思うこと

2019年1月20日 (日)

ウィークリーカリグラフィー 11

先日の記事の末文にも書かせていただきましたが、ひどい気管支炎をやってしまい、休養・療養をしておりました。

ウィークリーカリは、一回休ませていただいてます。

ちょうど一年前に、気管支炎〜気管支喘息にまでなったんですが、仕事休まずに頑張って出れてたんですよね。
それが今回は、しっかり1週間休んでしまいました^^;

まだ、少々胸に痛みがあるんですが、これ以上は休んではいられないので、明日から頑張って働きます♪

1週休んで13日ぶりのウィークリーカリです。

50693452_1405388199592794_359135029

今回は、ゲーテの『ファウスト』から、有名な言葉のひとつを。

Into the whole how all things blend,
each in the other working, living.

「あらゆるものが一個の全体を織りなしている。
 一つ一つがたがいに生きてはたらいている」

芸術って云ってしまうと話が大きすぎるかもしれませんが、例えば、アートなこと、切り絵にしても、カリグラフィーにしてもそうだし、アイシングクッキーひとつ、ガラスフュージングの作品にしてもそう。
そのひとつ一つの作品自体に、何かを大きく覆っていく、包み込んでいく、結びつけていく「力」「志向性」みたいなものが必ずあると思うんです。

覆っていきながら、包み込んでいきながら、結びついていきながら、「大いなる全体」へ向かっているっていう感覚。

小さな作品を創りながら、そんなことを考えて…なんてことは、自覚の中ではきっとないのかもしれない。
でも、その流れの中で生まれてきた何がしかの作品が、そんなことを象徴していくひとつの「キー」になっていく可能性は否定できないと思うんです。

だってね、アート作品て、言葉要らないですから^^

instaにしても、fecebookにしても、風景やらアート作品の写メ載せるだけでも、ささやかなものであっても、そこから生まれる「繋がり」「リンク」ってありますから。

アートは世界を結ぶって思うんです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

ブレイクの『無垢の予兆』

先週の月曜に、ウィークリーカリで書いた、William Blake の『Auguries of Innocence』

FB友人のアメリカ人から、これって、全文は長いんだよと教えていただいて、検索してみました。

自分は何にも知らなくて、書いた4行だけが全体やと思ってたんですね^^;
無知って怖いな…

以下、ちょっと長いんですが、記録も込めて全体を。

AUGURIES OF INNOCENCE 
                    William Blake

To see a World in a Grain of Sand
And a Heaven in a Wild Flower,
Hold Infinity in the palm of your hand
And Eternity in an hour.

A Robin Red breast in a Cage
Puts all Heaven in a Rage.
A dove house fill’d with doves & Pigeons
Shudders Hell thro’ all its regions.

A dog starv’d at his Master’s Gate
Predicts the ruin of the State.
A Horse misus’d upon the Road
Calls to Heaven for Human blood.

Each outcry of the hunted Hare
A fibre from the Brain does tear.
A Skylark wounded in the wing,
A Cherubim does cease to sing.

The Game Cock clip’d & arm’d for fight
Does the Rising Sun affright.
Every Wolf’s & Lion’s howl
Raises from Hell a Human Soul.

The wild deer, wand’ring her & there,
Keeps the Human Soul from Care.
The Lamb misus’d breeds Public strife
And yet forgives the Butcher’s Knife.

The Bat that flits at close of Eve
Has left the Brain that won’t Believe.
The Owl that calls upon the Night
Speaks the Unbeliever’s fright.

He who shall hurt the little Wren
Shall never be belov’d by Men.
He who the Ox to wrath has mov’d
Shall never be by Woman lov’d.

The wanton Boy that kills the Fly
Shall feel the Spider’s enmity.
He who torments the Chafer’s sprite
Weaves a Bower in endless Night.

The Caterpillar on the Leaf
Repeats to thee thy Mother’s grief.
Kill not the Moth nor Butterfly,
For the Last Judgment draweth nigh.

He who shall train the Horse to War
Shall never pass the Polar Bar.
The Beggar’s Dog & Widow’s Cat,
Feed them & thou wilt grow fat.

The Gnat that sings his Summer’s song
Poison gets from Slander’s tongue.
The poison of the Snake & Newt
Is the sweat of Envy’s Foot.

The Poison of the Honey Bee
Is the Artist’s Jealousy.
The Prince’s Robes & Beggar’s Rags
Are Toadstools on the Miser’s Bags.

A truth that’s told with bad intent
Beats all the Lies you can invent.
It is right it should be so;
Man was made for Joy & Woe;

And when this we rightly know
Thro’ the World we safely go,
Joy & Woe are woven fine,
A Clothing for the Soul divine;

Under every grief & pine
Runs a joy with silken twine.
The Babe is more than swadling Bands;
Throughout all these Human Lands

Tools were made, & Born were hands,
Every Farmer Understands.
Every Tear from Every Eye
Becomes a Babe in Eternity;

This is caught by Females bright
And return’d to its own delight.
The Bleat, the Bark, Bellow & Roar
Are Waves that Beat on Heaven’s Shore.

The Babe that weeps the Rod beneath
Writes Revenge in realms of death.
The Beggar’s Rags, fluttering in Air,
Does to Rags the Heavens tear.

The Soldier, arm’d with Sword & Gun,
Palsied strikes the Summer’s Sun.
The poor Man’s Farthing is worth more
Than all the Gold on Afric’s Shore.

One Mite wrung from the Labrer’s hands
Shall buy & sell the Miser’s Lands:
Or, if protected from on high,
Does the whole Nation sell & buy.

He who mocks the Infant’s Faith
Shall be mock’d in Age & Death.
He who shall teach the Child to Doubt
The rotting Grave shall ne’er get out.

He who respects the Infant’s faith
Triumphs over Hell & Death.
The Child’s Toys & the Old Man’s Reasons
Are the Fruits of the Two seasons.

The Questioner, who sits so sly,
Shall never know how to Reply.
He who replies to words of Doubt
Doth put the Light of Knowledge out.

The Strongest Poison ever known
Came from Caesar’s Laurel Crown.
Nought can deform the Human Race
Like to the Armour’s iron brace.

When Gold & Gems adorn the Plow
To peaceful Arts shall Envy Bow.
A Riddle or the Cricket’s Cry
Is to Doubt a fit Reply.

The Emmet’s Inch & Eagle’s Mile
Make Lame Philosophy to smile.
He who Doubts from what he sees
Will ne’er Believe, do what you Please.

If the Sun & Moon should doubt,
They’d immediately Go out.
To be in a Passion you Good may do,
But no Good if a Passion is in you.

The Whore & Gambler, by the State
Licenc’d, build that Nation’s Fate.
The Harlot’s cry from Street to Street
Shall weave old England’s winding Sheet.

The Winners Shout, the Loser’s Curse,
Dance before dead England’s Hearse.
Every Night & every Morn
Some to Misery are Born.

Every Morn & every Night
Some are Born to sweet delight.
Some are Born to sweet delight,
Some are Born to Endless Night.

We are led to Believe a Lie
When we see not Thro’ the Eye
Which was Born in a Night to perish in a Night
When the Soul Slept in Beams of Light.

God Appears & God is Light
To those poor Souls who dwell in Night,
But does a Human Form Display
To those who Dwell in Realms of day.

訳文は著作権が絡んできますので、割愛させていただきます。
気になる方は、検索してみてくださいね^^

先日から、ひどい気管支炎を患ってしまい、仕方なく休養しています。一昨日は、まる一日動けませんでした。
仕事を病欠なんて長いことしてないんですが、過労もあるそうなので、もう2〜3日休まないとアカンそうで。^^;

ちょっとした冬休みをもらったとでも思っておきます。

無理は禁物です…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

芦屋の work-and-placeさん と ウィークリーカリ 10

いつから行ってなかったのか記憶してないんですが、とにかく数ヶ月ぶりに行ってきました。

芦屋のコワーキングスペース 《work-and-place 》さん。

50221169_1396176263847321_506380045

49938955_1396176270513987_778129163

↑ 入り口の風景。
今日は、中の写メ撮り忘れてました・・・

ほんとは切り絵をしようかと思って行ったんですが、図案がしっかり決まらないので、スマホの写メアルバムの整理をしながらブレインストーミングを。
結局それで終わったんですが、明日から切れそうです^^

ところで、工藤の左隣に座ってテキパキと作業をされていた女性。
途中で、オーナーの方が間に入ってくださり、ちょこっと言葉を交わしました。

そのあと・・・どっかで見たことある・・・とずっと考えてたんですが、他のお客さんとの会話が耳に入り判明。

整理収納アドバイザーとして有名な西口理恵子さんでした☆
びっくりでしたね。

《work-and-place 》さんのブログで時々目にする名前で、併せて、大切な友人が、昨年、整理収納アドバイザーの1級に合格したこともあって、気になってググった事があったんです。

まさか、その方が・・・ということで、お帰りの際にお声がけをさせていただき、名刺の交換もさせていただきました^^

これだけでも来てよかったです♪

さて、今日は月曜なので、一応、ウィークリーカリグラフィーの日。
何を書くのかは、一昨日に決めてあったので、帰ってきてすぐに書きました。

20190107

William Blake の 「Auguries of Innocence」
ウィリアム・ブレイクの「無垢の予兆」

 一粒の砂にも世界を
 一輪の野の花にも天国を見、
 君の掌のうちに無限を
 ひとときのうちに永遠を握る。

ブレイクはイギリスの詩人。
この詩って・・・何気に東洋的な空気感があるなって思ってて、それは「生命」とか「宇宙」とかに対する見方・眼差しっていうか・・・

特に、「ひとときのうちに永遠を握る」っていう最後の行は、中国の歴史観にも敷衍しているように思うんですね。
大雑把にいうと、西洋は、「普遍を通して個別を観る」史観。
東洋、特に中国なんかは、「個別を通して普遍を観る」史観。
ここは話し出すと長くなってしまうのでざっくり行きますが、中国でいうなら、例えば、司馬遷の『史記』の列伝なんかがそれ。
一人の人間を書き記し、そこから歴史の普遍を鑑みる。西洋はその逆。
あくまでも、大雑把な感じではありますが。

だから、「ひととき」を観るその瞬間に「永遠」を握り観たブレイクの目は、そこに何気に「東洋的な」ものの見方が備わってたんやないかなって思うわけです。

なんてことを考えながら書いた今日のウィークリーカリでした。
なんとか、無事に10回まではきました^^;
次は20回を目指します。

明日は・・・梅田でやっているとある作品展に行きたいんですが、切り絵をやらないとダメなので、どうなるのか・・・

ともかく要領が悪いので、時間に追いかけられてしまいます。

でも・・・

Tomorrow is another day ♪ 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

2019年スタート

あけましておめでとうございます♪

例年のごとく、元旦から部屋に籠って、facebook友人の誕生日書きをしてました。
みんな、ほんまに1月1日生まれなん???って思ってしまうくらいにめちゃくちゃ多いのと、「漏れ」が無いかってことと併せて、西暦と月が変わったばっかりの初日なので、ふと気を緩めて書くと、2018って書いてしまったり、Dec. とやってしまったりします。

今年は34人。
1年も経つと、新たに友人に加わってくれはった人とfbやめてしまってはる人がおられるのと、上記の失敗もあったりして、結局45枚くらいは書いたと思います。

それを写メ撮りしてメッセンジャーで送信するんですが、全部終わるのに4時間ほど^^;
この日だけは、まぁ大変です。
でも、喜んでくれはるんでね^^

それと併せて、新年挨拶が飛び交うので、半日PC前に居るような事になる元旦です。

そういうわけで、2019年の初日は部屋篭り。
2日は初出勤。仕事から帰ってきてから、新年から始める予定にしてたことを2つスタート。
3日の昨日はまたまた部屋篭り。
今日は、気分転換で梅田へ。
でも、三ヶ日よりはマシなのかもしれませんが、やっぱりすごい人混みで疲れて帰ってきました。

新年なので、それらしい写真を貼り付けしたかったんですが、特に手元にもなかったので、今日撮りの季節感関係なしのビル二つを。

Img_8964

↑堂島アバンザ
↓ホテル エルセラーン大阪

Img_8963_2

高いところに上るのは好きではありませんが、高いものを撮るのは好きです^^

本年もよろしくお願いいたします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

ウィークリーカリグラフィー 9

もう、あと少しで2019年です。

大晦日なんですが、月曜で週一カリの日にもなっているので…

49800323_1391083191023295_362348482

毎年毎年繰り返される言葉ですが、「本当にこの一年もあっという間」でした。

爆打ちならぬ爆切りから始まって、紆余曲折から凸凹道を進んで、へたり込みそうになりながらも辿り着いた12月31日です。

それでも、あれこれ勘案してみると、総じて、プラマイで云えばプラスになったいい一年であったと思えます。

たくさんの友人知己に助けられて、背中を押していただいて、疲れたら一緒に座り込んでもくれました。
人に恵まれるっていうのは、こういうことなんやなって、あらためて実感です。

ほんとにありがとうございました。

ほぼ、毎年のことなのですが、2019年も初日から部屋篭りになってしまいます^^;
ご存知の方はご存知なのですが、結構ハードで・・・
早起きして、しっかり食べて対応していきます。

昨日は、例年の会社の花活けをしました。
いつものごとくの身勝手流です。
花は、毎年、提携の花屋さんが持ってきてくれるんですが、いつの頃からから自分がアレンジするようになって、かれこれ20年以上になります。

まあね…活け方はワンパターンなんですが…(^_^;)

49072851_1391097317688549_701571267

今回は、ダリヤが入ってました♪ 3本も♪
いつまでもってくれるかな〜
水やりも手入れも、うちの会社の人たち、だ〜れもやってくれないので、気が気がではありません、実は…(^◇^;)
気持ちとしては、百合が全部咲ききってほしいな〜って思っています。

さて…今年一年振り返って、自分のことを漢字一つで表すとどうなるか考えてみました。
多分…   「多」  やろね…笑

この「多」の前後にどれだけの漢字がくっつくことやら。

来年まで残すところ30分を切りました。
みなさま、良いお年をお迎えくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

伊丹の〈カフェ 青い屋根〉へ

毎年、12月になると必ず年末のご挨拶へお伺いする2つの場所。

ひとつは、大阪・福島区にある『明晃印刷』さん。
もう一つは、兵庫・伊丹市にある『カフェ・青い屋根』^^

昨日、行ってきました。

青い屋根のある阪急新伊丹の駅前のロータリーには、中央に小さなバラ園があります。
いつも、こちらに来ると、その時その時に咲いているバラさんたちを写メります^^

ちょっと多いですけどアップ。
(インスタとFBに、重複しないようには上げておりますが)

48417212_1389474077850873_793433122

48914079_1389473911184223_853038491

48426615_1389474011184213_468726383

48991589_1389473984517549_804398012

49001939_1389473874517560_172523169

49044882_1389473941184220_477142140

49167988_1389474057850875_775935693

49189208_1389473834517564_783552759

49204882_1389473817850899_511043353

49206751_1389473881184226_747383210

49242673_1389474027850878_590980859

こんな感じです。
バラに限らず、白の花って…スマホで写メるのは難しいです。
光の反射が大きいので、花弁一枚一枚がスッキリ撮れない。
昨日は、あっちからこっちからと、撮る向きを変えてなんとか…^^;

それにしても、凛とキレイに咲いてました。

花を撮る時、いつも思い出す文章があります。
随分前にも引用したことがありますが。

私は、いつも思う。
「人は花に学ばなければ」と。
花はいつも一生懸命だからだ。
投げやりに咲いている花はない。
いやいや生きている花はない。
途中で、へこたれる花はない。
笑うことを忘れた花はない。
過去にとらわれたり、人のあらを探したりしている花はない。

そうありたいなって思います。

さて、本題。
前回はいつお伺いしたのか忘れてしまいました(^_^;)

49256001_1389474087850872_319981957

が、本年であったことは確かで、でも、本当に久しぶりにお会いすることができた、青い屋根のオーナーのてらけんさん。

いつも、人生の来し方を楽しく愉快に話してくださいます。

てらけんさんと工藤との共通項は、芥川賞作家・宮本輝先生の大ファンであること。
そしてまた、青い屋根自体が、テルニスト(宮本輝先生の大ファンのことです^^)の出会いの十字路ともいうべき場所。

48919663_1389474091184205_392030795

↑ このコーナーは、宮本輝先生ミュージアム♪

48427567_1389474131184201_120623579

49259696_1389474167850864_872821074

この場所、工藤には数少ない緊張の解ける場でもあります。
くつろぎすぎるくらいにくつろげてしまいます。
ほんま、え〜場所やねん♪

昨日は2時間半ほど、楽しく歓談させていただきました。
自分の近況もホイホイと^^
めっちゃ寒かったですが、ほっこり気分で帰ってこれました。

また、来年もよろしくお願いいたしますね、てらけんさん^^

本年も、あと明日と明後日だけになりましたね。
自分は…ちょいと気合い入れて、シャキッとやります。

エイ !!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

ウィークリーカリグラフィー 8

今日は昼過ぎから、ずっと強烈な睡魔に襲われています。
多分、横になったらそのまますぐに眠ってしまいそうなくらいの睡魔…

今月は、体調とも相談しつつ、夜更かしは出来るだけしないようにして、その分睡眠を取るようにしてきているので、睡眠不足とかってことはないと思うんですが。笑

今夜も早めに寝るようにします。^^

さて、週一カリ。

48422882_1385893128208968_347508898

今日がクリスマスイブってことで、「メリクリ」にしました。

スピードボールC-1。
インクは、R&Kのものを使用。
紙は、いつもA4コピー用紙を使ってます。一枚1円のものなので、コピー用紙としてはそれなりにいい紙です。

昨日は曇り空で見れませんでしたが、満月でしたね。
その前日と今朝は、ほぼまん丸のお月さまを見ることができました。

スマホでは、夜に撮るのは難しくて、でも、日中に見える月は、まあまあの感じで撮れました。

48414467_1385794554885492_176649747

↑ これが、今朝のお月さま^^
7時すぎくらいやったと思います。

今年最後の「満月」も終わって、残すところ1週間。   

…時間が足りなくて、休みが欲しい工藤です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

雨上がり

昨日はそれなりによく降りました。

自分は仕事で堺へ。
雨が上がった時点で、すぐ近くに小さなバラ園があるのを思い出して観てきました^^
時間が無くて、10分ほどした廻れませんでしたけどね^^;

48415696_1385238998274381_297501143

48417905_1385238981607716_158777361

48405179_1385239391607675_231771026

ほとんどのバラが雨に濡れて、その重みで俯き加減になってた中、シュッとしてたのを選りすぐりで写メってきました。

かわいいです♪

仕事は結構ハードで、同じ場所で2件。
お昼は抜きになりました。

帰り道、阪神高速堺線を大阪方面へ走っていると、夕焼けがキレイやったので…

48394001_1385239398274341_526183750

↑ この川は、大和川です^^

今日は満月。
今は、雲に隠れてお月さまは見えてません。
が、昨日の満月瞬時前の月もキレイでした。

48405394_1385239438274337_724228943

↑ (^◇^;) 月なのかネオンなのか…というところですが、スマホの限界なので、ご理解くださいね。

↓ も同じくです。 雰囲気はそれなりにいいのかもしれませんが、お月さまが…(^_^;)
肉眼では、しっかり見えてたんですけどね。

48417639_1385239461607668_460541653

この年末になって、ほぼ毎日、時間に追われてます。
手が進まないので、余計に「時」に追われる感じかな…

そんな時に目にした、L・M・モンゴメリーの言葉が身に沁みました。

朝ごとに、すべては新しく始まり
朝ごとに、世界は新しく生まれ変わる
今日は新しく生まれ変わる好機 (『アンの青春』より)

どんな人生にも憂鬱と落胆の日々があるだろう。そんなとき、人生の何もかもがつまらなく思えるのだ。晴れ渡った日にも雲はある。けれど、いつでも空に太陽があるということを忘れてはいけない。

冬のあとには、私たちを悲しませない次の人生の春がくる。

これまでわたしが経験した困難や、いろいろな事に際して徹底的に苦痛を味わったおかげで、他の人々の失敗や苦闘や試練に対して、(中略)ずっと思いやりを持つようになりました。

超ファンでもある超歌手・大森靖子ちゃんの曲に『苺フラッペは溶けていた』ってのがあります。
その中の歌詞に…

 最後に負けたら台なしね
 最後までやらなきゃ能無しだ

ってのがあって、かなり好きなんですが…

さ…最後までやるしかないやね…☆ミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

2019年版 活版 ユコちゃん「ご縁」年賀状

毎年、この時期になると必ず年末のご挨拶へお伺いするところが2箇所あります。

その一つが、大阪は福島区にある活版印刷の明晃印刷さん。

今日お伺いしたのは、その年末のご挨拶とともに、イラストレーター中本優さん作成の「ユコちゃん年賀状」を購入するためでもありました^^

48412953_1383132525151695_722525432

↑ 手前から、パンカボード、特Aクッション1.0。この2種類は82円切手使用分。
一番奥のが特Aクッション0.6。

48419476_1383132575151690_3949294_2

↑ この味な活版印刷の凸凹の風合があたたかみがあってイイんです^^

47571359_2007739529312612_538769115

厚みは、↑な感じ。
順番入れ違ってますが、上から特A1.0、0.6、パンカボード。

48411085_1383132601818354_915862890

↑ こちらは表面。

48375752_1383132608485020_202731148

↑ 購入すると、おまけでこのステッカーが付いてきます♪

48425581_1383132651818349_564573471

↑ いろんな方々の協力で出来上がった活版「ユコちゃん "ご縁"年賀状」
印刷は、いつもは社長の高崎健治さんが担当されるのですが、今回は、なんと…中本優さん自らが体をガチガチにしながら頑張られたんです。
お疲れさまでした^^

ちなみに、特Aクッション0.6 は完売しています。

残り2種類に、若干在庫あり。
今年も超絶人気になっている「ユコちゃん年賀状」

パンカボードは、若干ベージュがかった紙色で、匂うとウッディな香りがするのが特徴。
希少と思いますよ^^

なお、販売は、オンラインショップでの取り扱いは終了で、ウェブサイトからお問い合わせくださいとのことでした。

各種税込で1枚が180円。別途送料がかかります。

 ← こちらからどうぞ^^

それから、金箔・銀箔版。

工藤は金箔のを毎年ゲットさせてもらってます♪
今回も。

48411414_1383132675151680_648020168

48398696_1383132681818346_920830883

購入希望の方は  ← こちらからお問い合わせくださいね。

その中本優さん、先日は誕生日でした^^
お祝い込めて、ささやかながらのケーキを♪

48419308_1383060798492201_479424828

↑ 誕生日を期に前髪を切ったばっかりの笑顔の優さまです♪

48398800_1383060831825531_394907668

↑社長の高崎健治さん。今日の追い上げ印刷をされてました。

2時間ほど懇談させていただいたんですが、最初から最後まで爆笑の渦です。
いつもいつも元気をいただきます。
今日もエネルギーをいっぱい充填して帰ってくることができました。
感謝です。

明晃印刷さんには、今年も本当にお世話になりました。

高崎さん中本優さん
来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

ルミナリエ2018

昨日の続きになります^^

いつからやったのかは忘れましたが(多分、ブログを遡ったらわかるんでしょうけど^^;)、ほぼ毎年、ルミナリエへ行くようにしました。

「今年のルミナリエは、今年しかない」  これです。

と云いつつも、去年は行けてないんですけどね。

そういうわけで、今年は先月から行くと決めてました。
ただ、シフト的に15の土曜しかない…
土曜のルミナリエがどういうことになるか、だいたいわかっているので、ある程度の覚悟は必要かと思って、和田先生とともに気合いを入れて乗り込み…

が、やっぱりすごい行列。
この日の点灯は、17:00少し前ではなかったかと思います。
点灯見れなかったのって、滅多に無いことです。
おまけに報道で、この日の人出は過去最高だったとか…(^◇^;)

以下、写メです。

01

↑↓ 大丸前で、この明るさですから(^_^;)

02

04

05

06

08

10

12

17

18

21

22

23

ルミナリエ初の和田先生も喜んではりました^^
来年も行きます。

鎮魂と復興と再生と。

自分も1日も早く神戸に戻りたいと…☆

文章打つ気力が無いので、今日はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧