« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

往年来年。。。

あと少しで、2015年も終わります。
ほんとにあっという間…

この一年。
強いて言えば苦しい一年でした。
もちろん、イイこともたくさんありましたよ^^ 楽しいことも♪

でも、自身の底流に潜み続けていたのは、作家・金原ひとみさんの芥川賞受賞作である、小説『蛇にピアス』の底辺に流れているのと同じような「哀しみ」に似た重いものやったかな…と思っています。

何よりも、体調を崩した5月から8月の期間。
特に6月7月の2カ月で、体重が7キロも消えてしまったのは、自分にとっては空前の出来事でした。元々細いですから~(^^ゞ
大袈裟な表現ですが、自分にとっては、失われた3カ月と云えるかもしれません。(その際、たくさんの方にご迷惑・ご心配をおかけしてしまいました。この場をお借りして、あらためて深謝申し上げます)

その期間に思ったのは、「自分は死んでしまうのではないか?」ってことでした。
ただ、不思議に「死ぬ」ことが怖いとか、そこから逃れたいってことはありませんでした。

ある意味追い詰められたような中で思ったのは、敬愛する王妃マリー・アントワネットと、同じく敬愛する中国初の女性革命家・愁瑾のこと。
二人に共通するのは、自らの「死」に臨んで最後まで毅然としていたこと。

アントワネットがコンシェルジェリーから革命広場へ引き立てられた時、後ろ手に縛られた彼女は決して下を向くことなく昂然と顔をあげ、集まった民衆は、その姿に声を立てることも出来なかった。静寂をもって見つめることしかできなかった。
ただただ神々しい。

「秋風秋雨、人を愁殺す」の遺詩を遺して斬首された愁瑾もまた同じ。

そしてもう一つ、心に去来したもの。
それが、芥川賞作家・宮本輝先生の『錦繍』の中に出てくる、「生きてることと、死んでいることとは、もしかしたら同じことかもしれへん」という、あの名句。

この三つ巴の流れの中で定まったことが、「死ぬもよし、生きるもよし」ってこと。
人間は、結局は生きてきたようにしか死んでいけないのだから。

この瞬間に死んだのなら、やり遂げたいと思っていたことや、人さまと約束していたことが反故になってしまうので、それだけは残念というか後悔というか、そういう思いを持たざるを得ないかもしれない。
でも、何かを為さんと決められているのなら、それはそれで生きることになるやろ。
どっちにしても、好きにさらせや。

そんな思いです。

これがあったればこそ、出来たことも多々あります^^
切り絵の作品『勇舞・火の鳥』もその一つ。

哀しみが底辺に蠢いていても、それを逆次に転換すれば、大きなプラスのエネルギーにできる。

そういう機会を与えてくれた人たち事どもに、自分は感謝したいと思います。

問題は…この3カ月のズレの中で遅れてしまった全てのことを、一日も早く取り返すこと。
まだまだ、まるまる残ってます。
気合いを入れ替えて、煤を払って往くしかないかな。。。

さて。。。
例年のごとく、会社の新年用の花活けをさせていただきました^^

今年は、いつもは2本の百合が1本で、別に葉ボタンの茎の長~いのが3本入っていました。
これが変則でした^_^;
一瞬だけ、どないしたろかな…と思いましたが、それぞれが一番キレイに輝けるかな~という独断の中、活けあげたのが↓の画像です。

1798467_723888651076089_78026658452

12376696_723888661076088_6346031520

テーマは「前進」
(ちなみに、去年活けのテーマが何やったのかは、まったく覚えておりません・爆)

2016年、自分自身は、どこをどう前進するのかまだ見えてませんが(笑)、とにかく大きな迂回をしないようにすることだけは、留意しておきたいと思っております。
つい…遠回りをしてしまいますので…

みなさま、佳いお年を♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

誕生日グリーティング。。。

FB上の話。

2012年の3月から、盟友・須川さんの勧めで始めたFB。
憂いに沈んでた工藤を慮って、やってみては?とメールを戴き☆
当初は、好きになれないFBやったのですが、ちょっと考えて…最終的に、どういう経緯か始めることに決めました。

間は端折って。。。(笑)

4月に入ってすぐくらいに、所謂FB友人の方が誕生日であったので、オートマチックペンで、「名前と Happy Birthday ! と日付」をコピー用紙に書いて、お相手のタイムラインに載せたんです。
最初の方が誰やったのかは忘れてしまいましたが、とにかくすごく喜んで戴き、素直に嬉しかったのを覚えています。

それから…友達といっても、せいぜい100人くらいにしかならんやろうし、それくらいなら3日に1人ペースでもあるし、みんなの分を書いていこうと決めて書き続けました。

が…これも、間は端折りますが、現在FB友人は1700人くらいになってます。
自分から「友達申請」を出したのは、おそらく2割もいてなくて、ほとんどが申請をいただいたもの。
それも…9割が外国人。どうにも日本人ウケの悪い工藤です(苦笑)
思考回路の基本が「大陸型」だからなのかもしれません。

で、その誕生日グリーティング。
もちろん、今も書き続けています。
今年はだから、1500人くらい書いてきたことになるのかな。。。
月平均にすると120人強。
一日平均4人くらい?
いつまで続けられるのかはわかりません。
でも、身体の続く限り、これからも書き続けたいと思っています。

理由があります。

スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチ。
2005年の米国・スタンフォード大学の卒業記念の、「Stay hungry. Stay foolish」で有名な、あのスピーチです。
冒頭で、「自身の人生に基づく3つの話をするよ」と云って、その一番目に「connecting the dots」=「点と点を結ぶこと」について語ります。
彼の語ったこととは趣旨は逸れてしまいますが、自分はそのスピーチを聴いて「dots」=「点」を創っていこうと思ったんです。
誕生日グリーティングを書き始めて2年くらい過ぎた頃でした。

上記したように、どういうわけか、FB友人の9割が外国人。
うまい具合にその友人たちが、各国に散らばっている…というわけではないのですが、何とかそれぞれの大陸には居てはる。
宗教も違う。民族も違う。政治機構も違う。文化も。

アートって…人を分断するものではなくて、「結びつける」ものだと思っています。
もちろん、人によって嗜好があるので、好き嫌いというものはあるでしょうが、文学にしても、音楽にしても、絵画や写真にしても、それに接する人に感動を呼び起こしたり、笑顔を湧かせたり、希望を持たせたり。
そこから、人と人とを結びつける「何か」を紡ぎだしていく。

そういう「力」があると思うんです。

だからといって、工藤の誕生日グリーティングがアートとかどうとかを云いたいのではなくて、写メではありますが、送った相手の方々が、たいてい(全部ではないところがミソでもあると思っています^^;)喜んでくださる。

時々ではありますが、「これを書くために、あなたは自分の貴重な時間を、私のために使ってくれた。こころから感謝します」って云ってくれはる方もいます。

会話が弾む方もいます。

名前タグをつけてシェアしてくれはる方も。

会ったこともない、会うこともない人たちとのささやかな「繋がり」を感じることができる。

これが「dots」=「点」にならないだろうか…という思い。

一つ一つのその「点」が、何かの拍子に繋がれば「線」になる。
「線」と「線」が繋がれば「面」になる。
「面」と「面」が繋がれば地球を覆うことになる。
いつか、きっと、そうなる。
自分ができるのは、せいぜい、その「dots」=「点」を創ることだけになると思います。
でも、それが「線」になり「面」になり…と考えると、心の奥底に「希望」のようなものが湧いてくるんです。

だから続ける。

書体は・・・
2012年の4月から2013年の4月までがイタリック。
2013年の4月から2014年の4月までがカッパー。
2014年の4月から2015年の4月までがゴシイタ。
そして現在、2015年の4月から、来年の4月までがイタリック。

一応、この3書体でサイクルしています。
「4月」というのは、実は自分の誕生月で、その「日」を境にして書体を変えています。

いつも、こんな感じで^^

1098_723435771121377_15139551133078

日付が昨日になっているのは、この記事、実は昨日アップする予定であったからで…(^^ゞ
寝てしまいました。ごめんなさい。。。

ちなみに、このペンホルダー。
結構気になる方が多いようで、問い合わせがあります^^
なので、「これ、誕生日にプレゼントでもらってんで~」って答えています。
メーカーはわかるので、教えて欲しいっていう方には教えてます。

関西では、ナガサワさんに置いてますよね^^
自分のは、そのナガサワさんの煉瓦倉庫店で、とても素敵な方に買っていただきました。
宝ものの一つです。

その誕生日グリーティング。
明年の1月1日は、22人もいてます…
たぶん…全部書くのに、少なくても2時間以上はかかるかな…(・ω・;)

君たち、ほんとに元旦生まれなん???

Steve Jobs の伝説のスピーチ、最後に付けておきますね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

贈り物。。。

クリスマス。。。
贈り物の季節ですね^^

10271514_720461951418759_7707719983

毎年出している、このちびこいガラスのツリーは戴き物。
大切にしています☆
自分にとってのクリスマスは、毎年、ほとんどこれだけ(^-^;)
どこかに行くわけでもなく、美味しいものを食べるわけでもなく。
季節感無く殺風景は、工藤の異名なのかもしれません。(爆)

さて、贈り物。
今年も、折に触れて、何人もの方たちから贈り物をいただきました。
自分も、国内外を問わず、贈らせていただいた方々がいます。

何を贈るかってことを考えるのが、結構楽しいんですね。
かなり時間を掛けることもあれば、出向いた先で「ビビッ」って響いて、「これ!」って思えるものに出会うこともあります。
そのタイミングの「妙」は、多くの方々と同じで、やっぱり贈る先の相手の方のことをじっくり思って考えているからなのかなと思います。
ポストカード一枚にしても、それは同じ。
決して金額の多寡ではない。

オー・ヘンリーの『賢者の贈り物』ではないけれど、「思い」のこもったものからは、ちゃんと贈り手の「心」が見えてくるものだと思うんです。
だから、そういう戴き物は、とても大切にします。

贈り物のことを考える時、いつも思いだす挿話があります。
随分前に、とある先輩から聞いた話。
元々は、別のフィールドのことを説いたものなのですが。
(ここでは端折ります^^;)

ある貧しい国に、一人の王様がいました。
その国では、宝石というものが一切採れません。
ある日、遠くの国から、その王様の友人がやってきて、旧交を温めます。
そして日が過ぎ、、その友人が帰途に着くことに。
王様、家来に云いました。
「ガラス玉に、最高の細工を入れて、おみやげとして持たせなさい」と。

別のある豊かな国に、一人の王様がいました。
金銀財宝が採れる、とても豊かな国です。
ある日、遠くの国から、その王様の友人がやってきて、旧交を温めます。
そして日が過ぎ、その友人が帰途に着くことに。
家来が王様に云いました。
「おみやげはどうなさいますか?」
王様は云いました。
「ガラス玉でえ~やん」

特に説明は不要かと思うのでしません。
元の意図は別として、贈り物をする時の「思い」であるとか「気持ち」であるとかのベースにあるものの「ひとつの岐路」のようなものを感じるんです。

以前、こんなことが…
ある法人から、社で扱っているとある特殊な什器を所望されました。
購入ではなくて、譲ってもらえないかということ。
その法人さん、社としてはお世話になっているところなので、お譲りすることに。

在庫としてあったのが以下の3点。

1.新古ではあるが、まあまあきれいなもの。
2.中古でそれなりにきれいなもの。
3.まさしく中古品と見て取れる手垢が付いて汚れたもの。

どれを渡すか。
自分なら1.
その法人のエリアを担当しているメンバーも1.
が、そこへ上司が出てきて、「これでえ~やん。キレイなんを渡すな」ときたわけです。
つまり、3.にしておけと。

件のエリア担当のメンバーも、上記の説話を知っています。
お互いに顔を見合わせて、その話を思い出していました。
最終的にどうなったかは、ここでは書きません。(爆)

心を失くすというのか、「思い」を込めるということが忘れられてしまうと、その「場」自体から、人間の体温が消えてしまうと思うんです。
どれだけ豪奢にデコをした「場」であっても、「キレイ」を感じることはできるでしょうが、その背景にあるものに感じるのは、どうしても荒涼としたものになってしまう。

『星の王子様』の、あの有名なセリフを思い出します。

「じゃあ、秘密を教えるよ。とても簡単なことだ。
ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。本当に大切なことは、目には見えない。
君のバラをかけがえのないものにしたのは、君がバラのために費やした時間だったんだ。」

今年いただいておきながら、アップできなかったものの中から、2つだけ代表で^^

10461397_720439148087706_7699754586

響筆家・須川栄司さんの書 「花」

12391321_720439161421038_7450722950

それと、神奈川在住のカリグラファー・前田雅子さん からいただいたシーリングスタンプ「Y」

あらためて、感謝です^^

ほかにも、ほんとにいろんな方から心のこもった贈り物をいただきました。
この場をお借りして、心より「ありがとうございました」とお伝えさせていただきたいと思います。

今年も残すところあと1週間ほど。
現状、呼吸するのも忘れてしまうくらいにバタバタしている日々ですが、最後まで全力疾走で動き続けたいと思います☆

VERY MERRY CHRISTMAS ♪♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

Trattoria Ginka クリスマス特別コース。。。

いつも何かとお世話になっている、イタリアンレストラン「Trattoria Ginka」さん。

10308172_718470494951238_9131546762

クリスマスということで、今年も特別コースを用意されていますのでご紹介♪

~☆~ 2015 クリスマス特別コース ~☆~

Aperetivo (食前酒)
 ・銀香自家製サングリア

Antipasto (前菜)
 ・パルマプロシュートと旬のフルーツ
 ・チキンとポークのミートローフ
 ・甘エビのポシェ カクテルソース
 ・グリル野菜の自家製マリネ

Zuppa (スープ)
 ・あったか具だくさんミネストローネ

Pasta (パスタ) バケット付
 ・とびっ子と渡り蟹のクリームソーススパゲティ

Secondo (メイン)
 * どちらかを選択
 ・オマール海老のテルミドール
      or
 ・国産牛フィレ肉のグリル バジルソースで

Dolce (デザート)
 ・白雪につつまれたまるごとベリー
 ・エスプレッソ or 紅茶

お一人様 4500円で、2名様より。

12310441_714182128713408_5936763974

期間は、12月23日(水)~25日(金)
ディナータイムは、17:30より開店しています。

御予約は。。。

~☆~Trattoria Ginka~☆~

住所 : 大阪市鶴見区今津北5-11-21
Tel  : 06-6965-9834
アクセス : JR学研都市線 徳庵駅 下車 徒歩5分
地図 : ☆ ← クリックしてくださいね^^

個人的には、オマール海老が気になっています…(^^ゞ

御予約・御来店を、店長・スタッフ、笑顔でお待ちしております。。。とのことです^^

よろしくお願いしま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

KOBE Luminarie 2015 。。。

昨日の記事の続きになります^^

今年も行って来ることができました。
神戸ルミナリエ。

雨がね・・・ちょっと残念でしたが。

通常は18:00くらいのはずだったと思うのですが、この日は17:30頃に点灯。
入口手前にいたので、不意を食らった感じになり、周りもちょっとしたどよめきになってました(^_^;)

ま、いいけど。

今回は回廊は撮らずに、入口の部分と東遊園地、それから、そのすぐ南側の噴水エリアを写メ撮り。
ご存知の方もおられると思いますが、噴水広場のルミナリエ作品が、この翌日の早朝に、強風で倒壊…
自分は、ラッキーといえばいいのか、倒壊前日に行けたということになります。

とりま、画像を。。。

07

08

09_2

10

以上が入口のところ^^

11

14

15

16

18

19

21

22

23

東遊園地の分は、ここまで。

次からが、倒壊した噴水公園のルミナリエです。

24

25

26

28

29

32

35

37

ゆっくり観て歩くことができました。
雨ってことで、傘が邪魔ではありましたが、小降りになる瞬間もあったりしたので、写メ撮りするには、あんまり影響はなかったかな。

こういうキラキラしたものとかキレイなものを目にする時、いつも思うのが、敬愛する王妃マリー・アントワネットが観たらどう思うだろうかってこと。
結構真剣に、王妃に見せてあげたいと思うのです(笑)

歩きに歩いた一日。
翌日の夕方は、しっかりダウンして3時間ほど爆睡した次第です。

ルミナリエ…来年はあるのだろうか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

駆け抜け神戸 Day 。。。

先日は10日の木曜日、駆け抜けで神戸へ行ってきました。

元々は仕事が休みやったのですが、前日に呼出し要請が…
当初は昼過ぎから神戸入りを考えていたので、凝縮すれば(笑)何とか走って掛け持ちできそうかも?ってことで、ちょっと無理を云って、神戸の現場へ行かせてもらいました。

仕事は2件。

無事に終了して現場を離れ、懐かしい「花隈駅」へ。
この辺りは、自分が小学校時代の遊びエリアでした。
花隈公園とかね^^ 悪さばっかりしてましたけど。

先ずは、honeycombBOOKS* -ハニカムブックス- さんへ。

01

ゲットしたのは、イラストレーターの「つっちー」こと、土屋美奈さん のカレンダーとレターセット☆

02

2016年のカレンダーのテーマは「休日」だそうです^^

ハニカムブックス の店主さんとは随分久しぶりで。(2年以上振り?)
ほんとは、ゆっくりと話をしたかったのですが、時間が急いていたので、滞在時間は10分もなかったと思います…(~_~;)
ごめんなさいです。。。
またいずれ~

雨の止まない中、今度は旧居留地エリアへ向かいます。

先日、当ブログでもご紹介をさせていただいた、カリグラファー濱田邦子先生の個展『Greetings カリグラフィーで伝える・冬編』へ。

03

階段の途中の天井が低くて頭を打ちましたが(笑)、無事に到着。
濱田先生にお会いするのは5月以来になります。

ゆっくり見せていただきながら、お話もお伺いすることができました。

いつも、何か新しいことに挑戦をされる濱田先生には感心してしまいます。
淡々とお話をされる方ですが、カリグラフィーへの思い・情熱はすさまじいですね。
見習わないと。。。

額装作品の中で、気に入ったのが2つあり♪
どっちにするかしばし迷った末に、大きいほうのを購入させていただくことにしました。

作品は、個展が終了まで置いていただくことにし、後日、アトリエへお伺いすることに。
なので、画像はそれ以降にアップさせていただきたいと思います。

その作品とは別に、クリスマス・グリーティングカードを1枚ゲット。

04

好きなんですよね、濱田先生の書かれる文字♪
ポストカードだけでも何枚持っていることか^^v

時刻は17時。
もうちょっとゆっくりしたかったのを堪えて、会場を後にしました。

尚、ハニカムブックス さんでゲットしたカレンダーとレターセット、濱田先生のところで購入のカードは、千葉在住の病と闘っている妹分へ贈ります^^
待っててね。。。

そして、そそくさとこの日のメインイベント(?)であるルミナリエの会場へと向かいました。
雨、止まなかったですね。
結構疲れてきてたし雨やしってことで、翌日の休みに出直そうかとも思ったのですが、雨中のルミナリエも乙やろって思い直して、入口エリアへ到着。

画像は…次項に続きます^^

この日の翌日に、ラストエリアのところが強風で倒壊…
帰らずに残って見ておいて正解でした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

RIBBON LOVERS 『初』ワークショップ in 川崎 & 恵比寿。。。

ここに、何の変哲もないブルーの「リボン」があります。
ブルーにしたのは、単にこれが部屋にあったからですが(^^ゞ

12341311_714899048641716_8865454293

で、これをチョコッといじって巻いていきます。

12321118_714899061975048_41570292_2

出来あがりがこれ^^
(但し、これの出来がどうなのかはわかりません…なにせ、久しぶりに巻きました…ご容赦を…^_^;)

12308812_714899075308380_3828789691

このリボンローズ。

関西を中心に活動を展開されている日本で唯一の正統派リボンローズの専門店「RIBBON LOVERS」。。。

自分は、この「RIBBON LOVERS」で基礎講座を修了^^

その「RIBBON LOVERS」が、神奈川は川崎、そして東京は恵比寿にてWSを行うことになりました。
関東では初の開催となります。

直近のご案内になってしまうのですが…

~☆~ 川崎WS ~☆~

 日時 : 12月13日(日) 13:00~15:00 
 場所 : よみうりカルチャー川崎

~☆~ 恵比寿WS ~☆~

 日時 : 12月14日(月) 10:30~12:30
 場所 : よりうりカルチャー恵比寿

費用 : 受講料:2,700円 教材費:3,000円 
   (要別途設備費 川崎:151円 恵比寿:162円)

持物 : ハサミ・作品持ち帰り用の袋

今回のWS作品は、リボンローズで作る「お正月アレンジ」
薔薇といえば「赤」ってことで、赤のリボンを使ったリボンローズに、ゴールドのリボンと水引をパーツに使用して、新年らしい可憐なアレンジに仕上げます。

12342809_440689352794856_1941124443

12321140_440689369461521_3672852580

(写真は、「RIBBON LOVERS」さんよりお借りしました)

関東では、講座開催がなかなかできないということもあり、今回のレッスンについては、使用となったリボンと同じものを、練習用のリボンとしてお持ち帰りいただくようになっているとのこと。
お得にスペシャルです♪

この2講座には、代表の和田愛先生が上京して担当。
涼やかな笑顔の素敵な方ですよ♪

RIBBON LOVERS」がこだわるのは、ローズのその「フォルム」。。。
世に、幾種類かのリボン巻のローズがあるようですが、工藤もこの「RIBBON LOVERS」のローズが一番だと確信しています^^

この、こだわり感いっぱいの美しいリボンローズ、習いに来てみませんか?

講座へのお申し込み・お問い合わせは、よみうりカルチャーの各教室まで♪

・ よみうりカルチャー川崎  TEL 044-221-5590
・ よみうりカルチャー恵比寿 TEL 03-3473-5005

~☆~ RIBBON LOVERS ~☆~

長い経緯を経て、2012年より正式にスタート。
日本リボンローズ協会を、2013年11月11日に設立。
今夏より、ディプローマ取得者を輩出。

代表   和田 愛先生
副代表  河村 佳代先生

雑誌『レイウエディング』毎年2回掲載されています。

関西ウーマンwebでも取り上げられました♪
  ↓↓↓
 KANSAI WOMAN  ← クリックしてくださいね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

ひこかみ 『干支紙細工』~申~編。。。^^

来年の干支は「申」。。。

「申年」といえば、
 
 ~ 悪いことが「去る」、病が「去る」等の縁起のよさ ~

その申年を飾る「干支紙細工」が出来ました。

12289478_714182042046750_7869493278

毎年、干支をモチーフにして「紙細工」を作成している「ひこかみ」こと坂口雅彦さんの手になるもの。

坂口さんは、大阪の大正区を地盤にしながら、あちこちを飛び回ってワークショップをされたりもしています。

干支紙細工は、2006年の「戌」から始めて、今回で11作目。
あと一つで一巡ですね~

坂口さんの紙細工の特徴は、ハサミも糊も使わずに出来るっていうこと^^
それに、シンプルでありながら、何気に愛嬌もあります。
白で統一しているので、好きな色で彩色も出来る。
だから、結構、子どもさんたちにも人気のようです。

12295377_714182075380080_9186940330

このオサルさんたちも、左から「見ざる」「言わざる」「聞かざる」になっているでしょ?^^

目を隠し、口を抑えて、耳塞ぐ。。。

面白いです♪

セットの中には、一筆箋と封筒も入っているので、メッセージを添えて郵送することもできます。

工藤のワンルームには、今年の干支である「羊」さんがいてますが、新年迎える時にはバトンタッチで「申」と交代です♪

干支紙細工 1セット 500円(税込)

大阪市大正区の以下のお店でも販売しています^^

・大正駅前 株式会社 栄光印刷所
   住所 : 大阪市大正区三軒屋東1-2-9(大正橋交差点)
  Tel : 06-6551-3456
  URL : http://www.eikodo-print.co.jp

・泉尾商店街内 It's ギャラリーカフェ
    住所 :  大阪市大正区泉尾3-10-11
  Tel : 06-6551-6336

・サンクス 平尾商店街 : フレッシュフードふじもと
  住所 : 大阪市大正区平尾3-23-10
  Tel : 06-6551-7939

・ブリ―コラージュ
  うるま御殿
  住所 : 大阪市大正区南恩加島2-7-27 コーポナカムラ1F
  Tel : 06-6555-8111

坂口雅彦さんへ、直接の御注文・お申し込みも出来ます。
 Tel : 090-1910-6986

ちなみに、坂口さんのFacebook ページのメッセージ欄からの受け付けもOKです。
Fzacebook ご利用の方は、こちらからどうぞ。。。

 坂口雅彦さん Facebook ページ → ← クリックしてください^^

尚、ご注文品郵送の場合は、2セットまで別途送料がかかります。
(1セット → 120円、2セット → 140円)
3セット以上のお申し込みについては、送料無料になるとのことです♪

皆さま、よろしくお願いしま~す^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

『言の葉の庭』。。。

月初め、新海誠さん原作・脚本・監督のアニメ映画『言の葉の庭』を観ました。
たまたま「GYAO」をチェックして見つけた期間限定無料動画でした。

自分にとって新海誠さんといえば、同じくアニメ映画『秒速5センチメートル』を思い出します。

SeanNorthというグループがあって、ヴォーカルのLumiさんの声が大好きなんですね^^(声フェチ工藤です♪)
そのSeanNorthの歌をバックに『秒速~』の映像を使ったクリップを、YouTubeで見つけたところからの繋がりで観たのが、映画『秒速5センチメートル』。。。

SeanNorthの歌の題名は『ソメイヨシノ ~桜の木の下で~』
その歌と、そのクリップの映像があまりにもマッチングしてたんです。

貼りつけておきます^^

ストーリーは、切ない恋の物語…

そういうことがあったので、新海誠さんという名前を見つけた瞬間に、「すぐ観よ!」って思って、夜中1時を過ぎてましたが、眠気を忘れて観入ってしまいました。
結局、期限終了までに3回観てしまってました(笑)。

『秒速~』は「桜」がモチーフ。
『言の葉~』は「雨」が大切な要素。

どちらも自然。

そこに流れる新海誠さんの描写は切なく美しい。

そして…『秒速~』は…

「桜の花びらが舞い落ちるスピードは、秒速5センチメートル」っていう詩的な言葉。

『言の葉~』は万葉集の2首。

 鳴る神の 少し響(とよ)みて さし曇り
   雨も降らぬか 君を留めむ
~作者未詳(柿本人麻呂歌集) 『万葉集』 巻11-2513

上の返歌として。。。

 鳴る神の 少し響みて 降らずとも
   我(わ)は留まらむ 妹(いも)し留めば
~作者未詳(柿本人麻呂歌集) 『万葉集』 巻11-2514

ともに、「言葉」が物語の底流を流れています。

『秒速5センチメートル』は、恋に〝純粋〟であることの哀しみが漂っているように感じます。
『言の葉の庭』は、純粋な恋の切なさはあるけれど、新たな出発が込められている。。
そういう意味では、後者のほうが心の動きが上を向いているのかも。
だから、4~5日の間に3回も観れたのかもしれません^^

ちなみに、この万葉集の2首を意訳をすると。。。

上の方は…

 雷の音がかすかに響いている。
 空も曇って雨が降ってきたらいいのに。
 そしたら、あなたが帰るのを引きとめることができるだろうに。

下のは返歌になってて…

 雷の音が微かに響いている。
 雨は降らなくたって、私は留まりますよ。
 あなたが引きとどめてくれるなら。

この純粋さが好きです。

人間て、純粋であることを求めるわりに、時間と共にエゴが生まれて、求めた純粋さを邪慳に扱ってしまうものなのかもしれません。
でも、純粋さを忘れないでいることもできる…
単純バカな分、自分はそんな生き方でいたいなって思います。

言葉ひとつ。
詩句ひとつ。
文章ひとつ。

文上ではなくて、そこに込められたものは、以外に感じ取れるもの。
どれだけ丁寧に書かれたものであっても、心ここにあらずの言葉たちは、やっぱりどこまでも「心はそこにあらず」でしかない。

どれだけ短いものであっても、命の奥底から綴られた言葉たちは、やっぱりそれだけのものを感じさせてくれます。

言葉ひとつで、人を活かすことも殺すこともできる。
希望を与えることも、絶望の底へ落とすこともできる。
喜びをあたえることも、苦しめることもできる。
だから…言葉は大切にしたいなって思うのです。

『言の葉の庭』を観終わった時に浮かんだ一首^^

雷雲が
留めし君の
歩みさえ
我に降り往く
笑みの高鳴り

~秋風~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

「2016 ユコちゃん初夢年賀状」のお知らせ。。。

先日、活版クリスマスカードを紹介させていただいた、イラストレーター・中本優さん

今度は、『ユコちゃん 初夢年賀状』のお知らせです^^

12283345_1009930055738018_174881950

いつもなら、ニコニコ笑顔のかわいい「ユコちゃん」ですが、今回は凛々しい張り切り姿。
今年は去年よりも頑張るぞ~との意気込みが感じられます。

そのユコちゃんの意気込みを感じながらも、ついついほっぺたが緩んでくるという微笑ましさもしっかり込められている、とてもカワイイ仕上がりになっています。

2016年が申年ということで、觔斗雲に乗ったユコちゃんが、大きな筆をもって「初夢」の文字を。
この文字、実は、世界を舞台に活躍されている、超一流の「勝負文字伝道師」である書道家・安田舞さんの手になるものなのです。

背景には、初夢定番の一富士ニ鷹三茄子。
でもって、四ホシおじさん(^^)v

イラストと書道のコラボからなる年賀状です。

12345521_713186538812967_7208602930

ちなみに、表書きのほうには、ユコ悟空ファミリーが並んでいます♪

12342844_713186585479629_5957017983

ユコちゃんに使われている「赤」は、中本優さん自身が調合したもの。

12278081_928187533934489_1999092158

ドット部分はメジウムを使用しています。
用紙はの厚さは「1mm」 最厚です。
そして、各色、最低2回圧しのこだわりよう。
それでいてミクロもずれない技術。
活版は、明晃印刷の高崎健治さんですからね^^

その高崎さんの言。

「私の今の技術の集大成でもあります
この立体感をご覧ください
すべての色最低2回は通しています
もう紙の印刷の域を超えています
是非手に取って実感頂きたい」

12299136_713186552146299_3381287279

すでに発売されていて、なかなか好評のようです。
お買い上げされた方々から、たくさんの嬉しいメールもいただいているとのこと。

尚、ご注文に際しては、特設ページが用意されています^^
  こちらからどうぞ。。。
    ↓ ↓ ↓

 http://yukobow-illust.jimdo.com/

 ~☆~ ユコちゃん 初夢年賀状 ~☆~

 1枚 180円

御注文は、1枚から可能。
郵送には、82円切手が必要になります。
5枚につき、1枚おまけがついてきます^^
送料は、180~540円(ご注文枚数により変わります)
 但し、50枚以上のご購入で送料無料になります。
御注文を戴いたあとに、合計金額、発送予定日記載の確認メールが届きます。
お支払いは、商品に同封の請求書をご確認いただいたのち、記載の口座へお振込となります。

また、上記特設ページとは別に、

nakamotoyuu@yukobow.com 

まで、下記事項を明記していただいてのご連絡でも可。

① ご注文枚数
② お名前
③ お届け先ご住所
④ ご連絡先(メールアドレス、電話番号)

facebook からの御注文もお受けしています^^

中本優 facebook ページ : https://www.facebook.com/yuubow

◇ デザインと調色 なかもとゆう/bow 中本 優
     
◇ 筆文字 超一流の勝負文字伝道師 書道家 安田 舞

◇ 製版技術 株式会社サカヱ彫巧社 田仲 泰之

◇ 活版印刷 明晃印刷株式会社 (活版印刷) 高崎 健治

是非、手にとっていただいて、そのぬくもり感のある活版の妙とユコちゃんワールドを味わっていただきたいなぁと思います^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

yu-mai in phoenix(勇舞・火の鳥)お嫁入り。。。

yu-mai in phoenix(勇舞・火の鳥) がお嫁入りをしました^^

12187923_701775489954072_1413312856

10月末に、福岡展への出展作品をアップして、先ず『彩舞』がお嫁入り。
その後に、『勇舞』が飛んでいくこととなり…
そして、『dragon heart』が予約付けに。
結構寂しいものですね(苦笑)
娘を嫁に出す父親の心境って、これに少し似た感じになるのかな~と…ついつい思ってしまったりしました。

でも、買ってくださる方は、自分の切り上げた作品を見て、気に入ってお金を払ってくださる。
だからこそ、切り絵の師匠である蒼山日菜先生も、その点についてはことのほか厳しく、折に触れて「作品への向き合い方」を弟子メンバーに発信をしてくださいます。

売らんがための商業ベースではなくて、観てくださる方々をして、その人たちの心に、どれだけ「癒し」であったり「感動」であったりを湧き起こすことができるのか。

そのためには、「切る」という作業に、「切る」側の真摯な思いが留められていなければ、どれほど技量があっても、当たり前のことながら、ただの紙切れに堕してしまうと思うのです。

弟子の一分に入れていただいて約3年。
特にこの点については、メンバー中では一番叱られた工藤です。
いや、叱っていただいた。
それがあったからこそ、今の自分があります。
ただただ、師匠に感謝しかありません。

さて、『勇舞』。。。

買ってくださったのは、東京の切り絵作家の方。
今回もいろいろとやり取りをさせていただいて、最終、無事に発送させていただくことができました。
喜んでいただけました^^
それが何より嬉しいですね。

発送前、見納めも込めて、何枚か写メ撮りをしたものの一部が ↓↓↓(笑)

Yumai05

Yumai06

Yumai07

10月の記事でも書いたことですが、4月以降の長い間、ハサミが持てず…
8月にやっとのことで1舞を切れて、そのまま進めると思いきや、またまた待ったく持てず…

で、迎えた9月12日の蒼山日菜先生の切り絵教室 in 朝日カルチャー中之島教室。

師匠とたわいのない会話をしただけながら、その日帰ってから図案が浮かび切り進めることができ、都合3日で切り上げることが出来た次第です。
「たわいない会話」と書きましたが、敏感な師匠のことなので、工藤のそういう空気をすぐに感じ取られての対応だったのだと思っています。

この一舞から続けて三舞のチョウチョを切ることが出来、無事に福岡展へ発送。
師匠に守っていただいてばかりで、申し訳ない限りです。
その思いを、またこれからの「切り」に込めて、活かしていきたいと思います。

『勇舞』は、買ってくださった方が、お母さまの誕生日のお祝いにプレゼントされたそうです。
これもまた、嬉しいことです^^

12月に入りました。
今年も残すところあとわずか。
やり残しが…たんまりある工藤です…(~_~;)
何しかやると!で乗り切っていきます♪

週末、寒波のようですね。
風邪などひかれませんように。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

『Greetings -カリグラフィーで伝える・冬編- 濱田邦子先生 カリグラフィー展』のお知らせ。。。

12308686_711622138969407_3764135331

神戸を地盤に活動をされている、MojinokakeLabo主宰のカリグラファー・濱田邦子先生。
今年もいくつもの作品展を展開されてきました。

この12月も、濱田先生の作品が並びます。

様々なカードやオーナメントの作品たち。
イタリアンマーブル紙を使用したアコーディングカード、マッチ箱カード等々。
素材にこだわった濱田先生ならではのアルファベットとの融合の世界です。

クリスマスを迎える神戸の街での開催^^

港・坂道・異人館、そして、ちょうどルミナリエの期間とも重なります。
素敵なる街・神戸で、カリグラフィーで伝えられるグリーティングの世界を味わってみませんか^^

12289646_711622172302737_2698081579

~☆~ Greetings  -カリグラフィーで伝える・冬編- ~☆~
        濱田邦子先生 カリグラフィー展

場所 : セカンドスペース KOBE

住所 : 〒650-0023
      神戸市中央区栄町通 1-1-10  2階

TEL : 078-393-1877

HP : http://www.2nd-space-kobe.com

期間 : 2015年12月10日(木)~13日(日)

時間 :   10日(木) 15:00~19:00
       11日(金) 12:00~19:00
             12日(土) 12:00~19:00
      13日(日) 12:00~18:00

地図 :  ←こちらをクリックしてください^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中本優さん 活版クリスマスカード 2015 ver. 。。。

福井県あわら市出身で、関西をベースに活躍されているイラストレーター中本優さん^^

「活躍」と書きましたが、今年は「大」活躍でした。
来年は、さらに飛躍されること間違いありません。

その中本優さんの『活版クリスマスカード 2015年版(letterpressed Christmas Greeting Card 2015ver.)』が完成しました。

12289659_711621998969421_7047129513

2年前に作成されたもののニュー・バージョンになります^^
今回は、「ブルー」をベースにした3種類。

ゴールド、シルバー、ブロンズ。

12278999_711622015636086_7972416002

12308703_711622032302751_2482281978

11255046_711622058969415_5058981683

12308514_711622048969416_7478055556

ブルーは2回圧し。
ドット部分はホワイトを使用してます☆

1セット 450円(カード1枚、封筒1枚)

 カードサイズ : 154×106㎜
 封筒サイズ  : 162×115㎜

*カード紙・封筒は、昨年・一昨年と仕様が変わっております。

イラスト : なかもとゆう(中本優、bow
マンダラリース : 涼葉えりこ
カリグラフィー : 工藤祐輔
活版印刷 : 明晃印刷(高崎健治

尚、商品のご注文は、中本優さんのオンラインストアから♪
中本優さんfacebookへの直接メッセージでも承っています。
こちらからの直メでの御注文の場合、1点につき50円引きになります^^

中本優さん オンラインストア
 https://yukobow.stores.jp/

中本優さん facebook
 https://www.facebook.com/yuubow?fref=ts

ぬくもりが感じられる活版印刷のグリーティングカード。
来たるクリスマスに向けて、お手元に、友人知己に、大切な人に、寒さを忘れるようなあったかい言葉を添えてどうでしょうか^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »