« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

イタリアの Maria おばさん

何年前になるのか忘れたので調べてみたら、2年前でした^^;

その2年前に、Facebookにアップしてた切り絵チョウチョの写メ投稿に、イタリア在住のMariaさんていうおばさんからコメントをいただいたんですね。

上げてたのは、こちらのチョウチョ。

Maria

名前は、「eau de source」
英語で云うと、「spring water」=「湧水」です。

このチョウチョを譲って欲しいとのこと。
Mariaおばさん、メッセンジャーを使ってはらなくて、Gmail にてやりとりを。

結句、送らせていただいたんですが、こちらの想定外に喜んでいただいて、ちょっとびっくりでした。

そのMariaおばさんが、先日、写メ添付付きのメールを送ってきてくれはりました。

その写メがこちら。

20210302

「あなたのチョウチョは、素敵な仲間に囲まれてます。
大切に飾ってますよ^^
そして、私は頑張ってます!」とのこと。

めちゃくちゃ嬉しくて♪

ちょっと凹んでしまっているところだったので、これであらためて元気をもらいました。
明日から4月やし、頑張らないとね〜^^
4月は誕生月やしね。

 

で、ちょっと追加。
飛行機雲をふたつ。

2021033101

2021033104

上のは会社の近所のお昼のんで、下の方は夕方6時前くらいの自宅ベランダから撮りです。
下のは、飛行機と飛行機雲と夕焼けと、いい感じにまとまりました^^
日もすっかり長くなってきて、これからまた、夕焼け写メれる時間帯に帰って来れそうなので、楽しみです。

さて…
4月からは、ちょっと勉強をすることにしました。
明日から日々、少しずつながらでもの前進ができるように頑張っていきます^^

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

桜満開

桜前線は、かなりの速度で北上しているようですね。
3月のうちに満開になってしまうって、どくらい以来なんでしょ。
1979年、昭和54年の桜は早かったという記憶がありますが。

その桜…なんですが、工藤の通勤路には、ほぼ桜はありません^^;
ほんとに見事なくらいに無くて、途中の団地の広場に5本ほど植っているくらいかな。

とりあえず、その桜から^^
あ、今日は、桜写メです。笑

2021032101

2021032103

2021032105

↑ メジロさんが居てました^^

2021032204

2021032205

昨日は、所用で四ツ橋の方へ行ってきました。
そのついで、久しぶりの久しぶりにシモジマ心斎橋店へ。
あれこれと消耗品をたくさん購入。
どれくらいぶりなのか…
多分、2年は来てなかったと思います。

心斎橋筋商店街もシモジマの店内も、人の出具合は思ってたよりもかなり少なかったです。

このあと、約束の時間まで余裕があったので、散策兼ねてジグザグとあっちへ行ったり、こっちへ動いたりしてました。
途中、少し大きめの公園を発見。
もちろん、桜もたくさんで満開。
もう、写メらない理由はありません。

2021032902

2021032903

2021032908

キレイでした。
新町公園という名前らしいです。

去年は、わざわざ出掛けて桜を観に行く…なんてことは、ちょっと無理状態で残念でしたが、今年は、これでなんとか気持ちもおさまったような。笑

今年の桜は、今年しか見れませんからね。
一期一会です。

で…桜ついでに…
「またか」と云われそうですが、それでも今年も話題に上げます。笑

桜といえば、「秒速5センチメートル」

新海誠さんのアニメーション映画。
毎年、この時期になると必ず観るようになりました。
もちろん、この4月にも観ます。

観るのは観るとして、いつも併せて色々検索もしてます。
今回、こんなブログを発見して感心してしまいました。

うさるの厨二病な読書日記

お時間ある方は、読んでみてください^^
かなりの力文(そんな言葉があるのか知りませんが)だと思います。
観方が変わるかも。

工藤的には、あの「切なさ」が好きなんですけどね。

 

今月も残すところあと一日。
去りゆく3月に手を振って、真っ春4月を駆け抜けたいと思います。=3

 

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

花写メ続き

題名の愛想の無いこと…^^;

前回の続きです。

今年の桜は、満開が早いそうですね。
昨年は…通勤路道々の満開の桜は観て通ることができましたが、いわゆる「花見」桜は観に行けず。
今年は、なんとか行けたらいいのにと思ってます。

とにかく、今年の桜は今年しか観れません。

今日は一日中、よく降りました。
おかげで、うちの会社、漏電で一部停電です^^;
社屋もかなり老朽化してて、雨漏り工事を少し前にやったところなんですが。
工藤はショムニなので、即対応で間に合わせのライトアップをしておきました。
あとは…火事にならないことを祈ります…

週間天気予報では、明日から1週間ほどはお天気が続くようです。
せめて、所用で出掛ける29日の月曜まで晴れてて欲しいんですが。

ということで、前回の続きの花写メを少し。

2021031601

↑ ↓ 会社の近所のプランター植え込みのサクラソウ
キレイでした。

2021031602

2021031702

↑ 前回と同じ桃
これ、同じ一本の木から、3種類くらいの花が咲いてあるんですよ。

2021031901

↑ かわいい花でした^^

2021031902

↑ ノースポール 

2021031703

↑ 咲き始めの桜

2021031904

2021031903

春といえば思い出す漢詩が二つあります。

孟浩然の『春暁』

春眠 暁を覚えず
処処 啼鳥を聞く
夜来 風雨の声
花落つること 知んぬ多少ぞ

劉希夷の『白頭を悲しむ翁に代わりて』

古人 復た洛城の東に無く
今人 還た対す落花の風
年年歳歳 花相似たり
歳歳年年 人同じからず
言を寄す 全盛の紅顔の子
応に憐れむべし 半死の白頭翁

時は止まらず、季節は巡る。
人生もまた、止めることができないまま、時々刻々と誰もが逃れられない最期の瞬間へと進んでいる。
だからこそ、今年の桜は今年しかないとの思いで、詩心湧かせて愛でる気持ちを忘れないでいたいと思います。

| | コメント (0)

2021年3月19日 (金)

久方ぶりに花写メです^^

イベントが終わって、後の諸々整理等々も、なんとか落ち着いてきました。
花写メするのが好きなんですが、ここんとこは「切り絵」三昧で、路傍の花さえ、目にする余裕がなかったような…

イベント終了後は、あれこれ整理と残務処理をしてます。
ある程度、落ち着いてきたので、歩く道々の花たちに、目を向けれるようになりました^^

2021030601

撮ったのは2週間ほど前ですが。
別嬪さん揃いです^^

2021030602

大好きな雪柳。
勤務先のすぐ近くに植えられているもの。
でもこれ…去年の12月から咲いてましたからね〜(^◇^;)

2021030604

2021031501

2021031503

2021031504

2021031505

2021031508

↑ この5枚は「桃」
マーブルと単色と同じ枝から咲いてます。
ちゃんと「実」もなるんですよ^^
思い切りちいさいですが。

2021031509

2021031510

2021031511

2021031512

まさに「ハッピー・イエロー」の春です。

今日は、この辺で止めておきます。
また、明日以降で。

明日・明後日は、嵐になるとかどうとか。
お気をつけくださいね。

連休明け、明日から仕事、がんばります♪

| | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

大丸京都店でのイベント 無事終了しました^^

先週の土曜に開催の「ラグジュアリーフェスタ@大丸京都店」でのライブ切り絵プレゼント企画、無事に終了することができました。

最後の最後まで本当に楽しいイベントで、いまだに気持ちが高揚しています。

アメブロの方にも書かせていただいたんですが…

「天の時」「地の利」「人の和」の3拍子が絶妙に揃っていたように思えたのは、工藤だけではないと思います。

大袈裟な表現なのかもしれませんが、でも、自分にとっても、そして、石賀さんにとっても、この言葉そのままのイベントであったことは間違いないと確信しています。

何より、今回のイベントのオファーを受けて、工藤に「一緒に出ましょう」と声を掛けてくださった切り絵作家・石賀直之さんに、まず、あらためて感謝を伝えたい。
石賀さんのおかげで出させていただいたイベントであり、石賀さんと一緒だったからこそ完走できたと思っています。
まさに阿吽の呼吸。

そして、この企画を、傍で陰に陽に支えてくださった3名の素敵なスタッフの皆様にも、心からの感謝をお伝えしたいです。

イベントのプロのこの3名様が居てくださったおかげで、緊張感丸出しでスタートした工藤も、すぐさま「場」に馴染むこともでき、震えていたハサミを持つ右手も、気付けばいつも通りの切りができていました。

2021031302

現場を読み取るプロならではの「呼吸」なんでしょうね。
途中、都度都度変わる状況にも、すぐに対応していただけました。
それは、スタッフの方々が、このイベント自体を、少しでもベターな方へベターな方へと意識していただいていたからだと思うのです。

石賀さんとの掛け合いもリズムがよく、本来は1時間おきの交代だったんですが、お互いともに、ほとんど一緒に居てたように思います。
お互い、それぞれの「切り」作業は、初めて目にするもので、なかなか興味深いものでした。

来てくださった大丸のお客さまも喜んでくださり、また、友人知己も駆けつけてくれたり、夕方には石賀さんのチャーミングなお母様が来られたりと、それはそれは笑顔溢れるほんとうに佳き時間でした。

2021031303

そうそう。

この日、当然のことながら、忘れ物をしないように重々気をつけていたんですが、実はバンドエイドを持ってくるのを忘れてきてしまい…
長時間ハサミを持つと、持ち手が指に食い込んでしまって痛みが出てくる工藤にとっては、ちょっとヘビーな状況。(5箇所ほど貼らないとアカンようになります。^^;)

休憩時間に買いに行こうと思ってたんですが、石賀さんが、来られていたご自身のご友人に連携を取ってくださって持ってきていただいたり、スタッフの方がわざわざ買いに行ってくださったり…

皆さんに守られての10時から20時の完走でした。

ほんとにほんとに感謝です。

それから、Burberryショップの前でさせていただいてたんですが、そのショップの皆さまにもあたたかい目で見守っていただきました。
ありがとうございました♪(お礼に切り絵、プレゼントしてきました^^)

このイベントに向けての約50日の日々の中で学んだり掴んだりしたものがいくつもあり、しっかり、今後に活かしていきたいと思っています。
もちろん、反省点もあります。
それはそれで、プラスに転じさせていけばいいこと。

「切り絵」も「カリグラフィー」も、ちょっとずつでも一歩前進の日々でありたいです。

最後になりましたが、大丸京都店の今回のイベントの担当責任者の方に、この場をお借りして、心からの感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

2021031301

今回のイベントで、大丸神戸店の大ファンの神戸っこ工藤は、京都店も大好きになりました^^

深謝

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

大丸京都店でのイベントへ

直前告知になってしまいました。

明日13日の土曜日、大丸京都店でのイベント「ラグジュアリーフェスタ」に、切り絵作家の石賀直之さんとともに出させていただくことになりました。

2021031201

イベント会社の方から、石賀さんへオファーの連絡があり、今度は石賀さんから、工藤に「一緒に」との要請をいただき、今回の運びに。
一瞬、工藤なんかでいいのだろうか?と思ったんですが、年頭に、「なんでも受けていく」と決めたところでもありましたので、即決で諾をさせていただきました。

それが、1月の20日で、その日のうちにすぐに試作をして、翌日から「切り」の日々を40日。

おもしろいのは…
石賀さんとともに、同じ日に試作をしてスタートしたんですが、ともに全て切り終わったのが、3月の2日。
都合40日。
同時に初めて同時に終わったこのタイミングの妙には、なんというか、感慨深かったです^^

工藤が切ったのは、小さなチョウチョで、幅が7センチほどのものです。
当初は2種類(4色)×80舞=160舞と思ってたんですが、心許ないので、3種類に。

イベント自体は、大丸京都店にて一定金額以上のお買い物をされた方へのプレゼントという形になります。
一舞に掛かる時間は、40〜50分。
一人当たり3分で…という枠があるので、ほぼほぼ切ったものを用意させていただき、現地で3箇所ほど切って仕上げてお渡しすることになります。

ただ、それだけでは…との思いもあって、急遽、カリグラフィーで書いたカードも添えることにした次第。
カード自体は、160枚あるので、シンプルなものにしてますが。

2021031202

2021031203

昨日も夜中過ぎまで準備をしてました。
今夜も、まだまだ残りの作業があります(工作ばっかりしてます)。^^;

とにかく、来ていただく方々に喜んでいただけて、少しでも何かの「癒し」になれば…との気持ちで頑張ってきます。

なお、当時は、石賀さんと1時間おきの交代での「出」となります。
よかったら、覗きにきてみてくださいね。^^

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

ひたすら書きました…

黙々と切った用紙3種類。

20210306 

右の分が、カリグラフィー用です。
気持ち的には、マーメイドでも使いたかったんですが、時間もないのでラシャで対応。


工藤、やっぱりアホやな〜と思ったのは、カッティングして160枚分になる分しか購入してきてませんで…

つまり、昨日までの3日間で、せっせと文字書きをしてたんですが、しっかり失敗してしまい。。。
失敗するかもしれないってことが頭に入ってませんでした。

15枚ですからね。10枚に1枚もやってしまってます。

悔しいです…

この15枚、12日までに書いてしまわないといけないので、明日か明後日に頑張って書きます。
用紙は、手持ちでなんとかします。
多分、4種類の色とは違うのが混じることになりますが。

20210309

とりあえず、こんな感じです。
雰囲気だけわかっていただければ。

書いた文章は4種類。

Just trust yourself, then you will know how to live. Goethe
 自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。 ゲーテ

There is nothing like a dream to create the future.
 夢、これ以外に未来を創り出すものはない。 ユゴー

Keep yourself to the sunshine and you cannot see the shadow. Helen Keller
 顔をいつも太陽の方に向けていて。影なんか見ていることなんかないわ。 ヘレン・ケラー

Let us go singig as far as we go : the road will be less tedious. Virgil
 生きる限りは、歌いながら行こうよ。そうすれば、それだけで、道は退屈でなくなる。 ヴェルギリウス

 

全部、自分に向けて、自分のために書いたようなものです。

ちなみに、インクは、NAGASAWAの神戸インク HARBOR SKY を使いました。

残すところ、明日と明後日のみ。
まだまだ準備しないとあかんことがあります^^;
工作なんですけどね。

結局のところ、いつものようにギリギリまで掛かってますが(笑)しっかり準備に徹します。

| | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

まだまだ切ってます

ずっと切り続けてきた切り絵ですが、3月の2日に切り上げすることができました。
都合160。
この約40日間で切ってきたのは、その160の試作と見本、それと、途中でオーダーいただいたミモザイエローのチョウチョ20舞も入れると、200ほどになります。

一昨日、アメブロの方にも書きましたが、200といっても、しっかり切り絵で頑張っておられる方々からしたら、「それがどうしたん?」くらいの次元で、実際、工藤のお会いしたことのある切り絵師の方々でも、それくらいは日常レベル。
比べることさえ畏れ多く、ほんとに伏せ拝状態です。

ただ、工藤にとってはこういうことは初でしたので、今後のためのとても良き経験になりましたし、切り絵に対する一つの意識ベクトルの軌道修正になったと思ってます。
今後に活かしていきます^^

で、そんなにたくさん切ってきた事情って何?ってことになるんですが、今日、その旨の記事アップがあったようです。
工藤からは、後日、こちらとアメブロにてアップさせていただこうと思ってます。
facebookでは、切り絵作家・石賀直之さんタイムラインにシェアされてます。
そうなんです。
その石賀さんとのイベントなんです^^

よかったら、先にそちらでチェックしてみてくださいね。

その石賀さんと、一昨日は京都へ行ってきました。
実は、会場の下見だったんですが、それはすぐに終わって、あとはランチして昼飲みしての歓談。

初めてお会いした時から、垣根というものが感じられず、ある意味、仲のいい兄弟のような存在でもあります。
飾ることがなくて、いつも「素」のままで、ずっと一緒に居て心地いい。
知らないことは、どこにいても、どんな時でも、誰からでも真摯に学ぼうっていう姿勢。
聞き上手で、穏やかで、目線はいつも変わらない。
何より、自分が知らないことを否定しない。
これって、すごく大切なことで、人間て、ついつい自分の知らないことに出会うと、それを斜に観たり、否定したり、毛嫌いしたりしてしまうもの。
そういうことがないし、ベースで価値観のベクトルが似ているのかもしれないですね。

ずっと家と職場の往復と、家ではほぼ「切り」だけの日々でしたので、ひっさしぶりにゆったりした時間を持てました^^

 

さて…
切り絵の方は終わったんですが、工藤の作業はまだまだ続いてます。
昨日は、台紙Aを100枚、今日は、台紙Bを160枚と、台紙Aを60枚、カッティングしました。
(AとかBとかのことは、スルーしておいてくださいね)

20210305

ポストカードサイズになります。
明日は、台紙ではなく、同じ大きさのカードを160枚カッティングします。
明後日からの3日間ほどで、カリグラフィーでその160枚のカードに文字入れ…
ま…切り絵よりは時間は掛かりませんが…
これはもう、ペンとインクと用紙との格闘やね〜^^;

文章選びもしないとです。

どうなることやら…(^◇^;)

 

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »