アート

2018年12月10日 (月)

ウィークリーカリグラフィー 6

元々は土曜日に始めたことなので、本来なら毎週土曜にアップのはずですが、少しずつずれてきています。
人間ですから^^; ということにしておいてくださいね。

48361771_1375734545891493_633871502

6回目になりました。

Fire cannot extinguish fire.

   「火」で「火」は消せない。

誰の言葉かということではなくて、とある本の「章題」として載ってあったものです。
ガンジーのことを書かれている中でのことなので、そこからの敷衍でしょうね。

前後にあるトーンは…
  火は水によって消え、憎悪は慈愛によってのみ打ち勝てる…というもの。

そしてそれは、大前提として「対話」が求められる。
「会話」ではなく「対話」。
それと併せて、「対話」には、相手の云うことを「聴く」こと、「耳を傾ける」ことが求められる。

一方通行では「対話」は成り立たない。
「決めつけ」ての「会話」は「対話」にはならない。
最初から、相手を蔑んでたり小馬鹿にしての言葉の発信なら、結局それは、「火」で「火」を消そうとる姿でしかない。

そういうベクトルかな、と思います。

さて…
今日もいい天気でした^^

梅田のグランフロントへ行って、今年のツリーの写メ撮りをしてきました。

48192532_1375582602573354_258356999

48052998_1375582459240035_732596815

48046674_1375582665906681_164107037

『アナと雪の女王』のエルサを思い出しました☆
そういえば、「エルサ萌え」の男性って結構多いように思います。
自分もですが…

空もきれいでした♪

48243221_1375582692573345_402879404

47320540_1375582739240007_610084816

47687049_1375582755906672_456323296

↑ 「子龍雲」   ラッキーです♪
いいことありますように。

寒い日が続いています。
風邪はもちろん、ちょっとした寒暖差にもお気をつけくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

彩雲

仕事で港区(大阪)へ。

ふと、見上げた空がすっごくキレイでした。

48169781_1374171899381091_801853895

47689454_1374171919381089_4619540_2

47687602_1374171939381087_658365956

48051467_1374171956047752_198927117

47685277_1374171972714417_651818147

47580495_1374171982714416_116954620

47684731_1374172012714413_351084388

雲の動きが早くて、↑の一連の写真は、ざっと5分もなかったくらいの短い時間のもの。

自然の力というか、自然の妙技に、ただただ感嘆するのみです。

こんなキレイな空を見ながら考えてたのは、「猿の優等生」のこと。^^;
それから、集団に拠った人間の変わり身の早さ。

人間の心は、かくも移り変わるものなのかと。

でもね、相反して、変わらない心というものもある。
それは、心が「変わらない」のではなくて、心を「変えない」のではって考えました。

「心の師とはなるとも心を師とせざれ」っていう一節が六波羅蜜経という経典にあるそうです。

コロコロと移り変わる心の師とはなっても、コロコロと移り変わる心を師としてはいけない。
移り変わりの激しいものを基盤にすれば、それはそのまま、主体が移ろいのままに漂うしかない。
逆に、移ろいゆく心をしっかり捉えて離さないものをベースにすれば、漂流者になることはない。

簡単に云えば、そんなところかな。

ちょっと消化不良な文面になってますが(笑)、思索途中なのでご理解くださいね。

一気に寒くなりました。
明日、明後日と気温の低い日が続くそうです。
くれぐれも風邪などひかれませんよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

STUDIO LETTER ARTS レターアーツ作品展 2018

明日からです。

47357565_1371365822995032_664615596

カリグラファー 清水裕子先生が主催する芦屋にある『Studio Letter Arts』の作品展、

    「レターアーツ作品展 2018」

が、明日から開催されます。

場所は、神戸・北野にある「GALLERY 北野坂

こちらの作品展は、スタジオ受講生と講師の先生方4名によるもの。

講師の先生方は…
・ 清水裕子先生
・ 岡本真樹子先生
・ 東井裕子先生
・ 小川百合先生

トラディショナルなカリグラフィー作品をはじめ、石に文字を掘ったり、メタル・刺繍等々、バラエティーに富んだ作品、約70点が並びます。

GALLERY 北野坂は4階建て。
2階から4階のそれぞれに展示スペースがあります。
安藤忠雄氏の設計による、その全てのスペースを使用しての作品展になっています。

晩秋の神戸でアートな時間を是非♪

レターアーツ作品展 2018 

場所  :  GALLERY 北野坂
住所  :  神戸市中央区山本通1−7−17 
              WALL AVENUE 2,3,4F
TEL  :  078-222-5517
HP   :  http://gallery-kitanozaka.com/index.html

日時  :  2018.12.5(WED)〜9(SUN)
              11:00〜18:00(最終日は〜16:00)

地図・アクセス  :   ← こちらをクリック^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

 「∞」という名前のチョウチョ

確か…最後に切ったのが8月やったと思います。

それ以来なので、4ヶ月ぶりになるのかな?^^;
チョウチョを一舞切りました。

1時間ずつを3日。都合3時間。

47193944_1369657173165897_198833336

「 ∞」という名前。
英語にすれば、「infinity」かな。

いつもなら、下絵なしでサラッとラインだけを引いて、あとは訥々と切っていくのですが、今回は、下絵を描いて切り、また下絵を描いて切りで進ませ…

どっちにしても、全体の下絵を描いてからってのは、やっぱり苦手です。
一応、チョウチョに関してはって限定ですが。
でも、描いては切り〜、結構楽しかったです^^

「無限大」

人間て、いろんなことほとんどが有限ですよね。
時間に制約があり、空間にも制約があり。
永遠に無限にやり続けていけることなんて、ほぼ無いのかもしれません。

でも、希望を持つこととか、夢を持つこととか、それは果てなく持っていける。

…と、思ってこの名前にしたのではありません(^◇^;)

名前は、いつもの名付けの名手が付けてくれました。

その、付けてもらった名前を見てて思ったことが上記のこと。

だから思うんです。
もっともっと、日々を大切にしていかないとなって。
誰がどうとか、あれがどうとかではなくて…
妬み恨みに身を縮めるのではなくて…

ユゴーの有名な言葉に・・・

“There is one spectacle grander than the sea, that is the sky; there is one spectacle grander than the sky, that is the interior of the soul.”

ってのがあります。

結局、海よりも空よりも大きな「内なる心」をどう使うのかってことなんだと^^

さ、明日も頑張ろう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

ウィークリーカリグラフィー 5

どうしても同じ失敗をしてしまうことってありますよね^^;

先週は、書けた〜!って思って見てみたら、インクが擦れたところがあって呆気なくボツに。
同じものを書く気力が無くて別のを書いてアップした週一カリグラフィーでした。

その、前回ボツになったのを今日は書き直しを。
が…また同じ失敗…
4行ほど書いたところで、そのすぐ上のところに「擦れ」が…
なんでなのか…(⌒-⌒; )

今日はでも、諦めずに気分を入れ替えて3度目の正直でやっと書き上げれました。

47305485_1369930996471848_224712438

南アフリカ共和国の詩人、オズワルド・ムブイセニ・ムチャーリ氏の言葉。

Poetry reawakens and reinforces our real, innermost strength ; our spirituality. It is the force that makes us decent people, people who are filled with empathy for those in need or pain, those suffering from injustice and other wrongs or societal ills.

「詩は、私たちの最も深い部分にある精神性という真実の強さを呼び覚まし、強固にする。それは、私たちを善良な人間にしてくれる力である。
苦しみ、助けを求めている人びとや不正義や社会悪に抑圧された人びとに対する同苦にあふれた人間にしてくれる力である」

あのネルソン・マンデラ氏も、獄中でムチャーリ氏の詩を読んで、大いなる精神闘争の糧にしていったそうです。

どちらも、アパルトヘイトに真っ向から闘った人権の闘士。
それだけに、ムチャーリ氏の翻訳物がほとんど無いのが寂しい限りです。
マンデラ氏のものは、それなりにあるんですけどね。
世界的にも有名な詩人の一人なので、淡いながらも今後に期待したいと思います。

後日、あらためてアップしますが、昨日は、日本カリグラフィースクールの2009年度マスターコース関西組の同期会がありました。
メンバー10名中7名の参加。
めっちゃ楽しい時間でした。

そのため…週一カリが一日延期で今日になりましたってことです(^^;;
ほんとは昨日やったので。
それと併せて、個人的な事情で、FB、Insta、Tw ともに、アップは明日以降でと思ってます。

12月突入。
今年もあと少しです。
やり残しないようにしないとですね…(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月30日 (金)

空写メ@月末

今月は、ほんとに空を見上げることが多かったです。

インスタでも、ツイッターでも、空の表情を追った写真がよく上がってました^^
空好きとしては、見せていただいて和んだり癒されたり感心したり。

きれいな空…失いたくないですね。

47054520_1368513373280277_496515172

↑ 11/11 大阪梅田の堂島AVANZA と空

このビルの中にジュンク堂があって、毎月必ず1回2回は来るってこともあるからか、なんとなく親近感があって好きです。

47201651_1368513366613611_549819189

47323796_1368513379946943_501501864

47018868_1368513443280270_856889886

47119795_1368513433280271_920355488

↑ 同じく 11/11、自宅のベランダから見た夕焼け空。

上の2枚は16:45
下の2枚は17:00

ここらって、飛行機の通り道なんやって、気づいた日でした。
(どちらにも飛行機が写ってます^^)

うちのベランダって北西向きなので、部屋は割と暗いんですが、きれいな夕焼けが見れるのはお得やなって思ってます☆

46821443_1368513549946926_346428727

↑ 11/18 FM大阪の前にあるガラスの屋根(名前知らないので^^;)

走る車の中から斜めに撮ったら、屋根ラインがたまたま垂直でした。
これはまあ、空写メっていうより、屋根撮っただけみたいなもんです。

47035747_1368513546613593_725766577

47295517_1368513509946930_210921216

↑ 11/25 社屋のベランダから。

ひと段落して、なんとなく空を見たくなってベランダに出てみたら、雲の流れがすごくきれいやったので、写メ撮り。

爽やかでした。

さて…あと1時間もすれば12月突入ですね。
今年も残すところ 1ヶ月となりました。
最後の仕上げ、来年への助走等々、人それぞれに思いを馳せているのかな〜とか思ってます。

2018年はまあ、ほんとにいろいろありましたが(今現在もいろいろありますが…笑)、大概が想定内であったのでたいして右往左往もなく。
残り1ヶ月も、地に足つけてしっかり歩いて行こうと思います。

本年最後の月も、どうぞよろしくお願いいたします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリグラフィーレッスン@Kアトリエ

1週間が過ぎてしまいまいしたが、先週の土曜は、日本リボンローズ協会 Kアトリエでのカリグラフィーレッスンでした。

今回は、マンション内のキッズルームを利用♪

自分は、保育所も幼稚園も行ったことがないので、こういうところはかなり新鮮^^;
なので、つい・・・遊びたくなってしまいますが、そこはしっかり管理が行き届いているというかなんというか、キチンと「●●才以上は遊んではいけません」体の張り紙が・・・

我慢しました・・・

10月はレッスンがなかったので、約2ヶ月ぶりとなります。
この日は、テキスト見ながらの練習ではなくて、工藤がピックアップしてきた英文を数本プリントしたものを課題として書いていただくのを、いつもの3名方に。

滋賀から来られているYさんはイタリック体続きを。

もちろん、ダンボール傾斜台も大活躍です♪

また、あらためて「ダンボール傾斜台」記事のアップも考えてます^^
今年は、静かにヒタヒタと毎月のように注文があったようですよ。
ご質問等あれば、ブログ右上・プロフ画像下の「メールを送信」から遠慮なくです。

46522710_1364947130303568_272231075

↑ こんな感じのレッスン風景。

あやのちゃんは、疲れてしまって、ママの背中でネンネ状態。
2ヶ月前は伝い歩きでしたが、この日はしっかり歩いてました。
子供の成長って、ほんと早いな〜って思ってしまいます。

来月は、なんとクリスマスイブにレッスンとなっています☆
みんなでジングルベルでも歌いましょうかね〜♪

尚、大阪・大東市住道の「f-Grace」さんでのカリグラフィーレッスンは、現在休講となっております。
ご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

パーチメントクラフト アトリエ funfun 教室作品展 「Winter Decoration」

思い起こせば、2011年からのお付き合いです。

パーチメントクラフト アトリエ funfun 主宰の大嶋史子さんが、その生徒さんたちとともに作品展をされます。

告知がギリギリになってしまいましたが、明日11月28日(水)〜12月2日(日)まで。

46741331_1365890496875898_368101344

いつも素敵可愛いDMを送ってくださいます♪
ありがとうございます^^

パーチメントクラフトは、ものすごく簡単にいうと、厚めのトレーシングペーパーを使った手芸アート。
シンプルなものから、完成までの気の遠くなるような工程が想像できるものまで。

大嶋史子さんの作品は、招請を受けてヨーロッパまで飛んでいったことがあります。

期間は5日間。
是非、観ていただきたいな〜と思います。

46804870_1365890486875899_208940269

大嶋さんの生徒さんに工藤の友人も居てるのですが、その方の許可もいただいたので、少しだけ作品画像を☆

46803972_1365903623541252_844442241

↑ クリツリの季節になりましたね^^
    関連作品も並びます♪

46734929_1365903633541251_604787232

↑ これは販売用の作品

46997101_1365903683541246_305905917

↑ 今回は星のオーナメントが乞うご期待。

12月1日の土曜と、2日の日曜には、ワークショップもあるそうです。
ちょうど紅葉いっぱいの京都の街。
三条河原町にも歩みを運んでいただけば、目元がふと緩んでくるような可愛い作品たちに出会えます。

是非♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

ウィークリーカリグラフィー 4

今回はカッパープレート体で。

南米ブラジルの詩人でチアゴ・デ・メロという人がいるんですが、その詩人の言葉。

46636558_1364181770380104_757536801

闇は来るが、私は歌う。
なぜなら、必ず朝が来るからだ。

2年前かにデイリーカリグラフィーをしてた時にも、書いたような微かな記憶があります。
この言葉、好きなのでね^^

先にアメブロにアップしたので、若干重複してしまいますが、本来なら別の文章をアップする予定だったんです。

書き上げて、写メろうとした時に、一部にインクの擦れがあるのを発見…
6行の文章だったので、あらためて書き直しするに集中力が足りない状態で。
なんとか気を取り直して、2行のこの一節にした次第です。

6行の方は、次回にでも頑張ってアップしようかと思ってます。

ニュースでも話題になってましたが、昨日の満月は、藤原道長が、「この世をばわが世とぞ思ふ望月(もちづき)の欠けたることもなしと思へば」と詠んで1000年目の満月だったそうですね。

1000年経っても、欠ける事のない満月に、宇宙の不思議を見る感です。

今日は十六夜。
空が澄んでいる分、やっぱり月もきれいに見えます。

佳き休日を♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

ウィークリーカリグラフィー 3

アメブロの方では、昨日アップしたことですが、週一カリ、40日振りに復活しました^^;

つまりは6週間も間を空けてしまったことになります。
折角、一応ながらも毎週一回でアップしようと思ってたこと、諸般の事情により中断せざるを得なくなり、少々心外ではありましたが、実際に多忙もあってのこと。
父の入院・手術という「出来事」もありました。
なので、ここは無理をしないでいこうという選択肢を選ばせていただきました。

そんなこんなの6週間でしたが、とりあえず、昨日から「復活」です。

そういう事情ではありましたが、「復活」最初の(と云っても、今回でやっと3回目ですけどね^^;)カリ、文章をどうするかは、この約一ヶ月の間に考えてました。

これしかないかなって^^♪

46446978_1359453960852885_330098801

Nothing is impossible.
The word itself says I'm possible.

Audrey Hepburn のかなり有名な言葉。

「不可能なことなんてないのよ。
だって、その言葉自身、私は出来るって云ってるんだもん」

impossible をさらっと I'm possible にしてしまうところが、Audrey という人間の志向したものの「質」の高さなのかもしれないですね。

ところで・・・
フェイスブック、アメブロでは軽く告知をさせていただいたことですが、先月の18日をもって、レース切り絵作家・蒼山日菜先生のところを辞しました。

告知以降、思いも寄らない数のメッセージをいただき、恐縮しております。
ご心配をおかけしてしまいながらも、励ましのメッセージをたくさんいただきましたこと、この場をお借りして、あらためて謝意を表させていただきます。
ありがとうございました。

また、ほとんどのメッセージの最後の文面が同じであったことに大いに励まされました。

こちらも、併せて深謝します。

今後はどういう方向で進むか等々、試行錯誤中ではありますが、ベースは・・・
「やりたいことを、楽しく」・・・に置いて、マイペースで歩んで行こうと思っております。

どこまでも拙き者ではありますが、今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧