« 埼玉県さいたま市の「coffret joyeux」さんへオーダー | トップページ | 2021年へ »

2020年12月30日 (水)

切り絵アーティスト Naho Katayama さんの「切り絵キット」

切り絵をやっているので、切り絵アーティストさんたちが気になります^^
ネット社会だけあって、いろんな作家さんを発見することができて、ある意味、目移りするみたいにそれが楽しみにもなってたりします。

中には、工藤のテイストにめちゃくちゃフィットする作品もあったりして、そのまますぐにファンになってしまったり。

そんな中のお一人に、福岡を中心に活躍をされている、Naho Katayama さんがいます。
「福岡を中心に…」といっても、その人気は全国区で、しかも海外での作品展にも何度も出展されてたりしてます。
まさに、ワールドワイド。
工藤くん、ほんとに、めっちゃ大ファンなんです☆

Instagramの方では、フォロワーさんは24000人を超えているんですよね。もう、すごい!としか云いようがない。

Naho Katayama さんの作品は、「重ね切り」という独特な手法で切り上げられています。
それは繊細で上品で、しかもやさしさに溢れたあたたかみが、心に染み入るように入ってくる感じ。

こちらでは画像をアップすることができませんので、↓ の関係URLを是非是非チェックしてみてくださいね。(☆印をクリック or タップしてください^^)

・facebook…
・Instagram…
・HP…

その Naho Katayama さん。
instagramで、時々、切り絵キットを販売されるんですが、今回、9月に「ローズ・リース」を、12月には「クリスマス」用図案を出され、ソッコーで購入させていただきました。

2020122901

2020122902

「キット」は、とにかく懇切丁寧。
これなら、ビギナーの方も安心してチャレンジできそうですよ。

 

本来なら…どちらも完成させてから、ブログにアップをと思ってたんですが、現状、超プライベートな時間を確保するのがなかなかハードル高く…

が、一昨日、やっとのことで1時間ほどですが「切り絵タイム」を持つことができたので、やってみた次第。

ハサミではなく、カッターを使っての切り絵です。

2020122903

60分ほどではこれが精一杯。
てことは…これ、完成させるのには結構かかりそうな…^^;
来年中のコンプリートを目指します。笑

 

工藤は、切り絵をする際は、いわゆる「オルファ」風のスタンダードカッターをを使うこともあれば、ペンシル様式のデザインカッターを使うこともあります。
ただ、割合でいうと、9割はハサミ。
でも、2021年は、その配分が変わるかもしれません。
元々は、カッター使ってましたので^^ 実は。

それはともかく、ほんの1時間ほどでしたが、集中して楽しめる「豊かな」時間を持つことができました。

Naho Katayama さん、ありがとうございました☆

更なるご活躍、関西の地よりお祈りしております♪

|

« 埼玉県さいたま市の「coffret joyeux」さんへオーダー | トップページ | 2021年へ »

日々のこと」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

切り絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埼玉県さいたま市の「coffret joyeux」さんへオーダー | トップページ | 2021年へ »