« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月25日 (月)

ウィークリーカリグラフィー 20

ブログろうと思ってログインしたら、「ページが見つかりません」表示が出てびっくりしました…

別の場所から「ログイン」したら、入れるには入れたんですが、仕様が完全に変わってしまってて、只今…「使いづらいなあ、これ…」最中です。
そういえば、メンテしてあれこれどうこうって内容のメールが届いてたような気がします(^_^;)
ま、いいや。。。

やっと20回目に到達です。

20190324

Without dialogue, we will have to walk in the darkness of self-righteousness.

「対話が無ければ、人間は独善という暗闇の中を歩み続けなければならない」

イラン出身の平和学者マジッド・テヘラニアン氏の言葉です。

「平和学」… 随分前に、後輩の一人が学びたいなぁと云ってたことを思い出しました。
今、どうしているのかな。

「平和学」といえば、ノルウェーのヨハン・ガルトゥング博士が有名です。
日本にも何度も来られてて、各地の大学で教鞭も取られてました。
同じく、ノルウェー出身でアメリカ在住であった、故エリーセ・ボールディング博士、それから、ハワイ大学のグレン・ペイジ博士あたりが知られています。

「平和学」…
自分も過去に、少しだけかじったことがあるので、大雑把には理解しています。

ガルトゥング博士は、「構造的暴力」っていう概念を生み出した方。
「構造的暴力」っていうのは、貧困、抑圧、差別等々がそれに当たります。
「いじめ」とか「パワハラ」等の「ハラスメント」も、云ってみれば、「構造的暴力」の範疇。
それが無い世界が、「積極的平和」なんだという考え方です。
戦争がないっていう状況は、「消極的平和」と呼ばれています。

そう考えれば、日本なんて、「積極的平和」には程遠いのではないかな。

そして、それを乗り越えるのが「対話」のもつ力。
「会話」ではないんですね。
「対話」です。

「対話」があるところ、どれだけの差異があっても、少しずつでも微々たるものでも、向かい合う双方の間に「止揚」されていくものが必ず生まれる。

「差異」があるから、「異質」だから、という理由で、簡単に人間を切り捨てたり、追い出したり、追い落としたり。
そこから生まれる世界って、「同質」に絡む「縦社会」でしかない。

そうではなくて、「違い」があるからこその、その「違う」価値の共有・理解から、新しい「何か」が生まれ、広がっていく。

そんな世界であってほしいです。

ちなみに、テヘラニアン氏も何回も訪日されているようです。

 

先日、神戸へ行ってきました。
生憎の曇り空で、インスタ映えはしませんが(笑)、写メ撮りもしてきたので、近いうちにアップしようと思っています。

インフルB型が流行ってきているようです。
くれぐれもお気をつけくださいね^^

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

ウィークリーカリグラフィー 19

ニュージーランドのことは、言葉が出ません。

今日は、書くか書くまいか迷いつつ、ほとんど書かない方向で考えてたんですが、いつもの英語の箴言集のページをめくってて、キング牧師のこの言葉を見つけたので、書くことにしました。

20190317

Our lives begin to end the day we decide to become silent about things that matter.

問題になっていることに沈黙するようになったとき、我々の命は終わりに向かい始める。

犠牲になって亡くなられた全ての方々のご冥福と、負傷者の方々の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月13日 (水)

空模様交々

今朝は、6時過ぎに突然の雷雨でした。
春雷?
すぐに止んだんですが、そのあと、急に冷え込んできて、窓ガラスが一気に曇り…
そのまま一日が寒かったです。

ここんとこ、ちょこちょこと写メ撮りしてはいるんですが、ブログに上げる時間がないという日々。
今日は、その中からちょっとだけ。
空です。

↓ 9日の土曜の夕焼け。
なんのことはない単なる夕焼けなんですが、見た目にすごく優しい感じがしたので撮っておきました。
自宅のベランダからです。

53607223_1441332342665046_4856697_2

↓ こちらは、先月の写メ。
大阪・梅田での1枚です。
丸ビルの向かいのビルやったかと思います。

53005022_1430082743790006_136100249

↓ 今朝の空です。
通勤途中で撮りました。

これ見ながら・・・今日は何かが起こりそうやな〜って思いつつ・・・
そしたら、お昼2時前の地震。
結構長く揺れてましたね。

自分は、会社の3階の倉庫にいてたんですが、うちの会社ってH綱造りなので、普通より揺れます・・・

53933990_1441332359331711_217599291

↓は↑の写メの後に撮った空。
微かに彩雲が見れたから撮ったんですが、その彩雲も、ほんの5分くらいで消えてしまいました。
これはその消えかけのところを撮ってます。
わかります? ^^;

53600208_1441332402665040_180574414

ところで…
風邪が流行ってますね。
会社の人たち、5人くらいかかってます。
皆さまの周りはどうでしょうか。

季節の変わり目でもあります。
お気をつけくださいね。

今月に入ってから、読書ペースが少し落ちてて、今のところ、読み上げたのは1冊だけ。
ちょっと分厚い(600ページくらい)のを2冊読んだりしているので、それもあるのかも。
でも、頑張って10冊目指します。^^

今夜はこれから、カリグラフィーの練習を少し。
その後に、本と向き合います☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

ウィークリーカリグラフィー 18

昨日に書く予定でしたが、今日が3・11ということもあって、一日延期。

今回は、Ralph Waldo Emerson の言葉から。
多分、インスタの方で、一回書いてアップしたことがあるとは思います。

何を書こうかと、今朝から考えてました。
書棚の本を引っ張り出したり、ググってみたり。
なかなかしっくりとくるものがなかったのですが、最終的に決めたのが Emerson の言葉でした。

20190311

我々の内にあるものに比べれば、未来に何があるかとか、過去に何があったとかは、些細なことでしかない。

アメリカの思想家、哲学者、そして詩人。
自分の中での Emerson は、詩人としての印象が大きいかな。

今日の文章は、David Krieger 編になる「箴言集」…"Speaking of Peace"に拠りました。

検索をかけると、下の文章が出ることがほとんどだと思います。

What lies behind us and what lies before us are tiny matters compared to what lies within us.

ちょっと違うんですが、意味は同じなので、手持ちの本をテキストとして書きました。

ちなみに、この本。
古今東西の箴言が集められています。
ベースは「平和」
カリグラフィーの作品に使うにもいいかと思います。
引用には、生没年も書かれているので、著作権についてもチェックできます^^

David Krieger という人は、「核時代平和財団」という団体の長で、核廃絶へ向けて、長期間に亘って運動を続けてこられている方。

今日は3・11
過去ではなく、未来でもなく、今…自分の内にあること、あるものが大切なんだっていうことと併せて、反核運動家のDavid Krieger氏の本に拠ったのは、そんな意味も含めてのこと。

あの日から8年。
決して忘れてはいけないし、まだまだ復興には程遠い地域も存在しています。
そんな中を、現地に何度も足を運び、地に足つけた細やかなボランティア活動をして、地元の方々ともしっかりと絆を結んでいるだけではなく、信頼関係まで創り上げている方を知っています。
毎年行かれているのではないかな。

自分は、一度も東北へ行ったこともなく、思いとしてさせていただいたことはありますが、それこそそれは「些細なこと」でしかない。
だからこそ…胸に手を当てて思いをあたためつつ、ほんのすこしでも何かできることを考えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

昨日の件、解決しました。。。

マザー・テレサの「詩」の話ですが…

「if」 が並んで…って書いてたぶんです。
「if」 ではなくて「life」 でした。

こちらのブログを読んでくださっているMさんから連絡があり、「Life is ...」やないかな?って。

そうです!!!

Life is an opportunity, benefit from it.
Life is beauty, admire it.
Life is a dream, realize it.
Life is a challenge, meet it.
Life is a duty, complete it.
Life is a game, play it.
Life is a promise, fulfill it.
Life is sorrow, overcome it.
Life is a song, sing it.
Life is a struggle, accept it.
Life is a tragedy, confront it.
Life is an adventure, dare it.
Life is luck, make it.
Life is too precious, do not destroy it.
Life is life, fight for it.

この、15の 「Life is」
何年か前に、カリグラフィーで作品にされた方がいたんです。
めっちゃエレガントに仕上げてはりました。
その記憶はちゃんとあるんですが、頭の中のどこかで経年劣化でもして 「if」 に転化してしまったようです。 笑

もともと、記憶力の悪さについては定評のある工藤です。
今更、自分では凹んだりはしてませんが、Mさんにしても、アメブロにコメントくださった、アートの盟友 「Leaf」 さんにしても、貴重な時間を使って調べていただき、余計なお手数をおかけしてしまいました。
申し訳ない限りです。

何かでお返ししますね〜^^

話は変わりますが、ウィークリーカリグラフィー 16 でも書いてた、切り絵作家の小林ちほさんの事が掲載されいてる北海道エリアの雑誌「スロウ」

無事に手元に届きました^^

53218932_1435354969929450_876403698

かなりのページに、ゆったりみっちり載ってます^^
なんか、それだけでも嬉しいです。
読んで、さらにファンになりました♪
ほんとに、これからの活躍が楽しみな頑張り屋さんの超新星さん☆

明日は、朝から出ずっぱりで動き回ってきます。
ここんとこ、ずっとトーン的に調子が悪いのですが、そんな事も云ってられません。

カラオケ行きたいな〜 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

ウィークリーカリグラフィー 17

先月末にブログをアップしようと思ってたんですが、あれこれありまして今日になってしまいました。

読書熱は相変わらずです^^
2月は11冊。 できれば12冊をクリアしたかったんですが、ちょっと届かなかったですね。
今月は10冊を目指します。

週一カリ。
今日は、ほんとはキング牧師の言葉を書かせていただこうと思ってたんですが、マザー・テレサに変更しました。

53327614_1434786649986282_920101187

「人を批評していると、人を愛する時間がなくなります」

蓋し、名言ですね。

書いてはみたものの、マザー・テレサのことは、実はそれほど知りません。
これを機に、少しでも知っていけたらと思っています。

アメブロの方にも書いたんですが、マザー・テレサに、「If」がずらっと並んだ詩があったように記憶しています。

で、しばし検索をかけて探してたんですが見つかりませんでした。
なぜ? (^_^;)
やっぱり記憶違いなんかな…
後日に期します。
はっきりしないと気持ち悪いですからね。

春3月…ということで、そろそろ切り絵の方にも取り掛かりたいと思ってます。
去年は1月から3月で、20舞以上のチョウチョの切り絵をやったはず。
やればできる…のかもしれないので(笑) どうせならやってみよう♪のトーンで進みますね。

今月もよろしくお願いします☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »