« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

カリグラファー 前田祐加さん個展。。。

大阪を中心に活躍されている、カリグラファーの前田祐加さんが個展をされます。

前田祐加さんといえば、瞬時に、カッパープレート、スぺンサリアンが浮かぶ方も多いはず。

先日、大盛況で終了した『カリグラファーズ・ギルド展』関西展でも、スぺンサリアンのデモをされてました。(観たかった…)

工藤にとっては、ギルドの先輩でもあります^^

その前田祐加さんの個展のテーマの一つは『薔薇』
季節的にゲットしにくい「赤いスプレーバラ」を、かなり苦心して取り寄せたところにも、個展に向けての熱い想いが伝わってきます。(この時期には、ほんとに難しいんです。ご存知の方にはよくわかるはず☆)

個展では、上記のカッパープレート、スペンサリアンに加えて、もちろん他の書体の作品たちも。。。

数年前のものから近々に至るものまで展示されるそうで、祐加さん のカリグラフィーの変遷をも垣間見ることが出来るかもしれません。

内容も濃いです。。。
楽しみです^^♪

DMもセンスが良くて、素敵なものになっています。
手元に無い方、是非、会場でゲットしてきてください^^

Fullsizerender_11

☆前田祐加さん カリグラフィー展☆

【会期】2016/9/29(木)~10/9(日)

木金 13:00~20:00 土日 11:00~18:00
10/3(月)、4(火)、5(水) Close

【会場】Galerie 6C

西宮市南越木岩町9-5 パルレ苦楽園3F
TEL 0798-61-6131

※駅前のパン屋さんがあるビルの裏にまわり、
 階段で3階にあがってください。

Fullsizerender_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

『カリグラファーズ・ギルド展』関西展 終了。。。

今月13日から18日まで開催された『第7回カリグラファーズ・ギルド展』関西展。
先日、無事に終了となりました。

過去最高の270点の作品群は、ほんとに圧巻でした。

会場となった京都文化博物館まで足を運んでくださった全ての方々、搬入・搬出に携わってくださったギルドの先生方、デモ・運営・当番の担当として頑張ってくださった、これまたギルドの先生方、そして、遠方より声援・応援を送ってくださった全ての方々に、この場をお借りして感謝申し上げます。

ありがとうございました。

そしてまた、会場管理・運営・警備の職員の皆さま方にも、感謝申し上げます。

次は…2年後。
変化の激しい世情の波がどうあろうと、手書き文字のぬくもり・あたたかさというものは、洋の東西を問うことなく、これからも求められているものと信じています。

自分もまたギルドのハシクレとして、ひとつの節目となる2年後へ向けて、日々精進していきたいと心に期しております。。

さて…
自身の作品ですが…

今回は『星の王子様』の名文を、元本のフランス語と英訳されたものの併記という形で書かせていただきました。
書体は、ゴシサイズドイタリック。

相変わらず…額は使いまわしです^_^;

14391013_856173584514261_8374776950

13245217_856173341180952_1023314363

14322448_856173251180961_3021503138

キャプションは、以下の通り。。。

   ~☆~☆~☆~

星は目で見えるけれど、大切なものはもちろん、星空の向うにあるものも、心で見なければ見えないのではないかな…
その気持ちに近いものを、ものすごくシンプルに表現してくれているのが…
Antoine de Saint-Exupéry『Le Petit Prince』 (英訳版は『The Little Prince』 
河野万里子さんの訳文が好きです。

「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。
いちばんたいせつなことは、目に見えない」

(新潮文庫版『星の王子さま』)

心で見るためには、汚れていく心を勇気でもって磨き続けるしかないのかもしれません。それは、イヤになるくらいの労作なのだと思うのです。

上側はフランス語。右下は英語。
大好きなゴシサイズドイタリックで。

星は動いてないようでいて、ものすごいスピードで動いている。
宇宙には宇宙の流れがあるのだと思います。

ドットで書いた天の川もどきで、それをささやかながら表現してみたつもりです。(苦笑)

   ~☆~☆~☆~

イヤになるくらいの労作は、イヤやからって逃げてしまえば、その向こうにあるものは見えることはないと思うんですね。
大事なことからは…心が弱ければ逃げてしまうもの。
自分にどれだけ言い訳して取り繕っても、逃げはどこまでも逃げでしかない。
そうならない人生でありたいと思います。

7月の末以降、いろんなご縁をいただいて、カリグラフィーの講師をさせていただいています。
原点に戻って、復習しながら、自分の初期の頃のことを思い出しながら、あらためて勉強させていただきながら、一つ一つのクラスで生徒さんたちと共に楽しい時間と空間を創らせていただいています。

その流れの中で、一人でも多くの人たちがカリグラフィーに触れていただければと思っています。

そして、次は…切り絵です…(;・∀・)

がんばりま~す。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »