« 「炎の花」という名前のチョウチョ | トップページ | もうすぐ8月ながら… »

2020年7月23日 (木)

気まぐれカリです。

なぜか寝れなくて…^^;
結局、ゴロゴロしつつ、諦めて起きました。
ただいま、午前4時ちょっと前。

さて、気まぐれカリです。
当人は、すでにアップしたものと思ってました。笑
先に、InstagramとFacebookには投稿してたので、いつもならそのすぐ後くらいにブログりますからね。

一週間も過ぎてから気づいた鈍です。

ちょっと前の、「文字は劣化するの巻」以降、いい意味で、自分の書く「文字」に対しての向き合い方が変わったように思います。
それまでは、いつ書いても、何回練習しても、どうもしっくりこなかったカッパープレート体。
その影響もあってか、書く「自信」が失せてしまってました。
なので、InstagramにもFacebookにも2月以降はアップしてないです。

それでも、5月の3日から始めた日々練習。
これ、かなりランダムな練習でして、今日はこの書体を…というのではなく、Insta、fb、pinterestあたりからピックアップした作品をテキストにしてっていうトーン。
1時間は書いているので、それなりの量にはなります。
なんでも続けるっていうのは、多かれ少なかれ、どこかでささやかでもプラスになる。
自信が消えてたカッパーも、やっとこさ気まぐれカリで書いてみる気持ちになれた次第です。

20200716

ともかく、シンプルにベーシックに…というのが、工藤の基本。

今回は、文章を意識して選びました。

中国の古典に『四書五経』というのがあります。
その中に『大学』というのがあって、そこからの一節。

「日々新たに、また、日に日に新たなり」

が、これは、ある方から教えてもらったもので、実はちょっと省略版。笑
正確には…

「苟(まこと)に日に新たに、日日新たに、また日に新たなり」

今日の行いは、昨日よりも新しく良くなり、明日の行いは、今日よりも新しく良くなるように修養に心掛けねばならない。

中国古代の殷王朝初代の湯王(とうおう)が、自身の自戒のために、いわゆる洗面器にその文字を彫り付けて、日々に臨む覚悟とした…ということです。
彫られた文字はこちらの九文字。

「苟日新 日日新 又日新」

こういう姿勢の人なので、湯王は名君として名高い。

昨日よりも今日、今日よりも明日。
いろんな場面で想起しますが、この九文字のこと、忘れないでいたいです。

…で、4時半です。(^◇^;)

|

« 「炎の花」という名前のチョウチョ | トップページ | もうすぐ8月ながら… »

カリグラフィー」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「炎の花」という名前のチョウチョ | トップページ | もうすぐ8月ながら… »