« 花盛りの道 | トップページ | 白の風景 »

2020年4月17日 (金)

keep walking

いつものように、先にアメブロの方には記事をアップしましたが、ひっさしぶりに「チョウチョ」切り絵をしました。^^
あちらでは、11ヶ月ぶりって書いたんですが、実際は9ヶ月ぶりでした。(訂正文は入れときましたけど)
ま、どうでもいいんですけど…^^;

とにかく、久方ぶりにハサミをまともに持って切り絵ができたので、所謂「心地いい」疲労感にいてます。
このまま、また、休み続けにならないようにします。笑

さて…
3月後半から、なんとなく地鳴りみたいな「空気感」を感じてて(変な日本語や…)、それは実は助走みたいなものやったんですが、それが今月に入ってから少しずつ大きくなって、10日過ぎにはグラグラ揺らぎ始めて、何か尋常ではない「流れ?」みたいなものが起きてきたのをひしひしと感じてました。

なんやろ? なんやろ? って思ってたら、いろんな人たちが、それぞれの立場で、いろんなことを大きく踏み出してやり始めてたんですね。
この、COVID-19 禍の中でです。
特にSNS関係(Instagramとかfecebookとか)見とうと、如実です。

あーそゆことやったんやって、納得。
自分自身も、なぜか、久しぶりにハサミ持って「チョウチョ」切ってみようかなって気持ちがしっかり湧いてきてたし、ならば、ここで踏ん張って一歩前へ…って思って、久方ぶりの切り絵となったわけです。

この流れ、多分、20日過ぎくらいまでは続きそうで、今年後半への「踏み台」になると思います。
リズムとタイミングが合いそうな人は、挑んでみては?って思います^^
「踏み台」なので、助走と「踏み台」を踏んだときの力加減で、高さと飛距離が変わるって事は道理としてあるので、それがミソかもです。

 

それはそれとして、切ったのは…こちら☆

20200416-keep-walking

ブライト・オレンジの折り紙。
名前は、「keep walking」としました。

15日の夜に2時間、16日の夜に2時間。
4時間も掛かってしまったのと、いつもなら、下絵はほとんど描くことなく切るのが、今回は、ほぼほぼ下絵を入れながらの切り。
これぞ、ブランクの弊害ですね〜(^◇^;)

途中、ちょん切れないように恐々切りつつ、あんまり難しい事はしないで(おい!)、「流れ」と「バランス」に重点置いてのチョキチョキ。

これ、二つ折りで切っとんですが、基本的に、切り終わってから開いてみないと、全体がどんな風になっとうかってわからないんですね。
それがまた、一つのおもしろさでもあるんですが。

工藤の切り絵「チョウチョ」は、色と模様の掛け合わせ。
切る側としての「思い」とか「ベクトル」とかはあります。
でも、飛んで行った先でどう思われて、どんな風に迎えられるのかって事は、それはそれ。
割と、そんなことを訊かれることもほとんどないんですが、やっぱり全ては「持ち主」に集約されるのかなって思ってます。

とりま、自分としては、リ・スタートのつもりなので(やっと…^^;)、このまま先ずは「平常」へ戻るべく、精進していきます。

 

|

« 花盛りの道 | トップページ | 白の風景 »

日々のこと」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

切り絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花盛りの道 | トップページ | 白の風景 »