日々のこと

2020年11月30日 (月)

カリグラフィーレッスン@Kアトリエ

昨日は、日本リボンローズ協会・河村先生のKアトリエにてのカリグラフィー教室でした。
いつもの4名さまとあやのちゃん♪

今回と次回の2回で、クリスマスカードを作成していただきます。
いわゆる「アルファベットツリー」ってやつです。

これ、コロコロしたルタンダ体でやるとかわいい感じが全面に出るんですが、今回はイタリック体の大文字を使っての文字ツリー。
どんな仕上がりになるのか楽しみです^^

カッパープレート体を始めたこともあって、しばし、イタリック体から離れているので、とりあえず、その「大文字」を思い出していただきながら練習です。

2020112902

ちなみにここ、超高層マンションなので、めちゃくちゃ景色がいいんですよ。
河村先生は、毎年の元旦に初日の出を写メっておられます。
そのうち工藤も、景色の写メしてきますね^^

あやのちゃんは、「おかあさんといっしょ」に観入ったり、お菓子を食べたりしつつも、「あやのちゃん、書いてみる?」と声をかけると…

2020112903

ペンを走らせます♪
かわいいカリグラファーです♡

昨日は、2時間を前半と後半に分けさせていただきました。
アルファベットツリーの練習は、苦心しながらも、ツリーの形にもっていく「コツ」は少なからず会得していただいたようなので、後半にツリーを囲む「模様」書きの練習を、これはカッパーペンで。

次回の完成を目指し、試行錯誤しながらの楽しい時間でした。
そう。次回はいきなり本番となります。
がんばりましょう☆☆☆

ところで、工藤ですが…
10月末から気管支炎をやってまして、まだ完治してません。
いつもの、コーヒー飲み過ぎからなってしまう例のやつなんですが、今回は症状が軽いところでずっと停滞してくれているのでマシ。
それでも、たまに電車に乗るときは気を遣います…というより、咳を我慢するのが大変です、こんな時なので。

ここ3年ほどはなってなかったので、安心してたんですけどね。
でも、だいぶ症状もよくなってきているので、あと少しの辛抱かな〜と思ってます。

 

さて、今月の読書は10冊でした。
今日、ギリギリで2冊読み上げができました^^
12月はたいして読めそうにありませんが、隙間時間を見つけて、読書の習慣だけは切らさないようにしたいと思ってます。
『エミリー・ブロンテ全詩集』は読んでしまいたいな。

今、紅葉がキレイですよね。

2020112901

↑ これは昨日。

2020112305

2020112308

2020112316

↑ は、先週、神戸の現場へ仕事で行った際に遭遇。場所は「鵯越」。
ほんとなら、京都辺りへ出かけて行きたいんですが、そういうわけにも…状態ですからね、今は。
ほとんど現場へ出ることがないので、これにてラッキーと思っておきます。

 

明日から12月。師走ですね。
工藤は、頑張ってみたいことがあるので、明後日の2日から、それのスタートを切るべく準備中。
今日、そのための「本」も届きました。
いくつになっても、「挑戦」の心意気っていうものは、忘れないでいたいです。



| | コメント (0)

2020年11月14日 (土)

エミリー・ブロンテ

先月、東京・代官山のギャラリー ARTSRUSH に出展させていただいた作品3点のうちの一つに、イギリスのエミリー・ブロンテの詩の一節をカリグラフィーで書いたものと切り絵チョウチョの掛け合わせをしたものがあります。

エミリー・ブロンテの詩は、とても好きで…
といっても、手持ちにあったのは、岩波文庫の『イギリス名詩選』ていう1冊のみで、その中にエミリーの詩は2作しか掲載されていません。

でも、まあ…
その2作ともに好きで、うち一つの「私の魂は怯懦ではない」ってのが、上記作品にカリしたもので、多分…30年くらい前からずっと好きな詩の一つになっています。

 No coward soul is mine,
 No trembler in the world's storm-troubled sphere :
 I see Heaven's glories shine,
 And Faith shines equal, arming me from Fear.

 私の魂は怯懦ではない、
 この世に吹きすさぶ嵐に戦くような、そんな魂ではない。
 私には、天の栄光の輝きと、それに劣らぬ人の信仰の輝きが、
 はっきり見えている——私にはなんの不安もない。

 〜〜〜

 Though earth and moon were gone,
 And suns and universes ceased to be,
 And thou were left alone,
 Every Existence would exist in thee.

 There is not room for Death,
 Nor atom that his might could render void :
 Since thou art Being and Breath,
 And what thou art may never be destroyed.

 地と人とは過ぎ去るかもしれない、
 日月星辰も宇宙も姿を消すかもしれない、
 だが、汝さえ後に残るならば、
 すべての存在は汝により存在し続けるはずだ。

 そこには死を容れる余地はない、
 死の力が破壊しうるものはひとかけらもない、
 おお、わが衷なる神よ、汝はまさに「在るもの」、まさに「命」、
 汝の本質が永久に亡びざらんことを!

姉のシャーロットは、内容的に「辞世」めいたものが感じられないでもないこの詩は、エミリーの最後の詩と云ってたそうですが、そうでもなかったみたいですよ。

自分にとって7連からなるこの詩の最初の2行は、何かあるごとに思い出されて、そこから前に進むための背中への一押しになってきたことは事実。
そういう意味では「恩」のある一節ですね。

20201006-wisdomcal

       +

20201002-wisdom_20201114223801

      ||

2020101003

ARTSRUSHに出展させていただいたこの作品は、カリグラフィーの同志でもある縁文師 雅子さんのところへ舞い飛んでいったんですが、雅子さん、Facebook・Instagramにてアップしてくださってました。

ご本人の許可を得て、こちらにも。

2020111202

気恥ずかしい限りですが、かれこれ20年以上の長きにわたっての交流を結ばせていただいている方なので、そこへ舞い降りていったっていう不思議な安心感もあります。

自分からしたら彼女は、尊敬に値する「日々、努力の人」でもあります。

水木しげるさんの言葉に…
「自分の中にある
 自分を進ませまいとするものに
 一分でも一秒でも
 心を許してはならぬ」
っていうのがありますが、まさにそれを地でいく人。

そんなカリグラフィーの同志に感謝ですね。

 

(長くなってますが…笑…)

ところで、『エミリー・ブロンテ全詩集』っていう一冊があります。
20年以上も前から、買おうか買うまいかと優柔不断に迷ってたんですが、先日、アマゾンの中古本のところでポチっとしてゲット。
やっとです(^^;;

2020111201

廃版なので、お値段は定価の「倍」以上になってましたが、初版でしかも保存が良かったのか新刊レベルの状態。
半分ほどはポイントがあったので(だから購入したようなもの?^^;)元値にちょっとプラスして買えたようなものでした。

エミリー・ブロンテといえば『嵐が丘』で有名ですよね。
ブロンテ3姉妹(実際には5女1男)は3人とも文学的に才能があって…
・シャーロットは『ジェーン・エア』
・エミリーは『嵐が丘』
・アンは『アグネス・グレイ』
で、後世に名前を残してます。

が…父のパトリックだけが長命で、母親も子供たちも、病苦と苦悩の中に10代〜30代で夭逝している。
それだけに、文学の才光る3姉妹の作品たちが後世に読み継がれて、今でもイギリス文学に影響を与えているのは、一つの大きな救いなのかもしれないですね。

『嵐が丘』は何度も映画にもなってますが、この詩集の後にでも、また読んでみたいと思います。

 

 

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

『箱庭展』御礼

多忙に紛れ、御礼が遅くなりましたことをお詫び申しあげます。

10月の14日(水)から26日(月)までの約2週間、東京・代官山のギャラリーARTSRUSHにて開催されました『箱庭展』。(現在、『ポイズン展』が開催中です)

この素敵な企画展への作品出展のお話をくださったオーナーのマヤさんに、あらためて感謝を申し上げます。

そして、今年のこの「コロナ禍」の状況下にもかかわらず、足を運んでくださった全ての皆様、本当にありがとうございました。

Artsrush-01

お話をいただいたのが、3ヶ月ほど前の7月末。

以来、作品を発送させていただくまでの2ヶ月間は、公私に亘り想定外に忙しく、作品作成に取りかかったのは、発送の2週間ほど前というギリギリでした。

それでも、一舞目のチョウチョを切り始めるまでの期間に、仕事をしながら、あれこれしながら、常に作品構成のブレインストーミングをしていたこともあり、短期間での一極集中で作品制作に向き合うことが出来ました。

それが幸いしてか、技量の稚拙さは別として、自身としては思っていたよりは納得できるものに仕上がったと思っています。

以前から、カリグラフィーと切り絵の掛け合わせをしてみたいという思いは持っていたものの、ついつい日常に埋もれてしまって、カリグラフィーは講師をしているからまだしも、自分の切り絵の世界には、なかなか大きく踏み込んでいくことができませんでした。

そんな中でのオーナーのマヤさんからの「作品は切り絵とカリグラフィーのコラボで」とのお話には、大きな追い風を送っていただいたと思っております。

重ねて、感謝しかありません。

Artsrush-02

工藤の友人の方々も、わざわざ出向いてくださっており、20年来のカリグラフィーの同志が、作品の一つを購入してくださったことも、大きな励みになりました。

ありがとうございました。

複数の作品を出展させていただいたのは、かなり久しぶりになります。
それも、これまでの全ての方々との出会いのご縁があったればこそと思っています。

ゲーテの言葉に…
「恩知らずは、何をやっても成功しない」
という名言がありますが、この言葉の重みを、今回あらためて自身の内へ刻み込んでいる次第です。

今回の貴重な経験を機縁として、ほんとに遅々としたペースではありますが、また一つ、階段を上っていくべく、精進していく所存です。

これまで以上に、叱咤激励・ご指導をいただければ幸甚です。

 

工藤 祐輔



| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

カリグラフィー教室@Kアトリエ

ちょうど1週間前の日曜日は、日本リボンローズ協会のKアトリエにてカリグラフィー教室でした。

16日の金曜日は伊丹で初のカリ教室。
17日の土曜日は神戸の《風の家》にてのカリ教室へ参加=工藤は生徒で。
で、18日の日曜日が、このKアトリエ。

この3連ちゃんのカリ教室は、なかなかハードでした(^◇^;)

とにかく今は爆睡したいんですが、それもままならぬ状況です。
なので、頭も回ってない…
昨日の夜、やっとちょっとだけゆっくりできたかもですが、どこまでも「かも」です。笑

そのうち、爆睡できる日も来るでしょう…ということにしておきます。笑

 

Kアトリエのカリ教室は、カッパープレート体の3回目。

xハイトが9ミリの幅で書いてもらっております…
9ミリは、そこそこしんどいんですよね。
自分も、テキスト作成の際に、当然のことながら9ミリのxハイトで書きましたが、辛い部分がありました。
でも、ここからの…xハイト6ミリ、5ミリへの移行は、きっと「あれ?」っていう思いを持たれるのではないかと思ってます。
もちろん、いい意味でね。
ベースさえしっかり練習しておけば、ニブの動きがやさしくなるかと思うのです。

次回から楽しみです。
実際の次回は、カッパーはちょっと離れてしまいますが。^^;

2020101801

↑ いつもの4名さま。

あやのちゃんママは、立って書く方がイイということで、立たれてます。^^;
あ、でも、工藤もたまにやりますよ、この書き方。
お勧めはしませんが、一度やってみる価値はあります。

で、あやのちゃんはどうしているかというと…

2020101802

K先生こと河村先生が設定してくれはった「おかあさんといっしょ」に夢中です。
仁王立ち。笑

途中、「あやのちゃんも、書いてみる?」と声をかけると…

2020101803

↑ こんな感じで頑張って書いてはりましたよ^^

4名の皆さまは、アルファベット小文字をラストの「z」まで書いて、最後に例の、

「a quick blown fox jumps over the lazy dog.」

に挑んでいただきました。
(カリグラフィーをされる方はご存知なんですが、この一文、アルファベットが全部入ってるんです)

お疲れ様でした^^

 

で、Nさんが、以前書いてた作品の実物を持ってきてくれはったので、こちらに。

2020101805

2020101806

文字が丁寧で。
紫陽花さんも、工夫しながら頑張って描きあげておられます。
淡い色使いが、ちょうど「梅雨」の季節に合いますよね。
来年の梅雨時に、部屋の一番イイところに飾ってあげてくださいね。

 

夜はそこそこ冷えるようになりました。
まだエアコンが必要なところまではいきませんが、工藤は寒がりなので、スウェットの上にジャンバー着てます。
インフルの季節も到来します。

ともかく、みなさま、お体大切に。


 

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

代官山 ARTSRUSH 『箱庭展』 作品その三

代官山 ARTSRUSH 企画展 no.352 『箱庭展』への出展作品の三つ目、ラストになります。

20200930-hug-me

順番的にいうと、今回切った3舞のチョウチョの中で、一番最初に切れたのがこれでした。

名付けの友からは、見た瞬間に「LOVE」て返信がきたので、ちょっと考えて、名前は《hug me》にしました^^

そういえばになりますが…「ハグミー」といえば、楽器を持たないパンクバンドBiSHの最初のメンバーにこの名前の方がいてましたね♪
BiSHは大好きなので、よくYouTube で聴き流しをしたりしてます。

それはそれとして、これに合わせるカリグラフィーをどうするか。

『箱庭展』ていうことなので「庭」に関する詩を3つほどピックアップしてたのは前に書きましたが、このチョウチョについては、額は縦長にすることに決めてましたので、それなら…ということで、Andrew Marvelle の『The Garden』をセレクト。

9連からなる『The Garden』から、第5連と第6連を書くことに。
書体は、最初はイタリック体にしようかと思ったものの、なんとなくしっくりこないような気がしたので、カロリンジャン体でレイアウトも考えつつ、一度下書き練習をしてみました。

感じよく書けたのと、レイアウト的にも良かったので、すぐに清書。
黒インクにパールゴールドのガッシュを少し混ぜて書いたので、近目で見ると、ほんの少しだけですがキラキラしてます^^

2020100701

文章的には長いです。
これ、どこで失敗しても当然やり直しになるんですが、時間的にそんな余裕は一切なかったので、超緊張しながら、何度も何度も文字確認をしつつペンを進ませた次第です。
よく失敗しなかったものです…^^;

 

What wondrous life is this I lead!
Ripe apples drop about my head;
The luscious clusters of the vine
Upon my mouth do crush their wine;
The nectarine and curious peach
Into my hands themselves do reach;
Stumbling on melons as I pass,
Insnared with flowers, I fall on grass.

Meanwhile the mind, from pleasure less,
Withdraws into its happiness:
The mind, that ocean where each kind
Does straight its own resemblance find;
Yet it creates, transcending these,
Far other worlds, and other seas;
Annihilating all that's made
To a green thought in a green shade.

まさに最高、ここでのくらしは!
熟れた林檎が上から落ちてきてくれる。
房をなして輝く葡萄が
口にワインを注いでくれる。
椿桃や他のおいしい桃が
ぼくの手に向かって手をのばす。
つまづけばそこにはメロン、
花の罠にかかって転べばそこは草のベッド。

一方心は、低次なからだの喜びから
隠遁し、より高次な幸せに浸る。
心とは海、この世のすべてのものの
像が宿る、そんな海。
むしろ心はつくる、それらを超える
別の世界を、別の海を。
この世のすべてのものは消え、
緑の木陰で緑の想いと化していく。

 

で、これと hug me を合わせたのが…

2020101011

2020101012

2020101014

20201010115

前の二つと比べて、自分の写メの仕方が悪かったのか、写真写りはよくありません…_| ̄|○

でも、個人的にはこれが一番のお気に入りかもですね。
カロリンジャン体がめちゃくちゃ好きってこともあるかもしれません。

部屋に飾りたい…笑笑

 

『箱庭展』は26日までです^^

20201003

20201001

 

 

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

アトリエ〈風の家〉へ

先週の土曜日は、カリグラフィー仲間の「まさっぺさん」こと「カリグラファー・柏木正代さん」のアトリエ〈風の家〉へ行ってきました^^

ここでは、工藤は生徒さんになります♪

生憎の雨でしたので、いつも写メっている「エルビス像」の横も素通り。
右手にカバン、左手に傘なので、どっちにしても写メることはできず、ちょっと残念な久しぶりの神戸でした。
来月は、お天気でありますように。

この日は一番乗り。というか、割と一番乗りが多いです^^

122365108_1977667605698181_3365387622739

いつものことながらですが、完全女子会となるまさっぺさんのところのカリ教室。

あ、でも、まさっぺさんのところと云っても、考えてみたら、先ず、カリ教室は女性ばっかりです。
昔々、心斎橋の教室に通ってた時も、ず〜〜〜っと男性はいてなかったですね。

こういうカリグラフィー に限らず、ハンドメイドにしてもそうですが、自分の関わるところって、どこに行っても女子ばかり…^^;
実は、カリの講師資格をいただいてから、長いこと「講師」をしなかったのは、それが理由でもあるんです。
男性が来ることはないので、気恥ずかしいというか…(^◇^;)

それが…4年前にある方に声をかけていただいて始めた出張カリ教室も、細々とながらですが、今、5年目に突入しています。
と、これは、今気づいたことですが。笑
あの一言が無かったら…ですよね。感謝です。

それはそれとして、海外に目を向けてみると、カリグラファーって、割合で言えば男性の方が多いのかも。
でも、日本は大きく真逆で、男性は100人に1人もいてないのではないかな。
タイポグラフィーをされている方とかになると、また違ってくるんでしょうけどね。

気持ちとしては、男性諸氏にもカリグラフィーの楽しみを味わっていただきたいな〜と思います^^

 

さて、1時から始まって4時アラウンドまでのみっちり3時間は、柏木先生のご指導の元、これまで積み重ねて身に染みついてきている「癖」の矯正との、大袈裟に云えば「格闘」でした。

ネットの時代だけあって、ちょっと調べれば、「美しい文字」「美しい書き方をした文字」「美しく見えるように書かれた文字」等々がいくらでも見つかります。

それと、自分の書いたものを見比べてみると、そこに見える「違い」っていうのは、これまでの積み重ねの変更であったり、矯正であったり、解体であったりするものなんですね。

まさっぺさんは、それと真摯に向き合って、ご自身の文字を一旦ぶち壊して新たにアセンブリングをされている。
日々、投稿されている文字を見せていただきながら、カリグラフィーに対するその姿勢に感じ入ることがあって、一昨年から通わせていただくようになった次第。

ギルドの世界では、工藤の方がほんの少し先に籍を置いてたんですが、そういう先輩とか後輩とかってことは、関係ないと思うんです。

「いいものはいい」し、「いいものは、自ら求めていくもの」だと思うし、そこに「立場」とかは関係ない。

そういうベクトルを忘れなければ、「我以外皆我師」っていう吉川英治氏の言葉が「実」をもって生きてくる。
でも、それって、特段、アートの世界だけではなくて、人生そのものにも関わってくるのかもとも思えます。

そんなわけで、周りのみなさんが楽しそうに練習している中、なんか、眉間にしわ寄せて、黙々と文字練習をしてた工藤が、皆さんの流れの腰を折っていたのでは???と、今になって反省してたりしてますねん…(^◇^;)

ま、なんしか、練習します。笑

 

| | コメント (2)

2020年10月19日 (月)

代官山 ARTSRUSH 『箱庭展』 作品その二

東京・代官山ARTSRUSHでの企画展 vol.352 『箱庭展』の会期も、半分となりました。

ちょっと日が空いてしまいましたが、出展作品の2つめをアップさせていただきますね。

まずは、切り絵チョウチョから。

121964718_1975429032588705_5271458833165

名前は、” bail apasionado " 英語で云うと、” passionate dancing "
あ、これ、スペイン語です^^

このチョウチョ…
他の2舞より難産でした。
時間で云うと、1.5倍ほどかかったかと。

広げてみないとわからないと云うのが難点といえば難点なんですが、いろいろと不安を抱きつつも、思ってたよりはイイ雰囲気に切り上がったかと思います。

これも、名付けの友に見てもらうと…

・見てて立体的
・フラメンコみたいなダンス
・炎舞
・passionate dance

ということでした。
話すことも読むことも当然できませんが、自分、スペイン語が好きなので、それで、「bail apasionado」としてみました^^

 

これに合わせる「詩」をどうするか…
今回の展示用に、3つほどは候補に挙げてたのがあったんですね。
で、最終、そこから選んだのが…

Wiliam Wordsworth の『The Daffodils』でした。

一応、dancing でもあるので、軽快感を出したくて、用紙の色とガッシュの色をソフトなものにして、書体はカッパープレート体に。

20201004-baile-apasionado-02

慣れないことをしてしまいました。
なので、これがイイ方向に出たのかその逆なのかは、自分では判断付きかねますが、とにかく、合わせてみたのが「↓」です。

20201004-baile-apasionado-01

20201004-baile-apasionado-04

20201004-baile-apasionado-05

額はA4サイズ。

ちなみに、この「詩」のなかに、「dancing」という単語が入ってました。
これは、後で判明したことながら、なんとなくリンクしている感じで、うれしかったです^^

 

 The Daffodils

I wander'd lonely as a cloud
That floats on high o'er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host of golden daffodils,
Beside the lake, beneath the trees
Fluttering and dancing in the breeze.

 水仙

谷を越え山を越えて空高く流れてゆく
白い一片の雲のように、私は独り悄然としてさまよってきた。
すると、全く突如として、眼の前に花の群れが、現われた。
湖の岸辺に沿い、樹々の緑に映え、そよ風に
吹かれながら、ゆらゆらと揺れ動き、躍っていたのだ。

(岩波文庫 『イギリス名詩選』

 

東京・代官山 ARTSRUSH 『箱庭展』は、26日までです^^

2020101103

2020101101_20201019201001

 

 

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

伊丹で「カリグラフィー教室」スタート

4年ほど前、工藤が出張カリグラフィー教室を始めさせていただいた時、伊丹から大東の住道の会場まで、体験レッスンに参加してくださった方がいました。
この時と、少し間を空けて2回レッスンを受けられた後、お子さんの出産のこともあり中断。

あれから3年ほど経っているんですが、今回、その方が主宰する、「伊丹市の心ほっこりサロン Tonttu fleur」(伊丹市で子育てママ向けのイベントの主宰)の活動の一つとして、工藤に声をかけてくださいました。

何から何まで設定していただき今日の日を迎えたわけですが、やりとりしてて思ったのは、ともかく聡明な方ということ。
絵本のサロンもされているだけあって、つまりは、絵本の読み聞かせをされているんですが、それだけに「声」もいい。

「声」ってとても大切です^^
めちゃくちゃ姿勢のいい剣道女子でもあります。

その阪上まゆりさんが募ってくださった2名の方々と共に、今日は、会場である伊丹市神津交流センターにて、カリグラフィー体験レッスンをさせていただいた次第です。

心地よくソーシャルディスタンスを取れる明るく広い空間でのカリレッスンでしたが、文字を書けば息が止まるし、力が入って肩が凝る…(^◇^;)
カリグラフィーって、見た目だけだと華やかに見えるんですが、結構地味な作業です。

普通とは違うペンで、普通ではしない書き方で文字を書いていく。
でも、「普通ではない」って「異常」ってことではないですからね^^

何度やっても出来ない…って思ってても、ちょっとしたことで「出来た!」ってなる。
今日も、そんな光景が少しですがありました^^
黙々と慣れないペンを持って、「ペン先は45度で」「傾斜を忘れないで」「ラインは平行ですよ〜」と、何度も同じことを云われる中、「あ! 書けた!」ってなった瞬間は、実は工藤も嬉しかったりするんです♪

2020101601

途中、休憩を挟んでの2時間ほどの時間は、ちょっと大変だったかもしれません。
おまけにラストには、ご自身の名前をピンクのカードに、いきなり本番で書いていただきました。
でも、みなさん、がんばって書いておられましたよ。

終了後、主宰のまゆりさんが、資格まで取られたという「読み聞かせ」で、『魔法のハッピーハロウィン』という絵本を読んでくださいました。
大人向けの読み聞かせです♪
読み終わってからの語りがまた何とも秀逸で…

2020101602

工藤も学ぶことがいっぱいあった充実の時間となりましたよ。
感謝です。

2020101605

↑ ハロウィンのチョコまでいただいてしまいました♪
 重ねて、ありがとうございます☆☆☆

こちらでのカリグラフィー教室は、毎月第三金曜日となります。

お問い合わせは… ← こちらまで。

尚、レッスン内容等についてのお問い合わせは、工藤まで。
mail : mystic.tempo★gmail.com (お手数ですが、★を@に変更してくださいね)

 

さて…連続出社日数が、もうすぐ1ヶ月になりそうな工藤…笑
どうしたものか…
でも、とにかくここは乗り切るしかないので、やり遂げます。
伊丹から帰ってきて、まずはランチを久しぶりに以前バイトをしてたギンカさんで。

2020101603

もう…めっちゃ美味しかった明太子スパ大盛り。
何ヶ月ぶりのことか。

それと、以前ここのスタッフで一緒だったNさんが、自家製の「栗の渋皮煮」を持ってきてくれてあったのをお裾分けで一つ。

2020101604

結構大きい栗です。
こういう美味しいものを口にすると、なんか、いろんな嫌なことも飛んでしまいますね^^

で、お腹もいっぱいになって会社に繰り出してきました。

と…今日は会議があったこともあり、東京から常務が来てはりまして、
「クドちゃん、ちょっと話がある」
と応接室に呼び出され、何かと思うと所属替の件。
仕事内容なほぼ変わりませんが、業務部から事業本部への移動。
特に問題はありませんが、なぜ?(^◇^;) ま、いいですけど。

そのまま常務と種々懇談をしてて、カリグラフィーの話に。
すると、東京の女子社員さんの一人が24日に結婚式だそうで、「名前入れて、Happy Wedding 書いてくれんか?」ときまして、オーダーをお受けしてきました。
云ってみれば内輪のことなので、代金は額と送料の実費だけとさせていただいたんですが、日がない…(^^;;

正面突破で「なにしかやると」で頑張ります。

そして、明日は神戸の《風の家》にてカリグラフィーレッスンです。
工藤は生徒さんです^^
ほんとは爆睡したいです…^^;

そやけど、しっかりがんばってきま〜す。

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

代官山 ARTSRUSH 『箱庭展』 作品その一

今日からスタートしました。

東京・代官山のギャラリー ARTSRUSH での 企画展 vol.352『箱庭展』

工藤は、「カリグラフィー × 切り絵」で、作品を3点出展させていただきました。
2〜3日おきくらいに、一点づつ、こちらとアメブロの方にアップさせていただこうと思っています。

さて、今日は一つめ。

20201002-wisdom

名前は…wisdom 英知

今回も、工藤のチョウチョの「名付けの右腕」といっていい方に、いつものように、直感で名前を付けてもらいました^^

工藤の切り絵、特にチョウチョに関しては…ってことになりますが、外周枠を描いて、紙を二つ折り。
その後、翅の中に2〜3本のラインを引いて、あとは模様を少しずつ描きながら切っていく感じになります。
下絵を完成させてから切るっていうことは、ほとんどしてません。
そういうわけなので、広げてみないと、どんな雰囲気になっているのか、当人がよくわかってません。
こんなんでいいのかな〜とは思ったりすることもありますが、まぁ、なんとか仕上がっていますので。^^;

掛かった時間は、4時間弱かな。

 

そして、カリグラフィーの方は…

20201002-wisdom-calligraphy

No coward soul is mine,
no trembler in the world's storm-troubled sphere :

私の魂は怯懦ではない、
この世に吹きすさぶ嵐に戦くような、そんな魂ではない。

イギリスの詩人・小説家 Emily Brontë (エミリー・ブロンテ)の詩。

エミリー・ブロンテは、あの有名なブロンテ三姉妹の次女。
『嵐が丘』の作者といえば、ご存知の方も多いと思います。
この詩は、エミリーの最後の詩と云われているもの。といっても、いわゆる「辞世の詩」とかではないようです。
激しいですよね…
この激しさが好きで、これまでも何回もこの詩をカリで書いてきました。

岩波文庫の『イギリス名詩選』の中の解説によると…
「正統的な信仰や心情を示唆する表現と背中合わせにそれを超えて自分自身の信念を叫ぼうとしている」とあります。

うむ…なるほど…

これをイタリック体にて円形で書いていくってことは、最初から決めてました。
額の大きさが決まっているので、円の直径とか、xハイトの幅とか、さて…どうしたものかと思いつつも、先ずは適当にコンパスで円を書いてみました。
そこに、スピードボールのC4仕様で xハイトを決めて下書き練習をしてみると、ちょうどいい按配になっていて。^^

で、チョウチョとこれを合わせてボックスフレームに入れたのが…

20201002-wisdom-02

20201002-wisdom-03

20201002-wisdom-04

思ってたよりもしっくりきてて、色合わせもグッドかな〜と思ってます。

こういう色合わせ、実は得意…というところまではいきませんが、かなり好きです。

今回は、額の雰囲気・色、チョウチョの色、カリグラフィーの用紙の色、それと文字の色。
この組合わせ・掛け合わせで、この詩の雰囲気をバックアップできたらっと思っての配色。
なんとか及第点はもらえるかな〜って思います。


今回、カリグラフィーと切り絵で自己完結コラボにしたのは、実は、ARTSRUSHのオーナーのマヤさんからのリクエストがあったからなんです。
気に入っていただけたかな〜

 

『箱庭展』 26日までです。

2020101101

 

 

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

モレスキン回帰

今は、10月始まりとか、7月始まりとかっていう「来年の」スケジュール帳が半数以上?

なので、自分も毎年9月くらいから、ネット検索でウロウロしながら、来年用のスケジュール帳を物色するのが習慣みたいになってます。

3年前?(かな?)くらいまで、モレスキンを使ってたんですが、ちょっと他のはどんな感じなんやろと思って、梅田に出ては大きな書店とか文具店、それからハンズやらロフトやらを覗いたりしてました。

2020年のは、いわゆる「人気のあるスケジュール帳」というのを購入。
が、これ、「手帳使い」と云われるような人にとってはかなり重宝ものと巷間云われているものなんですが、結局、自分には使い勝手が悪くて、途中から半ば投げやりに使ってきてました。笑

最終、落ち着いたのは、詰まるところ「モレスキン」。

モレスキンでも、限定版「星の王子さま」仕様。
これでないと使う気になりません。

今年も残り3ヶ月ちょっとという9月に、2020年のモレスキンを購入。
で、少しだけ間を置いて、2021年のをゲット。

121193829_1967201453411463_4479569414824

右のが2020年で、左が20201年。

モレスキンは、1月1日からのスタートになります。
7月始まりってのもあって、当初はそれにしようかとも思ったんですが、2020年のが気に入ってしまい、2冊購入となりました…^^;

工藤が使うのは、1日1ページのもの。
結構書くことが多いんです。
なので、当初使ってた某手帳の見開き1週間というのは、かなりストレス強くて…(^◇^;)

そういうことなので、手元に届いた瞬間から、モレスキンを使って、元のはもう放置してます。

で…

変わってるね〜と云われるんですが、工藤はもう1冊、別のスケジュール帳を使ってます。

こちらは10月始まりの見開き1ヶ月のもの。

121045996_1967201463411462_2505057664134

またかい! と云われそうですが、こちらも「星の王子さま」

とにかく好きなんですよね、これが☆☆☆

そしてもう一つ。笑

基本的な予定は、スマホでGoogle Calrendar を使ってます。
予定変更とか追加とか、その場で即登録できるので重宝してます。

ということで、モレスキン回帰ということになってしまいました。

まだまだ、難しい日々は続きそうですが、年末には少しでも笑顔を浮かべて、2021年へ飛び込みたいと思ってます。

こんなことで負けたくありませんからね。

ともどもに。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧