« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月20日 (水)

to & from Susan in Hawaii とカッパープレート体の原点。。。

facebook の自分のプロフ画像のアーカイブに、13年ほど前?^_^;に書いた、カッパープレート体の修了作品をチラッと置いています。

書いてある内容は、MLKの「I have a dream」スピーチのラストの部分。

8月の末、それを見られた、ハワイ在住の Susanさんという方からメッセージをいただきました。

「売ってほしい」
「いえ、これ、生徒時代の作品なので、売れないんです」
「コピーできます? 私、それ買います」
「コピーならイイですよ^^ お金はいただけませんので結構です^^」

だいたい、こんなやりとりでした。

かなり多忙な日常だったので、時間のやりくりをしつつ、さすがにコピーだけでは送れないし…っていうことで、たまたま京都へ行く用事があったことも幸いして、お土産屋さんで〝これぞ、京都!〟って雰囲気のハンカチを2枚購入。(あー、写真撮り忘れ~)

それを同梱で送らせていただきました。

ハワイって…EMSやなくても、郵便、2日で着くんですね^_^;
その早さに驚きました。

コピーは3枚入れさせていただいたんですが、ハンカチのことも併せて、思った以上に喜んでいただけました^^
よかったです。

で、昨日、今度は、そのSusanさんから贈り物が届きました。

21617778_1077762099022074_773034444

ハワイのコーヒーとキレイな写真入りの定規、そしてグリーティング。
定規はよく使います。
部屋には7~8本くらいあるのでは?(^^ゞ

大事に使わせていただきます。

Thank you so much, Susan. ♪

戴いたコーヒー…豆やったんで、手動式ミルを買いに行かなければ。。。
去年やったかにどなたかのブログで、コーヒーを豆で購入して、それをマニュアルミル~ペーパーで飲まれてて、いいな~と思ってたのを思い出しました。
折角の機会でもあるので、どこかで見つけてこようかと思います^^

というわけで、そのカッパープレート体です。

カリグラフィーのことを知ったのは、亡き職場の先輩との会話の中で出てきたそのものズバリ「カリグラフィー」という単語でした。
当時は何のことかわからなかったんですが、何故か頭に残ってて…

その後、鬱を患った辛い時期に、重い身体を引き摺って、たまたま本屋へブラッと行った時に見つけたのが、小田原真喜子先生のカリの独習本。
ここで、先輩との会話に出てきた「カリグラフィー」という単語がリンクしたんです。
何の気なしに手にとって見てみると…その瞬間に「これ、やってみたい」っていう思いが発火。

鬱で、何のやる気も湧いてこなかったときに「やってみたい」って思えたものが「カリグラフィー」で、中でも「カッパープレート体」という書体の流麗さに一目惚れをしたような感でした。

それから紆余曲折を経て、CLAの心斎橋教室(当時)へ通い~現在に至る。。。です^^
だから、カリグラフィーには、恩義があるんです。

通い始めて3書体目がカッパー。
修了作品で書く文章は、結構前から決めていたような…

Fullsizerender_3

レイアウトも、左端出だしは、縦に見ると「波」型になるように。
長い文章なので、2重に色を変えて書く。
斜めに書く部分は、それなりに文字の大きさを変化させる。

Fullsizerender_4

記憶力は平均よりも相当悪いんですが、この修了作品を見ていると、あれこれと思い出してきます^^

ところどころ、傾斜の揃ってない部分もありますが、自分の書いたものながら、キレイに書けとうなって思います^^
正直…今現在より上手です…(-_-;)…悔しい…

忙しい日常の中、イタリック、カッパー、苦手なローマンの3書体を、一日に一つの書体をA4サイズ1枚分だけ練習することを続けていますが、よきタイミングで、自分なりのカッパーの原点を思い出させていただいたように思います。

これまた、今日から、また新たな気持ちで^^

今日は、おとめ座で新月です。。。

  Let freedom ring from the prodigious hilltops
  of New Hampshire.
  Let freedom ring from the mighty mountains
  of New York.
  Let freedom ring from the heightening
  Alleghenies of Pennsylvania !
  Let freedom ring from the snow-capped
  Rockies of Colorado !
  Let freedom ring from the curvaceous
  slopes of California !
  But not only that. Let freedom ring from
  Stone Mountain of Georgia !
  Let freedom ring from Lookout Mountain of
  Tennessee !
  Let freedom ring from every hill and molehill
  of Mississippi !
  From every mountainside, let freedom ring.

  When we allow freedom to ring, when we
  let it ring from every village and every hamlet,
  from every state and every city, we will be
  able to speed up that day when all of God's
  children, black men and white men, Jews and
  Gentiles, Protestants and Catholics, will be
  able to join hands and sing in the words of
  the old Negro spiritual, "Free at last! Free at last!
  Thank God Almighty, w are free at last!"

  自由の鐘を鳴り響かせよ、
   ニューハンプシャーの巨大な山の頂から。
  自由の鐘を鳴り響かせよ、
   ニューヨークの壮大な山々から。
  自由の鐘を鳴り響かせよ、
   ペンシルバニアの高くそびえるアリゲーニーの山脈から!
  自由の鐘を鳴り響かせよ、
   コロラドの雪をいただくロッキーの山脈から!
  自由の鐘を鳴り響かせよ、
   カリフォルニアの美しい曲線を誇る山の斜面から!
  いや、それだけではありません。
   ジョージアのストーン山からも、
   鳴り響かせよ、自由の鐘を!
  自由の鐘を鳴り響かせよ、
   テネシーのルックアウト山から!
  自由の鐘を鳴り響かせよ、
   ミシシッピーのすべての丘、小さなモグラ塚からも!

  すべての山脈から、自由の鐘を打ち鳴らすならば、
  すべての村やすべての集落から、  
  すべての州やすべての都市から、
  自由の鐘を鳴り響かせておくならば、
  神の子すべてが、黒人も白人も、ユダヤ人も非ユダヤ人も、
  プロテスタントもカトリックも、手を取り合って、
  昔からあるあの黒人霊歌の歌詞を口ずさむことのできる日の
  到来を早めることができるでありましょう。
  「とうとう自由になった! とうとう自由になった! 
  ありがたや全能の神よ、
  われわれはついに自由の身になったのだ!」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

『第2回レース切り絵ワークショップ@京都・三条 Café Chocolat』のお知らせ。。。

蒼山日菜先生のレース切り絵認定講師として、切り絵仲間・関西組のtomokaさんが、京都・三条のカフェ・ショコラさんにて、2回目のワークショップを開催することになりました。

前回は、ケーキセット付き^^
今回は、ランチ付で行います。。。

午前11時30分よりのスタート♪

新しい事にチャレンジしてみたい方
以前からレース切り絵が気になってた方
経験があるけれどご無沙汰..この機会にまた始めてみようかな~と思われている方

未経験の方でも、フェミニンtomokaさんが、丁寧にご指導させて頂きます♪

一緒に、蒼山日菜先生の図案をチョキチョキ楽しんでみませんか?^^

1名様からお友達同士等々、お誘い合わせの上お気軽にお越し下さいませ。。。

Fullsizerender_6

ワークショップの詳細は下記をご確認下さい。

★★★===========================★★★

【日程】 2017年9月29日(金)

【時間】 11時30分〜14時30分
  •11:30〜13:30 レース切り絵
  •13:30〜14:30 ランチ

このタイムスケジュールで進めていく予定です。

【場所】 Café Chocolat (カフェショコラ)

①地下鉄東西線 「京都市役所前駅」ゼスト7番出口より徒歩5分
②阪急「河原町駅」9番出口より徒歩10分
③京阪本線「三条駅」6番出口より徒歩10分

【講師】 Tomoka Kubomi

【料金】 4,212円(税込) ランチ付 です

【お問い合わせ・お申込み先】下記よりお願い致します。

Café Chocolat(カフェショコラ)
 TEL : 075-211-2357

 〒604-8082
 京都市中京区三条通御幸町東入弁慶石町56番地 1928ビル2階

URL : http://cafechocolat.mobirth.com/

☆☆☆===========================☆☆☆

ご質問等ありましたら、tomokaさんへ直接お問い合わせいただいても構いません。

Instagram : tomoka_kirie
mail : tomokakirie.68★gmail.com ★部分を「@」に変換してくださいね^^

どうぞ、よろしくお願いいたします^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

悲喜交々。。。(63)

百日紅
頬紅染めて
下駄の音

黄金色
征く陽の先の
未来かな

美しの
照る波 月夜の
雲居かな

(以下4つ、工藤は行ってませんが「志国=四国」シリーズ^^)

煌々と
月みち(道と満ち)往きて
志の国の

鈴立ちに
想い遥かと
志の国よ

ともに征く
萌える志国に
風さやか

大なりし
福湧き出ずる
志国道

(以下3つ、「彼岸花」シリーズ)

朱に泣く
悲恋 恋ふ人
彼岸花

空見上げ
泣くに堪えて
曼殊沙華

燃え尽くも
叶わぬ恋か
彼岸花

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

蒼山日菜先生ブランドブティック『L'autre Chambre』。。。

切り絵の師匠でもある、レース切り絵作家・蒼山日菜先生のブランドブティックがオープンしました。

https://hinaaoyama.amebaownd.com/

ちなみに…facebookでのページはこちら↓↓↓

https://www.facebook.com/lautrechambre/?pnref=story

21314851_1070767879721496_728876099

昨年7月、諸般の事情により閉店となった『蒼山日菜ブティック』…

その年末に蒼山日菜先生が起業、会社を立ち上げられ、この度、『L'autre Chambre(ロットル シャンブル)~別の部屋~』として完全新装オープンしました。

旧ブティックの閉店以降、多くの生徒さんや蒼山日菜先生のファンの方々が、首を長くしてお待ちかねであった「物販」のページ。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜

切り絵用紙
切り絵パーツ
HAリボン
ペーパーランプ
ボタニカルランプキット
グリーティングカード&マスキングシールセット
そして、白磁・陶器用の転写紙 等々。。。

〜☆〜☆〜☆〜☆〜

ラインナップは、これからも増えていく予定です^ ^

不定期ですが、メールマガジンもできました。
こちらは、official website からお申し込み出来ます♪
是非。。。

専用ハサミをお持ちの方々には、メンテナンスも受け付けております^ ^

切り絵教室のスケジュールにつきましても、レッスンカレンダーを作成しております。
要チェックです♪


尚…ご要望度が一番高いと思われる、蒼山日菜先生プロデュースの切り絵用ハサミにつきましては、一カ月の作成本数が限られているため、現状では、切り絵教室にご参加の方を優先で予約を受け付けさせていただくという形式になっております。
ご容赦くださいませ。

facebookページでは、数量限定のアイテムの紹介もされています。
アカウントお持ちの方々、覗いてみてくださいね(^.^)

やっと酷暑の夏も終わったようで、風が爽やかに、空も高くなってきました。

アートの秋到来でもありますね^ ^

皆さまの芸術の秋が、素敵なる時間と空間でありますように♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

はじめての蒼山日菜レース切り絵@朝日カルチャーセンター・くずは教室。。。

昨日、ちらっと紹介させていただきましたが、来月10月より、朝日カルチャーセンターくずは教室にて…

「はじめての蒼山日菜レース切り絵」

として、蒼山日菜先生監修の認定講師の立場で、切り絵教室を担当させていただくことになりました。

1日体験講座と2回講座があります。

☆☆☆

1日体験講座(1回)

21317704_1071387162992901_664521151
21414665_1071458152985802_646715928

日時 : 10月27日 金曜日 AM 10:00~12:00
受講料: 会員・・・3,240円
      一般・・・3,672円
教材費: 1,728円
講師 :  工藤祐輔

持ちもの : 作品を持ち帰る用のクリアファイル
        筆記用具
        ホチキス
        お持ちの方は蒼山日菜レース切り絵用ハサミ
        ハサミをお持ちでない方には、無償レンタル有り

スクール詳細 :  ← クリックしてください^^

☆☆☆

2回講座

21369319_1071028669695417_713672265

日時 : 11月24日 金曜日、12月22日 金曜日
       AM 10:00~12:00
受講料: 会員・・・6,480円(2回分)
教材費: 3,672円(2回分)
講師 :  工藤祐輔

持ちもの : 筆記用具、
         ものさし(15センチ位)
        太さ1mmくらいのペン
        ホチキス
        クリアファイル
        蒼山日菜レース切り絵用ハサミ(お持ちの方のみ)
        ハサミをお持ちでない方は、無償レンタルあり
        持ち帰りレンタルご希望の方は、別途、レンタル料
        として2,160円を講師にお支払いください。次回講座ま
        での分となります。(*破損の場合は、補償金8,500円
        必要)

* この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

スクール詳細 :  ← クリックしてください^^

お申し込みは、双方ともに、朝日カルチャーセンターくずは教室へお願いいたします。

TEL : 072-852-1500
URL : https://www.asahiculture.jp/kuzuha

お申し込みについては、初心者の方・経験者の方、どちらでもお申込み可能です。
経験者の方につきましては、ハサミの有無とともに、これまでの教室参加の回数を、受付のほうへお申し出いただければと思います^^

尚。。。
現在、カリキュラムを整備しております。

・切り絵をやってみたい方、楽しみたい方
・認定講師ライセンスを目指す方…教えることが可能となります
・ディプロマを得たい方(教えることは不可、記録としての完了証明書発行)
・蒼山日菜先生と一緒に展示を目指す方

以上を大枠で考えております。
詳しくは、教室内にてご案内をさせていただきます。

皆さまのご参加、お待ちしております♪

最後になりましたが…

ここに至るまでさまざまに薫陶していただいた、師・蒼山日菜先生に、あらためて感謝を申し上げます。
今後とも、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

蒼山日菜先生認定講師@朝日カルチャーセンターくずは教室へ向けて。。。

ここ一カ月間、準備に追われてきました。
まだまだ、やっておかないとってことや、確認事項が結構あって、今のところ…頭の中は嵐が吹いている状態です。。。^_^;

10月より、切り絵の師であるレース切り絵作家・蒼山日菜先生の監修を戴いた認定講師として、朝日カルチャーセンター・くずは教室にて、

『はじめての 蒼山日菜レース切り絵』

として、切り絵教室を担当させていただくことになりました。

振り返れば…mixi(古い?^_^;)時代の所謂「ミクトモ」さんから、蒼山日菜先生のことを教えてもらったのが、2009年の7月。

そのすぐ後に神戸にて開催された『神戸アートマルシェ2009』にて、日菜先生の実物作品を初めて目にしたのが、9月4日。
ただただ感動でしたね。

一年後、岡本のカフェでの日菜先生のWSに参加。
20名くらいの方々が来てはりましたが、男性は自分だけで^_^;
ものすごく緊張したことを覚えています。

その時、切ったのがこれ。。。

100731_184852_2

100817_000346_2

今も大切に飾ってます^^

ハサミを申し込んだのも、この時でした。

同じ年の12月に、朝日カルチャーセンター中之島教室であった日菜先生の切り絵教室に参加。

それ以後の切り絵教室には、全て参加し続けてた唯一の男性は自分だけです^^
これは秘かな自慢かな。。。^^v

日菜先生には、随分と弄られましたけど(^^ゞ

2013年の新年、蒼山日菜先生よりお声をかけていただき、東京・代官山のARTSRUSHでの作品展に初出展。

こちらがその時の作品です。

P1020413

この時より、蒼山日菜先生に師事。

以後、いくつかの作品展を経つつ、昨年末よりアシスタント~現在に至る…となります。

一度、きちんと経歴を整理しておかないとって思っています。
作品たちも整理整頓されてませんし^_^;

ともかく…
初めて、日菜先生の作品を目にしてからまる8年。
WS初参加よりまる7年。

師事してからは、弟子メンバーの中ではたぶん一番怒られたと自覚しています。
その度に、に食らいつく思いで求道の心でもって作品に取り組んできました。

カフェにて懇談のとあるとき、日菜先生から云われたことがあります。

「工藤くんて、叩いても叩いても起き上がってくるよね^^」

自分にとっては最高のこの言葉、忘れたことはありません。

この時の思い・気持ちを大切にしつつ、来月から始まる予定の切り絵教室に取り組んでいきたいと決意しております。

頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

今月も京都から。。。

昨日は、京都へ。

今月も月初めから京都入り。
苦手な京の都も、ほんとに苦手では無くなってきているのが不思議です。
「慣れ」とかではなく^^

その昨日は、切り絵仲間の真司くんの切り絵教室のアシでした。
と云っても、後ろから見てただけですが(^^ゞ

教室のことは、真司くんのブログにお任せをして、自分は写真紀行を。。。

すごくイイ天気でした。

21272627_1069115189886765_491165121

21192708_1069115193220098_408405311

↑ 電車のことはよくわからないんですが、有名なんですかね?
写メ撮りしてはる人数が多く…
なんか、自分もせなアカンのかなって空気が流れてたので、一枚撮ってきました(何と主体性の無い…爆)。

21230840_1069115203220097_785191572

↑↓ 実と虚と。。。

21271342_1069115266553424_641394794

教室はエアコン効き過ぎで寒かったんですが、外は風がさわやかで、まさに秋の入りそのものの心地よさでした。

終了後は、軽くランチへ…ってマクドですけど^^;

21272624_1069115199886764_397536548

↑ 途次に見つけた、「オードリー・ヘプバーン写真展」の案内。必ず行きます。

一服後、一条戻り橋・安倍晴明神社へ向かいました。
今年2回目になります。

21193021_1069115269886757_676843923

21192604_1069115273220090_896386990

21192573_1069115326553418_464302612

↑ 月と。。。

21270888_1069115276553423_894171802

↑ 日と。。。

21192259_1069115329886751_334179768

21192095_1069115353220082_292055273

この龍、好きで。。。^^

21231899_1069115403220077_816984530

21231688_1069115406553410_490769530

↑↓ 桔梗が咲いてました♪

21192327_1069115429886741_504278069

21314500_1069392606525690_377314345

↑前回来た時と、たぶんほぼ同じ光景だと…

ここから、三条へ移動です。

21231164_1069115503220067_307142838

↑↓ 錦市場♪♪♪

21231556_1069115506553400_784226136

あれこれ眺めながら通り抜け。
やっぱり、外国人の姿が多かったかな。

ここのひとごみは、どういうわけかイヤではありません。
梅田とかなんばのは苦手なんですけどね。

ふと…芥川賞作家の宮本輝先生が書かれた『三十光年の星たち』っていう小説を思い出しました。
錦市場が出てくるんです^^

その『三十光年の星たち』のあとがきに、宮本輝先生がこんなことを書かれています。

「人間には、何らかの支えが必要だ。とりわけ若い人は、有形無形の支えを得て、難破船とならずに嵐をくぐり抜ける時間が必ずある。だが、いまのこのけちくさい世の中は、若者という苗木に対してあまりにも冷淡で、わずかな添え木すら惜しんでいるかに見える。
わたしは『三十光年の星たち』で、その苗木と添え木を書いたつもりである」

一人の青年の中に見つけた小さな光を信じて、真摯に育てようとする「大人たち」と青年たちの物語です。
自分もまた、若い人たちのささやかながらでもの支えになれたらと思います。
また再読しようっと^^

三条でちょこちょこ寄り道をして、梅田へ戻ってきて見た西の空がこれ。。。

21272138_1069115523220065_759026107

21230831_1069392603192357_499029399

天使の梯子がキレイに出てました。

前途へ向かう光やったらイイなと。。。^^

ということで、今日もまた、one step forward ☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ