写真

2021年2月13日 (土)

またまた由無し事…

昨日は、アメブロの方に記事アップをさせていただきました。

こちら、前回が1月の25日なので、アメブロ同様19日ぶり?です。

内容はほぼ重複するんですが…

ちょっと事情があって、先月の20日からずっと切り絵をしています。
休みなく毎日で、自分ながら、よーやるな〜と思いつつ、ふと考えてみたら、「やったら出来るんやから、これからはもっとしっかりやれよ」と、自分で自分に云い聞かせつつの日々になっています。

いつもなら、締め切りのギリギリまで重い腰が上がらず、直前になってやっとハサミを持ち出す始末。
ただ、ギリギリまで全く何もしてないかというと、実はそうでもなくて、あれこれとブレインストーミングだけはやっているんですね。

でも…考えるより先に、まず手を動かす…厳密に云うと、考えると同時に手は動いている状態にあるってのがいい。

今年は、そういうベクトルで進もうと決意しました。
がんばります。

毎日切りは、だいたい2時間ちょっと。
それ以上は控えるようにしてます。

文字を書くときに筆圧っていうのがありますが、自分の場合、ハサミを持つ際の「圧」が強いようで、ハサミ持ち手のあの「輪っか」の部分が、指に食い込んでしまって今にも裂けそう(^◇^;)なところまできているんです。

バンドエイドを5箇所に貼ってます。^^; なかなか壮絶な光景です。

そうやって切っての限度が、だいたい2時間くらい。
でも、以前、それくらいで必ず休憩を入れるようにって云われてたので妥当なのかもです。

毎日の忙しさは相も変わらずで、休みに出社して2時間ほど仕事して帰ってくるっいうパターンも変わらず。
先日は3連休やったんですが、初日と3日目は会社行ってました。(^_^;)
当人は楽しんでやっているので問題ありません。笑

切り絵の方は、あと4日頑張れば目標クリアってところまで来ています。

と…急遽、別方面からも話がありまして、そちらの対応もさせていただくこととなりました。
二つあるんですが、これはどちらも猶予がちょうど1週間しかありません。
明日の仕事中に算段を組んで、帰ってきてからソッコーで向き合います。

なので、進行中の切り絵の方は、ちょっとお休みをするかも?

 

で、ここからが由無し事。笑

切り絵中のBGM。
最近、ますます youtube のすごさに感心仕切りになっています。

今月に入ってから、単発シンガーさんではなく、特集ものを聴き流しするようになりました。
昭和の歌謡曲とか(笑)、いわゆる「ニュー・ミュージック」、それにフォーク。

随分前に「コッキーポップ」っていう番組があって、子供ながらになぜか好きでよく観てました。
何気に検索して発見した「コッキーポップ Collection」というのを、昨日は流してまして、今日はその延長で「相曽晴日」さんを。
相曽晴日さんて、めちゃくちゃいい声されてます。
「舞」「コーヒーハウスにて」って曲、かなり好きで。

ま、何にしても「昭和」です。笑

youtube に感謝しつつ。

 

ここんところ、花の写メがほぼできてません。
が、ほんの少しだけ(2枚だけです)ちょっとかわいいのが撮れたので…

20210206

20210209

明日は雨かな?

東北・関東で地震があったみたいですね。
被害が、少しでも小さいことを祈ってます。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年11月30日 (月)

カリグラフィーレッスン@Kアトリエ

昨日は、日本リボンローズ協会・河村先生のKアトリエにてのカリグラフィー教室でした。
いつもの4名さまとあやのちゃん♪

今回と次回の2回で、クリスマスカードを作成していただきます。
いわゆる「アルファベットツリー」ってやつです。

これ、コロコロしたルタンダ体でやるとかわいい感じが全面に出るんですが、今回はイタリック体の大文字を使っての文字ツリー。
どんな仕上がりになるのか楽しみです^^

カッパープレート体を始めたこともあって、しばし、イタリック体から離れているので、とりあえず、その「大文字」を思い出していただきながら練習です。

2020112902

ちなみにここ、超高層マンションなので、めちゃくちゃ景色がいいんですよ。
河村先生は、毎年の元旦に初日の出を写メっておられます。
そのうち工藤も、景色の写メしてきますね^^

あやのちゃんは、「おかあさんといっしょ」に観入ったり、お菓子を食べたりしつつも、「あやのちゃん、書いてみる?」と声をかけると…

2020112903

ペンを走らせます♪
かわいいカリグラファーです♡

昨日は、2時間を前半と後半に分けさせていただきました。
アルファベットツリーの練習は、苦心しながらも、ツリーの形にもっていく「コツ」は少なからず会得していただいたようなので、後半にツリーを囲む「模様」書きの練習を、これはカッパーペンで。

次回の完成を目指し、試行錯誤しながらの楽しい時間でした。
そう。次回はいきなり本番となります。
がんばりましょう☆☆☆

ところで、工藤ですが…
10月末から気管支炎をやってまして、まだ完治してません。
いつもの、コーヒー飲み過ぎからなってしまう例のやつなんですが、今回は症状が軽いところでずっと停滞してくれているのでマシ。
それでも、たまに電車に乗るときは気を遣います…というより、咳を我慢するのが大変です、こんな時なので。

ここ3年ほどはなってなかったので、安心してたんですけどね。
でも、だいぶ症状もよくなってきているので、あと少しの辛抱かな〜と思ってます。

 

さて、今月の読書は10冊でした。
今日、ギリギリで2冊読み上げができました^^
12月はたいして読めそうにありませんが、隙間時間を見つけて、読書の習慣だけは切らさないようにしたいと思ってます。
『エミリー・ブロンテ全詩集』は読んでしまいたいな。

今、紅葉がキレイですよね。

2020112901

↑ これは昨日。

2020112305

2020112308

2020112316

↑ は、先週、神戸の現場へ仕事で行った際に遭遇。場所は「鵯越」。
ほんとなら、京都辺りへ出かけて行きたいんですが、そういうわけにも…状態ですからね、今は。
ほとんど現場へ出ることがないので、これにてラッキーと思っておきます。

 

明日から12月。師走ですね。
工藤は、頑張ってみたいことがあるので、明後日の2日から、それのスタートを切るべく準備中。
今日、そのための「本」も届きました。
いくつになっても、「挑戦」の心意気っていうものは、忘れないでいたいです。



| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

☆〜 ウェディング・ウェルカムボード 〜☆

7月末くらいに10数年来の付き合いの後輩からオーダーを頂いてた、彼の妹御の結婚披露パーティーのウェルカムボードがやっと完成して、先日、引渡しをしてきました。

とりあえず、後輩はめちゃ喜んでくれ、そのあと、当の妹御である”萠実(これで「めぐみ」と読むのです)ちゃん”からも、嬉しいお言葉をいただきました。

ホッとしてます…^^;

話をもらってから丸々2ヶ月。
紆余曲折を経て、完成したのは先日の26日。
引渡しの約束は27日…
何をやっても、やっぱりギリギリな工藤です…超^^;

ほんとに紆余曲折がありまして…

20200912_20200930144701

↑ 当初は、リボンの手巻きバラ=リボンローズを51個作って、ほぼ全部を使ってのデコを考えてました。
実際、作成して完成したんですが、何かしっくりこない。
ちなみに、それが24日。

どうしようかと悩みつつも、悩んでても仕方がないので、翌日は仕事しながらブレインストーミング。

結局、やり直すことにして(というか、それしか道はない・笑)26日は昼から短時間超集中激烈講座みたいになって、ローズをまた新しく30個以上巻いて、グルーガンとも格闘して、なんとか完成に漕ぎつけました。

この日に出来んかったら、ほんまにヤバかったです。

完成したのがこちら。

2020092606

ある意味、オーソドックスな風体かなと思います。
落ち着くところって、こういうことになるのかもしれないですね。

引渡しの当日は、後輩からは「代金を払う」、工藤は「アホ、お祝いやのに、そんなんもらえるか!」としばし応酬がありましたが、ともかく、工藤からのお祝いとして受け取ってもらうことに落ち着きました。
最初から、そういうつもりでしたので^^
ほんとに長い付き合いで、萠実ちゃんのことも、ご両親のことも、よく知っております。
なので、余計にね^^

ところで…デコに使ったリボンローズですが…
リボンを手巻きして作成のリボンローズは、以前、日本リボンローズ協会和田先生河村先生から学んだもの。
工藤は、ベーシックコース修了までいきました。
ディプローマ(講師資格)は取ってないので、教えることも販売することも出来ませんが、ご興味ある方は、日本リボンローズ協会和田先生もしくは河村先生まで是非♪

結構、ハマりますよ^^

 

さて、次へ進みます…というか進んでます。
昨日から取りかかってますが、本来なら今月中に終わってないとアカンことがあり…
あと1週間ほどで作品を完成させないといけません。
ブログアップしたら、気合入れて続きをやります。

 

あ、通勤路の彼岸花が、やっと満開になってきました。
1週間もずれての満開は、これまでなかったような…
これも気候変動の影響なんでしょうかね。

2020092710

2020092709

明日から新しい月。
みなさま、佳き時間をお過ごしくださいね^^
工藤は怒涛の中へ飛び込みます。笑

 

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

カリグラフィーレッスン@Kアトリエ

9月も、残すところあと一日。
暑い暑い上旬から、湿度の高い中旬に続き、ここにきてやっと秋を感じられるような気温と空の風景になってきました。

先日の日曜は、日本リボンローズ協会のKアトリエにて、カリグラフィーレッスンが無事開催。
Kアトリエのあるマンション前の中庭では、「小さい秋」も見つけられましたよ。

2020092702

さて、カリレッスン。

先月から突入のカッパープレート体。
正直、講師をしだしてから、まだまだ日の浅い工藤なので、カッパー講座は初なんです。
あれこれ試行錯誤をしつつ、テキストも自作しながら、時にカリ仲間にも相談にのってもらいながらの時間。
「教える」というより、やっぱりよく云うところの「ともに学ぶ」って云うトーンがしっくりくるような気がします。

4人の皆さんも、慣れないオブリークホルダーと、揃わない傾斜と、ニブ先の強弱の付け方等々と、「楽しく」格闘されてます。
やっぱりどこまでも、「どれだけ書いたか」ってところに落ち着くカリグラフィー。
自分も、相変わらず、日々の練習は欠かさずやってます。

なので、是非、家でも書いてくださいね〜♪

あ、そのうち、ストレートホルダーでもカッパーを書いていただくことになりますので。^w^

2020092703

↑ いつもの4名さま。河村先生、Nさん、Uさん、Yさん。
あ、もちろん、あやのちゃんも来てくれましたよ♪

2020092704

↑「おかあさんといっしょ」を視て^^

2020092707

↑ ママと一緒にカリグラフィーレッスン受けて♪

なんか、Kアトリエでのカリ教室が、そのままあやのちゃん成長記録みたいな感じになってたりします^^

2020092706

レッスン終わっての帰り。
キツネさんを背中に、ママと同じ髪型のあやのちゃんの図。

メロメロになってしまっているくどうせんせいでした。

 

さて、この日、最初に書いたように「小さい秋」を見つけたんですが、こんな光景もあったんです…

2020092701

咲いてたのは一輪だけです。
でも、なぜいま???(^◇^;)

季節外れといえば、もう一つ。

2020092601

通勤路にあるヤマブキさんが、また咲いてました。
こちらは三輪ほど。
確実に自然は狂ってますよね。

何がどうなっとうのか…

秋がめぐりくるのは嬉しいことですが、これから台風の季節も到来。
大きな災害にならないこと、祈ってます。

 

ところで…
仕事の方が、今月はかなり忙しくなってました。
特に下旬。
休みが出勤になったのが2回。
ひそかにサービス残業1時間半が1回。
で、26日から明日まで、工藤は実は夏休みなんですが、毎日会社へ寄って、1時間ほど作業をしています。
なんしか、やっとうことが繁多でややこしいので、1〜2時間でできてしまうことだけを軸に対応してます。
ま、しょうがないかな…
その分、来月に有給を1日取らせていただこうかと思ってます^^

そういうわけで、ブログをアップする時間も取れずに来たので、久しぶりの投稿になってしまいました。
上旬にやられた熱中症の目眩も、中旬まで続きましたし。
そんな日々ですが、相変わらず夕焼けは写メってます^^
↓ のは instagram にはあげたんやったっけ?
忘れましたが、ちょっとだけこちらにも。

20日の夕焼けです。

2020092003

2020092008

2020092012

そうそう。
お彼岸の季節アラウンドは、春も秋も心身ともにリズムが狂いやすいんです。
体調崩したり、なんとなく気持ちが滅入ったりした人も多かったようですし。
これから過ごしやすくなるので、少しずつ整えていきましょ。

どうかみなさま、佳き日々をです。

 

 

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

燃える夕焼け

今日の夕焼けは炎が燃え上がるような光景になってました。

2020091301

2020091303

2020091306

2020091307

2020091310

2020091311

2020091312

彩雲が出る時もそうなんですが、湿度とか体感気温とか諸々で、何となくわかる時があるんですね。
夕焼けの度合いとか彩雲が出そうかなってこととか。

今日は仕事からの帰り道、そこそこ強めの夕焼けになるな〜って思ってて、帰るなりベランダに出てみると、1枚目の写メの状況。

あとは、順番通り。
最初からラストまでで12枚の写メを撮ったんですが、この間って2分ほどでしかありません。

まさに、「燃えて」いるような夕焼け。
「燃えて」いるっていうより「焼けて」いるって云う方が如実かも。

空は、このまますぐに暗くなってましたね。

さて、昨日はリボンローズを30コ作成。

20200912

合計51コとなりました。
これをどうするかってことで、今日はあれこれ工作をしてたんですが、若干微妙な感じになってきてまして^^;
でも、今更後戻りできないので、このまま前進するしかありません。

明日は、「組み立て」作業のリハーサルをやってみます。

あ、何をやっているかというと、後輩の妹の結婚式用のウェルカムボード作成です^^

来週中には納品させてもらいたいので、頑張ります。
今日は額を発注しました^^

どうなることやらです。

気温は確実に秋へ向いつつの下がり方と思うものの、湿度が高いですよね〜
工藤は乾燥には強いんですが、湿度にはめっきり弱いんです…(++)
結構しんどいですわ。

早く、爽快な秋が到来することを祈ってます☆

 

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

数年ぶりに リボンローズ

去年、かなりひどい熱中症にやられて、完治に3ヶ月。
なので、今年は絶対にならん!と決めて、工夫もして気をつけてたんですが、月初の超ハードワークがアカンかったみたいで。

一昨日と昨日は連休でやることも決めてたんです。
それが、その前の晩からオール寝込んでしまったという。

とにかく、頭のてっぺんの芯あたりで「目眩」がひどい。
歩くには大丈夫なんですが、たまによたります。
今は、昨日よりはマシになってますが。

熱中症って、想像以上に怖いので、ほんと、皆さま、気をつけてくださいね。

 

で、今日は、このポシャった連休にすることにしてたことを、仕事から帰るなり始めました。

リボンローズ作成です。

もう何年前になるのか忘れてしまいましたが、日本リボンローズ協会の代表・和田愛先生のWSにほとんど飛び入りみたいに参加させていただいたのが始まりで、そのままベーシックコースの修了までレッスン受講をさせていただきました。

時たま、ちょこっと作品を作って、友人・知己にプレゼントしたりしてたんですが、ここ数年はリボンに触れる時間もなく…

ほんとに何年ぶりになるのか、自分でもよくわかってないんですが、久方ぶりにリボンを巻きましたよ。
最初の15分ほど、すっかり巻き方を忘れてしまってて、思い出すのが大変でした^^; 焦るし…笑

2020091003

今日は、3色×7個ずつ=21個ローズ。

時間制限のある「とあるもの」を作成していくんですが、それにどれだけの数のローズが必要なのか、自分でもよくわかってません。
とりあえずは3色なんですが、ほんの少し、違うカラーと大きさのローズも入れてみようかとは思ってます。

ここ1週間で仕上げてしまわないとなので、明日・明後日でローズ関係は「完」にしないといけません。
さてさて、どうなることやら。

ある程度の完成図は頭の中でできているので、そこにどうやってローズを組み込むかってのを同時進行で考えないといけないのもハードかも。

でも、「なにしかやると!」でいくしかないっす^^

明日は…仕事の合間に必要物品調達で、ちょっくらコーナンへ行ってきます。

 

そういえば、昨日の夕焼け、キレイでしたね。

2020091001

2020091002

とりま、今日も皆さま、お疲れさまでしたm(_ _)m

明日も佳き日でありますように♪

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

ひと月振りになってしまい…

5月3日から始めたカリ練。
休んだのは2回。一回目は5月で、二回目はこないだの金曜。
ずっと詰め詰めの日々なので、完全オフにすることにした日でした。

で、振り返って、「気まぐれカリ」って、前回はいつやったっけ?と遡ると、ひと月以上も前でした^^;
ちなみに、その前回は「7月28日」でした。

なので、昨日はやる気を湧かして一枚。

118773621_1932505600214382_2222900713240

Emily Dickinson の詩です。

 ことばは死んだ
 口にされた時
 というひとがいる。
 わたしはいう
 ことばは生き始める
 まさにその日に。

Instagram と Facebook にはシェアしました。
Twitter には明日にでも。

どちらにもコメントをいただいていて、褒めてはいただいているんですが、ぶっつけ本番で書いたってこともあって、このレイアウトはどうなん?って、当人は思ってます。

目立つのは、2行目と3行目の行間。
それと、5行目と6行目の空き間隔。
超プロとかになると、これから書く文章を見ただけで、そこまで先読み出来てしまうんでしょうね。
それが出来ないのは悲しいところ。
「書く」に徹するしかない。

それはそれとして、Emily Dickinson の詩。
彼女の詩集は、幾種類も出ていると思うのですが、工藤の手持ちは、岩波の対訳文庫もの『対訳 ディキンソン詩集』

でも、この詩集、あの名詩が載ってません。

 If I can stop one heart from breaking,
 I shall not live in vain;
 If I can ease one life the aching,
 Or cool one pain,
 Or help one fainting robin
 Unto his nest again,
 I sharll not live in vain.

 もし私が一人の心の傷を癒すことができるなら
 私の人生は無駄ではない
 もし私が一人の生命の苦しみをやわらげ
 苦痛をさますことができるなら
 弱った一羽のコマドリを
 もう一度巣に戻してあげられるなら
 私の人生は無駄ではない

なので、Apple の電子ブックで、『Poems by Emily Dickinson, Three Series, Complete』というのをi-Phoneに落として、ちょびりっとずつ読んでます。

有料なのか無料なのかは分かりませんが、お勧めです。
まだまだ暑い日々が続いてますが、もうすぐ「読書の秋」
こんな時だからこそ、Dickinson の世界に触れてみるのもいいかもです。

 

そういえば、この記事は今月初の記事アップ。(アメブロの方は昨日が9月初)
相変わらず、空を見上げて写メってます。

今月3日の夕焼けがキレイやったので、まず…

2020090301

2020090306

2020090309

↑ 3枚とも、うちの部屋音ベランダから見た西空です。

2020090501

↑ 5日の15:00くらいの北の空。

2020090504

2020090505

2020090507

↑ 入道雲の1時間後くらいの空。
光の直進からの明暗の世界がおもしろかったです。

 

8月はべらぼうに忙しく、また酷暑。
9月は、作品作成に集中しないとアカンので、これまたハードな日々になりそうです。

やるしかないです☆

 

 

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

ハーバーランド弾丸徘徊と『徒然草』第150段

先日の、神戸ハーバーランドエリアにある「アトリエ風の家」@柏木正代さんのカリグラフィーレッスン前のこと。

ハーバーランド内モザイク辺りくらいまで、ゆっくり写メ撮りしながら散策をしようと思って、いつもよりも余裕を持って家を出たものの、電車内で読書に夢中になってしまい乗り過ごし。。。よくやるんですが…^^;

結局、いつもとほとんど変わらんくらいの時間帯になってしまいました。
制限時間があるので、移動エリアも限られてて、代わり映えのしない写メになりますが、一応載せさせていただきます。(ま、本人が載せておきたいんです。笑)

2020082202

ハトさんが、仲良く水辺で涼んでました^^

2020082205

2020082204

この日の少し前が、エルビス・プレスリーの祥月命日。8月16日です。
なので、エルビスの銅像の台座前には、いくつかの花籠が。
湯川れい子さんのも。

この銅像。
アメリカのエルビス・プレスリー財団が公認している銅像3体のうちの一つという貴重なもの。
もともと、生誕50周年を記念して、ファンから寄付を募って建てたものなのです。
工藤もささやかながら寄付をさせていただきました。
そういうわけで、台座の裏側の寄付者名簿の銘板に、名前を載せていただいてます^^
(もう、何回も書いてますけど…^^;)

なので、ここに来るたびに、その日のエルビスを写メる、写メることができる幸せに感じ入ってます。

2020082206

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、マスクしてはります^^

2020082207

いつも、ここでは同じ撮り方をしている成長のない工藤…

2020082210

旧神戸港信号所

詳しいことは知らないんです。
説明盤が設置されてはいますが、とりあえずこの日は、時間なかったのでスルー。

2020082212

2020082213

ともかく、暑い…
ここでもハトさん、涼んではりました^^

2020082215

山あり、海あり、神戸あり。

2020082219

高いところがダメなので、一人では決して乗りません。
でも、ブースの中から風景を写メるのは好きですよ^^

2020082220

神戸煉瓦倉庫
こっち側は、空き家。
できたときは、どんなお店が入ってたんやったっけ…

たまにですが、ここらでモデルさんの撮影とかしてはります^^
何年前やったか、それに遭遇したことがあります。

それと、あとでわかったことなんですが、ハトさんが飛んでるところが入ってました。
撮った時は、全くわかってなかったんです。
これは、ラッキーということにしておきます。

ここまで写メって、「風の家」入り。

その「風の家」でのカリレッスン終了後の歓談の際、話の流れの中で、『徒然草』第150段の話を出しました。
ご存知の方も、そこそこおられるのではないかな〜と思います。

〈原文〉
能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。

いまだ堅固(けんご)かたほなるより、上手の中にまじりて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず、みだりにせずして年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、終(つい)に上手の位にいたり、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。
天下のものの上手といへども、始めは不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして放埓(ほうらつ)せざれば、世の博士にて、万人(ばんにん)の師となる事、諸道かはるべからず。

〈現代語訳〉

芸能を身につけようとする人は、「うまくないうちは、なまじっか人に知られないようにしよう。内々でよく練習して上手くなってから人前に出たら、たいそう奥ゆかしいことだろう」といつも言うようだが、このように言う人は、一芸も身に付くことは無い。
いまだ全く不完全なころから、上手い人の中に交じって、けなされても笑われてもも恥ずかしいと思わずに、平然と押し通して稽古する人が、天性の才能は無くても、その道に停滞せず、いい加減にしないで年を送れば、才能があっても稽古をしない者よりは、最終的には名人の境地に到り、長所も伸び、人に認められて、ならびなき名を得る事である。
世に一流と言われる一芸の達人といっても、始めはヘタクソの評判もあり、ひどい欠点もあった。しかし、その人がその道の規則・規律を正しく、これを大切にしていい加減にしなければ、いつしか世間から認められる権威となって、万人の師となる事は、どんな道でも変わるはずはない。

 

この名文、初めて知ったのはいつの頃やったか…

芥川賞作家の宮本輝先生の長編に『約束の冬』上下があります。
その中の登場人物が、この吉田兼好の名文をそらんじるんですね。
確か、それが初見のはず。

こちらのブログでは、もう何回も書いてきたと思います。(エルビス蔵もしかり…(^^; )

折りあるごとに、この文章に出会う…
それって、「今」それが必要やからなんでしょうね。

輝先生といえば、文庫作品の全再読っていうのを一昨年からやってます。
今月は、5冊読めました^^
まだ少しかかりそうなので、多分、年は越してしまうと思いますが、来年の3月までには終わりそうです。
ちなみに、今月の読書は9冊となりそうです。

今日は一日中、部屋から一歩も出てません。

夕焼け、凄かったです。

2020082802

2020082803

明日から、炎天下の連勤です。
ガンバロ☆

 

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

新伊丹へ

ちょうど1週間前になりますが、3月以来で新伊丹へ。
新伊丹といえば、カフェ「青い屋根」です。

オーナーの寺田憲治さんこと「てらけんさん」とは、ちょくちょくメッセージのやりとりはさせていただいてはいるんですが、殊に3月以降は、COVID-19、いわゆる新型コロナ感染症のことがあって、お伺いしたいと思いつつ、タイミングがうまく掴めずにいました。

が、やっとこそ、身辺も少し落ち着いてきたこともあって、5ヶ月ほどぶりに顔出しをさせていたいてきました。

今回は、あんまり写メることができなかったんですが、まずは駅前から。

2020081803

2020081804

この8月の炎天下ですので、阪急新伊丹駅前のロータリーにある小さなバラ園のバラは、ほとんど疲れ切っている状態で…^^;
写メるのが申し訳ないな〜っていう雰囲気。
それでも、ほんの少しですが、ホワイトローズがシャキッと咲いてくれてました。

で、ここのロータリーと線路を挟んで反対側に行ってみると…(滅多に行かないんですが)

2020081801

2020081802

キバナコスモスが植えられているエリアがあって、せっかくなのでスマホを向けてポーズを取ってもらいました^^
いくつもの花たちが、風に揺れて気持ち良さそうでした。

やっぱりコスモスって、下から撮るのがイイな〜って再確認。

そして青い屋根へ。

2020081805

いつもなら、昼過ぎにお伺いするんですが、この日は何かと予定が詰まってたりしたので、11時過ぎに入店。

人間て、どこかに心底ホッとできる場所があるとイイものですよね。
自分にとっては、幸いにもそんな場所が2カ所あります。
そのうちの一つが、この「青い屋根」。

振り返ってみたら、ほんとに長いお付き合いをさせていただいてます。
てらけんさんには、芥川賞作家・宮本輝先生のことをツイしたTwitterで見つけていただき、メッセージもいただき、お店に寄させていただき、ずっとかわいがっていただいてきてます。
もうかれこれ10年になるかと。

てらけんさんがいればこそ、テルニスト(宮本輝先生の熱狂的大ファンのグループみたいなもの)の一員にも入れていただきました。
そこから広がった人間の繋がりは、これはもう、ほんとにお金では買えないもの。
工藤は、愛想なくほぼ発言はしませんが(笑)、テルニストの繋がりの中でのやり取りでも、それぞれのメンバーが、この難しい時代を、それぞれの立場で悪戦苦闘しながらも真摯に生きている姿を垣間見せていただいている。

それだけでも励みになるんです。

そういう人間の繋がりの中にいられることが、しみじみと感に震えるように心に染み渡ってます。

この日は、常連さんたちが入れ替わり立ち替わり来店されてたので、ゆっくりとお話をする時間がありませんでしたが、工藤当人は、いい意味で「弛緩」させてもらって帰ってきました^^

てらけんさん、いつも、ありがとうございます♪

また、行きますね〜

 

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

酷暑は続く…

7日に「立秋」があったはずですが、まだまだ続く暑い日々です。
何より、雨が降らない。
どうなっとんやろ?って思ってたら、今日は夕方に「ごっつい」雷雨がありました。
局地的やったようで、工藤エリアの大阪市鶴見区界隈はひどかったようです。
会社の入り口に植え込みがあって、毎日3時半くらいから、植木・は何水遣りをするんですが、今日に限ってはしなくてもよかったかも?^^;ってくらいに降ってくれてました。

さて、ブログに書いておきたいことが、いくつもあります。
が、それぞれについての文章がまとまらずで、あれこれするうちに、前回からもう10日も過ぎてしまい…

なので、「閑話休題」ではありませんが、こんな時こそ「ソラ写メ」を。笑
13日の木曜の空です。

2020081301

飛行機雲なんですが、わかりにくいですよね。
ちょうど真ん中あたりになるようにして撮ってます。

2020081303

馬鹿でかい入道雲でした。

2020081304

ここは、八尾の久宝寺公園になります。

2020081305

なんとなくイイな〜と思って撮りました。
会社まであと5分くらいのエリアの空。

2020081306

この日の夕空。
見てて、キレイとは思えず、かなりおどろおどろしい雰囲気でした。
メラメラ燃えとうような感じがします。

 

3月にいろいろありまして、それ以降、「なんで、人は意地悪をするんやろ?」ってことを、友人・知己たちと話すことが多くなりました。

たしか、ロマン・ロランの言葉に「人間が意地悪なのは、やはり知性が足りないからだ」ってのがあったと思います。
結句はそういうことなんでしょうね。

知性といっても、それは当然「知識」の量ではないし「偏差値」の高さでもない。
そういうものに執着するのは、知性とは相反するものかと…

思うに、意地悪をしない人間て、プライドとか自尊心とかを見下ろす「何か」を大切にしている人たちではないかなと思ったりします。
そういえば、芥川賞作家・宮本輝先生の『流転の海』シリーズに出てくる松坂熊吾が息子・伸仁に云うセリフ、「自分の自尊心よりも大切なものを持って生きにゃあいけん」ってのがありますが、まさにそれ。

自分の周りを見回してみても、意地悪をしない人たちには、そんな共通点が見え隠れします。
そういう人たちって、やっぱり一目置かれてますしね。

 

全く別件のことになるんですが…
MOTHERHOUSEの代表兼チーフデザイナーの山口絵理子さんが、昨日のInstagramで発表されてましたが、実は入籍・妊娠されていると。
もう、めちゃくちゃおめでたいではないですか♪ (山口さんのnote →
「ひゃー!」って、見た瞬間に声上げてました。(^◇^;)
実は、昨日は、山口絵理子さんの誕生日でもあったんですよね。
今年一番のハッピーなニュース☆☆☆

どうか、お身体大切に。
そして、お幸せに^^

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧