« キラキラした力 | トップページ | 大東市住道 f-Grace さんにて、カリグラフィー教室♪ »

2021年10月 3日 (日)

Lady Luck : 幸運の女神

先日は、ある意味「復活」の切り絵を切ることができて、ホッとしたんですが、そのあと、引き続き、別にまた新しいチョウチョを切ってますと書きました。
昨日、それが完成。

夜中に切り上げて、眠いのですぐに寝て…^^;

今日は、朝から名前をどうするかずっと考えてました。
3つほど候補が出てきたんですが、最終的に決めたのはこれ^^

 lady luck : 幸運の女神

悪くないな〜って思ってます。

2021100203

ところで…
この「Lady Luck」って名前、もしかしたらご存知の方がおられるかも?

ずいぶん前になりますが(26年前?)、浅野温子さんが主演のドラマで「沙粧妙子〜最後の事件」ってのがあったんです。
自分、これがめちゃくちゃ好きで、結局3回観たんですが、そのドラマの主題歌が、Rod Stewart の ”Lady Luck” 。
それを思い出して、名前をつけたんではなくて、名前をつけてからそのことを思い出したんですが…
ちなみに、Rod Stewart 、結構好きなんです^^♪

なんか、懐かしくなってしまって、仕事から帰ってきてから、youtube で検索して、今、リフレインで何度も聴き流しをしてます。
ドラマ「沙粧妙子〜」も懐かしいな〜

それはそれとして…
特にチョウチョを切っている時に思うことなんですが(チョウチョしか切ってないやん!って云わないでね…^^;)、切っているものの向こう側に「誰か」が確実にいる時って、やっぱり、いろんな想いとかあれこれが、割りと具体的に胸にあるので、「切り」のリズムにしても、模様書きのテンポにしても、イイ感じに進むんです。

でも、ただ単に作品を切るってことになると、そういうわけには行かない。

それが良くないとかアカンってことではないんですが、一応、クリアしないとダメな課題の一つかなって思ってます。

そうなんです。
このチョウチョも贈呈ものになるんです。
切っている最中に、たまたまその方とやり取りする事があって、その中でちょっとびっくりする話をお聞きし、そこから少なからず切りの流れが変わりました。

これもまた、「切り」の向こう側に誰かがいるからこその変遷。
思いと想いの重なりがあっての「完成」になったと思ってます。

その上での「幸運の女神」のネーミングです。

この「lady luck」に関しては、かなりの思い入れがあるので、だだーっと長文が書けそうなんですが、それはこの項とは関係ありませんので、また何かの機会があればってことにしておきます^^

Good Luck ♪

|

« キラキラした力 | トップページ | 大東市住道 f-Grace さんにて、カリグラフィー教室♪ »

日々のこと」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

切り絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キラキラした力 | トップページ | 大東市住道 f-Grace さんにて、カリグラフィー教室♪ »