« 2月最初の2舞 | トップページ | オオゴマダラ »

2018年2月13日 (火)

久し振りの文字切り♪

久し振りにやってみました。

  ☆~ カリグラフィー×切り絵 ~☆

下絵に1時間。
切りに10時間半。
全部で、延べ7日間で11時間半。

楽しかったです^^

このブログではその工程を覚え書きとしてアップします。

先ずは文字書き。

20180204

There is always light behind the cloud.
 (雲の向こうは、いつも青空)

Louisa May Alcott の言葉。 『若草物語』で有名な方ですよね。

これを裏返して、文字の縁取り。
そして、カーボンを使って、切り絵用の用紙に写します。

20180205

これをベースにして下絵を。

20180206

下絵といっても…工藤の場合は結構というかかなりラフです(^^ゞ
かっちりと、描いた通りに切るってことも少ないので、それはそれでOKってことにしておいてください^^;

ここから、ハサミが登場して切っていきます。

2月7日(2時間)

201802074

2月8日(2時間)

201802081

ここまできて、困ったことが…

以前も同じことがあったんですが…
切り終わった部分、かなりふわふわしてます。
これ…指の先のささくれとかに簡単に引っ掛かって「プチッ」ってなる可能性が大。
どうしたらイイかと考えました。

で、思いついたのが、切り終わったところをコピー用紙で巻いてしまうってこと。

こんな感じです^^

201802092

↑の画像は、切り終え部分をカバーして、2時間切ったあとのもの。
この続きは、新たに切り終わったところを、あらためてカバーし直します☆
これなら、引っ掛かり破損を、ほぼですが、心配しなくていい。

問題は、カバーしたところが重くなってしまうので、ちゃんと持ってないとスルっと滑り落ちてしまうこと。
何回かやってしまいました(^_^;)
でも、慣れてしまうと落とさないように持つコツもわかってきます。

で、あらためて…

2月9日(2時間)

201802093

この日は、2時間を2回。

後半の2時間切りのあとは…

201802095

ここまで到達^^
あと少しです。

2月10日(2時間半)

201802105

無事にラストまで♪

このあと、上下部分の縁を切り落とします。
左右はギリギリサイズでやりましたので、このまま。

完成したものをアクリルフレームに入れたのがこちらです☆

201802114

これにライトを当てると…

201802113

201802115

201802116

思っていた以上な出来になってて、切った当人も嬉しかったです♪♪♪

先方には無事に届いたようでもあり、とりあえずホッとしています。
あとは、喜んでもらえてたら、さらに嬉しいんですけどね^^

というわけで…
ちゃんと「黒」ものも切るでしょ? 笑笑

ちなみに「2時間」というのは、切り絵の師匠の蒼山日菜先生が、「2時間切ったら、必ず休憩するように」と、以前云われてたので、それを素直に実行したものです。
たいてい、「キリ」のいいところまで切り続けてたんですけどね、これまでは。
でも、「2時間」枠を設定したことで、メリハリがついて、よかったと思います。

1月から切ってきたチョウチョたちも「2時間」枠の設定をしてましたが、実はこれも一つの理由でした。

それから…今年に入っての「切り」は、どういうわけか、ハサミを持った瞬間から集中出来ています。
不思議なくらいです。

以前も書きましたが、去年はほんとに作品を思うように切れませんでした。
何かがはじけたような感…というか、何かのタイミングの融合みたいなものが自分の中にあったのか、今のところ、いい空気感の中で切り続けられています。

この流れ、絶やしたくないですね。

一段落のあとは、また「黒」ものです^^

頑張りますね♪

|

« 2月最初の2舞 | トップページ | オオゴマダラ »

アート」カテゴリの記事

カリグラフィー」カテゴリの記事

切り絵」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204032/66390069

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの文字切り♪:

« 2月最初の2舞 | トップページ | オオゴマダラ »