カリグラフィー

2017年2月12日 (日)

ダンボール製カリグラフィー傾斜台。。。

ひょんなことから、カリグラフィーのレッスンを受け持たせていただくことになった昨年の7月。

どうせやるなら…机にフラットで文字を書くより、傾斜台を使っていただきたい…

その思いがつのって、勤務先でたまたま取り置きをしておいたダンボールを使って作成した、ダンボール製カリグラフィー傾斜台の初号機。

Fullsizerender01

何しか、傾斜をつけることが先決で、「できるだけコンパクトに」をメインにして作りました。なので、サイズは小さめ。

Fullsizerender

B4サイズのクリップボードを傾斜部分に置いて…というスタイル。
これは、ダンボールの表面の「波」を避けるため。

使用感は…練習用紙を半分まで使うと、そこから下半分への「書き」がしにくい。そのため、用紙の上下を逆転入れ替えをしないといけない…

それを踏まえて作成したのが2号機。

Fullsizerender_14

一回り大きくしました。

こちらは、クリップボード使用と併せて、コートボール(いわゆる厚紙)を置いてダンボールの「波」の部分をほぼクリアする仕様にしてみました。

傾斜は…大きくは変えれませんが、3段階対応です。

Fullsizerender_7

この2号機をベースにして、工藤の大切な盟友・芳川紙業株式会社須川栄司さんと連携を取り、製品化をお願いし…

出来たのがこちらです。

Fullsizerender_10

大きさは、市販・木製の傾斜台とほぼ同じ。

コートボール部分(白い厚紙)で、450×400ミリになります。
なので、工藤の2号機よりさらに一回り大きくなっています。
市販木製の傾斜台とほぼ同じサイズ。

Fullsizerender_9

傾斜は、現状、こちらも大きくは変えれませんが、3段階変更可。

工藤初号機・2号機と大きく違うところは、工藤機が3枚のダンボールを一つ一つばらばらのパーツにしていたのに対して、須川機は3枚のダンボールを貼り合わせた一体型であるところ。
土台の凹部分に支えの凸部分を差し込むだけ。
さすがプロです♪

コートボール部分が、ダンボールの「波」を避ける役割になります。

で、これが販売されることになりましたので、お知らせです。

芳川紙業株式会社須川栄司さん作成のカリグラフィー用ダンボール傾斜台

現在、モニター価格で、1台が600円+消費税(現状 648円)
宅配発送の場合は、別途、梱包代と送料がかかります。
1台から販売しておりますが、需要があるようでしたら、複数台で発注されると、1台分の平均価格が下がってきます^^

モニター価格となりますので、購入者の方々に使用感のフィードバックをお願いしています。
ご協力いただけると、須川さんも喜びますよ^^

また、御希望の方には、持ち手付きの外箱も別途作成可能。

発注の際にお申し出いただければ、傾斜台のサイズ変更も可能です。(若干の料金の変動があるかもしれませんが)

発注は…

・直接、須川さん へ → sugawa☆e-yoshikawa.co.jp(☆のところを「@」に変更してメール送信お願いします♪)

・工藤経由 → mystic.tempo☆gmail.com (お手数ながら、同じく☆のところを「@」に入れ替えてメールを送信下さいね^^)

尚、ご質問等もお受けしております。
須川さん、もしくは工藤へ、上記メールアドレスまで。
お気軽に^^

市販の木製傾斜版だと、値段の部分で気遅れしてしまう…という方が多々。
折角カリグラフィーに興味を持たれても、それで諦めてしまう方も中にはおられ…

それを見聞きするたびに、どうしたものかな~と思っていた矢先の発想でもありました。
ダンボールという材質上、水濡れ厳禁であることと、強度の力で傷んでしまうという弱点もありますが、そうそう大きな力で押すことも無いのと、これは補強も可能。

使い方は、各人各様でいいと思うのです^^

この一品が、カリグラフィー普及の、ほんの一助にでもなれば、自分も幸甚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

雑感。。。(6)

雑感。。。というか、現在続けていることを簡単に。

仕事が…とどまるところを知らずという感で、今日まで続いてきてます。
一応少し落ち着きましたが、今夜からの寒波が状況をどう左右するか…ってところかな。
もう既に、呼出し3回。
もうイイで…^^; なので、確実なる休日を一ついただき、週末から4連休^^v
ほぼ、予定はみっちりなんですが、休めるだけ幸せと思っておきます。

年頭の決意?は、年明けてまだ10日ですが、この忙しさの中でも一度も休まず続けられてきてます。

カッパー練習、ローマン練習、カリ修練。

カッパーはもう一年以上、ペンを持って書かなかった日が無いわけで、その中で、これまで出来なかったことができるようになってり、少しずつながら変化を付けれるようにもなってきています。
継続は力なりとは云いますが、これは実感としても是と思うんです。

この経験があったから、今まで避けて逃げてきた「ローマンキャピタル」の練習をやってみようっていう気になり、日々、A4用紙に最低でも一枚の練習をすることにして続けています。

ともかく…ローマンで、まともな「O」を書きたい…
これは切実な思いなんです。
要領とか器用さの無い自分には、ただただ、シンプルに続けるしかないでしょう。

昨年末まで、Instagram 上にて、「Daily Calligraphy 366」というのをやってきたのが完結。
嬉しいことに、「毎日楽しみにしてきたんやから、やめんと続けてくれ」っていうメールを数通いただきました。コメントも入ってました。

が、まあ、いろんな事情もありっていうことで納得していただき、不定期になるでしょうが、何かちょこちょことアップしていくことも考えています。

そうそう…
去年は、カリでは画竜点睛を欠く…という失態がいくつかありました。
ギルド展に出した作品なんて、その最たるもので、文章中の「clearly」の「r」が抜けていたという…(~_~;)
判明したのが、10月の末です… 全く気付きませんでした。
なので、当たり前ですが、そのままが「作品集」に載ってます。
恥ずかしい………

あと…
人さまに書かせていただいたお祝いの習作も、文中の「t」の横棒を入れ忘れたままの状態で差し上げてたり…><

本年は、「落ち着いて」書いていく。

これも目標の一つです。。。

そして、切り絵。

一つ切りました。

15977976_924614677670151_3332768699

タスキアゲハをモチーフにしたチョウチョ。
何がしたかったかというと…「0.2ミリ」のラインを切り出したかったんです。

去年の嘉穂劇場に出させていただいた作品たちは、その「0.2ミリ」のラインが思うように切れなかった。
今回は、そのリベンジを賭けての切り。
割と想像通りに切れたので、少し安心できました。

このチョウチョは、15日の日曜日、とあるところで使用します^^

あとは…FBの誕生日グリーティング☆

FBで友人になっていただいている方々の誕生日に、名前と「Happy Birthday !」と日付&Yusuke を書いて、メッセ上で送らせていただいてます。

昨年は約1900人越え。
今年は2100人を超えます。
1年ごとに、書体も変えています。
3書体(イタリック、カッパー、ゴシイタを順繰りに)を1年ずつ。

かなりの負担なので、「もう、いい加減、やめてもイイのでは?」というお言葉もいただくのですが、どこまでできるのかっていう、自分の限界への挑戦でもあるっていうことが一つ。

ただのコピー用紙に書いたグリーティングを見て、喜んでくださるネットの向こう側の「会ったこともない、恐らく会うことも無い友人」たちの喜びの文章に接することで、ほんの少しでも、人さまに笑顔を送れているんやな~っていう歓びと、それが、自分の内なる世界を、これまたほんの少しでも豊かにしてくれているように思えること。

それだけではなくて、そこから派生するリンクもいくつかあります。

それがあるから、まだまだ続けていこうと思うんです、ドットメイキング。

なんしか、今年も弛まず。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

『STUDIO LETTER ARTS レターアーツ作品展 2016』のお知らせ。。。

もう、会期はすぐそこですが・・・

カリグラファー・清水裕子先生が主宰する『STUDIO LETTER ARTS』の作品展が、神戸は北野にある「GALLERY 北野坂」で開催されます。

15319068_902322413232711_6979209026

清水裕子先生を中心とした講師4名と、受講生の方々のカリグラフィー作品展。

講師の皆さまは。。。

 清水裕子先生
 岡本真樹子先生
 東井裕子先生
 小川百合先生

約70点に及ぶ作品が展示されるとのこと。

DMに掲載されていますが、作品は、手書き文字をベースにした造形作品まで見応えのある力作が並びます。

会期は、つい先日から始まった神戸・ルミナリエとも重なっています♪

神戸の街を歩きながら、ゆったりした時間の中で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

一文字一文字に込められた思いと、そこから湧き出るようなあたたかさは、少し冷えた身体にホンワカしたぬくもりを起こしてくれますよ^^

期間中、デモンストレーションも連日開催されるとのこと。(14:00~15:00)

超お勧めの作品展です。

☆STUDIO LETTER ARTS☆
レターアーツ作品展 2016

会期 : 2016年12月7日(水)~11日(日)
時間 : 11:00~18:00(最終日は 16:00まで)
場所 : GALLERY 北野坂
住所 : 神戸市中央区山本通 1-7-17
               WALL AVENUE 3&4階
電話 : 078-222-5517
HP    : http://gallery-kitanozaka.com

主宰&問い合わせ Studio Letter Arts 主宰・清水裕子先生
e-mail : letterarts@mac.com
HP  : www.studio-letterarts.com

15338632_902322416566044_4902061240

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

徒然によしなしごとを。。。

今年は…特に春以降、ずっとヘビーに忙しい日々が続いています。

自分にとっては「事件」なるものもありました。
ま、去年と同じことの繰り返しも含めてですが…
それで減った体重は、ひと月で5キロ。
昨年は、週に1キロが7週続いて7キロ減りましたが、今回はそれよりハイペースでした(苦笑)。。。

弟の件もありましたし…
ほんとに哀しかった…

が、転んでもタダでは起き上がりません、自分☆
それに、だからといって、日々のことも蔑にはしません。

時間が足りないので、ブログアップとFacebook は、現状ほとんどやってませんけど(笑)。。。

あ、体重は復活しました^^v
このまま増量目指します♪

そんな日々の中、また、新しい芽が出てきてくれました♪

久し振りのホヤ・カーリーです。

Img_4409_2

ちっちゃいです^^

Img_4519

Img_4629

Img_4715

一番元の母なる葉っぱともう一枚は天寿を全うしましたが、現在7枚が頑張って成長してくれています。

出てき方がイビツなんですけどね^_^;
ま、それはそれで個性ですから。

これからも、毎日、声掛けをして伸びゆく姿を見守ってあげたいと思います。

Instagram で続けている『Daily Calligraphy』

年内いっぱいまで続けますが、いつの間にやら100日を切りました。
毎日書くのは、それなりにヘビーなこともありますが、何があっても続けるっていう習慣がついたのと、自分の知らない言葉との出会いもあって、楽しい時間になっています。

スパニッシュの4名さまは、それぞれの事情もあって抜けられ、現在はチェシャ猫雅子さんこと、神奈川のカリグラファー・前田雅子さんと工藤との2人で続けています。

それぞれが、2つずつの課題文を交代で出して、日々ひとつを書いてアップの daily 書きになっています^^

続ける…と云えば、日々のカッパー練習も休むことなく。。。
あれだけ悩んでいた「揃わない傾斜」が、まあまあ見れるようになってきました。
ガイドライン無しでの書きもまた、特に抵抗もなくなってきました。

やっぱり、練習って大切です。

今は、それにプラスして(毎日ではないですが)ちょっと違った練習(訓練?)もやっています。少しずつなので、どこまでいけるかわかりませんが、時間が掛かってもやった分だけは身に付くと信じて、訥々ながら続けていこうと決めています。

それから。。。
月末くらいに告知させていただきますが、九州・福岡にて、切り絵の作品展があります。
切り絵の師・蒼山日菜先生と研究室メンバーの作品展になります。
今回は、工藤も会場へ行かせていただきます。

今は…そのための作品作成に鎬を削るような毎日…
なんしか、切るための時間確保が先決でもあり…
頑張ります。。。

芸術の秋ですね^^
アートの世界、アートな世界。
ここから、世界が繋がっていくことを期して。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

前田祐加さん個展へ。。。

9月後半以降、超ヘビー級に忙しく、特に先月末からは、facebook にも、ほとんど入ってません…(ブログ上げる時間も無く…)

そういうこともあってfacebook の友人の方々の中には、「元気ですか?」「大丈夫ですか?」と、メッセをくださる方々もいて、恐縮しながら感謝しております。

このまま、11月下旬までは同じ状態が続きます…
ともかく、倒れないようにしながら(笑)驀進を続けていきます^^

そんな中、今日は、ほんとに『忙中閑』のような時間を創ってくることができました。

14568222_866215120176774_6665794123

前回の記事でアップの『カリグラファー 前田祐加さんの個展』です。

今日しか行ける日がなく、月明け入ってすぐに.予定へ組み入れておきました。

14572440_866215093510110_4706691231

ユカさん(と呼ばせていただいております)、相変わらずエレガントでセンスもよく、そしてまた上品。トレードマークになっている帽子も、やっぱりお似合いでした^^

会場全体に漂う薔薇の香りに包まれながら、ひとつひとつの作品に魅入らせていただきました。
奥の部屋では、フランス語のレッスン?が進行中で、ユカさんの書かれたフランス語の文字たちと相俟って、ここはフランス???っていう雰囲気いっぱいで、たまたまなんでしょうが、素敵な演出にもなってましたね♪

ゆっくりと作品を観せていただいたあと、ユカさんのデモへ。

周りを囲んだ方々に丁寧に説明も加えながら、流麗に文字書きを。
初観なんですよね、カッパーのデモって。
来てよかったと思った瞬間でもありました。

ポストカードを数点、購入させていただいてきました。

14495261_866215060176780_5282789377

他にも3枚、全部で6枚ゲット。
大切にしますね^^

今回、特筆すべきことが一つ。。。

会場になっている、Galerie 6c さん。
自分は、今回で2度目の訪問。
前回は3年前か4年前か。

その前回、対応してくださったオーナーさんが、なんと、工藤のことを覚えておいてくださり、もうビックリ(゚д゚)!
その時の会話の内容まで、しっかり記憶されていて、感激どころではなかったですね。
自分は、記憶力が悪いことで特に社内では名を馳せているんですが、それだけに、こういう方、ただただ尊敬です。

オーナー様、ありがとうございました☆☆☆

尚、前田祐加さんの個展、残るは明日と明後日となっています。

お時間ある方、是非♪

本日は、工藤の文学の友もユカさんの個展へ足を運んでくださり、会場で合流。
会場を離れてから、近くのカフェにて約100分ほど、じっくり語らいの時間を持たせていただきました。
会話ではなく、しっかりと対話ができたと思います。
Mさん、ほんとに濃い時間をありがとうございました。
続きをまたどこかで^^
楽しみにしておきます。

てことで、工藤は再び忙中へ戻ります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

カリグラファー 前田祐加さん個展。。。

大阪を中心に活躍されている、カリグラファーの前田祐加さんが個展をされます。

前田祐加さんといえば、瞬時に、カッパープレート、スぺンサリアンが浮かぶ方も多いはず。

先日、大盛況で終了した『カリグラファーズ・ギルド展』関西展でも、スぺンサリアンのデモをされてました。(観たかった…)

工藤にとっては、ギルドの先輩でもあります^^

その前田祐加さんの個展のテーマの一つは『薔薇』
季節的にゲットしにくい「赤いスプレーバラ」を、かなり苦心して取り寄せたところにも、個展に向けての熱い想いが伝わってきます。(この時期には、ほんとに難しいんです。ご存知の方にはよくわかるはず☆)

個展では、上記のカッパープレート、スペンサリアンに加えて、もちろん他の書体の作品たちも。。。

数年前のものから近々に至るものまで展示されるそうで、祐加さん のカリグラフィーの変遷をも垣間見ることが出来るかもしれません。

内容も濃いです。。。
楽しみです^^♪

DMもセンスが良くて、素敵なものになっています。
手元に無い方、是非、会場でゲットしてきてください^^

Fullsizerender_11

☆前田祐加さん カリグラフィー展☆

【会期】2016/9/29(木)~10/9(日)

木金 13:00~20:00 土日 11:00~18:00
10/3(月)、4(火)、5(水) Close

【会場】Galerie 6C

西宮市南越木岩町9-5 パルレ苦楽園3F
TEL 0798-61-6131

※駅前のパン屋さんがあるビルの裏にまわり、
 階段で3階にあがってください。

Fullsizerender_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

『カリグラファーズ・ギルド展』関西展 終了。。。

今月13日から18日まで開催された『第7回カリグラファーズ・ギルド展』関西展。
先日、無事に終了となりました。

過去最高の270点の作品群は、ほんとに圧巻でした。

会場となった京都文化博物館まで足を運んでくださった全ての方々、搬入・搬出に携わってくださったギルドの先生方、デモ・運営・当番の担当として頑張ってくださった、これまたギルドの先生方、そして、遠方より声援・応援を送ってくださった全ての方々に、この場をお借りして感謝申し上げます。

ありがとうございました。

そしてまた、会場管理・運営・警備の職員の皆さま方にも、感謝申し上げます。

次は…2年後。
変化の激しい世情の波がどうあろうと、手書き文字のぬくもり・あたたかさというものは、洋の東西を問うことなく、これからも求められているものと信じています。

自分もまたギルドのハシクレとして、ひとつの節目となる2年後へ向けて、日々精進していきたいと心に期しております。。

さて…
自身の作品ですが…

今回は『星の王子様』の名文を、元本のフランス語と英訳されたものの併記という形で書かせていただきました。
書体は、ゴシサイズドイタリック。

相変わらず…額は使いまわしです^_^;

14391013_856173584514261_8374776950

13245217_856173341180952_1023314363

14322448_856173251180961_3021503138

キャプションは、以下の通り。。。

   ~☆~☆~☆~

星は目で見えるけれど、大切なものはもちろん、星空の向うにあるものも、心で見なければ見えないのではないかな…
その気持ちに近いものを、ものすごくシンプルに表現してくれているのが…
Antoine de Saint-Exupéry『Le Petit Prince』 (英訳版は『The Little Prince』 
河野万里子さんの訳文が好きです。

「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。
いちばんたいせつなことは、目に見えない」

(新潮文庫版『星の王子さま』)

心で見るためには、汚れていく心を勇気でもって磨き続けるしかないのかもしれません。それは、イヤになるくらいの労作なのだと思うのです。

上側はフランス語。右下は英語。
大好きなゴシサイズドイタリックで。

星は動いてないようでいて、ものすごいスピードで動いている。
宇宙には宇宙の流れがあるのだと思います。

ドットで書いた天の川もどきで、それをささやかながら表現してみたつもりです。(苦笑)

   ~☆~☆~☆~

イヤになるくらいの労作は、イヤやからって逃げてしまえば、その向こうにあるものは見えることはないと思うんですね。
大事なことからは…心が弱ければ逃げてしまうもの。
自分にどれだけ言い訳して取り繕っても、逃げはどこまでも逃げでしかない。
そうならない人生でありたいと思います。

7月の末以降、いろんなご縁をいただいて、カリグラフィーの講師をさせていただいています。
原点に戻って、復習しながら、自分の初期の頃のことを思い出しながら、あらためて勉強させていただきながら、一つ一つのクラスで生徒さんたちと共に楽しい時間と空間を創らせていただいています。

その流れの中で、一人でも多くの人たちがカリグラフィーに触れていただければと思っています。

そして、次は…切り絵です…(;・∀・)

がんばりま~す。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

第7回カリグラファーズ・ギルド展作品展。。。

CLA(日本カリグラフィースクール)のカリグラファーズ・ギルドが、2年に一度開催している、全会員による作品展。

今回は、第7回として、東京展・関西展が開催されます。

14102649_843282985803321_7057372299

同時に、「カリグラフィーフェア2016」もあって、オリジナルグッズ、チャリティカードの販売、それから、ギルド会員によるデモ等々。
かなり濃い内容になっています。

ちなみに、オリジナルグッズは…
・15ミリ幅マスキングテープ
・B4サイズのクリアファイル

また、チャリティカードはギルド会員が作成したもので、ポストカードは一枚100円、封筒付きカードは1セット300円で販売。
全ての売上は、被災地支援として寄付されます。

東京展、関西展、それぞれ日程を記させていただきますね。

お時間ある方、お近くにお越しの方、会場をちらっとでも覗いていただけると嬉しく思います。

東京展

会期 : 8月30日(火)~9月4日(日)
時間 : 11:00~18:00(最終日は13:30まで)
場所 : ギャラリーくぼた
住所 : 東京都中央区京橋 2-7-11
電話 : 03-3563-0005
地図 :  ← クリックしてください^^

東京会場では、カリグラフィー体験コーナーとして、自由に文字をかけるコーナーの設置が予定されています。

尚、ギルド会員によるデモ日程は、以下の通り。(会員、敬称略)

8/30(火) 和紙と遊ぶブラッシュライティング / 山田智恵
8/31(水) 綺麗な文字の万華鏡! 簡単にできるカリグレイスコープ / 紅林広子
9/ 1(木) 手づくりカード、センスアップテクニック / 広江真理
9/ 2(金) ハイブリッド・ブラッシュで動きのある文字 / 藤森薫
9/ 3(土) フィルグリーを描く~イニシャルを装飾する線細工~/ 井上美紀子
9/ 4(日) 滑らかな書き味とエッジのラインが美しいパラレルペン / 伊藤幸恵

関西展

会期 : 9月13日(火)~9月18日(日)
時間 : 10:00~18:00(最終日は15:00まで)
場所 : 京都文化博物館ミュージアムギャラリー
住所 : 京都市中京区三条高倉
電話 : 075-222-0888
地図 :  ← クリックしてください♪

14079477_843282995803320_9134425072

関西展のデモについては、日程・内容ともに、カリグラファーズ・ギルドWEBサイトにてご確認いただければと思います。

★カリグラファーズ・ギルドWEBサイト : http://calligraphers-guild.info/

尚、関西展では、ギルド会員作成のブックマークを、お1人さまにつき1枚をプレゼントさせていただきます。(無くなり次第終了となります)

(工藤も、期間中のどこかでスタッフとして在廊しております^^)

まだまだ暑い日々が続いていますが、「アートの秋」の入り口でもある季節。
手書き文字のあたたかさと、アートとしての美しさに、目だけでなく、心への保養も兼ねて、お越しになりませんか?
スタッフ一同、笑顔でお待ちしております♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

ダンボール製 自作傾斜台。。。

先月末に、大東市にある「f-Grace」さんで開催の、カリグラフィー・ワークショップ。

嬉しいことに…というか、びっくりしたことに、継続してくださる方が4名出ました。

先日、同じ場所にて、その4名のうちの3名の方と最初の本クラスを。
テキストは、工藤作成のものを使用。
その3名の中から、「ギルド」を目指して頑張ってみたいと云われた方も出てこられ、なんか、ものすごい気合い入れていかないと、その覇気においてけぼりにされそうなくらいです。

頑張ります!

その初クラス。

あっという間の2時間で、おまけに知らない間に時間が過ぎていて、20分も超過。
皆さん、一生懸命になって、ペンと角度と傾斜と闘っておられました。(^^ゞ

自分の初期の頃を思い出します^^

本クラスの今回も、自作のダンボール傾斜台を使っていただきました。

初号機から少々バージョンアップしたものを新規作成。
前回よりもゆるゆるひとまわり大きくしてみました。
(A3対応にしたんです。前のはB4対応でした)

14055039_841909855940634_4916425587

初号機との大きな違いは…

14089225_841909862607300_5106121335

3段階の傾斜調整が出来ること^^
特段、こだわったとかどうとかではなく、結構楽ちんにできましたよ♪

ちなみに、傾斜部分の下部についているのは…

14051600_841909882607298_2029984083

クリップボードが滑り落ちないための留め。

初号機は、このB4サイズのクリップボードをベースに作成したので、下のほうの文字が描きにくかったという難がありました。
(半分まできたら、用紙を反転してもらってました)

とりあえず、今回も同じB4サイズのボードを使ったので、そこはあんまり改善されてませんが、A3のを使用すれば、もちょっと書きやすくなると思います^^

なんでクリップボードを使っているのかというと、ダンボール面が、文字を書くには少々柔らかめなので、それの解消のため。
次号機は(まだ作るんかい!笑)ボール紙を貼り付けてみようかとも考えています。

ダンボール。。。と云えば「この人」の、盟友・須川さん も、きっと更なる改良アイデアを出してくれはることと思います^^

来月も、カリグラフィーの拡がりと発展のために、少しでもお役に立てるよう頑張っていきます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

カリグラフィー ワークショップ。。。の巻。。。

7月29日、カリグラフィーのワークショップをしてきました。

もちろん、初です…^_^;

7月上旬、RIBBON LOVERS 代表の和田先生から、カリグラフィーをやってみたいという方が2名おられるとの連絡が…
「工藤さん、やってみ~へん?」と…^_^;

2010年3月に、CLAマスターコースを修了してからこっち、まともにカリグラフィーを教える立場に立ったことが無く、どうしようかと悩みつつもお受けすることにしました。(笑)

お二人のうちの一人が、f-Grace という雑貨屋さんのオーナーさま。
ワークショップは、このf-Grace さんで行うとのこと。

このオーナーさん、かなりの行動派。
DIYもお手のもので、なんでも手作りで作ってしまいます^^
お店の中の調度なんかも手作り品があれこれ。
商品も、いろんな作家さんたちのお手製品です。

ハンドメイドのぬくもりがあるってことでしょうね~
下見で訪問させていただいた時も、緊張しいの工藤が割に落ち着いていられました。
ともかく、イイお店です。

13918399_621039908075838_854727302_

13663485_621039914742504_1518946295

そんな素敵なお店でさせていただくこととなったワークショップ。

当初は2名ってことやったのですが、この行動派のオーナーさんが募集をかけてくださいました。

どういうことになったかというと…

13669757_826312440833709_4187989488

午前が3名。。。

13882503_826369490828004_4458830138

午後は4名。。。

7名です…(^^ゞ
午前は、オーナーさんとその友人、そして和田先生が飛び入り参加で、かなり和気あいあいとやれたんですが、午後はもう…知らない方が4名なので、最初はどんだけ緊張したことか…笑

それでも、参加者の方々のお陰で、何とかクリア♪
ほんまに緊張しいの自分が、5分も経たないうちに、逆にのめりこんでいたという結果になりました^^
最初から最後まで「45度」「45度」と、うるさかったと思いますが、皆さん、笑顔でよく耐えてくださいましたし。(笑)

至らぬ点が多々あったと思います。

それでも、楽しかったー♪と云っていただけたのが、何よりも嬉しかったですね^^

参加してくださった方々、ほんとにありがとうございました☆☆☆

さて…
このワークショップをするにあたり、気合い(?)を入れてやったことがいくつかあります。

テキスト…これは、マスター時代につくったものをベースに作成。
ガイドシート…傾斜も分度器で測って斜線引きました^^
物品購入で松井山手のArc Oasis Design まで、隙間時間をぬって強行軍。

そして…傾斜台。

折角、カリグラフィーを体験していただけるのなら、可能な限り、標準に近い環境をと思い、ダンボールで傾斜台を作成することにしました。

会社に行けば、自分が選り分けてあるダンボールのイイのがいくらでもある。
これを使わない手はないやろ~と思い、ブレインストーミング♪

休みの日に会社へ赴き、ほとんどぶっつけ本番でカッティング。

13619941_824471307684489_3894526400

↑家に戻ってきてから考え中の図です(^^ゞ

微調整・仕様変更をして、出来上がったのが、こちら。

13615103_824960910968862_9073386508

13669767_824960917635528_8894074982

ワークショップは、これで受けていただきました^^

これやと、ダンボールなので軽いのと、組み立てもシンプルなので重宝しそうです。
ただ、今回作成のものは、角度変化が出来ないので、今後改良の余地あり。
今月中に、新バージョンを作成する予定にしています。

ということで、芳川紙業株式会社 の盟友・須川さん の出番です^^
今後、いいものができるよう、協議していきたいと思っています。

さて、無事に終わったワークショップ。。。

嬉しいことに、継続を希望される方々もおられ、また新たに体験希望の連絡もいただいています。

なかなか、継続の難しいカリグラフィーなので、少しでも、その楽しさを体感していただけるよう、今後も精進していく所存です^^

がんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧