写真

2016年12月30日 (金)

福岡紀行。。。(2)

昨日の続きです。(ざっと流しますが…)

11月24日。
福岡3日目。
真司君との珍道中です。

ホテルをチェックアウトしてタリーズでコーヒー飲んで、先ず向かったのは宗像大社。

途中で電車から見えた遠賀川です。
なんか、海みたい…

064

そうそう、駅から乗ったタクシーが高かった(それだけ、宗像大社への距離があったって意味ですよ^^;)という印象が強かったんです…
地図見てたら、もっと近そうやったんですけどね。。。

宗像大社。
宗像三女神と呼ばれる『田心(たごり)姫君、湍津(たぎつ)姫君、市杵島(いちきしま)姫君』を祀る大社。

とてもイイお天気でした。

047

066

P1040178

↓宗像大社の心字池。

P1040187

↓鯉たちが元気でした。

P1040190

滞在時間は長くはなく、割とスイスイと一通り歩いて社外へ。

休憩所に座っていた時、目の前にしゃがみこんで床を拭いていた巫女さんがすごくきれいでした…(って、そこかい!)

このあと、ここからはバスを使って宮地嶽神社へ。

P1040192

P1040193

↓この金色の屋根で、工藤はテンションが上がってしまい^_^;

P1040197

なぜか、ここの「空気」が合うようで…

↓この馬も。。。

069

↓この龍も。。。

P1040199

↓この鷲も。。。

P1040205

↓そして、この…海へ向けて真っすぐに伸びる参道も。。。

080

聞くところによると、夕焼けの太陽が、このライン上に在る時があるそうです。
いつか見てみたいです^^

ちょうどここの写真を撮ろうとしたとき、お母さんに手を引かれた子供さんの後ろ姿があったので、即撮りをしたのが上の写真です。
絶妙のシーンでした^^
デジカメで撮ればよかった…(これはスマホ撮り)

いい感じにテンション上がった後、次は県立美術館へ。
この日の朝、博多駅構内を歩いている際に、「ピーターラビット展」のポスターを見つけ、ピーターラビットのファンでもある工藤は、真司くんにお願いをしておいたのでした。

085

行けて良かったです♪

2013年の秋から、毎年開催されるようになった『蒼山日菜切り絵研究室』展。
自分は、4回目にして、やっと現地へ行くことができました。

初回、自分の作品について、師匠から強烈な叱責をいただいたことが忘れられません。
でも、それがあったればこそ、今の自分があるのは確かで、師匠にはただ感謝の思いでいっぱいです。

来年も、同じく嘉穂劇場にて『研究室』展が開催される予定だそうです。

その時までに、あらためて、少しでも高く深く幅広く技量を磨いていくべく、新年より精進していきたいと意を固めています。

頑張ります☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

福岡紀行。。。(1)

先月の福岡・飯塚は嘉穂劇場での『蒼山日菜 切り絵研究室展』から、もう一月が過ぎてしまいました。

作品展のことはすでに記事にしておいたんですが、「それ以外」のこと…と云っても、あちこち歩いての写真撮りですが…をアップする時間がありませんでした。

もう年末になってますが(笑)、今日と明日で2回に分けて上げておきたいと思います。

ほとんど写真アップになりますが、とりま、自分の記録としてってことで^^

11月22日。
新幹線博多駅降りたら、いきなりエヴァでした。
エヴァカフェと、エヴァ仕様の新幹線の模型。
模型はカフェに飾られてました^^

005

013

004

宗清さんと合流し、真司くんとの3人でまずは博多ラーメン。
おいしかったです♪

014

博多駅の外観。

008

このあと、青空のもと、『大濠公園』を散策。
すごく広いところで、フナやら鯉やら亀さん、それに鴨たち含めて鳥さんの多いこと☆

のんびり歩きながら散策です。

015

016

023

025

公園、ほんとに広くて。
ところどころに花壇もあって、ちょうどコスモスがキレイに咲いてました。

031

近くに福岡城があるので、その絡みでそれ系の建物が。

033

034

福岡城へ行こうとしてたんですが、見た目にもちょっと距離があったのと、嘉穂劇場へ向かわないとアカン時間にもなってきたので、あっさりあきらめて飯塚へ向かった次第です。

飯塚へ着いて、嘉穂劇場へ向かって、遠賀川を渡っていたときの空です。

036

そして、嘉穂劇場。

038

間を端折って…

この夜は、↓でみんなで会食でした。

取り仕切ってくださった、マサジアートギャラリーの其田さまご夫妻、ほんとにありがとうございました^^

042

料理の写メ撮りするのを忘れてて、唯一撮ったのが巨大出汁巻き☆
写真ではわかりにくいんですけどね、これ、かなり大きかったんです。

041

↓は、マサジアートギャラリーのそのだ正治さんの作品。
街のあちこちに、そのだ正治さんの作品があるそうです^^

044

この日は、これでお開き。

11月23日。
福岡2日目となる翌日は、終日、嘉穂劇場。
5時の閉館のあとは、安藤さんを加えて、4人でモツ鍋を。

057

このお店、『秘密のケンミンSHOW』に出たそうです。
あとで教えてもらって知りました。

モツ鍋というと、何気にコッテリ感を想像してしまうんですが、この大量のニラがしなって大味を出してくれるからか、かなりあっさりしてて食べやすかったです。
ここはまた行きたいところです♪

食後は、真司くんと屋台へ行く予定が、雨降りとなったので諦めて地下街で飲みでした。
切り絵の語りは、どこまでも続きそうで^^
良き友を得るということ以上の財産は、なかなかありません。
師匠ありての。。。です。
感謝。

最終日の3日目は、時間の許す限りの福岡観光でした。

それは明日へ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

東京へ。。。(4) 「新宿御苑」その二

前回の続き。。。

新宿御苑はほんとに広くて、歩き甲斐のある場所でした。

『言の葉の庭』メインエリアを離れて、ダブルのスーツを着たまんま、てくてくと歩いてみました。

ほとんど、写真紀行です^^
(FBには全部あげてあります。ただ、今のところ、日本語圏の友だちメンバー限定公開にしているので、設定違う方は見れませんが…気が向いたら、全公開に変更しま~す)

027

水のある場所は、なぜか落ち着きます。
でも、ここは、都会のど真ん中。
そんな事実も忘れてしまうくらいに広い緑の世界でした。

028

029

031

033

この大きな木、何かを呼びかけているように思えて、しばらくここに佇んで見上げてました。

041

042

044

045

水面すれすれに葉を投げかけながら、優しい風を受けています。

046

052

この一枚 ↓ は、この日撮った写真の中で、一番好きなもの。
この場所、森の精が飛んでいるようなオーラがありました。

055

056

058

061

063

この3本の木々たち。
お互いに静かに語り合っているかのように厳かに立っていて、ここでもまた、足を止めて見入ってました。

064

066

067

「生」と「死」と…
人間もまた、死んだら自然へと帰っていくのか…
帰れるのかな…

068

069

070

071

072

073

同じ場所はほとんど通らずの約1時間半の緩やかな散歩。。。

って、ず~~~っと歩きっぱなしでしたねん。。。
おまけに、一人だけスーツ着てましたし…目立ってたなぁ…笑

桜の季節、紅葉の時期は、きっとすごい混み具合なんでしょうね。
そんなイイ季節に行ってみたいですが、気持ちだけ持っておいて、次回は、雨の『新宿御苑』で、『言の葉の庭』の世界に、あらためてどっぷりと浸かってみたいと思います。

てことで、(前にも貼ったと思いますが…)秦くんの『Rain』をラストに。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

東京へ。。。(3) 「新宿御苑」その一

さて、新宿御苑のこと。

しつこいですが(笑)…新海誠さんのアニメ映画『言の葉の庭』の舞台になったのが、新宿御苑。
なので、どうしても行きたかったんです。

それが、今回の急遽の東京行きに絡めて、絶対に行ってこようと決めてました。

行けば、きっと、タカオと雪野先生にも会えるとも思いつつ。。。

ほとんど、写真紀行になりますけど (*^ ^*)

千駄ヶ谷駅のホーム。
雪野先生は、こちらから新宿御苑に向かいます。
タカオは新宿駅から。
今回、工藤は…やっぱり(笑)雪野先生コースで。

001

駅・線路の高架下通路。

002

到着。

003

9時開門。
ここを通って、苑内へ。

到着は9時前。
門前には、15人くらいの人たちがいてました。
その中に、中学生くらいの女の子が一人。
開門と同時に、走って中へ・・・
この子、きっと「言の葉の庭」やわ。。。と、すぐにわかりました^^

005

だいたいの方向はわかっていたので、走っていく女の子の後ろ姿を見つつ、写真撮りながらてくてくと中央へ。

007

008

010

011

012

ここです。
タカオと、チョコを片手に朝から缶ビール飲んでた雪野先生の出会った場所。

もちろん、先に走って行った女の子もいてました。
ここでも、走り回って写真撮ってはって^^

「言の葉の庭?」って声をかけると、
「??? 知ってはるんですか?」
「もちろん。イイ映画やもんね。大阪から写真撮りに来たんです」
「わたしは、兵庫から来ました!」

と、こんな会話が♪

013

真ん中に吸殻入れという要らんものがありますが(映画では無かったのです)、向こう側に雪野先生、手前左側にタカオが座り…

018

この日は、天気になってしまいましたが、映画の中では「雨」なんですね。
理由は、映画を観ていただければ^^

ここで、雪野先生が去り際に…

鳴神の 少し動みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めん
(なるかみの すこしとよみて さしくもり あめもふらぬか きみをとどめん)

  雷が少し轟いて、空も曇って、雨も降ってくれないかな…
  そうすれば、あなたを引き留められるだろうに…

と、万葉集の一つを暗号みたいに残していきます。

言葉の力…なんかな…

ここから、物語が動き出し、雨の日に、この同じ場所で2人は出会いを重ねるんです。
(映画の解説ではないので、細かいことは書きません^^;)

ちなみに、この歌の返歌がこちらです(もう、何度もブログにあげてますが…笑)

鳴神の 少し動みて 降らずとも 吾は留らん 妹し留めば
(なるかみの すこしとよみて ふらずとも わはとどまらん いもしとどめば)

  雷の音がかすかに響いて、雨が降らなくても、
  私はここに留まりますよ、あなたが引き留めるなら

恋は苦しいですね…
だから、新海誠さんは「〝愛〟よりも昔、〝孤悲〟のものがたり。 」ってコピーを使われたのかも。

ある日、この藤棚の下で、2人は突然の驟雨に襲われる…その場所。
ここにも立ってみたかったんです^^

0232

0231

映画のまんま、音を立てて泳いでいました。

024

025

言葉って、言霊っていうだけあって、力があるのやと思ってます。
だから、好き勝手な言葉は使いたくないなって。
それでも、時々、そんな言葉を使って、誰かの心を傷つけてたりするのが人間の業なのかも。

ただ、云えるのは、誰かの心を傷つけてしまったら、いずれ自分も、同じような…いや、それ以上の痛みを、どこかの誰かから、思わぬところで受けることになる。

因果俱時とはよく云ったものです。

雪野先生は、心を病んで味覚障害になっている設定。
そこまで追い込んだ人たちがいるわけですが、追い込まれた雪野先生が弱かったなんてわけではなかったと思います。

自分も精神を病んだことがあって、弱い弱いと云われ続けてきました。
だからこそ、強いとか弱いとかって、何なんやろって、時々考え込んだことがありました。

でも、いつも結論になることの一つは…

別に、自分は弱いことない。要領が悪くて、身をかわすのが下手で、いつだって、まっとうに正面から物事を受け留めるしかないだけ。
だから、吹っ飛ばされる時もある。倒れてしまうこともある。
でも、どんな時も、最後には起き上がって、這い上がって、また前へ前へ歩き始める。
要領のイイ人は、さっと身を翻して、うまく逃げとうやん、て。
それこそ、弱いから真正面からぶつかれないんやって。

前にも書いたことかもしれませんが…
以前、ある方にこんなことを云われたことがあります。

「工藤くんて、叩いても叩いても起き上がってくるよね~」

滅多に褒めてくださる方ではないので、その一言がとても嬉しかったので、その言葉を今もずっと胸に刻んでいます。

てことで。。。
この項、ラストに、『言の葉の庭』の予告編を。。。^^

to be continued ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

第11回 書道研究『真弓会』 書展へ。。。

13151596_874396666017130_2546628728

先日の29日、FBでもお世話になっている書家・豊田松翠さんからお誘いを受けていた、松翠さん所属の書道研究『真弓会』の書展へ行ってきました。

2年に1回開催されています。
前回も観させていただきました^^

もう11回目なんですね。

今回は、前よりも少々作品数は少なかったものの、「見応えありますよ~」との松翠さんのお言葉通りの作品たちと対面。

会場へ向かう電車の中で、ちょっと気分が悪くなってたのですが、入口を入るなりシャキっとなったのは、書家の方々の命の清新さが溢れていたからなのかもしれません。

写メOKでしたので、第10回に引き続き、個人的好みのものになりますが、撮らせていただいてきたので、アップさせていただきます^^

Fullsizerender_1

↑ こちらは、豊田松翠さんの書♪

Fullsizerender_2

Fullsizerender_3

Fullsizerender_4

Fullsizerender_5

Fullsizerender_7

↑ こちらはかな文字。
流麗で気品があって、しかもこの長さ・・・

↓ こちらも同じく長い巻物風。。。

Fullsizerender_8

Fullsizerender_9

↑ 万葉歌。
ほんとは、近くに寄って写メ撮りしたかったのですが、照明の加減もあって、諦めました。

Fullsizerender_10_2

Fullsizerender_12

↑ 杜甫の詩を書かれてます。
↓ は、そのキャプションなのですが、こちらもまた美しい文字だったので^^

Fullsizerender_11_2

Fullsizerender

↑と↓ 工藤が好きな書体が、実はこれなのです。
書いてみたいとは思いつつ、それは無謀なことなのでやってません…(^^ゞ

Img_0049_2


ひととおり観終わったときに、松翠さんと遭遇。
しばし、懇談の時間も持たせていただきました。
これで、お会いするのは3回目^^

さすがは剣道も為す方だけあって、いつも背筋がびしっと伸びておられます。
工藤も体調も心配していただき、感謝です。

このあと、2巡させていただいて、帰路に。

書道は好きではあっても、せいぜい筆ペン止まり。
一応、それなりの筆は何本も持って入るのですが…^^;

でも、これだけの刺激をいただいてしまうと、何の気なしに欲も出てきます。
気持ちと時間にゆとりが持てた時にでも、ちょこっと書いてみるのもイイかもしれませんね。

次は、また2年後。
楽しみにしています。

豊田松翠さん、今回もありがとうございました^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

初・通り抜け。。。

人生初…(^^ゞ
大阪造幣局の通り抜けへ行ってきました。
それも初日(8日)。

前日の夜はバイトに入ってたんですが、そこの常連のお客さんの別嬪さんのお姐さんから、「明日から通り抜け始まるから、行ってきはったら? 終わりの方に行くより早いほうがいいよー」とのお言葉をいただきました。

何がイヤって、自分は人ごみが苦手で、通り抜けなんてことになると、かなりの混雑が予想され…ほんのちょっと考えこんでました。

でも、こう云う時の言葉って、実は「天の声」やったりすることがあります。
それに、新月迎えた日の話でもあったので、バイトから帰ってから半徹状態で4時まで起きてたのですが、たまたま8日が「休日」でもあったということも重なり、行ってくることにしました^^

ちょっと曇ってましたが、穏やかな空気の中をのんびり歩いてきました。。。

以下、スマホ撮りの写真を^^

12920294_772134429584844_8875817959

大阪城北詰駅降りてすぐに見つけた楠

12938123_772134436251510_8165239597

12924545_772134462918174_3679263594

12920316_772134469584840_7392252347

12987045_772134489584838_4251238714

12986983_772134496251504_8455452042

12974279_772134519584835_6910665115

12974279_772134522918168_4891386962

12923115_772134562918164_6628570566

12670493_772134559584831_4001297678

12923185_772134569584830_1718985074

ここまでが、何とか人・人・人をかき分けて撮れた、造幣局の通り抜けの桜たちです^^

まだまだこれからってのが多かった桜たちですが、それでも、目に優しい花々が咲き誇ってましたよ。

帰り道、桜宮橋を渡ってから川沿いの公園の中を歩きました。
そこで見つけたのが、↓の光景。
もっとすごい桜の花びらの絨毯もあったんですが、それなりに人がいてたので、撮るのは諦めました^_^;

12987098_772134579584829_5053496454

このあと…往路で気になっていた、藤田邸跡公園へ。

12805852_772134629584824_8665848840

桃です♪

12924469_772134626251491_8427019752

咲き始めですね^^

12928421_772134632918157_4451078609

12974405_772134666251487_8303141397

12920303_772134676251486_9220699282

こんな広くてすっごいきれいな庭園があったんですね^_^;
全然知りませんでした…
通り抜けの方は、人がわんさか状態でしたが、こちらのほうはチラホラくらいで、ゆっくり歩きながら、花と新緑に癒されながら歩くことができ、なんかリフレッシュできたように思います。

12924365_772134692918151_2324937611

そして、また楠。
自分、神戸っ子なので、楠は大楠公と直結リンクします。
楠を観ると、いつも優しさと温かさと大きさを感じるんです。

 そんなに急いでどこに行くんや?
 もっと足元見据えて歩けよ。

 何度こけても、また起き上がって歩けるやろ?
 ただし、同じコケ方だけはしなや。

楠から聴こえてくる声は、いつもこんな感じです。。。^_^;

12924447_772134696251484_4085476916

12936560_772134719584815_8739839331

12932546_772134749584812_8204816861

12122481_772134762918144_7110992346

出口もまた趣があり。。。

イイ時間でした。
あのお姐さんの声は、やっぱり「天の声」やったのかもしれません(笑)。
次に会ったらお礼を云っておかなくては。。。

帰途、なんとはなしに自分にも垣根の低いハワイアンレストランがあったので、そこで寂しく一人ランチを(;^ω^)

12919880_772134752918145_5000360036

でも、美味しくいただきました。
なんていうのやったかは、覚えてません…
茄子となんたらのマヒマヒ?やったかな? ^_^;

てか、美味しかったら、それでいいですよね?

新月明けの桜の通り抜けと藤田邸跡公園。
目にも心にも、いいものが沁みこんだ気がします。

今月後半からは、カリグラフィーのギルド展に出展する作品に取り掛かります。
まだ、何の構想もありません…(苦笑)
が、今日の光景が、きっと何かで役に立つと思うのです。

さ、ガンバロ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

桜!。。。

今年の春は、桜を観に行くことならずで残念やなぁ…と思ってました。
が、昨日、仕事で奈良へ。
先月末から、奈良づいてます^^
全て仕事ですけど…

午前中は曇り空。
でも、お昼過ぎて3時前くらいから晴れてきました♪
こうなると…仕事は仕事としてキチンと終えて、しっかり写メ撮りをしてきました。

時間的に制約があったので、ゆっくりは観れなかったものの、今年に咲くべくして咲いてくれた桜の花たちに触れることができたこと、やっぱり嬉しく思います。

12472587_770641823067438_8223319823

12923197_770641746400779_3653203873

1916369_770641969734090_51352794967

12321508_770641779734109_2638333325

12512407_770641853067435_2856309268

12938148_770641929734094_5680998948

12963900_770641713067449_8333983108

12936776_770641829734104_1802273289

それなりに結構散ってきてはいましたが、ギリギリセーフみたいな感じです。

落ちる花びらを見ながら思ったのは、やっぱり、新海誠さんの『秒速5センチメートル』
月末には観れるかと。。。

最後に一枚。
これは、桜ではなく、通勤路にあるヒメリンゴの花♪

12924570_770642079734079_3011866394

毎年毎年、たくさんのヒメリンゴの実が生ります。

巡りくるものは同じように見えても、やっぱり…一期一会。

いつも一生懸命で…
投げやりになんかならないで…
いやいや生きることもなくて…
途中でへこたれるなんてこともなくて…
笑うことを忘れへんし、過去にとらわれることもなくて…
他人のあらさがしなんてもってのほかで…
そして、決して愚痴も云わないで…

冬が必ず春になるように、どんな痛苦も涙も、「花」として咲かせることができる。

「その一瞬を、おろそかにするなよ^^」

爛漫の花たちの声が聴こえてくるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

春です。。。

詰め詰めの3月でした。
この過密スケジュールの中、よくやってこれたな~っていうのが実際のところ。
事実、中旬過ぎに1日半寝込んでしまったという…(折角の連休が…苦笑)

今は、ただただ寝たいです…zzz(いつも云っている?)

そんなヘビーな3月でしたが、楽しいこともいくつかありました。
時間あればアップします^^

桜が満開に近付いてきましたね。
今年は、ちょっくら出掛けての花見をと思ってましたが、しばらくは天気がよくなさそうで…残念です。

今年の桜は今年しか見れない。
今年咲くために一年を費やして、寒い冬を乗り越えてきた桜たち。

そう。。。
冬があるからこそ春に花咲く。
春にならない冬なんてない。
だから…どんなに長く見える冬だって、必ず春になること信じていたい。

花見、どこかでいいタイミングがあればと期しておきます☆

桜と云えば、新海誠さんの『秒速5センチメートル』がすぐに頭でリンクします。

…桜の花びらの落ちるスピード、秒速5センチメートル…

この詩的なまでに詩的な表現の中に、切ないくらいに哀しい何かが見え隠れしているように思えて、毎年1回は観るようにしています。
今年も、葉桜が萌えてくる頃に、また観てみようかな…

先日、仕事で奈良の王寺町へ行ってきました。
そこで小さな「春」と出会えたので、少し写メ貼りを^^

12592254_769249653206655_9210344925

12472359_769249683206652_6306873682

 ↑ 少しだけですが、桜が咲いてました^^

12931237_769249656539988_8760862861

12143253_769249716539982_8489238501

 ↑ forget-me-not と思いきや、オオイヌノフグリという名前だそうです。
こわーいお姐さんから御指摘がありました^^;
ありがとうございま~す♪

12439474_769249713206649_2352116125

12931044_769249689873318_1677556704

12920331_769249743206646_6947742674

 ↑ 仲良しさん♪

声には出しませんが、写メ撮りするとき、自分は必ず心で声掛けをしています。
たった一言でも、声をかけるかかけないかで、大きく変わるものも、きっとあるのだと思うのです。

今日は、いくつの「命」に、声をかけましたか?^^

皆さまが、素敵な春を過ごされますように♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

春ですね。。。その三♪

「春ですね」シリーズ? もう、これくらいでやめておきますが^_^;

4月に入って、天気がよくない日が続いてます。
おまけに、花冷え?
あったかくなってからの冷えは、結構体調に響くわけで、自分も今月に入って、既に2回も寝込んでしまいました。
御心配をおかけしてしまった方々には、ものすごく恐縮…
気をつけていきます。

さて、何はともあれ「春」です。

11018659_618987078232914_3232769940

11078261_618987058232916_4768249662

桜。。。
この2枚は、たまたま青空が広がってた時に撮りました。
於)芦屋の中腹^^

11095349_618987244899564_2056276570

芦屋川添い。

11112857_618987268232895_1657959276

桜並木。これも芦屋。

桜並木と云えば、神戸は灘区の摩耶ケーブルすぐ近くの「桜トンネル」があります。
行きたかったんですけどね。今年は無理でした。

1903001_618987141566241_80228065600

11138611_618987191566236_2593751475

最初の 2枚の桜を撮ったのと同じ場所で見つけました。

10169218_618987211566234_2986008198

モクレン。
今年は出会うことがなく、ちょっとさみしい思いをしていました。
これも、芦屋の現場近くで、たまたま見つけることができたもの。
ほんとなら、もう全部散っててもおかしくないです。なので、余計に嬉しかったですね。
定番の上からショット。

11079633_620608274737461_26380220_2

1798786_620608304737458_56679827996

11133724_620608328070789_5980331303

ヤマブキ^^
上の2枚は八重。下のが一重。

1530311_620608248070797_69692085349

ヒメリンゴの花。
毎年、いっぱい咲いて、いっぱい実をつけます。
ヤマブキと、このヒメリンゴは、自分の通勤路にあって、春になると癒しオーラを優しく放ってくれます。

優しさ。。。

人間の世界って、ほんと、ドロドロしてて…
どうしてそこまでして、他人を蹴落としたり貶めたりできるんやろって思ってしまうことがあります。
それがためにその人が苦しんで悩み煩悶する姿を見て、遠くからほくそえむ。

でも花たちは、そんな歪なこと、絶対しないです。
先日も書いたことではありますが、どこまでも一生懸命咲いてるし、愚痴も文句も云わないし、精一杯生きている。いい加減に咲いている花なんかない。

私は花に学ばなければ。。。と云われた方がいます。

そういう「心」にこそ、ほんとの「優しさ」が宿るのかもしれません。

「優しさ」といえば、灰谷健次郎さんの著作を思い出します。
また、読んでみたい。。。
灰谷さんには、長生きしてもらいたかったです。

とにかく春。
清新の春。

不覚にも寝込んでしまいましたが、やるべきをクリアしつつ、前へ進んで行きたいです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

春ですね。。。その二♪

先日の花撮りのあと、社に戻る道々、桜さんたちを撮ってきました。

11083649_617166315081657_69244824_2

福島区にある大阪高等検察庁のビルに映える桜。
これで3年連続で見に来れたことになるのかな。
7分咲きくらいやったのが、ちょっと残念ですが…

17905_617166461748309_38813582085_2

11082639_617166855081603_34682437_2

14984_617166895081599_31149836966_2

取ってきたでのはありません(^^ゞ
落ちてたのを7つ拾ってきました。

桜花の季節になると思い出すのが、SeanNorth の名曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=CRWeNnAXarE

桜の花びらの落ちる速度、秒速5センチメートル。
歌は切ないですけど、この詩的な風合がすごく好きで、毎年この時期になると、よく聴いてます。
よかったらどうぞ。。。

11008762_617166728414949_65942673_2

上の桜さんたちの足元には、ダンデライオンがたくさん咲いてました♪

で、場所を移して…

11008049_617168238414798_4057573513

11017072_617166535081635_2239136917

11081038_617168191748136_1783459604

11088561_617168425081446_1898197988

東大阪稲田エリアの桜。

10422430_617168165081472_2715443916

ちなみに、これ(↑)は桃。
「いなだもも」と云います。
桜の季節に満開という…
不思議と云えば不思議な風景でした。

今年も花見に行けないなと思ってたら、うまい具合に現場帰りの途中で、春をいっぱい感じてくることができました。
これが、月明けてからやったら、雨に祟られて写メどころではなかったです。
ラッキーやったってことでしょう♪

通る道々で見た桜さんたちは、ほとんどが7分咲き。
中には、まだ蕾だけのままのもありました。
この長雨で、どこまで散ってしまうのかな・・・

さて…
4月ももう3日。その3日もあと少しで4日になります。
まさに「光陰矢の如し」

過ぎ往きし
今日を追いかけ
息を切る
何をか為さん
春の一日

花たちは、ただただ一生懸命に咲いています。
手抜きもしないし、要領も使わない。
愚痴も文句も云わないし、泣言も吐くことがない。

偉いなって思いません?^^;

朝型になりたいけれど、なかなかなれない夜型の工藤くんは、さて…これからまたしばし、寝るまでの時間、しっかり頑張ろうと思います☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)