪本線「三条駅」6番出口より徒歩10分

【講師】 Tomoka Kubomi

【料金】 4,212円(税込) ランチ付 です

【お問い合わせ・お申込み先】下記よりお願い致します。

Café Chocolat(カフェショコラ)
 TEL : 075-211-2357

 〒604-8082
 京都市中京区三条通御幸町東入弁慶石町56番地 1928ビル2階

URL : http://cafechocolat.mobirth.com/

☆☆☆===========================☆☆☆

ご質問等ありましたら、tomokaさんへ直接お問い合わせいただいても構いません。

Instagram : tomoka_kirie
mail : tomokakirie.68★gmail.com ★部分を「@」に変換してくださいね^^

どうぞ、よろしくお願いいたします^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

蒼山日菜先生ブランドブティック『L'autre Chambre』。。。

切り絵の師匠でもある、レース切り絵作家・蒼山日菜先生のブランドブティックがオープンしました。

https://hinaaoyama.amebaownd.com/

ちなみに…facebookでのページはこちら↓↓↓

https://www.facebook.com/lautrechambre/?pnref=story

21314851_1070767879721496_728876099

昨年7月、諸般の事情により閉店となった『蒼山日菜ブティック』…

その年末に蒼山日菜先生が起業、会社を立ち上げられ、この度、『L'autre Chambre(ロットル シャンブル)~別の部屋~』として完全新装オープンしました。

旧ブティックの閉店以降、多くの生徒さんや蒼山日菜先生のファンの方々が、首を長くしてお待ちかねであった「物販」のページ。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜

切り絵用紙
切り絵パーツ
HAリボン
ペーパーランプ
ボタニカルランプキット
グリーティングカード&マスキングシールセット
そして、白磁・陶器用の転写紙 等々。。。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜

ラインナップは、これからも増えていく予定です^ ^

不定期ですが、メールマガジンもできました。
こちらは、official website からお申し込み出来ます♪
是非。。。

専用ハサミをお持ちの方々には、メンテナンスも受け付けております^ ^

切り絵教室のスケジュールにつきましても、レッスンカレンダーを作成しております。
要チェックです♪


尚…ご要望度が一番高いと思われる、蒼山日菜先生プロデュースの切り絵用ハサミにつきましては、一カ月の作成本数が限られているため、現状では、切り絵教室にご参加の方を優先で予約を受け付けさせていただくという形式になっております。
ご容赦くださいませ。

facebookページでは、数量限定のアイテムの紹介もされています。
アカウントお持ちの方々、覗いてみてくださいね(^.^)

やっと酷暑の夏も終わったようで、風が爽やかに、空も高くなってきました。

アートの秋到来でもありますね^ ^

皆さまの芸術の秋が、素敵なる時間と空間でありますように♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

蒼山日菜先生認定講師@朝日カルチャーセンターくずは教室へ向けて。。。

ここ一カ月間、準備に追われてきました。
まだまだ、やっておかないとってことや、確認事項が結構あって、今のところ…頭の中は嵐が吹いている状態です。。。^_^;

10月より、切り絵の師であるレース切り絵作家・蒼山日菜先生の監修を戴いた認定講師として、朝日カルチャーセンター・くずは教室にて、

『はじめての 蒼山日菜レース切り絵』

として、切り絵教室を担当させていただくことになりました。

振り返れば…mixi(古い?^_^;)時代の所謂「ミクトモ」さんから、蒼山日菜先生のことを教えてもらったのが、2009年の7月。

そのすぐ後に神戸にて開催された『神戸アートマルシェ2009』にて、日菜先生の実物作品を初めて目にしたのが、9月4日。
ただただ感動でしたね。

一年後、岡本のカフェでの日菜先生のWSに参加。
20名くらいの方々が来てはりましたが、男性は自分だけで^_^;
ものすごく緊張したことを覚えています。

その時、切ったのがこれ。。。

100731_184852_2

100817_000346_2

今も大切に飾ってます^^

ハサミを申し込んだのも、この時でした。

同じ年の12月に、朝日カルチャーセンター中之島教室であった日菜先生の切り絵教室に参加。

それ以後の切り絵教室には、全て参加し続けてた唯一の男性は自分だけです^^
これは秘かな自慢かな。。。^^v

日菜先生には、随分と弄られましたけど(^^ゞ

2013年の新年、蒼山日菜先生よりお声をかけていただき、東京・代官山のARTSRUSHでの作品展に初出展。

こちらがその時の作品です。

P1020413

この時より、蒼山日菜先生に師事。

以後、いくつかの作品展を経つつ、昨年末よりアシスタント~現在に至る…となります。

一度、きちんと経歴を整理しておかないとって思っています。
作品たちも整理整頓されてませんし^_^;

ともかく…
初めて、日菜先生の作品を目にしてからまる8年。
WS初参加よりまる7年。

師事してからは、弟子メンバーの中ではたぶん一番怒られたと自覚しています。
その度に、に食らいつく思いで求道の心でもって作品に取り組んできました。

カフェにて懇談のとあるとき、日菜先生から云われたことがあります。

「工藤くんて、叩いても叩いても起き上がってくるよね^^」

自分にとっては最高のこの言葉、忘れたことはありません。

この時の思い・気持ちを大切にしつつ、来月から始まる予定の切り絵教室に取り組んでいきたいと決意しております。

頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

今月も京都から。。。

昨日は、京都へ。

今月も月初めから京都入り。
苦手な京の都も、ほんとに苦手では無くなってきているのが不思議です。
「慣れ」とかではなく^^

その昨日は、切り絵仲間の真司くんの切り絵教室のアシでした。
と云っても、後ろから見てただけですが(^^ゞ

教室のことは、真司くんのブログにお任せをして、自分は写真紀行を。。。

すごくイイ天気でした。

21272627_1069115189886765_491165121

21192708_1069115193220098_408405311

↑ 電車のことはよくわからないんですが、有名なんですかね?
写メ撮りしてはる人数が多く…
なんか、自分もせなアカンのかなって空気が流れてたので、一枚撮ってきました(何と主体性の無い…爆)。

21230840_1069115203220097_785191572

↑↓ 実と虚と。。。

21271342_1069115266553424_641394794

教室はエアコン効き過ぎで寒かったんですが、外は風がさわやかで、まさに秋の入りそのものの心地よさでした。

終了後は、軽くランチへ…ってマクドですけど^^;

21272624_1069115199886764_397536548

↑ 途次に見つけた、「オードリー・ヘプバーン写真展」の案内。必ず行きます。

一服後、一条戻り橋・安倍晴明神社へ向かいました。
今年2回目になります。

21193021_1069115269886757_676843923

21192604_1069115273220090_896386990

21192573_1069115326553418_464302612

↑ 月と。。。

21270888_1069115276553423_894171802

↑ 日と。。。

21192259_1069115329886751_334179768

21192095_1069115353220082_292055273

この龍、好きで。。。^^

21231899_1069115403220077_816984530

21231688_1069115406553410_490769530

↑↓ 桔梗が咲いてました♪

21192327_1069115429886741_504278069

21314500_1069392606525690_377314345

↑前回来た時と、たぶんほぼ同じ光景だと…

ここから、三条へ移動です。

21231164_1069115503220067_307142838

↑↓ 錦市場♪♪♪

21231556_1069115506553400_784226136

あれこれ眺めながら通り抜け。
やっぱり、外国人の姿が多かったかな。

ここのひとごみは、どういうわけかイヤではありません。
梅田とかなんばのは苦手なんですけどね。

ふと…芥川賞作家の宮本輝先生が書かれた『三十光年の星たち』っていう小説を思い出しました。
錦市場が出てくるんです^^

その『三十光年の星たち』のあとがきに、宮本輝先生がこんなことを書かれています。

「人間には、何らかの支えが必要だ。とりわけ若い人は、有形無形の支えを得て、難破船とならずに嵐をくぐり抜ける時間が必ずある。だが、いまのこのけちくさい世の中は、若者という苗木に対してあまりにも冷淡で、わずかな添え木すら惜しんでいるかに見える。
わたしは『三十光年の星たち』で、その苗木と添え木を書いたつもりである」

一人の青年の中に見つけた小さな光を信じて、真摯に育てようとする「大人たち」と青年たちの物語です。
自分もまた、若い人たちのささやかながらでもの支えになれたらと思います。
また再読しようっと^^

三条でちょこちょこ寄り道をして、梅田へ戻ってきて見た西の空がこれ。。。

21272138_1069115523220065_759026107

21230831_1069392603192357_499029399

天使の梯子がキレイに出てました。

前途へ向かう光やったらイイなと。。。^^

ということで、今日もまた、one step forward ☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

セラデザ風鈴 有田焼。。。

先月の23日にあったセラデザ(セラミックデザイン)の会。
その時に作成の有田焼風鈴が出来あがってきました。

この日、集ってきていただいた6名の方々と、共に作成させていただいたスタッフ4名分、全て手元に届いたことと思います。

なんといっても、蒼山日菜先生がご自宅に据え付けた窯で、自ら焼成して下さったという、考えたらかなりの贅沢。。。

蒼山日菜先生、お忙しい中、ありがとうございました☆

切り絵の師匠である蒼山日菜先生が、昨年末に起業・立ちあげられた『L'autre Chambre By Hina Aoyama ~ロットルシャンブル~

今回のセラデザは、当然、こちらの『L'autre Chambre』からの≪HinaAoyama BrAnd CeRamic≫となります。

 風鈴は〝有田焼〟
 転写紙は〝無鉛〟

亜鉛の含まれていない無鉛転写紙なので、身体に優しいものとなります。

その転写紙をペタペタ貼り付けて、焼成していただいて、出来あがったのがこちら(といっても、工藤のんですが…^_^;)

*写メは夜に撮りましたので、あんまりイイ画像ではありません。
  悪しからずご了承くださいませです。。。

先ずは全体像。

20663999_1056978407767110_800866473

上からの図…その1

20664405_1056978421100442_569386160

上からの図…その2

20664665_1056978417767109_405239903

実は裏側にも貼ってます^^

20708162_1056978454433772_206697108

音色もいいですよ♪♪♪

転写紙は、色も数色、デザインも多々あったんですが、自分は、蒼山日菜先生の代表作の一つでもある「蓮」1本でいきました。

いい感じに仕上がったと思います☆

尚…この転写紙、『L'autre Chambre By Hina Aoyama ~ロットルシャンブル~』にて販売もされています^^
ご興味ある方は、是非。。。

次回は、いつになるのか、また何をするのか、まだ未定ですが、決まり次第お知らせさせていただきますね^^

閑話休題。。。(覚書として…)

先月の新月以降、何かとざわざわした日々を過ごしてきました。

ほとんど使ってませんが、LINEに不正アクセスされたり(入ってはこれませんでしたけどね)&(誰がやったかの目星も付きました)、なんと…クレジットカードの不正利用をされていたことが発覚…

これは、ちょっとびっくりしました。
まさか自分が???ですからね(^^ゞ

が、その後、友人等々と話していると、同じように不正利用された面々が2人も…
皆さまも、気を付けてください。

他にも諸々。。。

そんな流れの中の昨日の水がめ座満月・ライオンズゲート。
部分月食。

その8日の前日は、所用で樟葉へ行ってきました。
まだ未定ながら、自分にとっては、まさに、ライオンズゲートです。。。

灰汁抜き・デトックスからのハードで新しい「時」の幕開けになりました。

風に秋の空気を感じたりもしますが、まだまだ暑い日々は続きそうです。
その暑さに負けず、このまま突き進みたいと思います^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

レース切り絵ワークショップ@京都・三条 Café Chocolat。。。

レース切り絵作家・蒼山日菜先生を師匠として、日々、切り絵に精進しているチーム蒼山の関西メンバーから、新たな認定講師が生まれました^^

堀口真司くん、宗清有木子さんにつづき、今度は久保見ともかさん。

その、久保見ともかさんが、京都は三条にある『Café Chocolat』さんで、レース切り絵ワークショップを開講することになりました。

20429983_1384581641631791_745806318

Café Chocolat』さんといえば、レトロモダンな1928ビルの2階にある、かなり有名なカフェ。
ガレットでも名を馳せています^^
ケーキもきれいでかわいくて美味しい♪

こちらが、その1928ビル。。。

20476202_1052812418183709_132146525


今回のワークショップは、この『Café Chocolat』さんで、ケーキセット付きで開催♪

是非、ゆるりとした気分で切り絵を楽しんでいただければと思います^^

★【レース切り絵ワークショップのお知らせ】★

講師・・・Tomoka Kubomi
日程・・・2017年8月22日(火)
時間・・・15:00〜17:00

料金・・・4,212円(税込) ケーキセット付 🎵

場所・・・Café Chocolat (カフェショコラ)
住所・・・〒604-8082
  京都市中京区三条通御幸町東入弁慶石町56番地
     1928ビル2階
TEL・・・TEL : 075-211-2357
URL・・・http://cafechocolat.mobirth.com/

アクセス
 ・地下鉄東西線 「京都市役所前駅」ゼスト7番出口より徒歩5分
 ・阪急「河原町駅」9番出口より徒歩10分
 ・京阪本線「三条駅」6番出口より徒歩10分

地図・・・ ←クリックしてください。。。

* なお、お問合わせ、お申込みは、『Café Chocolat』さんへ直接お願いいたします。

☆☆☆最後に、Kubomi(久保見)講師からメッセージです☆☆☆

新しい事にチャレンジしてみたい方、
以前からレース切り絵が気になってた方、
経験があるけれどご無沙汰..この機会にまた始めてみようかな、などなど♪

未経験の方も丁寧にご指導させて頂きますのでご安心下さい^ ^

ご興味ある方、一緒にチョキチョキ楽しみましょう♪

1名様〜もしくはお友達同士、お誘い合わせの上お気軽にお越し下さいませ😊
心よりお待ち申し上げております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

ポーセラーツ フリーレッスン3回目。。。

6月の下旬に、西宮にある自宅サロン《ESORA》さんへ行ってきました。
これで、3回目になります。

ESORA》さんと云えば、知る人ぞ知る『神馬友子』先生。
何かの機会に、またあらためて書かせていただこうと思っていますが、この神馬先生、ほんとにすごい方。

自分があれこれ云うより、見ていただいたほうがいいので、プロフ貼り付けておきますね。

神馬先生のプロフィールはこちら →  ←クリックしてください。。。

とにかく、こんなすごい先生に教えていただいていたんだっていう、ある意味畏怖のような気持ちにもなってくるんですが、実際は、とてもアットホームで気さくで、笑顔いっぱいの素敵な方なんです^^

たいがい緊張しいの工藤ですが、初対面の時はともかく(笑)、2回目からはもう落ち着いてご自宅へ上がらせていただいています。

そんな中での3回目のフリーレッスン。。。

今回も、前回に引き続き、切り絵の師匠・蒼山日菜先生の切り絵をベースにした転写紙を使用してのポーセラーツでした。

ちなみに、日菜先生の転写紙は『無鉛』。
人体への影響を考えて、『無鉛』で開発・作成されたもの。

この日は、チーム蒼山・関西切り絵仲間の真司くんとともかさん、そして工藤の3名。
それから、台湾から来られて、日本で多くの資格を取られた方。

結局、いつものことながら、淡々と貼り続けた工藤が最初に上がり。

時間もあったので、追加で、白磁ではなくて硝子ものをさせていただきました。

19510601_1032289823569302_7793923_2

工藤のは、手前の長方形の皿と、真ん中にある風鈴。
真司くんはその向こう側の硝子のティーポット。
ともかさんは、左の丸皿。

19430092_1032289826902635_544400047

↑は貼り付けた後の図。

そして、先日。
焼成なって、手元へもどってきたのがこちら。

20446565_1050325791765705_3175214_2

キレイに仕上がってました^^

20428026_1050325795099038_290396808

これは、日菜先生のボクシング好きが高じて出来上がった「ボクシンググラブ」(^_^;)
何故か、誰も使わない・・・ということであったので、工藤が使ってみました。
ま、見えにくいところに貼ったんですけどね。
対角線向こうとで2か所に貼ってます。

これ、何に使うかというと、カリグラフィーのペン置き♪
結局のところ、ペンは、とても大切な友人からプレゼントしてもらった1本しか置かなくて、あとのスペースにインクをズカズカと置いてますけど…

↓ こんな感じ。。。

20525959_1052745764857041_416410811

絵が見得変…笑


で…風鈴はどうなったかというと…
転写紙との相性等々のこともあってか、本体には貼りつかなかったんです。
真司くんのティーポットも同じく。
これは、またあらためて貼り直して、日菜先生に焼成していただこうかと思っています。
(窯を購入されたんです^^; どこまでも徹底される方です。。。畏怖。。。)

さて、神馬先生の『ESORA』レッスン。
次回は9月の予定です。

強烈な暑さの日々が続いています。
何度も書いてますが、ほんと、熱中症には気を付けてくださいね、皆さま。
(工藤はもう…今月何度もやってますが…)

佳き8月をお迎えください^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

にがてもの。。。

誰にでも「苦手なもの」というのがあると思います。

自分もまた然り。

あれこれ分野はあると思いますが、ここは限定して…

自分の場合、カリグラフィーで云うなら「ローマン・キャピタル」

ほんとに苦手^^;
なので、多分10年以上前に教室で習って以降、まともに練習したことありませんでした。

が、諸般の事情でそういうわけにはいかなくなり、元旦から毎日練習・復習。
今月からは一日置きのシフトに変更はしましたが、欠かさず続けています。

その甲斐あってか、少しずつ見れるようにはなってきているように思います。

「継続」しかないですね。特に自分の場合、要領が悪いので、それだけ余計にコツコツやるしかありません。

カリグラフィーで苦手なもの…実は、もうひとつあって……
     …平筆…(^^ゞ

こちらもず~っと避けてきてました。
平筆で薔薇を描くっていうのがありますよね?
これを特訓しようと試みたことがあるんですが、結果…体調を崩してしまいました^^; 
どんだけやねん???笑
ある意味、拒絶反応です…

が、こちらもそうは云ってられなくなりました。

アルファベットカードというもののお願いをされています。
イタリック、ローマン、ゴシック等々で、1週間ほど前から、毎日のようにサンプル書きをしています。
とりあえずオートマチックペンを使用。
が、何気に平筆を使ってみようと思い立ち…

先方さまに画像を見せると、平筆のローマンがいいね☆ということになりました。

今週の金曜には、カード書きしたもののサンプルを見ていただくことになっています。
どうなることやら…

下の写真は平筆書きのもの。
練習なしのぶっつけ書き。
本番は、ガイドラインも引いてサイズも測って書かせていただきます^^;

頑張ります☆

19149062_1025493364248948_599511883

で、切り絵の「苦手」

「渦」です^^; 苦手でもあり、嫌いでもあり…
なので、師匠の蒼山日菜先生の図案のものは切っても、自分の作品に、まず「渦」を書き入れたことがありません(^^ゞ

先日、大阪で日菜先生を囲んでのミーティングがありました。
そこで突然・・・

「工藤くんて、(作品に)渦…無いよね」

「あ、はい…ま、ちょっと苦手で…」

「それはダメよーーー 苦手があるのは許せません。 じゃ、特訓」

という流れで、日菜先生がさらさらと特訓用の図案を目の前で描いてくださり…

「これ切って練習しといて!」

と相成りました。

19275055_1025507984247486_349242549

上の3つが日菜先生の描いてくださった図案を切ったもの。
右隅のは、自分で何となく気分描きして切ったもの。

何しか、これ体の練習をほぼ毎日続けることにしています…

基礎練習もあるので、結構ヘビーです。。。(;・∀・)

こちらも頑張ります☆

ということで、それなりに大変そうなのですが、カリグラフィーにしても切り絵にしても、やってて楽しい☆というのがあるので、決して苦痛ではありません。
あれだけ拒絶反応を出した平筆も、いきなり本番みたいな書き方をしているにもかかわらず、さらっと書けましたし。(巧拙は別の話…^_^;)

そういう「時」なのかもです。。。^^

週末くらいから雨のようですね。
湿度も高くなってきます。
皆さま、体調にはくれぐれもお気を付け下さい☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

レース切り絵作家・蒼山日菜先生認定講師による切り絵講座スタート。。。

蒼山日菜先生のレース切り絵が大好きで、年に数回の切り絵教室に通い続け、夢中になって切り続けてきた何年もの月日。

そこからさらに、蒼山日菜先生を切り絵の師と定めて、自分の技量を極めようと努力を止めることなく続けてきたメンバーの中から、蒼山日菜先生が認定された講師が誕生しました^^

その認定講師によるコースが開講となります。

場所は…横浜、北千住、京都、そして、神戸。

初級~中級を目指しての、月に一回の定期コースです。

講師は、3名。

講師3名のプロフ等、詳細につきましては…
蒼山日菜先生のブログに掲載されています^^

  ← こちらをクリックしてくださいね。

18581934_1005613839570234_568207607

 ☆中沢由紀子講師☆

中沢講師は2カ所。

朝日カルチャーセンター 横浜教室(既に開講済み)

第2第4火曜日で月に2回開講
時間は11:45〜13:15 
4/11~6/27 計6回 

尚、6月27日は体験のみでも参加可能です。

7月からのコースもあります^^

詳細は、朝日カルチャーセンター・横浜教室まで。
TEL 045-453-1122

よみうりカルチャー・北千住センター

TEL 03-3870-2061
東京都足立区千住旭町42-2 
 北千住駅ビル ルミネ9F

第1日曜日 13:00~15:00 
5/21、6/4、7/2、8/6、9/3 5回(5/21のみ、第3週となります)
 
5回 16,200円 教材別途 6,480円
教材費を入れて、一回4,536円で受講頂けます。

ちなみに、体験としては初回の5月21日に受講できます

中沢講師は、繊細さは当然のことながら、さりげない心遣いをされる方。
作品では「鍵シリーズ」の切り絵は、特に目を見張ります。
そして、心優しいママでもあります♪

 ☆堀口真司講師☆

京都よみうり文化センター

TEL 075-353-7070
京都市下京区東洞院通七条下ル
  メルパルク京都3・4階

第1土曜 10:30~12:006/3、7/1、8/5、9/2、10/7

受講料 14,580円 教材費 6,480円
一回の受講料 4,212円でご受講頂けます。

長身・イケメンの男性講師です。
常に、難度の高い切りへの挑戦をやめない果敢な作家。
心臓の切り絵等、一風変わった作風の持ち主。
でありながら、人当たりがよく、優しさ溢れる好男子でもあります。

 ☆宗清有木子講師☆

神戸よみうり文化センター

TEL 078-392-3290
神戸市中央区栄町通1-2-10
  読売神戸ビル7・8・9階

第1日曜 10:30~12:006/4、7/2、8/6、9/3、10/1

受講料 14,580円 教材費 6,480円
一回の受講料 4,212円でご受講頂けます。

おっとりした性格ながら、ハサミを持った瞬間に没頭できる超絶集中力の持ち主。
ネコが大好きなことから、ネコをテーマにした作品も多々。

以上3名の講師は、ともに、蒼山日菜切り絵研究室メンバーでもあります。

蒼山日菜先生のレース切り絵に興味のある方、やってみたいけれど、なかなかきっかけをつかめない方、この機会に是非やってみてはどうでしょうか^^

専用ハサミの貸出もあります。
遠慮なくお申し出くださいね☆

ご質問等も受け付けます^^

mystic.tempo☆gmail.com (☆のところを[@]に変更してください) 工藤まで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

里帰り。。。

一昨年の福岡展へ出展させていただき、その後、縁を得て飛び立っていった『勇舞・火の鳥』が、先日、わけあって、手元へ戻ってきました^^

強いて云うなら「一時帰宅」のような…

到着は20日。
でも、バッタバタに忙しかったこともあり、封を開けたのは22日の日付の変わった後でした。
(この日に必要だったこともあり…)

18157701_994436810687937_6438110144

18199190_994436807354604_2128887291

目にするのは…1年と5カ月くらいぶりになります。
なので、写メ撮りまくり^^;

この一舞が生まれた経緯は、←ここに書いてあるんですが、自分にとって大きな転機になったチョウチョでもあります。

そんな時…たまたま購読しているとあるブログの未読の分を読んでいると…

<4月22日から6月1日まで>
やり直しの機会(特に仕事上)
少しの間離れていたパワー存在との新たな再会。
表面的なものを掘り下げて源泉を見つける。
始めたことが自分の真実、純粋さに基づいているか確認。

という一文に目が止まって、しばし、鳥肌状態。。。

いきなりの4月22日に、「少しの間離れていたパワー存在」との新たな出会いをさせていただいたってこと?

自分にとって、『勇舞』は、ほんと…そんな存在でもあったんです。
だから、当初はどうしても手放したくなかったんですね。
でも、こういう巡りで、再び手元へ戻ってくるっていう「運命」みたいなものを、このチョウチョが持っていてくれたんやって感じ入った次第です。

そう。
手放したからこそ、再びの新たな出会いが出来たってこと。

18119425_994436804021271_6354872032

裏面です。
このチョウチョ、ほとんど下絵っていうものを書かずに切りました。
少なくとも…1/3位の切り絵は、下絵は書かないかもしれません。

今日、この『勇舞』の写メを友人に見せたんですが、

「これ、すごく色っぽくて好き」と云っていただきました^^

そうなんや。。。色っぽいんや。。。

切った当人は、そう云う風には思っておらず(^^ゞ

そう云えば、切り絵の師匠である蒼山日菜先生に、以前…「工藤くんのチョウチョはエロイよね~」と云われたことがあります(;・∀・)

切っている当人としてはですね…
チョウチョを「女性」に模して切っているので、結句、そういうことになるのかもしれません…
でも、自覚はないんですけど…笑

本日、返送させていただきました。

持ち主である、東京の切り絵作家さま、ありがとうございました^^

―☆―☆―☆―

その22日、そして23日の2日間は、蒼山日菜切り絵研究室メンバーの宗清さん・真司くんと共に、師匠と長時間にわたって、一緒に行動させていただいた貴重な2日間となりました。

22日は京都読売の切り絵教室~三条のカフェ・ショコラにてミーティング。
23日は、午前と午後、神戸にて切り絵教室。
2日間とも、アシとして勉強をさせていただいた貴重な時間でした。

ありがとうございました。。。

そして、24日は、西宮のESORAさんにて、主宰の神馬友子先生ご指導になる、ポーセラーツ講座。

ヘビーに濃い3日間。

出来上がってから、あらためて記事アップをさせていただく予定ですが、この神馬先生…なかなかすごい方です。。。
詳しくはその時に^^

18119054_994437080687910_9155049062

↑ 
転写紙を貼ったところです。
これを窯で焼成して完成となります。
さて、工藤のはどれでしょうか。。。笑

出来上がりを楽しみにしつつ。。。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧