« 幸せの黄色いチョウチョ | トップページ | 花物語 »

2020年4月30日 (木)

気まぐれカリ…

週一カリを心機一転して書いたラストが、2月の17日。
そのあとは、COVID-19禍で、とりあえずの日常もガサガサしてしまい、途中、4月からはFacebook友人への誕生日書きもストップ。

それからというもの、ほぼ、ペンを持たない日々になってしまってました。
時たま、練習みたいなことは少しはやったんですが、やっぱり、気持ちが向かないとだめですね^^;

つい先日、その流れに変化があって、久しぶりの切り絵を。
2舞のチョウチョを切りました。
今、3舞目切ってますよ^^

ハサミを動かすと、なんとなく、カリもやる気になってきたのと、たまたま昨日は、いつもお世話になっている方が結婚記念日ということで、簡単で申し訳ないと思いつつも、お祝いカリを書いて、写メってメッセ添付。

これがキッカケになりました。

95130406_1809255722539371_32785309142330

Walt Whitman の言葉。

A great poem is no finish to a man or woman but rather a biginning.

ひとつの偉大な詩は、男もしくは女に対する仕上げではなくて、むしろ始まりなのだ。

ホイットマンといえば詩集『草の葉』
その『草の葉』の初版の序文の中の一節です。

ちょっとだけゆったりめのイタリック体。
ニブは、スピードボールC4。

『草の葉』は、ほんとに好きで、手元にあるのは、岩波文庫の3分冊上・中・下と、同じく岩波文庫の対訳本、それと英語ペーパーバック、潮レグルスの冨田砕花訳の6冊。
何回読んだのかは、もう記憶にないです^^;
でも、ここ数年は通して読めてないので、年内でできたらいいな〜と思います。

エマソン、ソロー、ホイットマン。
アメリカルネサンスを代表するこの3人の著作と、エミリー・ディキンソンの詩集を、できるならば年末までに読み返したいですね^^

ところで…
今月の読書は、7冊でした。今日、その7冊目をギリギリで読めたところ。

5月も引き続き、いい本を読めたらと思ってます。

 

|

« 幸せの黄色いチョウチョ | トップページ | 花物語 »

カリグラフィー」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せの黄色いチョウチョ | トップページ | 花物語 »