« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月23日 (火)

to Andrew and Kerry in Hong Kong 。。。

香港に住むFB友人(なので、会ったことはありません^^;)である、Andrew TsangとKerry Sze。

昨年の12月に、AndrewがKerryに正式に屋外路上プロポーズを。
その模様をタイムラインに流してはりました^^
サプライズでびっくりのKerryからOK出て、友人たちがその場で祝福の演奏を♪
なんとも素敵な光景を見せてもらいました^^

Andrewに、すぐに「おめでとう!」メールをしたところ、年明けて2月の21日に予定のWedding Partyに、カリグラフィーで何か描いて欲しいとの希望を伝えられました。

じゃ。。。ってことで、Partyのウェルカムボードを描く約束をし、その後、年明けてから、色決め、レイアウト等々のやり取りを続けてました。

ただ、先だってアップした「結婚記念日の切り絵」があったので、取りかかりはそれが終わってから…

時間的に、相当アップアップになるのは目に見えてたんですが、ほかに調整の仕様もなかったのは、正直ヘビーでした。。。^^;

でも、結果的に一切何も手を付けてなかったのが良かったというか…

つまり…件の「結婚記念日の切り絵」作品をアップしたところ、Andrewから、「切り絵で出来ませんか?」との連絡が入ったわけです(^^ゞ

仕様変更です☆☆☆

これが、今月の5日**

もうね。。。 ほんとに悲鳴を上げながらの二つ返事でした。。。(爆笑もしてました)

その翌日から、正式に取りかかり…

では、前回、一部で(あくまで一部ですけど…笑)好評だったメイキングを。。。

まずは文字書きをして、前回同様、カーボン紙を使用して、それを本体用紙にトレース。
そして模様入れ。

001

で、切り始めたものの…

今回は、所謂「橋桁」になる部分を最小限にしたので、切るのが怖い怖い…++

002

003

004

005

ちょっとでも、例えば、指のささくれにでも切った部分が引っ掛かるようなことがあれば、それでもうおしまいです。
細心の注意を払いながら、切り進め…

006

こうして、メイン部分が切りあがったのが、14日くらいやったでしょうか。
(16日には発送しないと間に合わないんです…苦苦苦)

次は、本体の外枠に絡ませる蔓草を切り…これは至って簡単^^
セッティングすると、こんな感じです。

007

ラストは、チョウチョを9枚。
が、チョウチョたちを写メるの忘れてて…残念です。
でも、1舞1舞気合いと愛情と友情を込めて切らせていただきました^^

完成の図がこれ♪

109

207

文字部分本体はパープルで。
これは、Kerryの好きな色だそうです。

バックのピンクは、元々カリグラフィーでボードを作成することになっていた際のAndrewからの希望カラー。

これでご要望に沿えたかな^^

16日の未明に額装・梱包。そして午前中に発送。
18日には到着してたみたいです。

そして、21日のパーティーは大盛況のもと、お二人の新しい人生のスタートがきられたようです♪
その大切な場に色を添える端役として、自分のプレゼント作品が役に立てたこと、また、そういう機会をいただけたこと、感無量&感謝です。

Andrew、Kerry、末長く仲良くお幸せに♪

      ♡ Happy Ever After ♡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

今年最初の切り絵チョウチョ。。。

今年初のチョウチョを切りました^^

色をどうするか、かなり悩み…
が、図案は、贈る先のことがよくわかっているので、思ったよりもス~っと描けたかな^^

2016年の一舞目なので、やっぱり…少しくらいは去年までと違うことを入れ込みたかったので、それもやってみました。

~☆~ twinkle little princess ~☆~

12688105_740873646044256_2479306052

上翅と下翅の両方に❤の花びらの花を1つずつ入れたのと…

12662539_740873659377588_6423952823

ターナーの101番ゴールドライトの金粉を少し振り付けてみたのが、自分としての新しい試み。

スプレーのりを自分の身長くらいの高さから振りまいて、同じく金粉も同じ高さからサラッと落としてみました。(出ないと「ダマ」になってしまいそうで…)
無事に成功したので安堵。。。

12688030_740873676044253_8643968396

太陽さんの光があたったら、少なからずキラキラすると思います。
だから≪twinkle≫。。。

前項の記事でアップした「結婚記念日の切り絵」を終えてすぐ、今度は、香港の友人が21日に結婚式があるのですが、その式の端役になる切り絵ボードを作成しないとアカンくて、現在、超度級にヘビーな日々。(今、まさに作成中です^^;)
なので、このチョウチョを切るのに空けれる時間が1日しかなく(^^ゞ
もう、どうなるかと思ってましたが、無事に切り上げることが出来ました。

そうそう、その先日の「結婚記念日の切り絵」 ですが…
先方さまにとても喜んでいただき、お礼のメールまでいただきました。
敬愛する芥川賞作家・宮本輝先生ゆかりの富山の方なのです。

このチョウチョも、届いた先で歓迎されているかな。。。
喜んでもらえてたら嬉しいです^^

さて、香港送りの作品の続きをやります。
今夜は徹夜ですね、多分…(;^ω^)
明後日の朝の発送を目指します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

結婚記念日の切り絵。。。

「結局、人生は出会いに尽きるものかもしれない。」

尊敬する教育者・林竹二先生の言葉です。

どんな出会いにも偶然はなくて、どんな出会いにも、その時にはわからずとも意味があると思っています。
だから、1つ1つの出会いは、可能な限り大切にしたい。

ひょんなことで出会った方がいました。
それからしばらくして結婚されることになり、その報を耳にしたとき、とても嬉しくて^^
調子に乗って、それなら記念に切り絵のプレゼントをしてあげます♪とか何とか云うてしまいました^_^;

一昨年、二人だけで挙式。
年が明けて入籍。
それが2015年1月16日。

12592210_738458532952434_6928397540

ほんとはもっと早くに出来ているはずでした。
が、不甲斐ないことですが、昨年6月7月の2カ月にわたって体調が最悪の時期があり、その期間のことが全て先送りに…
このお二人のことも先延ばしになってしまいました。
ほんとに申し訳ないです。

その後は、自分の体と相談しながらいろいろとこなしていましたが、何とかクリスマスに。。。と思って準備をしていた矢先に、種々事情ありて年明けからの創作になった次第です。
出来るなら、1月16日に間に合わせたかったけれど、思った以上に時間がかかってしまいました…
(当初は5日で切り上げる予定が、結局、全行程で2週間近くかかってしまったなりです)

今回は…メイキング…というものをやってみました^^
写メ撮りメイキングですが。。。

先ずは、文字書き。。。
カリグラフィーをやっているので、こういう時は「自分」が便利やなって思います^^

12662698_738467219618232_6595916770

名前は大きめに変えて…

12651208_738467239618230_2418826828

カーボンで逆に用紙へ落とします。。。

944089_737810619683892_528456682168

次は、文字の周りへ模様入れ。。。

葉っぱと、桜の花びらの連鎖^^

12662559_737810663017221_4262873356

切り始め~

12654212_737810703017217_4588208019

12650813_737810729683881_2127890421

12661983_737810746350546_5041267636

12662522_737810763017211_6121313356

↑ ここらあたりから、切る順番を間違えてしまい、↓ のごとく切っている際は、もうヒヤヒヤものでした…(~_~;)

12651118_737810769683877_2752321017

12651204_737810809683873_7179532063

で、取り合えず切り上げ^^
ここから調整です。。。

12643035_737810823017205_1104097066

右側半分の葉っぱの密度が高かったので、文字との橋げたも外しながら、葉っぱは60枚くらい切りおとしました。

そして、完成♪

12644877_738458412952446_2064844483

約束してから一年以上も経ってしまいました。
期限を切るのがイヤな工藤とはいえ、いつもいつも待っていただくことが多く、ほんとにそろそろ汚名返上しないとね…(;^ω^)

アクリルフレームへ。。。

12647443_738458502952437_4366998890

12417648_738458519619102_6279626044

Tomoくん、Ryokoちゃん、 遅くなってしまったけど、頑張って切ったよ~^^

お幸せに♪♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

雑感。。。(3)

雑感というか、悲喜交々の散文編というか、覚書というか^^;

昨日アップした、濱田邦子先生のカリ作品。
実は、個展で目にしたとき、なんとなくどこかで見たような記憶がありました。
今日も朝起きてからずっと考えてたんですが、もしかしたら、2014年の個展で出しておられたものかも?
次回、機会があったらお訊きしようと思います^^

カッパー練習は、1月一カ月、一日も休むことなくできました。
ほんとにどうなっている?(笑)
よく続いたと思います。
でも、目的の「癖の矯正」には、まだまだかかりそうですね。
「癖」っていうのは、どうにも抜けないものだということ、あらためて感じ入っています。

人間、その「命」にも「癖」があって、それを「命の傾向性」って云うんですが、性格とはちょっと違うこの「命の傾向性」もまた、変えるには相当な努力が必要。

ただ、この観点から他人を観ていると、その人その人の言動の向かうところが見えてきて、それはそれでおもしろい時があります。
見てて哀しくなることもありますが。

折角、イイ按配に流れを創ってきたのに、「つい」いつもの「場」へ揺り戻しをしてしまって、また一から…ってことも多々。
勿体無いな…って。

賢人は安きに居て危うきを嘆き、佞人は危うきに居て安きを嘆く…の云いなのか…

ただ、自分のこととなると、おもしろい、哀しいでは済まない。
ざっくりメスを入れて激痛を感じるくらいにでもしないと、その「癖」は直らないものだと思います。
わかっていることであれば、余計にそうなのだと。

そういう意味もあって、年明けからカッパーの練習を休まずに続けてみようと思ったわけでもありました。

月が変わったこともあり、今月からは、xハイト5ミリと4ミリとで半分ずつ練習。
とにかく「矯正」(^^ゞ
楽しんでやってます♪

しかしながら…昨年末から切り絵を、年始からそれに加えてカリ、他にもちょっといろいろとで、何しか寝る時間が無い状態で、平均したら4時間切ってます、睡眠時間。
徹夜も一回してますしね。
いつ寝込んでもおかしくなかったのですが、月末まで何とか持ちこたえてくれて、ひととおり、1月でやっておくと決めたことはほぼ完。

それもあってか、31日にダウン…(;^。^A
翌2月1日はフラフラ~としてました。
(今日はもう元気です♪)
たまたま連休でよかったーーー><

明日(今日ですが)は、また冷え込むみたいですね。
ここ2~3日、自分も含めてですが、体調の悪い方が多いようです。
眠気がひどかったりしてはる方も。
ちょうど今、そういう自然のリズムの「時」なので、皆さん、ご無理なく^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

カリグラファー濱田邦子先生の作品。。。

昨年の12月にあった、カリグラファー濱田邦子先生の個展『Greetings カリグラフィーで伝える・冬編』

そこで、濱田先生の額作品をひとつ購入させていただいたことを、昨年の拙記事 『駆け抜け神戸 Day。。。』 にて紹介させていただきましたが、先日、やっとその作品を引き取りに、濱田先生がおられる Gallery 4 内の共同アトリエへお伺いすることができました。

この Gallery 4 。。。
神戸・旧居留地にある歴史的建造物でもある「チャータードビル」にあるアートギャラリー兼カフェ。
入口からして、ある意味不思議な世界を醸しだしているアートの場。
不思議というより、不気味?(苦笑)と云ったほうがイイのかもしれませんが、それはそれとして、ここでは「不思議」ということにしておきます(爆)
(写メ撮りしてこなかったのが残念ですね…
 次回、何かの機会があったら、撮ってきます^^)

2012年に開設。
スタート時は、「Gallery 1」のネーミング。
それから、周年を超える毎に数字が増えていき、4年目の今は「Gallery 4」^^
こうして、名称の年輪を積み重ねていくのも、乙なことやなって思います。

さて、その濱田先生の作品。。。

12400630_732783880186566_8983079091

12573917_732783886853232_7482988678

これ、ひと目見た瞬間に「欲しい~」って思ったんです。
このすぐ近くに飾られてあった作品もイイな~と思いつつ…
しばし迷って、こちらに決めさせていただきました。

たまたま初日であったのでよかったです。
これが、日ずれしていたとしたら、ゲット出来なかったかもしれません。
それでも、周りに幾人かおられた方々の目に留まるのも困るーーーと思い、すぐに濱田先生に「これ買います^^」と先手を打ちました。

個展のコンセプトが「冬」でもあったので、この作品の内容自体はクリスマス。
でも、持ちかえってすぐに決めてた場所に置かせていただきました。

季節は関係ないんです(元々、季節感の無い日々の工藤でもありますし^^;)

ただただ、濱田先生の書かれる文字が好き。

幾度か書いたことがあることですが、たくさん並んだポストカードの中から、お気に入りをセレクトしてみると、ほとんどが濱田先生の作品であった…ということも多々。

実際、カリの生徒時代は、ほぼ濱田先生に教えていただいたようなものでもあり、云ってみれば恩師でもあります。

次なる作品展が、また楽しみでもあります。

新しく始まった2016年、濱田邦子先生のますますのご活躍をお祈りしています^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »