« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

ウィークリーカリグラフィー 9

もう、あと少しで2019年です。

大晦日なんですが、月曜で週一カリの日にもなっているので…

49800323_1391083191023295_362348482

毎年毎年繰り返される言葉ですが、「本当にこの一年もあっという間」でした。

爆打ちならぬ爆切りから始まって、紆余曲折から凸凹道を進んで、へたり込みそうになりながらも辿り着いた12月31日です。

それでも、あれこれ勘案してみると、総じて、プラマイで云えばプラスになったいい一年であったと思えます。

たくさんの友人知己に助けられて、背中を押していただいて、疲れたら一緒に座り込んでもくれました。
人に恵まれるっていうのは、こういうことなんやなって、あらためて実感です。

ほんとにありがとうございました。

ほぼ、毎年のことなのですが、2019年も初日から部屋篭りになってしまいます^^;
ご存知の方はご存知なのですが、結構ハードで・・・
早起きして、しっかり食べて対応していきます。

昨日は、例年の会社の花活けをしました。
いつものごとくの身勝手流です。
花は、毎年、提携の花屋さんが持ってきてくれるんですが、いつの頃からから自分がアレンジするようになって、かれこれ20年以上になります。

まあね…活け方はワンパターンなんですが…(^_^;)

49072851_1391097317688549_701571267

今回は、ダリヤが入ってました♪ 3本も♪
いつまでもってくれるかな〜
水やりも手入れも、うちの会社の人たち、だ〜れもやってくれないので、気が気がではありません、実は…(^◇^;)
気持ちとしては、百合が全部咲ききってほしいな〜って思っています。

さて…今年一年振り返って、自分のことを漢字一つで表すとどうなるか考えてみました。
多分…   「多」  やろね…笑

この「多」の前後にどれだけの漢字がくっつくことやら。

来年まで残すところ30分を切りました。
みなさま、良いお年をお迎えくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

ひこかみの干支紙細工 「亥」

年末ギリギリになってしまいましたが、毎年恒例のものをひとつ。

 〜☆〜 「干支紙細工」 by ひこかみ 〜☆〜

2019年は「亥年」ですね^^
今回は発注出すのが3日前?やったか、とにかくバタバタしてて遅くなってしまいました。
で、昨日届いたばっかり。

49151010_1390219997776281_483992875

ハサミも要らない、ノリも要らない。
取り外して、折って、組み立てて、はめ込むだけ。
すぐにできますよ^^

こんな感じです。

49203682_1390220057776275_926593276

カラフル亥ちゃん♪

「紙細工ひこかみ」は、since 1999
来年2019年は、20周年になります。

「ひこかみ」こと坂口雅彦さんとは、4年半と少し前に初めてお会いしました。
3人展「Dear...」をしているときに、会場まで、わざわざ大きな花を抱えて持ってきてくださった方。
大阪・大正区を基盤に活躍されている庶民の中の庶民です。
誰よりも、庶民が一番偉いと思う。
そして、苦労人。

コツコツと歩まれてきた道のりは、そうそう簡単に語れるものではないものなんやろなって、坂口さんの姿を見ているだけでわかるような気がします。

ひこかみさんの大きなダンボールシーサーはつとに有名です。
他にもダンボールとあれこれのコラボで楽しい工作空間の中で、子供たちにも喜ばれています。

49196524_1390321957766085_200521432

48939652_1390321964432751_421433933

49308604_1390321971099417_694410656

干支の紙細工♪
送料込で一つが 500円。
ご注文は、坂口雅彦さんへ直接… 
 tel  :  090-1910-6986
または、メールにて。
e-mail  :  hiko@baycom.zaq.ne.jp

49014568_1390220041109610_735910201

今年も残すところ、明日だけになりました。
2019年は「亥年」
今はみなさん、猪突猛進のアイドリング状態でしょうか? ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月29日 (土)

伊丹の〈カフェ 青い屋根〉へ

毎年、12月になると必ず年末のご挨拶へお伺いする2つの場所。

ひとつは、大阪・福島区にある『明晃印刷』さん。
もう一つは、兵庫・伊丹市にある『カフェ・青い屋根』^^

昨日、行ってきました。

青い屋根のある阪急新伊丹の駅前のロータリーには、中央に小さなバラ園があります。
いつも、こちらに来ると、その時その時に咲いているバラさんたちを写メります^^

ちょっと多いですけどアップ。
(インスタとFBに、重複しないようには上げておりますが)

48417212_1389474077850873_793433122

48914079_1389473911184223_853038491

48426615_1389474011184213_468726383

48991589_1389473984517549_804398012

49001939_1389473874517560_172523169

49044882_1389473941184220_477142140

49167988_1389474057850875_775935693

49189208_1389473834517564_783552759

49204882_1389473817850899_511043353

49206751_1389473881184226_747383210

49242673_1389474027850878_590980859

こんな感じです。
バラに限らず、白の花って…スマホで写メるのは難しいです。
光の反射が大きいので、花弁一枚一枚がスッキリ撮れない。
昨日は、あっちからこっちからと、撮る向きを変えてなんとか…^^;

それにしても、凛とキレイに咲いてました。

花を撮る時、いつも思い出す文章があります。
随分前にも引用したことがありますが。

私は、いつも思う。
「人は花に学ばなければ」と。
花はいつも一生懸命だからだ。
投げやりに咲いている花はない。
いやいや生きている花はない。
途中で、へこたれる花はない。
笑うことを忘れた花はない。
過去にとらわれたり、人のあらを探したりしている花はない。

そうありたいなって思います。

さて、本題。
前回はいつお伺いしたのか忘れてしまいました(^_^;)

49256001_1389474087850872_319981957

が、本年であったことは確かで、でも、本当に久しぶりにお会いすることができた、青い屋根のオーナーのてらけんさん。

いつも、人生の来し方を楽しく愉快に話してくださいます。

てらけんさんと工藤との共通項は、芥川賞作家・宮本輝先生の大ファンであること。
そしてまた、青い屋根自体が、テルニスト(宮本輝先生の大ファンのことです^^)の出会いの十字路ともいうべき場所。

48919663_1389474091184205_392030795

↑ このコーナーは、宮本輝先生ミュージアム♪

48427567_1389474131184201_120623579

49259696_1389474167850864_872821074

この場所、工藤には数少ない緊張の解ける場でもあります。
くつろぎすぎるくらいにくつろげてしまいます。
ほんま、え〜場所やねん♪

昨日は2時間半ほど、楽しく歓談させていただきました。
自分の近況もホイホイと^^
めっちゃ寒かったですが、ほっこり気分で帰ってこれました。

また、来年もよろしくお願いいたしますね、てらけんさん^^

本年も、あと明日と明後日だけになりましたね。
自分は…ちょいと気合い入れて、シャキッとやります。

エイ !!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

カリグラフィーレッスン@Kアトリエ & クリスマスランチ会

24日の月曜は、今年最後のカリグラフィーレッスン@日本リボンローズ協会の河村先生のKアトリエでした。

この日の朝、満月明けの月が西の空に出てました^^

49021107_1385794548218826_338804355

アメブロにもアップしているので、それとは違う写メを…ほとんど変わりませんけどね。笑

クリスマスイブではありましたが、クリスマスカードではなくて「ニューイヤーカード」を書こうということで、「Happy New Year !」を、英語・フランス語・スペイン語で書いてテキストを用意。

河村先生、Uさん、Nさん、Yさんの4名とあやのちゃん♡

49199576_1387461214718826_593176646

あやのちゃん、こっち向いてカメラ目線なんです♪
めちゃくちゃ可愛いですよ♡
が、「ご本人」の許可をいただいておりませんので、モザイクモザイク。

この日も、工藤の顔を見て「イヒ^^」って何度も笑ってくれました。
しっかり、メロってしまいました♪

↑ちなみに、 Nさんが写ってないんですが…(^^;;…あやのちゃんの向こう側におられます。
さらっと写メ撮りして見直ししてなかったので、全く気付かず。

さて、レッスン。
前半1時間で文字の練習。
後半の1時間で、カード書き本番。

出来上がったのがこちら。

48411072_1385794714885476_578221279

この日…
カラーインクと両面テープとハサミを持ってくるのを忘れてしまい、みなさん、「黒」で書いていただきました。
ごめんなさいです。

が、結果オーライではありますが、なんか…思ったよりもイイ感じに仕上がってました。

次回、何かのカード書きの時は、もう少し道具たてを考えて用意したいと思います。

49329060_1385794708218810_296602594

↑は、出来上がりのカードの写メ撮りシーン^^

レッスン終了後は、日本リボンローズ協会の和田先生も参加されてのクリスマスランチ会でした。

48394854_1385794788218802_596381394

これまたほとんど女子会トーン^^;

しょうがないんです。
工藤の友人・知己って、リアルもバーチャルも、7割以上が女性。
カリグラフィーの世界もほぼ女性。
切り絵もほぼ女性。
で、リボンローズの世界に男性はおりません。
それが通常なので、もうすっかり慣れてしまいました。

来年も2月にとあるランチ会がありますが、男性は工藤だけですからね(^◇^;)

さて、ランチの後はケーキでした。
工藤には、今月4回目のケーキです。

48425989_1385794861552128_208994336

48944777_1385794884885459_213562913

ローソクまで付いてます♪
今月が誕生月のYさんに吹き消してもらいました^^

もちろん、美味しかったですよ☆

Kアトリエのカリグラフィーレッスン。
次回は、ちょっとまた飛んで2月。
練習しておいてくださいね〜

カウントダウンが入って、本年も残り4日となりました。
やること満載で追いまくられている工藤は、ともかくラストまで突き進みます。

明日は強烈に寒いそうです。
あったかくしておいてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

ウィークリーカリグラフィー 8

今日は昼過ぎから、ずっと強烈な睡魔に襲われています。
多分、横になったらそのまますぐに眠ってしまいそうなくらいの睡魔…

今月は、体調とも相談しつつ、夜更かしは出来るだけしないようにして、その分睡眠を取るようにしてきているので、睡眠不足とかってことはないと思うんですが。笑

今夜も早めに寝るようにします。^^

さて、週一カリ。

48422882_1385893128208968_347508898

今日がクリスマスイブってことで、「メリクリ」にしました。

スピードボールC-1。
インクは、R&Kのものを使用。
紙は、いつもA4コピー用紙を使ってます。一枚1円のものなので、コピー用紙としてはそれなりにいい紙です。

昨日は曇り空で見れませんでしたが、満月でしたね。
その前日と今朝は、ほぼまん丸のお月さまを見ることができました。

スマホでは、夜に撮るのは難しくて、でも、日中に見える月は、まあまあの感じで撮れました。

48414467_1385794554885492_176649747

↑ これが、今朝のお月さま^^
7時すぎくらいやったと思います。

今年最後の「満月」も終わって、残すところ1週間。   

…時間が足りなくて、休みが欲しい工藤です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

雨上がり

昨日はそれなりによく降りました。

自分は仕事で堺へ。
雨が上がった時点で、すぐ近くに小さなバラ園があるのを思い出して観てきました^^
時間が無くて、10分ほどした廻れませんでしたけどね^^;

48415696_1385238998274381_297501143

48417905_1385238981607716_158777361

48405179_1385239391607675_231771026

ほとんどのバラが雨に濡れて、その重みで俯き加減になってた中、シュッとしてたのを選りすぐりで写メってきました。

かわいいです♪

仕事は結構ハードで、同じ場所で2件。
お昼は抜きになりました。

帰り道、阪神高速堺線を大阪方面へ走っていると、夕焼けがキレイやったので…

48394001_1385239398274341_526183750

↑ この川は、大和川です^^

今日は満月。
今は、雲に隠れてお月さまは見えてません。
が、昨日の満月瞬時前の月もキレイでした。

48405394_1385239438274337_724228943

↑ (^◇^;) 月なのかネオンなのか…というところですが、スマホの限界なので、ご理解くださいね。

↓ も同じくです。 雰囲気はそれなりにいいのかもしれませんが、お月さまが…(^_^;)
肉眼では、しっかり見えてたんですけどね。

48417639_1385239461607668_460541653

この年末になって、ほぼ毎日、時間に追われてます。
手が進まないので、余計に「時」に追われる感じかな…

そんな時に目にした、L・M・モンゴメリーの言葉が身に沁みました。

朝ごとに、すべては新しく始まり
朝ごとに、世界は新しく生まれ変わる
今日は新しく生まれ変わる好機 (『アンの青春』より)

どんな人生にも憂鬱と落胆の日々があるだろう。そんなとき、人生の何もかもがつまらなく思えるのだ。晴れ渡った日にも雲はある。けれど、いつでも空に太陽があるということを忘れてはいけない。

冬のあとには、私たちを悲しませない次の人生の春がくる。

これまでわたしが経験した困難や、いろいろな事に際して徹底的に苦痛を味わったおかげで、他の人々の失敗や苦闘や試練に対して、(中略)ずっと思いやりを持つようになりました。

超ファンでもある超歌手・大森靖子ちゃんの曲に『苺フラッペは溶けていた』ってのがあります。
その中の歌詞に…

 最後に負けたら台なしね
 最後までやらなきゃ能無しだ

ってのがあって、かなり好きなんですが…

さ…最後までやるしかないやね…☆ミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

2019年版 活版 ユコちゃん「ご縁」年賀状

毎年、この時期になると必ず年末のご挨拶へお伺いするところが2箇所あります。

その一つが、大阪は福島区にある活版印刷の明晃印刷さん。

今日お伺いしたのは、その年末のご挨拶とともに、イラストレーター中本優さん作成の「ユコちゃん年賀状」を購入するためでもありました^^

48412953_1383132525151695_722525432

↑ 手前から、パンカボード、特Aクッション1.0。この2種類は82円切手使用分。
一番奥のが特Aクッション0.6。

48419476_1383132575151690_3949294_2

↑ この味な活版印刷の凸凹の風合があたたかみがあってイイんです^^

47571359_2007739529312612_538769115

厚みは、↑な感じ。
順番入れ違ってますが、上から特A1.0、0.6、パンカボード。

48411085_1383132601818354_915862890

↑ こちらは表面。

48375752_1383132608485020_202731148

↑ 購入すると、おまけでこのステッカーが付いてきます♪

48425581_1383132651818349_564573471

↑ いろんな方々の協力で出来上がった活版「ユコちゃん "ご縁"年賀状」
印刷は、いつもは社長の高崎健治さんが担当されるのですが、今回は、なんと…中本優さん自らが体をガチガチにしながら頑張られたんです。
お疲れさまでした^^

ちなみに、特Aクッション0.6 は完売しています。

残り2種類に、若干在庫あり。
今年も超絶人気になっている「ユコちゃん年賀状」

パンカボードは、若干ベージュがかった紙色で、匂うとウッディな香りがするのが特徴。
希少と思いますよ^^

なお、販売は、オンラインショップでの取り扱いは終了で、ウェブサイトからお問い合わせくださいとのことでした。

各種税込で1枚が180円。別途送料がかかります。

 ← こちらからどうぞ^^

それから、金箔・銀箔版。

工藤は金箔のを毎年ゲットさせてもらってます♪
今回も。

48411414_1383132675151680_648020168

48398696_1383132681818346_920830883

購入希望の方は  ← こちらからお問い合わせくださいね。

その中本優さん、先日は誕生日でした^^
お祝い込めて、ささやかながらのケーキを♪

48419308_1383060798492201_479424828

↑ 誕生日を期に前髪を切ったばっかりの笑顔の優さまです♪

48398800_1383060831825531_394907668

↑社長の高崎健治さん。今日の追い上げ印刷をされてました。

2時間ほど懇談させていただいたんですが、最初から最後まで爆笑の渦です。
いつもいつも元気をいただきます。
今日もエネルギーをいっぱい充填して帰ってくることができました。
感謝です。

明晃印刷さんには、今年も本当にお世話になりました。

高崎さん中本優さん
来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

ルミナリエ2018

昨日の続きになります^^

いつからやったのかは忘れましたが(多分、ブログを遡ったらわかるんでしょうけど^^;)、ほぼ毎年、ルミナリエへ行くようにしました。

「今年のルミナリエは、今年しかない」  これです。

と云いつつも、去年は行けてないんですけどね。

そういうわけで、今年は先月から行くと決めてました。
ただ、シフト的に15の土曜しかない…
土曜のルミナリエがどういうことになるか、だいたいわかっているので、ある程度の覚悟は必要かと思って、和田先生とともに気合いを入れて乗り込み…

が、やっぱりすごい行列。
この日の点灯は、17:00少し前ではなかったかと思います。
点灯見れなかったのって、滅多に無いことです。
おまけに報道で、この日の人出は過去最高だったとか…(^◇^;)

以下、写メです。

01

↑↓ 大丸前で、この明るさですから(^_^;)

02

04

05

06

08

10

12

17

18

21

22

23

ルミナリエ初の和田先生も喜んではりました^^
来年も行きます。

鎮魂と復興と再生と。

自分も1日も早く神戸に戻りたいと…☆

文章打つ気力が無いので、今日はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

北野・洋館長屋へ

前々回の記事でアップした「校北公園」のあと、今度は北野へ。

実はこの日、日本リボンローズ協会代表の和田先生と一緒でした。

なぜ、北野へ? ^^

現在、フェア『隠れ家のNoël』を開催中の、大阪は大東市・住道にある雑貨屋さん 「f-Grace」 オーナーの朴木清恵さんが、"第8回 異人館プリザーブドフラワーコンテスト"に出展されているのを、以前、拙ブログでご紹介をさせていただきました。 → こちら → 

その朴木さん、和田先生と友人なんです。
和田先生のご紹介があって、工藤の f-Grace さんでのカリグラフィーの出張レッスンが始まったというわけです。

つまりはそういう間柄。

とりあえずはお腹も空いたのでランチを。
北野坂の途中にあるフレンチへ。

48360196_1379641528834128_139582764

インスタで、お店の名前を #タグ付けてアップすると、デザートがいただけるというので和田先生共々あげさせていただきました♪
全部、美味しかったでございます。

そのあと、洋館長屋へ。
この日のメインイベント パート1です。

↓ この真ん中のが朴木さんの作品。

05

存在感たっぷりです♪

06

この洋館長屋に飾られているのは、この作品のみ。
すごい贅沢さですよね〜⭐️️️️️️️️️️️️️️️️️️️️

07

館内の写メは↓の時計だけ^^;
なんとなく…我が敬愛するマリー・アントワネットを彷彿とさせる雰囲気だったので撮りました。

08

表に出て最初に目に飛び込んできたのが、↓のこの紋章。

結局、洋館長屋の外観も写メってません…(笑)

09

往路は「北野坂」から。
復路は「ハンター坂」で。

12

ハンター坂を山幹に降りたところにあるのが「西村珈琲」です。

10

ここで、しばし休憩。

11

ここから、ルミナリエへ向かいました。
和田先生、ルミナリエに行ったことがないってことなので、ご一緒させていただきました^^

この続きは、また明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィークリーカリグラフィー 7

ギリギリのところで、月曜書きを維持できています。(笑)

48394845_1381078532023761_679196422

イソップの寓話から。

『北風と太陽』の「北風」さんの部分。

The North Wind tried to make a traveler remove his coat by assailing him with icy gusts, but the harder the North Wind blew, the tighter the traveler pulled his coat around him.

北風さんが、旅人のコートを脱がせようと、冷たい風を吹き付ければ吹き付けるほど、旅人はより強くコートを身に纏った。

このあとに、太陽さんが旅人のコートを脱がしてしまうのはご存知の通り。

アメブロ の方にも書いたことですが、今日は3回失敗してます^^;

1回目は、それぞれの行間が狭すぎて、見た目にせせこましかったのでボツ。
2回目は、その行間の1つ目と2つ目の幅が違っててボツ。
3回目は、1行目の最後に、つい…「、」を付けてしまってボツ。

悔しいとか諸々思うところはありますが、なんとか書けたのでイイってことで。

『北風と太陽』に限らず、イソップの寓話は何重にも意味が込められてあって、そこに自分の身を当てはめて読み解いていくと、すごく勉強になったりします。

単純に考えたら『太陽』であればいいのやけれど、人間、そんなに簡単ではないです。
やっぱり、時には「北風」になって、つむじを曲げてしまうことも多々。
そんな時、さて、どうする ?

そこに如実に出てくるのが、その人の人間の「深み」とか「大きさ」なのかなと(偉そうにも)思ってしまいます。

瞬間…「北風」になりかけたり、なったとしても、そのまた次の瞬間に「太陽」になれてしまう人たちを、自分は幸運にも何人も知っています。

もちろん、元々から「太陽」でいてはる人も^^

イソップの寓話…また読んでみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

神戸・東灘区の校北公園へ

「めちゃくちゃ水がきれいなところがあるんですよ♪」

と、後輩から教えられて、写メも見せてもらったのが今月の始め。
ほんとにきれいで、鯉さんたちがゆったり泳いでました。

時間あったら行ってみようと思って、詳しい場所を聞いておいたんですが、ちょうど昨日、神戸へ行く所用もあったので、その流れの始めに寄ってきました。

阪神魚崎駅から徒歩で5分くらいのところにある『校北公園』

大きなマンションの東隣にある小さな縦長の公園です。
その中の南側3分の1くらいのエリアにある小さな池。

実際、きれいでしたよ、水♪

以下、悠遊と泳いでいる鯉さんたちの写メ。
この倍撮ったんですが、しつこいので半分にしておきます^^;

48430127_1379639598834321_479762580

48275589_1379640168834264_759012148

48278067_1379640045500943_295658586

48355624_1379639565500991_1467005_2

48359186_1379639808834300_882476947

48369612_1379639772167637_349700137

48372529_1379639568834324_361818746

48374760_1379639685500979_773903023

48378693_1379639752167639_469450624

48390897_1379639835500964_385659224

48399014_1379639885500959_478556269

48422260_1379639862167628_520971334

見てるだけで癒されました。
サカナさんには不思議なパワーがあるんでしょうね、きっと。

機会があったら、また来てみようと思います。

皆さまも是非^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

ウィークリーカリグラフィー 6

元々は土曜日に始めたことなので、本来なら毎週土曜にアップのはずですが、少しずつずれてきています。
人間ですから^^; ということにしておいてくださいね。

48361771_1375734545891493_633871502

6回目になりました。

Fire cannot extinguish fire.

   「火」で「火」は消せない。

誰の言葉かということではなくて、とある本の「章題」として載ってあったものです。
ガンジーのことを書かれている中でのことなので、そこからの敷衍でしょうね。

前後にあるトーンは…
  火は水によって消え、憎悪は慈愛によってのみ打ち勝てる…というもの。

そしてそれは、大前提として「対話」が求められる。
「会話」ではなく「対話」。
それと併せて、「対話」には、相手の云うことを「聴く」こと、「耳を傾ける」ことが求められる。

一方通行では「対話」は成り立たない。
「決めつけ」ての「会話」は「対話」にはならない。
最初から、相手を蔑んでたり小馬鹿にしての言葉の発信なら、結局それは、「火」で「火」を消そうとる姿でしかない。

そういうベクトルかな、と思います。

さて…
今日もいい天気でした^^

梅田のグランフロントへ行って、今年のツリーの写メ撮りをしてきました。

48192532_1375582602573354_258356999

48052998_1375582459240035_732596815

48046674_1375582665906681_164107037

『アナと雪の女王』のエルサを思い出しました☆
そういえば、「エルサ萌え」の男性って結構多いように思います。
自分もですが…

空もきれいでした♪

48243221_1375582692573345_402879404

47320540_1375582739240007_610084816

47687049_1375582755906672_456323296

↑ 「子龍雲」   ラッキーです♪
いいことありますように。

寒い日が続いています。
風邪はもちろん、ちょっとした寒暖差にもお気をつけくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

彩雲

仕事で港区(大阪)へ。

ふと、見上げた空がすっごくキレイでした。

48169781_1374171899381091_801853895

47689454_1374171919381089_4619540_2

47687602_1374171939381087_658365956

48051467_1374171956047752_198927117

47685277_1374171972714417_651818147

47580495_1374171982714416_116954620

47684731_1374172012714413_351084388

雲の動きが早くて、↑の一連の写真は、ざっと5分もなかったくらいの短い時間のもの。

自然の力というか、自然の妙技に、ただただ感嘆するのみです。

こんなキレイな空を見ながら考えてたのは、「猿の優等生」のこと。^^;
それから、集団に拠った人間の変わり身の早さ。

人間の心は、かくも移り変わるものなのかと。

でもね、相反して、変わらない心というものもある。
それは、心が「変わらない」のではなくて、心を「変えない」のではって考えました。

「心の師とはなるとも心を師とせざれ」っていう一節が六波羅蜜経という経典にあるそうです。

コロコロと移り変わる心の師とはなっても、コロコロと移り変わる心を師としてはいけない。
移り変わりの激しいものを基盤にすれば、それはそのまま、主体が移ろいのままに漂うしかない。
逆に、移ろいゆく心をしっかり捉えて離さないものをベースにすれば、漂流者になることはない。

簡単に云えば、そんなところかな。

ちょっと消化不良な文面になってますが(笑)、思索途中なのでご理解くださいね。

一気に寒くなりました。
明日、明後日と気温の低い日が続くそうです。
くれぐれも風邪などひかれませんよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。」 @姫路文学館

兵庫県姫路市にある「姫路文学館」
白鷺城を臨むこの「姫路文学館」にて、先月11月10日から、

「宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。」

が開催されています。

44339437_2005727089484483_158184917

出品数は、約250点。
直筆原稿をはじめ、愛用品、関連資料・パネルが並びます。
詳しくは、 ← こちらをクリックしてみてください。

45863318_2230570143889922_419248509

実は、この初日の11月10日には、オープニングセレモニーがあり、宮本文学の熱烈なファン「テルニスト」を代表して、HN 「べーすまん」さんがスピーチをされています。

45875801_2230324827247787_259888760

ユーモアを交えながらの語り。
その場で聴きたかったな…

宮本輝先生は兵庫県神戸市生まれ。
1977年(昭和52年)に、デビュー作『泥の河』で第13回太宰治賞を、翌1978年(昭和53年)には、『螢川』で第78回芥川賞を受賞。

名実ともに、日本を代表するストーリーテラーとして、人間を見つめ、人間を描き続けることで、読者に 「人間のあたたかさと、生きる勇気」を湧き立たせ続けておられます。

今年は特に、1981年から書き始められた 『流転の海』シリーズが完結した年にもなりました。
37年という歳月を通して書き綴られた全9巻からなるこの大作は、宮本輝先生ご自身によれば、「ここには、人生の全てが書かれている」とのこと。

ちなみに、以前、拙ブログでもアップさせていただきましたが、この『流転の海』シリーズ全9巻の豪華本セットが、現在、新潮社から発刊・販売されています。

47686397_1373638429434438_450340054

限定300セット。増刷なし。

ただ…残部僅少となっているようです。お急ぎくださいね^^

さて、姫路文学館でのこの展示ですが…

会期  :  2018年11月10日(土)〜2019年1月27日(日)
開館時間  :  10:00〜17:00(入館は〜16:30)

休館日  :  毎週月曜日(*12月24日・1月14日は開館)、12月25日(火)〜1月5日(土)、1月15日(火)

観覧料  :  一般〜700円、大学・高校〜400円、中学・小学〜200円
               ・20名以上の団体は2割引き、 ・常設展示も観覧可

主催  :  姫路文学館 ← リンクしています。

☆ 本日12月8日(土)は、13:30〜15:40で、宮本輝先生原作の映画 『道頓堀川』の鑑賞会があります。 当日先着100名。

☆ 明年1月14日(月・祝)には、13:30〜15:30で、宮本輝先生のシルクロード紀行『ひとたびはポプラに伏す』の取材同行記者の北日本新聞社・大割範孝氏の講演会が。
こちらは、当日先着150名。

テルニストの間でよく語られることなのですが、宮本輝先生の作品は、1回ではなく、なんども読み返したくなる。再読したくなる。
苦しい時、辛い時、凹んだ時に、悲しみに沈んだ時に、その綴られた文章から「人間のあたたかさと、生きる勇気」を得ることができる。

宮本輝先生のお父様、お母様、そしてご本人がモデルとなっている『流転の海』に出てくる、松坂熊吾の名台詞があります。自分も大切にしている言葉です。

「何がどうなろうと、たいしたことはありゃあせん」

「自分の自尊心よりも、大切なものを持って生きにゃあいけん」

こんな時代だからこそ、ぜひ、一人でも多くの方々に観ていただきたいと思うのです。

45877063_2230570253889911_910897128

* 掲載の写真の内、2枚目、3枚目、5枚目は、テルニストのHN 作雄さんの手になるもので、転載を快諾していただきました。
 この場をお借りして感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

CLA関西 2009年度マスターコース同期会〜3回目〜

今月の初日の土曜の夜、日本カリグラフィースクール CLA関西 2009年度マスターコース同期会がありました。

工藤は…今回が2回目やと思ってたんですね…
でも、メンバーのみんなと話していると、どうも3回目らしく。
どっちにしても、自分のブログには記事にしてアップしているはず。
(1回書いたという記憶はありました)

で、検索して調べてみると…

・ 2009年度 CLA関西マスターコース同窓会。。。
             ↑
  こちらが1回目でした。

・ 2009年度CLA関西マスターコース同期会。。。
             ↑
  こっちのが2回目…

ほんと、今回が3回目でした。
でも、1回目のは全く記憶がありません…^^;

さて、同期会。
前回からやと6年ぶりってことになります。

メンバーは全部で10名。
この日の参加は7名。

めぐりん組長(みんな、彼女のことを「組長」と呼んでます)、えーちゃん、福ちゃん、くりりん、てるみん、まっきー、そして工藤。
月日が経ってても、みんな変わってません♪♪♪

そして、相変わらず、えーちゃんはよく笑う…

と、前回のブログで、自分、こんなこと書いてました。

↓ ちょっと見にくいんですが、クリックしてみてください^^

Img_8034

↑ これ、帰りの電車の中で検索かけて見つけたんですが、横に座ってたえーちゃんとまっきーに見せたら爆笑してました。 お腹が痛すぎるわ…
そんなところも変わってないメンバーさんたち♪

今回は、難波のタイ料理のお店へ。
めぐりん以外は初めてなので、あんまりよくわかってなかったようなんですが、多分…タイの「家庭料理」のお店なのかも?

頃合いの空間に、こちら側が「ゆるキャラ」よろしく緊張感無くアットホームな気持ちで居られたのが、なんともベストなセレクトでした。
出てくる料理も、ほんとにタイの家庭の晩御飯♪みたいで、何より楽しくいただけました^^

めぐりん組長、ありがとです♪

47478040_1372748349523446_726887738

47577763_1372748432856771_204005504

↑ ちなみに、これは「トム・ヤムクン」
工藤は苦手なんですが、ここのはすっごく美味しくいただくことができました☆
これなら、全部いただけます。

あっという間の2時間半。
よく食べ、よく飲み、よく喋り、よく笑った、ほとんど「女子会」な同期会(笑、男性は工藤だけですからね〜)

解散も、みんな笑顔で^^
てるみんさんは、前回同様、岡山から新幹線で来られ、終わったらそのままターン。
遠いところ、本当にありがとうございました。

次回はいつになるのかわかりませんが、「ともかく、みんな、元気でいようね〜」ってことで、再会を期しました。

それぞれのメンバーが、それぞれの場所で、それぞれの立場で、「文字」と「文字」のかけらたちと、これからも健やかな関係を築いていけますように♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

隠れ家のNoël 2018 @ f-Grace in 大東市

出張カリグラフィーレッスンで、「場」を提供していただいている、大阪は大東市住道にあるAtelier & shop の f-Grace さんにて、現在…

《隠れ家のNoël》 と銘打ってのクリスマスフェアが開催中です^^

47052467_1364947110303570_452178006

閑静な住宅街に位置する f-Grace さん♪

毎年開催のこのイベント、いつも思うのは、そのネーミングのセンスの良さ☆
多分おそらく、お店に入った方は《隠れ家のNoël》という言葉のもつ「空気感」みたいなものに、すぐに納得されることと思います。

それくらい、お店の雰囲気とぴったりの名付け^^

それだけではなくて、オーナーの朴木さんのものを選ぶ目の確かさ。
そして、ものを作るこれもセンスの良さと腕の確かさ。

現在、神戸の北野で開催中の『第8回異人館プリザーブドフラワーコンテスト』にも出品されてるんです♪

是非、行ってみてください。

そんな朴木さんのお店 f-Grace さんで《隠れ家のNoël》 でのほんの少しだけですが、アイテム写真を^^ (写真はオーナーの朴木さんよりお借りしております)

47681275_1372106422920972_483549775

47386524_1372106472920967_141283986

47578531_1372106429587638_486662978

f-Grace

住所  :  〒574-0062
         大阪府大東市氷野1-8-2 木全ビル104

TEL  :  070-6542-2099 (13:30 〜)

アクセス  :  JR学研都市線 住道駅下車 徒歩7分

mail  :  info@fleur-grace.net

LINE  :  ID … @sxw4087g

定休日  :  月曜日 (不定休で日曜、他、仕入れ等で急遽休みあり)

* 駐車場はありません。

47492745_1372117166253231_533240826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

STUDIO LETTER ARTS レターアーツ作品展 2018

明日からです。

47357565_1371365822995032_664615596

カリグラファー 清水裕子先生が主催する芦屋にある『Studio Letter Arts』の作品展、

    「レターアーツ作品展 2018」

が、明日から開催されます。

場所は、神戸・北野にある「GALLERY 北野坂

こちらの作品展は、スタジオ受講生と講師の先生方4名によるもの。

講師の先生方は…
・ 清水裕子先生
・ 岡本真樹子先生
・ 東井裕子先生
・ 小川百合先生

トラディショナルなカリグラフィー作品をはじめ、石に文字を掘ったり、メタル・刺繍等々、バラエティーに富んだ作品、約70点が並びます。

GALLERY 北野坂は4階建て。
2階から4階のそれぞれに展示スペースがあります。
安藤忠雄氏の設計による、その全てのスペースを使用しての作品展になっています。

晩秋の神戸でアートな時間を是非♪

レターアーツ作品展 2018 

場所  :  GALLERY 北野坂
住所  :  神戸市中央区山本通1−7−17 
              WALL AVENUE 2,3,4F
TEL  :  078-222-5517
HP   :  http://gallery-kitanozaka.com/index.html

日時  :  2018.12.5(WED)〜9(SUN)
              11:00〜18:00(最終日は〜16:00)

地図・アクセス  :   ← こちらをクリック^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

 「∞」という名前のチョウチョ

確か…最後に切ったのが8月やったと思います。

それ以来なので、4ヶ月ぶりになるのかな?^^;
チョウチョを一舞切りました。

1時間ずつを3日。都合3時間。

47193944_1369657173165897_198833336

「 ∞」という名前。
英語にすれば、「infinity」かな。

いつもなら、下絵なしでサラッとラインだけを引いて、あとは訥々と切っていくのですが、今回は、下絵を描いて切り、また下絵を描いて切りで進ませ…

どっちにしても、全体の下絵を描いてからってのは、やっぱり苦手です。
一応、チョウチョに関してはって限定ですが。
でも、描いては切り〜、結構楽しかったです^^

「無限大」

人間て、いろんなことほとんどが有限ですよね。
時間に制約があり、空間にも制約があり。
永遠に無限にやり続けていけることなんて、ほぼ無いのかもしれません。

でも、希望を持つこととか、夢を持つこととか、それは果てなく持っていける。

…と、思ってこの名前にしたのではありません(^◇^;)

名前は、いつもの名付けの名手が付けてくれました。

その、付けてもらった名前を見てて思ったことが上記のこと。

だから思うんです。
もっともっと、日々を大切にしていかないとなって。
誰がどうとか、あれがどうとかではなくて…
妬み恨みに身を縮めるのではなくて…

ユゴーの有名な言葉に・・・

“There is one spectacle grander than the sea, that is the sky; there is one spectacle grander than the sky, that is the interior of the soul.”

ってのがあります。

結局、海よりも空よりも大きな「内なる心」をどう使うのかってことなんだと^^

さ、明日も頑張ろう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

ウィークリーカリグラフィー 5

どうしても同じ失敗をしてしまうことってありますよね^^;

先週は、書けた〜!って思って見てみたら、インクが擦れたところがあって呆気なくボツに。
同じものを書く気力が無くて別のを書いてアップした週一カリグラフィーでした。

その、前回ボツになったのを今日は書き直しを。
が…また同じ失敗…
4行ほど書いたところで、そのすぐ上のところに「擦れ」が…
なんでなのか…(⌒-⌒; )

今日はでも、諦めずに気分を入れ替えて3度目の正直でやっと書き上げれました。

47305485_1369930996471848_224712438

南アフリカ共和国の詩人、オズワルド・ムブイセニ・ムチャーリ氏の言葉。

Poetry reawakens and reinforces our real, innermost strength ; our spirituality. It is the force that makes us decent people, people who are filled with empathy for those in need or pain, those suffering from injustice and other wrongs or societal ills.

「詩は、私たちの最も深い部分にある精神性という真実の強さを呼び覚まし、強固にする。それは、私たちを善良な人間にしてくれる力である。
苦しみ、助けを求めている人びとや不正義や社会悪に抑圧された人びとに対する同苦にあふれた人間にしてくれる力である」

あのネルソン・マンデラ氏も、獄中でムチャーリ氏の詩を読んで、大いなる精神闘争の糧にしていったそうです。

どちらも、アパルトヘイトに真っ向から闘った人権の闘士。
それだけに、ムチャーリ氏の翻訳物がほとんど無いのが寂しい限りです。
マンデラ氏のものは、それなりにあるんですけどね。
世界的にも有名な詩人の一人なので、淡いながらも今後に期待したいと思います。

後日、あらためてアップしますが、昨日は、日本カリグラフィースクールの2009年度マスターコース関西組の同期会がありました。
メンバー10名中7名の参加。
めっちゃ楽しい時間でした。

そのため…週一カリが一日延期で今日になりましたってことです(^^;;
ほんとは昨日やったので。
それと併せて、個人的な事情で、FB、Insta、Tw ともに、アップは明日以降でと思ってます。

12月突入。
今年もあと少しです。
やり残しないようにしないとですね…(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »