« 大阪城のお堀 | トップページ | ブレイクの『無垢の予兆』 »

2019年1月 7日 (月)

芦屋の work-and-placeさん と ウィークリーカリ 10

いつから行ってなかったのか記憶してないんですが、とにかく数ヶ月ぶりに行ってきました。

芦屋のコワーキングスペース 《work-and-place 》さん。

50221169_1396176263847321_506380045

49938955_1396176270513987_778129163

↑ 入り口の風景。
今日は、中の写メ撮り忘れてました・・・

ほんとは切り絵をしようかと思って行ったんですが、図案がしっかり決まらないので、スマホの写メアルバムの整理をしながらブレインストーミングを。
結局それで終わったんですが、明日から切れそうです^^

ところで、工藤の左隣に座ってテキパキと作業をされていた女性。
途中で、オーナーの方が間に入ってくださり、ちょこっと言葉を交わしました。

そのあと・・・どっかで見たことある・・・とずっと考えてたんですが、他のお客さんとの会話が耳に入り判明。

整理収納アドバイザーとして有名な西口理恵子さんでした☆
びっくりでしたね。

《work-and-place 》さんのブログで時々目にする名前で、併せて、大切な友人が、昨年、整理収納アドバイザーの1級に合格したこともあって、気になってググった事があったんです。

まさか、その方が・・・ということで、お帰りの際にお声がけをさせていただき、名刺の交換もさせていただきました^^

これだけでも来てよかったです♪

さて、今日は月曜なので、一応、ウィークリーカリグラフィーの日。
何を書くのかは、一昨日に決めてあったので、帰ってきてすぐに書きました。

20190107

William Blake の 「Auguries of Innocence」
ウィリアム・ブレイクの「無垢の予兆」

 一粒の砂にも世界を
 一輪の野の花にも天国を見、
 君の掌のうちに無限を
 ひとときのうちに永遠を握る。

ブレイクはイギリスの詩人。
この詩って・・・何気に東洋的な空気感があるなって思ってて、それは「生命」とか「宇宙」とかに対する見方・眼差しっていうか・・・

特に、「ひとときのうちに永遠を握る」っていう最後の行は、中国の歴史観にも敷衍しているように思うんですね。
大雑把にいうと、西洋は、「普遍を通して個別を観る」史観。
東洋、特に中国なんかは、「個別を通して普遍を観る」史観。
ここは話し出すと長くなってしまうのでざっくり行きますが、中国でいうなら、例えば、司馬遷の『史記』の列伝なんかがそれ。
一人の人間を書き記し、そこから歴史の普遍を鑑みる。西洋はその逆。
あくまでも、大雑把な感じではありますが。

だから、「ひととき」を観るその瞬間に「永遠」を握り観たブレイクの目は、そこに何気に「東洋的な」ものの見方が備わってたんやないかなって思うわけです。

なんてことを考えながら書いた今日のウィークリーカリでした。
なんとか、無事に10回まではきました^^;
次は20回を目指します。

明日は・・・梅田でやっているとある作品展に行きたいんですが、切り絵をやらないとダメなので、どうなるのか・・・

ともかく要領が悪いので、時間に追いかけられてしまいます。

でも・・・

Tomorrow is another day ♪ 笑

|

« 大阪城のお堀 | トップページ | ブレイクの『無垢の予兆』 »

カリグラフィー」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

ことばのちから」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芦屋の work-and-placeさん と ウィークリーカリ 10:

« 大阪城のお堀 | トップページ | ブレイクの『無垢の予兆』 »