思うこと

2021年8月12日 (木)

2年半ぶりに病院へ

ともかく病院というところが嫌いです。
仕事でたまに行くことがありますが、それは仕事なので気になりません。
医者がダメっていうわけではなくて、なんていうのかな〜^^;
ま、嫌いなんですよ。

が、3日前から体調を崩してしまいまして。
よくよく考えたら、多分、熱中症の絡みもあったのではないかな〜と思ってます。
翌朝までほとんどまともに寝れず。
で、そのまま仕事。

仕事自体は好きなので、通常は、「疲れを知らない子供のように」働いているんですが、流石にいつもより休憩しまくってました。
その休憩中に、何気に症状検索をしてみたんです。

「虚血性なんたら…」というのが、一番ピッタシ合っている…

これでめちゃくちゃ恐怖を感じまして、その場で、「帰りに病院行こ」と即決。
でも、どこの病院に行けばいいのか、皆目わからずです。
これまた検索して調べた結果、帰り道に結構評判のいいクリニックがあることが判明。
行ってきました。
実に、2年半ぶりくらいの受診です。

ちなみ、評判通りいいところでした。

結局、原因の特定はできませんでしたが、過労かウィルスか…ということで、5日ほど薬で様子見ということに。

考えてみたら、日頃から平均気温37℃くらいのところで作業してて、たまに40℃超えのところ(先日は50℃やった…)に出入りしたりもしているので、知らず知らずの間にダメージを受け続けてきてたのかも?

それに併せて、いつも後輩から「座れ」「座れ」と云われ続けているくらいに座らない人で(⌒-⌒; )
ま、性分なのでね。
基本、座るのはランチタイムの1時間ほど。
でも、座らないっていうのは、結構身体によくないそうです。
以後、気をつけます^^;

よかったのは…
たまたまですが、昨日から3連休にしてたこと。夏休みではなくです。
守られている? のか?(^◇^;)
なんかわからんけど、感謝です。

ここ2日間は、まともに食べれませんでした。
が、今日の晩御飯から大食い工藤は復活してます。

一昨日・昨日と動けなかったので、予定がごちゃごちゃになってしまったんですが、それはそれで焦らずやるしかないですね。
明日から調整していきます。

というわけで、お目直しを兼ねて、空写メを。
オール台風前の空です。

20210806

2021080703

2021080705

2021080707

ラストは夕空。

2021080905

今日は朝からかなりヘビーな降りでした。
皆様のところはどうやったんでしょうか。

気候変動が確実に影響しているはずで、こんな降りは、これからどんどん増えてくると思います。
自分も、仕事してて、気温の平均値が去年より高くなっていること、しっかり体感できてますし。

利害が大きく絡んでいるので、テレビではなかなか報道されることはありませんが、環境問題・気候変動に関しては、せめて新聞か、英語が読めるなら海外メディアの情報をチェックするのがいいかと思います。
その上で、できることはどんなささやかに見えることでもやっていく習慣をつけていくってことかな。

10年後、20年後、それ以降の地球にツケをまわすのを回避できるのは、「今」いる自分たちですから。

 Before it is too late : 手遅れにならないうちに

| | コメント (0)

2021年8月 8日 (日)

ルソーの言葉

歴史というものを省みるとき、時代を先取りしている人たちっていうのは、いつも何かしらの迫害を受けるもので、その流れというのか命運ていうのか、そのカラクリは、今も、全く変わることが無いな…と、思うほどにため息をついてしまいそうになります。

随分前の高校時代、「倫理社会」という科目があって、古今東西の哲学者・思想家等の名前・著作・概略等を暗記する科目として、とにかく覚えることが嫌いな工藤としては、いつも敬遠してた思い出があります。

それでも、そのうちの何割かは頭の片隅に残っていて、折に触れて思い出したり、著作にも振れたりすることがあったり。

学校の授業では、ほんとにほぼ上澄だけを覚えるっていうつまらない教科ではありましたが、年を経るにつれて、その「略」を知り、「綱」を知ることで、それぞれの人物の存在とか思想・著作の歴史的な意義みたいなものを学ぶ機会を、僅かながらでも持てるようになってきています。

ルソーもそんな存在の一人で、『エミール』の岩波文庫版の上・中・下3冊も、思いのほか抵抗なく読めて、今も書棚に置いてあります。

ただ、彼の人生がどれほど波乱に満ちて、どれほど凄まじいものであったかを知ったのは、ほんとに後年になってからのこと。

そのルソーの言葉から。

20210807

Among all the various kinds of human knowledge, man's knowledge of himself is the least advanced, even though it is the most useful.

あらゆる人間の知識のなかで最も有用でありながら、最も進んでいないものは、人間に関する知識であるように思われる。(『人間不平等起源論』)

これは今も確実に通用する内容で、シンプルに云えば、「知識のための学問ではなくて、知恵のための学問を」ということになるのかなと思います。

こういう思想が根底にあったからこそ、ルソーへの迫害はひどいもので、『社会契約論』も『エミール』も焚書に、そして逮捕状が出された故の逃亡・亡命生活が5年。

が、後世の歴史は彼のその思想に報いることになります。
死してのちではありますが、彼の遺骸はパンテオンに改葬されて、国民的英雄として迎えられてます。

それにしても、なぜ、先駆者というものは迫害されるんでしょうね。

 

さて…これは、昨日書いたものなんですが、ほんとは、別のをアップする予定でした。
カッパープレート体で書く9行ほどの少し長めの文章。
ところがどっこい、書くには書いたんですが、もうめちゃくちゃ下手っぴで、表に出せる代物ではない…
一応、書き直しもしたんですが、それでもダメダメ。
なので、諦めて、こちらのルソーの言葉にした次第です。
やっぱ、イタリック体の方が、手に馴染んでいるっていうのか、気心知れているっていうのか、性に合います^^

カッパー、嫌いではないんですけどね…
とりま、いずれまたリベンジします。

 

ここ数日来、かなりの酷暑が続いています。
うちの会社の3階の倉庫は、とうとうこんなことになってしまいました。

2021080501

50℃やで、50℃…(^◇^;)
ありえへん!

で、その3分後には…

2021080502

この時計は、50℃までしか計測できないことがわかりました。
これは一つの収穫? 笑

にしても、ここの倉庫、最高で何度まで上がるかを記録したかったんですが、ちょっと残念です。

 

今日も焼けるように暑い一日になってますが、もうすぐ台風ですね。
一応、暦の上では、昨日から「立秋」。
そして今日は「獅子座の新月」で「一粒万倍日」で、おまけに「ライオンズゲート」がピークになる日ってことで、まさにトリプルパワー☆
こういう系のことは、書かないようにしているんですが、今日はちょっと特別なので、書いておきました。笑

とにかく、みなさま、体調一番で。

 

 

| | コメント (0)

2021年7月27日 (火)

季節外れの。。。

今年も季節外れというか狂い咲きというのか、どうなん???っていう光景がちょくちょく見られます。
工藤の通勤路も然り。

2021070601

八重のヤマブキさん。

2021071703

5月咲きのクレマチス。

ヤマブキさんは、あちこちでも一つ、二つ咲いているのをよく見かけます。
クレマチスは、かなり小ぶりの花になってますが、これだけ咲いてますからね。
5日ほどで花は落ちてしまってましたが。

こういう系のことには、何かと敏感になってしまいます。
気候変動の絡みやろか?とか。
気になるのを止めることができません。笑笑
千反田える擬です(^◇^;)

それにしてもの酷暑が続いてます。
工藤勤務の会社の3階は、こんな感じ。

20210724

今は何時間もこの場に居ることが少なくなりましたが、土曜からこっち、所用で毎日最低1時間は居てます。
ま、我慢大会ですね(⌒-⌒; )

その酷暑の中、日曜月曜の連休は、仕事呼び出しのために出勤と相成り。。。
呼出も、今月はもう4回。
ひと月で見ると5回。

うちの仕事は、波というかリズムというか、そんなものが多分あるんだと思いますが、忙しくなる時って、ある程度の予測がつくんです。
自分、割とそういうところにも敏感で、それがまた確率高く予測可能だったりします。
今回もそうでした。
そろそろ波が来そうやな〜って思ってたところでした。

そんなこんなで、ここ4〜5日は、予定が狂ってしまっておりまして、現在修復中です。
なんとか、月末には帳尻が合いそうな…

まだまだ暑さはこれからです。
熱中症等々、皆さまもお気をつけくださいね。

 

| | コメント (0)

2021年7月21日 (水)

カリグラフィー伊丹教室

先週の金曜日は、カリグラフィー伊丹教室でした。

またまたのタイムラグ。
ここ4日間は、かなりハードでして…
カリ教室の翌日は、急遽呼出で仕事になり現場へ。
その次の日からの3日間は、久方ぶりに例の場所での作業が続き…

2021071905

これは、19日の最高気温。40.7℃まできました。
ま、夏場はこれくらいは普通で、45℃超える時もあります。
殺人的な環境ですが、以前はここで6時間/日くらい居てましたね。
今はほとんど無いんですが、それでも、ここでしかできないこともあるので、たまに入ってます。
軽く40℃を超える世界です。
体感してみたい人っていてます?(^◇^;)

そういうわけもあって、ブログどころではなかったというわけです。

さてさて、「カリグラフィー伊丹教室@Tonttu fleure in 伊丹・神津交流センター」です。
この日は、Tonttu fleure 主宰の阪上まゆりさんと、体験レッスンからの継続となったMさんのお二人。

(また、写メるのを忘れてしまいました…次回こそは)

毎回感じることですが、講師なので、一応「教える」立場にはありますが、それはそれとして、流れの中で、生徒さんたちとのやりとりの中で、感心すること、考えさせられること、新たな発見等々、この日もいつものごとく多々ありました。

そういうことがあるから、教室をさせていただくのってかなり楽しいってなります。

「学び」の場は、どこにでもあるってことでもありますね。

こんな良き機会をいただいていることに、感謝感謝です。

コロナ状況を見ながらなので、完全確定ではありませんが、来月も第3金曜日に伊丹教室は開催予定です。
詳細ご希望の方は、とりあえず、工藤の方まで^^

2021071602

↑ 神津交流センターへの道すがらに見つけたムグンファ♪
一重しかしらかなったんですが、八重のもあるんですね〜

 

教室終了後は、新伊丹へ出向いて、人生の先輩と歓談してきました。

2021071607

カフェ「青い屋根」の、マスター・てらけんさんとは、かれこれ8年ほどのお付き合いになります。
人生の先輩ではありますが、ある意味「兄貴」のような存在。
芥川賞作家にして日本文学の重鎮でもある宮本輝先生の大ファンという共通項もあって、いつも話がはずみます。
この日も、最初から最後まで、ずっと笑いっぱなしでしたね^^

とにかく、工藤が心身ともにゆったりできる数少ない場所の一つでもあるんです。
てらけんさん、ありがとうございました。
また行きますね♪

新伊丹駅前のロータリーには、薔薇がたくさん植えられてます。
伊丹の市の花ですよね。
さすがに季節も過ぎてしまったこともあって、今を盛りに…ていう咲き方ではありませんでしたが、ちょっとだけ写メってきましたので、こちらに。

2021071604

2021071605

↑ ↓ 小さなハチさんがモサモサしてました。

2021071606

2021071603

今日も強烈に暑い一日ですね。
気候変動がかなりひどいことになってきているようで、今年は去年よりもその影響は大きくなりそうな気配。
コロナ関連でマスクをする人が多いので、熱中症もさらに増えてきそうです。
とにかく、気をつけていきましょう。

ほんとに、気をつけてくださいね。
熱中症、何度か経験してますが、マジでやばいですから…

 

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

Maya Anjelou(追記あり)

アメブロってフォロー&フォロワーがあって、フォローさせていただいているブログの新規投稿があれば、そのメール通知が届きます。
そのたびに、可能な限りチェックをさせていただいているので、フォローブログは、ほぼほぼ読ませていただいてます。

時に元気をいただいたり、背中を押していただいたり、たまに「蹴り」を入れられたり(⌒-⌒; )
でもね、その度に、感謝しているんです。

そんな昨日は、朝一番に通知が届いたとある記事を読ませていただき、午前中から「やる気」が湧いてきてました^^

20210713

どれくらい振りなんですかね???^^;
ほんと、久しぶりのカリ投稿です。

カリグラフィーは、毎日ちまちまと練習だけは欠かさずやってはいますが、どうにも、書いたものを投稿する気持ちになれず、ずるずるきたここ数ヶ月。

それが、今朝のとあるブログの記事一つで「何しかやると」の気分の盛り上がりがあり、そこに「え〜加減、書けよ!」との天の声まで聞こえてしまい(幻聴やね…笑)、とにかく、寝るまでになんとかして何か書くぞ!と決めた次第。

久しぶりの第一稿ということになります。
何を書こうかと迷いつつ…

書いたのは Maya Anjelou というアメリカの黒人女性詩人の言葉。

History, despite its wrenching pain, cannot be unlived,
but if faced with courage doesn't need to be lived again.

悲惨な過去の歴史は取り戻せない。
でも、勇気を持って立ち向かえば、再び繰り返すことはない。

Maya Anjerou といえば、クリントン大統領の就任式の際、自身の詩の朗読をしたことで有名ですが、何より、M・L・King師との出会いから、公民権運動の活動へ邁進し、大きな貢献をしたことでも名を残しています。
尊敬する黒人女性詩人の一人でもあります。

人種差別の大なる国アメリカは、それでいて尚、人種差別を克服しようとする大きな意思を持つ大なる国でもあります。

今日たまたま読んだ本の中に、同じくアメリカの臨床医師ラリー・ドッシー博士の次の言葉が引用されてました。

「もし非局在的な心が実在だとするならば、世界は孤独と分離ではなく、相互作用と繋がりの場になる。そしてもし人類が非局在的な心を実感することができれば、新しい価値基準が生まれる。人間や国家を長年支配し続けた狂気から、あっけなく抜け出すことが可能かもしれない」

「何百年にもわたって受け入れられてきた人間に対する概念そのものを変えなければ、この地球に未来があるかどうかは疑わしい。もし明日があるとすれば、地球と地上にある一切のものに対する聖なる敬意が、再び生まれなければならないからだ」

そのまま、昨日書いた、このMaya Anjelou の言葉と相通じるな…と思いました。

そしてそれは、自分の足元から可能なのだなって。

 

と。。。(追記です)

先ほど、fb友人の方から連絡をいただき、「スペルミスしとうで〜 それに、テキスト違うんちゃう?」とのご指摘をいただきました。
すぐに検索をかけて調べてみると…確かに違ってました。

dispite → despite です。^^; やらかしている…

そして、doesn't need to be lived again → need not be lived again 

こちらの方のは、工藤が参照したテキストにはそう書かれてあったのです。
でも、これも検索してチェックしてみたら、ご指摘の通りでした。

教えていただいて、よかったです。
感謝してます、Nikki。ありがとう。

 

12日の夕方は、久方ぶりにキレイな夕焼けを見ることができたんです。
梅雨の間(一応、まだ明けてませんけどね)ずっと目にすることのできなかった夕焼けです。

20210712

相変わらずの、自分の部屋のベランダから見る西の空。
なんか、ほっとします。

ところで…今日はたまたま現場にちょっと出たんですが、1時過ぎから「ごっつい」雷雨に。
おまけに、雨に混じって雹まで降ってきてて…
まさに「天変地夭」です。

地球温暖化のこともあり、こういう現象はこれから増えることはあっても減ることはないのは確実。
どうか、少しでも災害が怒らないことを祈るのみです。

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

切り絵作家・石賀直之さん個展『静寂ノ奏』

昨日、先にアメブロの方にアップさせていただきましたが、一昨日、20日の日曜日から開催となった『切り絵作家・石賀直之個展”静寂ノ奏”』へ行ってきました。

01_20210624233601

今回は、先に告知ができなかったので、まずは概要を。

切り絵作家 石賀直之個展
   『静寂ノ奏』

日程 : 2021年6月20日(日)〜7月4日(日)
開場時間 : 10:00〜21:00(最終入館は20:00)
*尚、最終日は 10:00〜18:00(最終入館17:00)
月曜日は定休日、6月26日は休館

場所 : EVANS KINGDOM
住所 : 奈良市三条町469-1
JR奈良駅より徒歩4分、近鉄奈良駅より徒歩8

M1

開場まで時間があったので…近辺散策です。

2021062302

↑ 開化天皇陵

2021062303

↑ サンマルクがあったので、モーニングを^^
チョコクロ新製品、めっちゃおいしかったです♪

で、いよいよ現地です。

02_20210624233601

今回の個展に展示されている作品は、かなりの数になると思います。
大きな作品もあったので、搬入・設営が大変だったでしょうね。

この日で4日目だったんですが、すでに多くの作品が「売約済」となっていて、石賀さんの人気の大きさが垣間見えました^^

石賀直之さんは、まさに「まほろばの切り師」(工藤が勝手にそう呼ばせていただいているんですが、ご本人にはまだお伝えしてないような…^^;)
いつ、どこにいても、郷土である奈良を思う気持ちを忘れることなく、優しさとぬくもり溢れる作品を制作し続けておられます。
その心がそのまま、花鳥風月とのふれあいの中で作品に活かされ、染み込んでいるように思えるのは、工藤だけでは無いはず。

「花」と出会い
「鳥」と戯れ
「風」を感じ
「月」を愛でる

そこに「詩」が生まれるから、作品の中に命とともに詩心も刻まれていく。

石賀さんの作品は、いつもそんな風合いを感じさせてくれるのですが、それは作品にとどまらず、石賀さんご本人と言葉を交わす中でも感じられること。
「だからこそ」の世界観なのかなと思うのです。

05_20210624234301

04_20210625001701 

17_20210625001801

27_20210625001801

30_20210625001901

石賀さんは、とても多彩でセンスも抜群の方なんですが、撮られる写真も評価が高く、今回の作品の中には、折に触れて撮られてきた写真と切り絵とのコラボ作品も出展されてます。

29_20210625002101

来月の4日まで会期があります。
会場の休館日に気を付けていただき、お時間のある方は、是非是非、奈良まで足をのばしていただきたいなと思います。

石賀さんの作品の中にいると、日常の喧騒が「静寂の奏」に変わる瞬間を感じることができますよ^^

15_20210625002701

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

リズムが狂うと…の中の カリグラフィー教室 in 都島

4月の初日から、あれこれと勉強をしつつ、カリグラフィーの練習と併せて、一日も休むことなく続けてきてます。
が、昨日は、なぜかカリの練習だけサボってしまいまして…
初サボりです。

それが祟ったのか、今日の「カリグラフィーレッスン@日本リボンローズ協会 in Kアトリエ」では、とにかく絶不調の工藤。。。
まともな文字が書けないんですよね。
リズムが狂ったような感。。。

時々、それなりに気分めいたものものあったりして、誰にでも「アラ」とか「波」とかっていうものがあるとは思うんですが、まあ…ここまでアカンなんてことは、随分ぶりなこと。。。

トホホ状態でした。ほんまにトホホです。(⌒-⌒; )
ひどいもんでした。

でも、河村先生をはじめ、4名のみなさま、本当に優しくて(泣)

ありがとうございました。

今日も、レッスン風景の写メ撮りできてません。
とにかく、まともに書けない講師でしたので、それどころではなかったのが実情。
あやのちゃんの写メもできてません。

ママの写メをお借りしました。

2021062004

あやのちゃん、カッパープレート体に挑戦中の図♪

2021062005

お疲れのため休憩中の図 (o^^o)

2021062007

またね〜あやのちゃん^^

そうそう。
本日は、テキストに関してご要望をいただきました。
次回に活かしていきたいと思います。
詳細は書けませんが、いわゆる「講師目線」になってしまっていたんやなっていうこと。
こちらが、それなりの理由があって良かれと思って作成していても、それを見ながら練習をする側にとっては、「それはわかるけど、でも…」ってことです。
抽象より具体って云えば、少し分かりやすいかも。
練習してても楽しくなければ身も入りません。
なんでも云ってもらえるって、嬉しいことです。

絶不調ながら、プラスになるものはしっかり掴めたのでヨシとしましょう♪

今日は夕焼けがキレイでした。

2021062001

2021062002

2021062003

明日もお天気みたいですね。
が、暑くもなってくるようなので、特にマスク着用の際は、熱中症に重々に気をつけてください。

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

京都・三条へ

6月に入りました。
ほんとは…一昨日にこちらにアップしようと思ってたんですが、その一昨日はあれこれとハード過ぎ、昨日はクタクタで即眠。
なんか、ズレズレで申し訳ないんですが(^◇^;) 本日のアップとさせていただきます。

今月の初日は、昼過ぎと夕方に飛行機雲を発見&写メ。
気分のいいスタートになってます。

2021060102

2021060104

工藤は単純バカってこともあり、ほんと、真っ直ぐなものが好きで(笑)。
そういうことなので、所謂「腹芸」ってことが出来ません。

字面のイメージから、あんまりいいようには思われてないのかもしれませんが、「腹芸」って結構大事なことだと思ってます。
特に「渉外」とかでね。
もう少し大きく云えば「外交」ってことになるのかもしれません。
歳を重ねてきて、ほんの少しだけマシにはなってきたのかもしれませんが、「単純バカ」は性分なのでしょう。

そんな工藤ですが、3日は京都・三条へ、アート絡みで打ち合わせへ行ってきました。(渉外だ…(^^;; )
まだまだ具体的にどうするかってことまで未定ではありますが、もしかしたらちょっとしたコラボをするかも。
先方は写真で、工藤は文字での掛け合わせになると思います。

お会いしたのは、かわいい不思議さん。
お会いしたのが何年振りになるのかわからないんですが、やっぱりかわいい不思議さんでした^^
今後とも、よろしくお願いいたします。

 

さて…三条と云えば、工藤にとっては「MOTHERHOUSE」。
HPのPICKUP NEWS のチェックをしてなかったので、全く知らなかったんですが、京都三条店がリニューアル&メンズ店オープンとなります。

2021060306

↑ ↓ ただいま工事中です。

2021060307

三条店の斜め向かいの角地に、メンズ専門店がオープン。
11日ってことなので、もうすぐです^^

で、元のお店はどうなるかというと、レディース専門店としてリニューアルとか。

詳細は ⇨ (勝手に貼ってイイんやろか^^;)

MOTHERHOUSE ファンとしては嬉しい話題です。

ファンといっても、まあ…持っているのが、ポーチとか財布に定期入れっていう小物ばっかりで申し訳ないんですが…
あと、ブックカバーとペンケースも持ってますが、これは大切な友人からプレゼントしていただいたもの。
今も大事に使わせてもらってます。
ビジネスバッグ系のが欲しいので、ビビッとくるものがあればと思ってます。

京都三条店は、オープニングイベントにも参加させていただいたので思い入れも大きく、タイミングのイイ時を見つけて覗きに行ってみます。

さて、帰り道。
三条へ行くときは、これまではいつも京阪使ってたんです。
が、JRにおおさか東線というのができて、淡路で阪急に乗り継ぎできるようになりました。
京都へ行くにはこれが結構便利♪
ただ、そっち経由で行くようになってから、三条大橋を渡ることがなくなって鴨川を長いこと見てません。^^;
この日は、少しだけ遠回りをして、鴨川沿を歩いてきました。

2021060303

2021060305

2021060304

特段、何でもない(なさ過ぎる)写メでごめんなさいですが…(笑)

京都って、以前はほんとに苦手で、行くたびに何かが起こる…みたいな場所でしたが(これ、多分、何度も書いてます・笑)、それはお陰様で卒業できたようです。

三条が一番のお気に入りで、あと、最近行けてませんが平安神社、清水神社、晴明神社、北野天満宮に大将軍神社、それから下鴨神社。
中に入ったことがないので、いずれ行きたいのが京都御所。
まだまだありますが…

やっぱ、京都ってイイです。
ゆっくり歩いていられる日が欲しいです。

ということで、コラボのミーティングは、もしかしたら来月もあるかもしれません。
文字練習、毎日やってはいますが、さらに気合を入れて頑張ろうと思ってます。

 

| | コメント (0)

2021年5月31日 (月)

昨日は…

いつもなら、アメブロに記事をアップして、そのあとでこちらに同じ内容のちょっと違うバージョンを上げる…というのが一応の定番なんですが、昨日は、ウィルキンソンのハイボールをたった2本飲んだだけで、くるくるになってしまい、早々にダウン。

アルコールは強い方で、ウィスキーにしてもブランデーにしても飲むのはストレートなんですが、最近は時たまですが、缶もの2本くらいで「あれ?」状態になるようになってしまってます。

なぜ?(^◇^;)

酔っているわけではないんですよ。
頭の中がくるくる廻っとう感じ。

昨日は眠気まで襲ってきて、もうあかん…となって寝転んで即眠でした。

今朝、起きてからちょっと考えたんですが、ほんの少しだけでも、アルコールは控えていくようにしたほうがいいのかも?
工藤にとっては、ガソリンみたいなものなんですけどね。

さて、今日で5月も終了。
明日からは6月。
要領悪くバタバタした一ヶ月でしたが、ここにきて、リズムは掴めるようになってきたので、新しい月からは、若干手際良くやっていけそうになってきました。
なんしか、ほんとに要領が悪いんでね。

これが仕事とか他人様のことになると、回転よろしくモーターが唸る感じで押していけるんですが、こと自分自身に絡んでくるとてんでダメ。
そういう性分なのだと思っておきます。

脈絡無いんですが、3日前の夕焼けが綺麗でしたのが、貼り付けておきますね。

2021052802

2021052804

↑の2枚の写メの時間差はほんの5分くらいです。
たったそれだけでここまで変化が…
これぞ、自然の力です。

20210529

こちらは、一昨日の昼頃の空。
あとで見てわかったんですが、おひさま周りに虹色がキラキラ出てます^^
ラッキーな気分やね♪

20210528

今年はどういうわけか、やたらとモンシロチョウを見ます。
つがいで飛んではることが多い。
この子の羽はかなりやられてしまってますが、しっかり飛んでました。
休憩しはったところで、一枚。

ところで…
長いこと、カリグラフィーも切り絵も載せてないので、どうなってます?と、友人からメールがありました。
いえ、特に何かあったとかどうしたとかってことでもなく、カリは毎日A4サイズを3枚ほどは練習してます。ほとんど毎日欠かしてません。
切り絵は、月明けからやる感じになりますね。
またチョウチョですけど…^^;

ちなみに、日本カリグラフィースクールCLAのギルド会員の方を、前期3月いっぱいで退会させていただいたんです。
仕事絡みもあっての、ほんとに超個人的な理由です。
今後は声援を送らせていただく立場になりますが、これからもよろしくお願いいたします。
出張レッスンの方は、世情の状況見ながらになりますが、変わらず続けさせていただきます。

そうそう。
3月の大丸京都店でのイベントの際、ギルドを退会する旨、切り絵作家の石賀直之さんのお母さまにお話をしたんですが、めちゃくちゃ引き止められました(^_^;)

お母さま、ごめんなさいm(_ _)m
また、どこかでお会いした時に、お話をさせていただきますね^^

というわけで、工藤勤務の会社は、明日から新年度。
いろいろ込みで心機一転です。

 

| | コメント (0)

2021年5月27日 (木)

ZARD月間

今日、5月27日は、ZARDの坂井泉水さんの14回目の祥月命日。
2007年から、もう14年なんですね。

毎年、この5月は、工藤にとっては「ZARD月間」
毎日欠かすことなく、ZARDの楽曲は最低でも一曲は聴いてますが、5月だけは聴きまくりの日々になります。

こういうことしてて、いつも思うのは、ファンて、ありがたい存在やな〜ってこと。
工藤は、デビューの時から、めちゃくちゃ大ファンなのです。

デビューは確か、2007年の2月10日…(と思って、一応調べたら合ってました^^)
ちなみに、泉水ちゃんの誕生日は2月6日のはず。多分、間違ってません。

デビューから30年なんですね。
そういうこともあって、今年は記念グッズが出てます。
工藤は、CDの記念セットとかにはほとんんど興味がなくて、購入することってほとんどないんですが、いわゆる「写真集」とか「本」系のものって、ついゲットしたくなってしまいます。
楽曲やったらyoutube とかで聴けますからね。その分、書籍には手が出てしまうっていう。
とか云いながら、2〜4枚のCDセットは3つ持ってますけど…^^;

で、今回の記念グッズ。
2点購入です。

2021052705

これは、泉水ちゃんが直筆で書いた歌詞の写真判写真集みたいなもの。
ご自身でも云われてましたが、言葉を大切にする泉水ちゃんらしい一つ一つの文字とその流れが、最初から最後のページまで、いっぱい詰まっている1冊かと思います。

そして、本日、手元に届いたのが…

2021052701

2021052702

2021052703

サイズは、ほぼ昔のLP盤くらい。(LP時代を生き抜いた工藤です。笑)
左上から時計回りに…

・キャンパスアートフレーム仕様の写真
・LPサイズのシリアルNo入りフォトカード
・LPサイズの写真が50枚
・DVD

写真の50枚は、まだ封を開けてません。なんか勿体無いというか怖いというか。

年内、もしかしたら引っ越しがあるかもしれないので、そうなったら、転居先で2週間おきとかひと月おきとかで、額入れにして飾ってもいいかなと思ってます。

やっぱり、ファンてありがたいでしょ。
工藤と同じようなことをしているファンの方々、絶対にいてると思います。

ZARDが、泉水ちゃんが大好きやから、いつまでも忘れることなく、大切に記憶と記録にとどめて、心の中に抱き続けるというか。
少なくとも、ファンの中では忘れ去れることってないんですよね。
それに、泉水ちゃんは永遠に40歳のまま。

ZARDのオフィシャルサイトにも掲載されてますが、今日から明日の23:59まで、高台寺で撮影された「アコースティックライブ」配信が、youtube であります。無料です。

 https://youtu.be/UBBjeluf3pE

時間は30分ほどです。
工藤は、今、3巡目です。
明日も視聴しま〜す^^

ZARDも泉水ちゃんも、ず〜っと「永遠」です♪

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧