« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月30日 (水)

奈良公園へ

今日は健康診断でした。
毎度毎度、「あんた、絶対変人や!」と云われるのですが、工藤はバリウムが好きです。笑
夜中前になると小腹が空いてきて、たいてい何かを食べたりしているんですが、健康診断の前の日は、それができず…
空腹のまま、現地へ行かないといけません。
なので、バリウム飲むとホッとします。
診断結果は、胃だけはいつも良くないんですけどね…^^;

さて…
前回の記事で書かせていただいた「切り絵作家・石賀直之さん個展”静寂の奏”」のあと、現地で合流した友人達と共にぷらぷらと付近を散策。
せっかくなので、そのまま奈良公園へ行ってきました。

お天気が良すぎて暑かったこともあり、半分くらいでやめときましたけどね。(^◇^;)

25_20210630225901

奈良公園といえば、鹿さんです。
ついつい、子供の頃に買ってもらった「バンビ」のソノシート付きの紙芝居を思い出してしまいます。
今の人って、ソノシートとかって知らないですよね?
簡単にいうと、ペラペラのレコードです。レコードも知らん人もいてはるかもしれません…^^;
そうなると、単にショックですが。笑

最近はほとんど現場に出ないのですが、以前はよく、奈良の方にも仕事に来てました。
奈良市内になると、この奈良公園の前の道路を往復します。
往き帰りに車窓から見える鹿さんたちに癒されたものです。

でも、この日はすぐ近くに♪

01_20210630230301

03_20210630230301

05_20210630230301

08_20210630230301

10_20210630230301

とにかく可愛い^^

12_20210630230401

15_20210630230401

16_20210630230401

↑ 親子かな?

18_20210630230501

この子は絶対に撮られ方というのをわかっています。
隣で写真を撮ってはったおにいさんも笑って貼りました。

23_20210630230601

11_20210630230601

石賀さんの切り絵に魅了され、天気も良く、鹿さんたちにも癒され、ほんま、いい一日です^^

ちょうどお腹も空いてきた頃合いで、美味しそうなものを探して商店街をうろうろしていると、ベトナム料理のお店を発見。
3人ともパクチストなので、もう、有無を云うこともなく店内へ。

27_20210630230801

26_20210630230901

ちょろっとですが、外食でパクチーを食べたのは、かなりぶりになりました。
ここのお店、Com Ngon(コムゴン) ていうんですが、どうやら京都の三条にもあるみたいです。
三条へ行く楽しみが一つ増えました。
お店のスタッフさんたちも、とても親切でしたよ^^
もちろん、いただいたものはオール美味しかったです。
ま、強いていえば、パクチーを大量に食べたかったな〜ということくらいです。

そうそう^^
意外に思われるかもしれませんが、ベトナムってカリグラフィーが結構盛んなんです。
工藤のfacebook友人にも、かなりの数のベトナムカリグラファーさんたちがいます。
数えてませんが、100人は超えていると思います。
99%が女性ですけどね。
その辺りの割合は、日本とよく似ているかもしれません。

ベトナム人自体、真面目で手先が器用な国民なので、カリグラフィーも相性がいいのかもしれないです。
数少ない男性カリグラファーでは、世界的に有名になっている方もいます。
とても若い。メチャクチャ努力家。
文字で生計を立ててはります。ペンホルダーも自家製(機械も購入してです)。
感服ですよ。

30_20210630232101

これは、奈良の都の南都銀行。

こういう造り、好きです。
こんな柱を見ていると、大阪・中之島のダイビルを思い出します。

31_20210630232401

帰りの近鉄電車の床に、こんなのがあちこちに。
なかなか洒落たことをするやん、近鉄さん♪

というわけで、6月も今日でおしまい。
今月内にアップしたかった写メがあるんですが、ま、しょうがないので月明けに。

雨の日が多くなりそうですね。
というか、突発的な局地的大雨もありそうです。
どうか、みなさま、お気を付けくださいね。

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

切り絵作家・石賀直之さん個展『静寂ノ奏』

昨日、先にアメブロの方にアップさせていただきましたが、一昨日、20日の日曜日から開催となった『切り絵作家・石賀直之個展”静寂ノ奏”』へ行ってきました。

01_20210624233601

今回は、先に告知ができなかったので、まずは概要を。

切り絵作家 石賀直之個展
   『静寂ノ奏』

日程 : 2021年6月20日(日)〜7月4日(日)
開場時間 : 10:00〜21:00(最終入館は20:00)
*尚、最終日は 10:00〜18:00(最終入館17:00)
月曜日は定休日、6月26日は休館

場所 : EVANS KINGDOM
住所 : 奈良市三条町469-1
JR奈良駅より徒歩4分、近鉄奈良駅より徒歩8

M1

開場まで時間があったので…近辺散策です。

2021062302

↑ 開化天皇陵

2021062303

↑ サンマルクがあったので、モーニングを^^
チョコクロ新製品、めっちゃおいしかったです♪

で、いよいよ現地です。

02_20210624233601

今回の個展に展示されている作品は、かなりの数になると思います。
大きな作品もあったので、搬入・設営が大変だったでしょうね。

この日で4日目だったんですが、すでに多くの作品が「売約済」となっていて、石賀さんの人気の大きさが垣間見えました^^

石賀直之さんは、まさに「まほろばの切り師」(工藤が勝手にそう呼ばせていただいているんですが、ご本人にはまだお伝えしてないような…^^;)
いつ、どこにいても、郷土である奈良を思う気持ちを忘れることなく、優しさとぬくもり溢れる作品を制作し続けておられます。
その心がそのまま、花鳥風月とのふれあいの中で作品に活かされ、染み込んでいるように思えるのは、工藤だけでは無いはず。

「花」と出会い
「鳥」と戯れ
「風」を感じ
「月」を愛でる

そこに「詩」が生まれるから、作品の中に命とともに詩心も刻まれていく。

石賀さんの作品は、いつもそんな風合いを感じさせてくれるのですが、それは作品にとどまらず、石賀さんご本人と言葉を交わす中でも感じられること。
「だからこそ」の世界観なのかなと思うのです。

05_20210624234301

04_20210625001701 

17_20210625001801

27_20210625001801

30_20210625001901

石賀さんは、とても多彩でセンスも抜群の方なんですが、撮られる写真も評価が高く、今回の作品の中には、折に触れて撮られてきた写真と切り絵とのコラボ作品も出展されてます。

29_20210625002101

来月の4日まで会期があります。
会場の休館日に気を付けていただき、お時間のある方は、是非是非、奈良まで足をのばしていただきたいなと思います。

石賀さんの作品の中にいると、日常の喧騒が「静寂の奏」に変わる瞬間を感じることができますよ^^

15_20210625002701

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

リズムが狂うと…の中の カリグラフィー教室 in 都島

4月の初日から、あれこれと勉強をしつつ、カリグラフィーの練習と併せて、一日も休むことなく続けてきてます。
が、昨日は、なぜかカリの練習だけサボってしまいまして…
初サボりです。

それが祟ったのか、今日の「カリグラフィーレッスン@日本リボンローズ協会 in Kアトリエ」では、とにかく絶不調の工藤。。。
まともな文字が書けないんですよね。
リズムが狂ったような感。。。

時々、それなりに気分めいたものものあったりして、誰にでも「アラ」とか「波」とかっていうものがあるとは思うんですが、まあ…ここまでアカンなんてことは、随分ぶりなこと。。。

トホホ状態でした。ほんまにトホホです。(⌒-⌒; )
ひどいもんでした。

でも、河村先生をはじめ、4名のみなさま、本当に優しくて(泣)

ありがとうございました。

今日も、レッスン風景の写メ撮りできてません。
とにかく、まともに書けない講師でしたので、それどころではなかったのが実情。
あやのちゃんの写メもできてません。

ママの写メをお借りしました。

2021062004

あやのちゃん、カッパープレート体に挑戦中の図♪

2021062005

お疲れのため休憩中の図 (o^^o)

2021062007

またね〜あやのちゃん^^

そうそう。
本日は、テキストに関してご要望をいただきました。
次回に活かしていきたいと思います。
詳細は書けませんが、いわゆる「講師目線」になってしまっていたんやなっていうこと。
こちらが、それなりの理由があって良かれと思って作成していても、それを見ながら練習をする側にとっては、「それはわかるけど、でも…」ってことです。
抽象より具体って云えば、少し分かりやすいかも。
練習してても楽しくなければ身も入りません。
なんでも云ってもらえるって、嬉しいことです。

絶不調ながら、プラスになるものはしっかり掴めたのでヨシとしましょう♪

今日は夕焼けがキレイでした。

2021062001

2021062002

2021062003

明日もお天気みたいですね。
が、暑くもなってくるようなので、特にマスク着用の際は、熱中症に重々に気をつけてください。

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

カリグラフィー 伊丹教室

昨日は、「カリグラフィー教室@Tonttu fleure in 伊丹・神津交流センター」でした。

先月は、大雨警報が出たこともあって中止となったので、2ヶ月ぶりの開講。

ちょっと…荷物が多くなったので、当日まで、「とにかく、雨が降りませんように…」と祈り続けた甲斐もあってか、往路復路ともに傘を差すこともなく移動できました。
天に感謝です。

今回は4名さまの参加。
Tonttu fleure 主宰の阪上まゆりさんと、まゆりさんの友人3名が体験レッスンの受講。

最初から賑やかで楽しい時間となり、ついつい、教室の写メ撮りをするのを忘れてしまってました。

詳細は横に置いておきますが、プリンセスプリンセスのことが話題になったりもして、懐かしくなりましたね。
ラストライブの「M」の場面が忘れられません♪ ドラムの冨田ちゃんが可愛かったな〜^^

さて、伊丹教室は、神津交流センターの2階での開講なんですが、この教室、ほんとにゆったりしてて、おまけに窓が大きい。

Img_1633

↑ 写メはまゆりさんにお借りました。ありがとうございます^^

なかなか窓が大きいでしょ。北面と東面がこんな感じなんです。
なので、かなり明るいですね。蛍光灯要らんし。

6尺のトレニアも、一人一台使えます。
工藤お気に入りの場所になってます^^

上の写メに写っている傾斜台は、芳川紙業(株)須川さん謹製のダンボール製傾斜台。
ほんとに優れもので、特に関東方面で評判がいいようです。なぜなのかは分かりませんが…^^;

昨日も、あっという間の2時間でした。
カリグラフィーの書体は、それぞれ約束事が多くて、見た目華やかそうでも、実際は地味な作業が多いんですね。
一つの書体をそれなりに書けるようになるにも、そこそこ時間がかかります。
それでも、120分の間、文字を書き続けるなんてことは、日常の中ではなかなか無いこと。
集中して呼吸が飛んでしまってたり、肩首が凝ってしまってたりといろいろありますが、終わった後は、何気にやり切った感が出てきたりする事もあります^^

文字書きっていいもんですよ♪

来月は、16日の金曜日、10:00〜12:00。
工藤も楽しみにしてます^^

さて、JR伊丹駅から神津交流センターへの道中、キレイな紫陽花さんたちを見つけました。

2021061802

2021061803

2021061805

雨って、それほど好きではありませんが、キレイな紫陽花さんたちを見ながら、ホッと一息つける時間を持てることに感謝です。

明日は、カリグラフィー教室@日本リボンローズ協会・Kアトリエです。
前回が去年の11月なので、もう半年以上ぶりになります。
頑張ってきます♪

| | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

夕焼け一景

今年はハロがよく見られたり、夕焼けがキレイな日が多かったりしているような気がしてます。
気のせいなのか、それとも実際そうなのか…
どうなんでしょ^^;

それはそれとして、一昨日は、「夕焼け」がキレイでした。

いつも、どうしても「空」が気になるというのか、なんしか瞬間瞬間変わっていく「空」の表情が好きなので、写メる「機」を伺いながら、上ばっかり見上げて歩いているようなものです。

で、その一昨日の夕焼け。

2021060502

2021060503

2021060505

2021060508

2021060511

相変わらずの部屋のベランダからの光景です。
13枚撮ったうちの5枚。
それぞれの間合いは、だいたいで1〜2分くらいなもの。
たったそれだけの時間で、自然というのはものすごい仕事をしてしまうんですね。
人智では当然出来っこありません。

で、ふと思ったんですが…
瞬時にそんな大仕事をやってのける自然に対して、誰一人、嫉妬にかられるなんてない。
そう思えば、嫉妬って、なんとくだらんことなんだろって思ってしまいます。

人間誰しも感情というものがあるので、羨ましいと思うこともあるし、悔しい、妬ましいって気持ちになることもある。
それって、人間の人間たる証の一つなんだと思うし。

問題は、「そこ」からどのベクトルに自分を進めていくのかってことかなって考えます。

随分前に、このココログで、「嫉妬」に絡めて乱文を書いたことがあります。
その時から、自分の思いに変わりはないなって、あらためて確認。

「嫉妬」といえば、いつも思い出すのが、戦前の哲学者で、戦後、獄中で亡くなった哲学者に三木清という人のこと。
彼に『人生論ノート』という一書があって、その中に「嫉妬について」っていう秀逸な一文があるんです。

 もし私に人間の性の善であることを疑わせるものがあるとしたら、それは人間の心における嫉妬の存在である。

この冒頭の一文から始まる文庫本でたった5ページの文章が、「嫉妬」の本質を抉り出してて興味深い。
自分も、何度も読み返してきました。

 嫉妬は平生は「考え」ない人間にも「考え」させる。

 嫉妬は自分より高い地位にある者、自分よりも幸福な状態にある者に対して起る。だがその差異が絶対的でなく、自分も彼のようになり得ると考えられることが必要である。全く異質的でなく、共通なものがなければならぬ。しかも嫉妬は、嫉妬される者の位置に自分を高めようとすることなく、むしろ彼を自分の位置に低めようとするのが普通である。嫉妬がより高いものを目差しているように見えるのは表面上のことである。それは本質的には平均的なものに向かっているのである。

 嫉妬は心奥深く燃えるのがつねであるにも拘らず、何等内面性を持たぬ。

 嫉妬はつねに多忙である。

せっかく思い出したので、『人生論ノート』、また読んでみようと思います。

 

| | コメント (2)

2021年6月 6日 (日)

京都・三条へ

6月に入りました。
ほんとは…一昨日にこちらにアップしようと思ってたんですが、その一昨日はあれこれとハード過ぎ、昨日はクタクタで即眠。
なんか、ズレズレで申し訳ないんですが(^◇^;) 本日のアップとさせていただきます。

今月の初日は、昼過ぎと夕方に飛行機雲を発見&写メ。
気分のいいスタートになってます。

2021060102

2021060104

工藤は単純バカってこともあり、ほんと、真っ直ぐなものが好きで(笑)。
そういうことなので、所謂「腹芸」ってことが出来ません。

字面のイメージから、あんまりいいようには思われてないのかもしれませんが、「腹芸」って結構大事なことだと思ってます。
特に「渉外」とかでね。
もう少し大きく云えば「外交」ってことになるのかもしれません。
歳を重ねてきて、ほんの少しだけマシにはなってきたのかもしれませんが、「単純バカ」は性分なのでしょう。

そんな工藤ですが、3日は京都・三条へ、アート絡みで打ち合わせへ行ってきました。(渉外だ…(^^;; )
まだまだ具体的にどうするかってことまで未定ではありますが、もしかしたらちょっとしたコラボをするかも。
先方は写真で、工藤は文字での掛け合わせになると思います。

お会いしたのは、かわいい不思議さん。
お会いしたのが何年振りになるのかわからないんですが、やっぱりかわいい不思議さんでした^^
今後とも、よろしくお願いいたします。

 

さて…三条と云えば、工藤にとっては「MOTHERHOUSE」。
HPのPICKUP NEWS のチェックをしてなかったので、全く知らなかったんですが、京都三条店がリニューアル&メンズ店オープンとなります。

2021060306

↑ ↓ ただいま工事中です。

2021060307

三条店の斜め向かいの角地に、メンズ専門店がオープン。
11日ってことなので、もうすぐです^^

で、元のお店はどうなるかというと、レディース専門店としてリニューアルとか。

詳細は ⇨ (勝手に貼ってイイんやろか^^;)

MOTHERHOUSE ファンとしては嬉しい話題です。

ファンといっても、まあ…持っているのが、ポーチとか財布に定期入れっていう小物ばっかりで申し訳ないんですが…
あと、ブックカバーとペンケースも持ってますが、これは大切な友人からプレゼントしていただいたもの。
今も大事に使わせてもらってます。
ビジネスバッグ系のが欲しいので、ビビッとくるものがあればと思ってます。

京都三条店は、オープニングイベントにも参加させていただいたので思い入れも大きく、タイミングのイイ時を見つけて覗きに行ってみます。

さて、帰り道。
三条へ行くときは、これまではいつも京阪使ってたんです。
が、JRにおおさか東線というのができて、淡路で阪急に乗り継ぎできるようになりました。
京都へ行くにはこれが結構便利♪
ただ、そっち経由で行くようになってから、三条大橋を渡ることがなくなって鴨川を長いこと見てません。^^;
この日は、少しだけ遠回りをして、鴨川沿を歩いてきました。

2021060303

2021060305

2021060304

特段、何でもない(なさ過ぎる)写メでごめんなさいですが…(笑)

京都って、以前はほんとに苦手で、行くたびに何かが起こる…みたいな場所でしたが(これ、多分、何度も書いてます・笑)、それはお陰様で卒業できたようです。

三条が一番のお気に入りで、あと、最近行けてませんが平安神社、清水神社、晴明神社、北野天満宮に大将軍神社、それから下鴨神社。
中に入ったことがないので、いずれ行きたいのが京都御所。
まだまだありますが…

やっぱ、京都ってイイです。
ゆっくり歩いていられる日が欲しいです。

ということで、コラボのミーティングは、もしかしたら来月もあるかもしれません。
文字練習、毎日やってはいますが、さらに気合を入れて頑張ろうと思ってます。

 

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »