« 「宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。」 @姫路文学館 | トップページ | ウィークリーカリグラフィー 6 »

2018年12月 8日 (土)

彩雲

仕事で港区(大阪)へ。

ふと、見上げた空がすっごくキレイでした。

48169781_1374171899381091_801853895

47689454_1374171919381089_4619540_2

47687602_1374171939381087_658365956

48051467_1374171956047752_198927117

47685277_1374171972714417_651818147

47580495_1374171982714416_116954620

47684731_1374172012714413_351084388

雲の動きが早くて、↑の一連の写真は、ざっと5分もなかったくらいの短い時間のもの。

自然の力というか、自然の妙技に、ただただ感嘆するのみです。

こんなキレイな空を見ながら考えてたのは、「猿の優等生」のこと。^^;
それから、集団に拠った人間の変わり身の早さ。

人間の心は、かくも移り変わるものなのかと。

でもね、相反して、変わらない心というものもある。
それは、心が「変わらない」のではなくて、心を「変えない」のではって考えました。

「心の師とはなるとも心を師とせざれ」っていう一節が六波羅蜜経という経典にあるそうです。

コロコロと移り変わる心の師とはなっても、コロコロと移り変わる心を師としてはいけない。
移り変わりの激しいものを基盤にすれば、それはそのまま、主体が移ろいのままに漂うしかない。
逆に、移ろいゆく心をしっかり捉えて離さないものをベースにすれば、漂流者になることはない。

簡単に云えば、そんなところかな。

ちょっと消化不良な文面になってますが(笑)、思索途中なのでご理解くださいね。

一気に寒くなりました。
明日、明後日と気温の低い日が続くそうです。
くれぐれも風邪などひかれませんよう・・・

|

« 「宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。」 @姫路文学館 | トップページ | ウィークリーカリグラフィー 6 »

アート」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204032/67463470

この記事へのトラックバック一覧です: 彩雲:

« 「宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。」 @姫路文学館 | トップページ | ウィークリーカリグラフィー 6 »