心と体

2016年5月21日 (土)

『第7回 カリグラフィー・ギルド展』作品発送。。。

今回はマジで無理かも…

ギリギリまでそう思ってましたが、やっと昨日完成して、今日のお昼に発送することができました。

第7回カリグラフィー・ギルド展に出展させていただく作品です。

4月の上旬に、ほとんど人間不信に陥ってしまうような出来事がありました^^;
それとともに、日頃の無茶も重なって気管をやられてしまい、いつもなら10日もすれば治ってしまう同じ症状が、今回はひと月以上もかかっています。
(しばらくブログをアップ出来なかったのも、そういう事情でした)

なので…4月上旬から始めて、5月からは切り絵に勤しもうと思ってたのが、全く手つかずで時間だけが過ぎていく日々…

もちろん、体重も減ってしまい…(^^ゞ
途中で体重計が壊れてしまったので、現状がどうなのかわかりませんが、この
足掛けふた月で、多分5キロは減ったかな…
食欲がバリバリある中での減なので、結構痛いです。

3週間続いた咳は、やっと薬が効いてきたようで、先週くらいから出なくなりました。
ただ…その薬の副作用なのか、今は声が出ません(;^。^A…
かすれ声というのか、所謂ハスキーボイスというのか。

でもね、個人的にはこっちの声のほうが好きなので、このままのほうがイイんやけどなぁ♪
とりあえず、あと6日間、その薬を服用しないとダメなので、少なくともその間はハスキーで通せる?
堪能しておきます^^

尚…この体調不良のため、3名の方にご迷惑をおかけしてしまいました。
ほんとに申し訳ありません…待っててくださいね。

さて、そのギルド展作品。
元々は、フィリピンの英雄であるホセ・リサールの辞世の詩『Mi Ultimo Adios(我が最後の別れ)』を、原文のスペイン語で書こうと思ってました。

が、上記の理由で断念せざるを得ず…
リサールの詩自体がかなり長いため(70行くらい)、時間的なことと工程を勘案して諦めざるを得ませんでした。
これは悔しかったなぁ…

でも…です。
じゃ、代わりに何を書く?と考えた時にスッと浮かんだのが、今回書いたもの。
ものは考えようで、自分にとっては1つの「原点確認」になる文章。

取りかかったのは16日。
仕事のある日は、作品に関わることができず、休日に手を付け手を付けで、やっと昨日完成させることができました。(ほんとにギリギリ)

人間、コケテもただで起きなければイイのやと思うんですよね^^

以前、切り絵の師匠に云われたことがあります。

「工藤くんは、叩かれても叩かれても、起き上がってくるよね~」

はい^^
要領が悪いから、人さまが簡単に逸らしたり避けたりできることを、全面で受けてしまうんです…(-_-;)
ラグビーで云うなら、まともにタックルを喰らってふっ飛ばされてしまうようなもの。
おまけに単純バカ。
でも、その単純バカが幸いしているのか、どんなコケ方をしても、必ずまた起き上がって前へ進むことができます。
前進するしか能が無いんでしょう^^(他人事…笑)

寝込んだり伏せったりしていた4月5月ではありますが、「新しい芽」を迎えることもできました。

大切に育てている「ラブ・ハート」こと「ホヤ・カーリー」

Img_1475

これが、出てきた通算7枚目の葉っぱ^^
写メ撮りは、4月26日。

Img_1746

で、この右上の葉っぱが、それなんですが、一番大きく育ってきているんです☆
一番最初の子は、工藤の哀しみを持っていってくれたかのように、4月上旬に枯れてしまいました。現在は6枚。

言葉を発してくるわけではありませんけど、こちらが声をかければ、必ず何かの形で応えてくれます。
人間より律義^^

これからも、大切に育てていきます。

ということで、今日からやっと切り絵に進みます。

もちろん、日々のカッパー練習と「the 366 of calligraphy on Instagram」は休むことなく続けています。
でもね…これだけ毎日カッパー練習しているにもかかわらず、溜息出るくらい上手になりません。
それでも、続けるしかありませんが。。。^_^;

清新の5月が終われば、次は梅雨の6月。
『言の葉の庭』を思い出しながら、雨もまた楽し♪で頑張っていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)