« ウィークリーカリグラフィー 15 | トップページ | ウィークリーカリグラフィー 17 »

2019年2月25日 (月)

ウィークリーカリグラフィー 16 と 切り絵作家・小林ちほさん

昨日書きです^^

Ivan Illich (イヴァン・イリッチ)のことば。

20190224

My concern is that people should be poetic, that they should tell jokes and learn to smile.

私の関心事は、人々が詩的になり、冗談を言い、笑えるようになることだ。

オーストリアはウィーン生まれの哲学者。
ほとんど、読んだことがないので詳細は知らないのですが、上記の言葉は、彼がメキシコに移住していた時に、そのメキシコから受けた「感」がベースになっているのでは?っていう考え方があるようです。

難解であることが多い文章の中、この一文はかなり簡潔。
シンプルで平易。

哲学っていうものが、もっともっと平易に語られるようになれば、世の中の「空気」も、もう少し変化していく(良きに変わっていく)と思ったりします。

話は変わりますが…
北海道エリアで販売されている雑誌に「スロウ」っていうのがあるそうです。
自分は今日まで知りませんでした^^;

その「スロウ」の最新刊 vol.58 に、北海道で活躍されている切り絵作家「小林ちほさん」の特集が組まれているそうです。

昨年11月に東京へ行った際、たまたま銀座で「紙わざ展」ていう展示があるのを知りました。
しかも、それを知ったのが、その小林ちほさんのフェイスブックでの投稿。
これは行かなければと出向いたのが初日。
しかも、当の小林ちほさんもおられたという幸運♪ (初日に授賞式があったようで、もちろん、小林ちほさん、「特殊東海製紙賞」だったかを受賞されてました^^)

02

↑ これが小林ちほさんの「おはよう」って作品♪
写メではわからないんですが、タント紙を21枚切り重ねてはります。
フェイスブックには、メイキング画像を投稿されてます。
気になる方は、是非チェックしてみてください^^

小林ちほさん。
工藤が今、一番注目している切り絵作家さんでもあります。

ちなみに、その雑誌「スロウ」は…現在在庫切れ…(T ^ T) ゲットできるのか…
なんし、発注はかけておきましたが。。。
手元に届くのを楽しみにしておきます。

コツコツと作品と向き合っておられるようで、これからの活躍もとても期待一杯です^^

ビッグになってくださいね〜♪

明日は休みで、朝から夕方まで動きっぱなしになります。
おまけに、今夜も寝るのが遅くなりそうで…
ここんとこずっと、あれこれエンジンかかるのが、22時まわってからっていう日々。
ま、がんばろ☆

|

« ウィークリーカリグラフィー 15 | トップページ | ウィークリーカリグラフィー 17 »

カリグラフィー」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

ことばのちから」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィークリーカリグラフィー 16 と 切り絵作家・小林ちほさん:

« ウィークリーカリグラフィー 15 | トップページ | ウィークリーカリグラフィー 17 »