« 「曼荼羅」ひとつ。。。 | トップページ | 福岡展 出展作品。。。  »

2015年10月10日 (土)

to Emie in Philippines。。。

FB上の話ですが。。。

日々、誕生日のお祝いの言葉を、簡単にですがカリグラフィー文字で書かせていただいて、FBの友人になってくださっている方々にFBメッセンジャーにて送らせていただいています。

(今年の4月半ばまでは、相手の方のタイムライン上に載せさせていただいていたのですが、種々事情もあり、以後はメッセンジャー上に移行)

相手の名前
Happy Birthday !
誕生日の日付 yk(← 工藤祐輔のロゴサイン)

これだけをコピー用紙に書いて写メして送信。

ほんとに簡単なもの。
それでも、それを欲しいから送ってくれと云ってくださる方々が中にはおられます。
逆に恐縮してしまいます。

その一人が、フィリピンのカガヤン・デ・オロに住む、モデルのEmie Lou Elevado Yamba さん。

11425830_1007122295973742_207865673

去年の誕生日に「誕生日グリーティング」を書いてタイムラインに載せると、それをもらえないかと。

コピー用紙でもあるし…ってことを説明すると、そんなことは問題ではないと云われてしまいました^^;

てことで、送らせていただくことにしました。
ただ、その紙一枚を送っても…って気持ちもあったので、凝ったことはできませんが、切り絵チョウチョを一舞切って、手紙とともに同封させていただきました。

Cante

名前はスペイン語で「cante」
英語で云うと「sing」の意。
ちょっと送るまでに時間がかかってしまいましたが、とても喜んでもらえました。

12071362_1068439576508680_125836495

モデルっていうのは、見た目が華やかな仕事ながら、自らの努力は相当なものだっていうのは、たいていの方はご存知かと思いますが、彼女もそれに劣らず、日々精進努力の人。

EmieのFB上の発言も、時に示唆に富む自身への厳しい言葉になって表現されることがあります。

ともかく、まずもって自分に厳しい。
家族を大切にし、友人を大切にする。
先輩を尊敬し、後輩を育てようと真剣であるし、実際に後進を育成しておられる。
そして、何事も中途半端にしない。

見習うことばかりです。

11148743_1011642885521683_567759285

昨年、上記の誕生日の件でやり取りをしていた際、自分が少し体調が悪くて…と云うと、「朝ごはん食べているのか?」ときました・・・(;・∀・)
「いや、ほとんど食べてないよ~」と答えると、間髪を入れずにスゴイ叱責の言葉が返ってきたんです^_^;

なんか…「おかん」みたいなσ(^_^;)

そのあとのチャットの中で、「明日から、必ず朝ごはんを食べる」という約束をさせられてしまったのですが、実はそれ以来、ほとんど毎日、朝、食べないで出ていくっていうことをしなくなりました。
「約束は、守らないと」っていう思いだったんです(^^ゞ
そういうわけで、Emieには殊に感謝しているのです☆

FB上の友人たちは、自分の場合、9割が外国人。
生きている間に顔を合わせることが出来るのは、ほんのごく限られた方々だけでしょう。
Emieにも会うことはない可能性の方が高い。
彼女もそれは理解しておられる。
それでも、向き合うときは真剣なんですね。
自分は…こういう「思い」が、きっと世界を変えていけると信じています。

そのEmieが、自身のタイムラインに載せておられた言葉の中で、いくつか胸に残ったものを、ご本人の許可を得ましたので、こちらに掲載させていただきます^^
ただ…訳文をと思ったのですが、文意を損ねてしまうとダメなので、原文にて失礼をさせていただきます。
ご容赦くださいね。

尚。。。
当記事中に掲載のEmieの画像についても、ご本人の許可を得て掲載させていただいております。

Have no fear of moving into the unknown.
Simply step out fearlessly knowing that God is with you, therefore no harm can befall you; all is very, very well.
Do this in complete faith and confidence.

The greatest gift of life is friendship, and I have received it. Though this friendship had been into many trials and had been tested, I am still hoping that I could see forever in it.
I know that the most beautiful qualities of true friendship is to understand and to be understood.
And the misunderstandings, are just a test (That includes me being hard headed).
I LOVE THESE PEOPLE, and I cannot even imagine where I would be today were if not for these handful of friends who have given me a heart full of joy.
I wasn't able to really say thank you to you guys for everything. There's one chapter of my life that I had completed and you were there to help me finish it.
THANK YOU.

Great performers are not great because of their technique, they are great because of their passion.
I believe that curiosity, wonder and passion are defining qualities of imaginative minds and great teachers; that restlessness and discontent are vital things; and that intense experience and suffering instruct us in ways that less intense emotions can never do. All those sacrifices had paid off.

Emieのますますの活躍と成功を祈ってます♪

Thank you so much, my friend, Emie. ^^

|

« 「曼荼羅」ひとつ。。。 | トップページ | 福岡展 出展作品。。。  »

アート」カテゴリの記事

切り絵」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

私は英語はからっきしダメなんですが、
Emieさんの文章からは
彼女の真摯な姿勢と熱い意志のようなものが
伝わってきますね。


20年以上前・・・
独身の時に勤めていた会社に、
台湾からの留学生の方が研修に来られました。

お互い中国語と日本語がわからないので
拙い英語で何とかやり取りをしていたのですが、
不思議と仲良くなり、
人と人が繋がるのに国は関係ないね、と
話したことを思い出しましたconfident

とても温かい思い出です。
この文章を読んで、浮かび上がってきました。
ありがとうございました♪

投稿: Leaf | 2015年10月10日 (土) 21時02分

Leaf さま。。。

コメントありがとうございます^^

Emieは敬虔なクリスチャンで、やっぱり真摯に宗教を持っているからこその真摯さなのかなと思ったりもします。
意志は強いですね~
さすが。。。と思います。

人と人が繋がるのに必要なのは、心に刺さった見えざる一本の矢を抜くこと(=差異へのこだわりを捨てること)と云ったのは釈迦ですが、それは宗教を超えて通じるものかなって考えます。
それしかないと。。。^^

投稿: mysticlaw(工藤祐輔) | 2015年10月10日 (土) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204032/62449015

この記事へのトラックバック一覧です: to Emie in Philippines。。。:

« 「曼荼羅」ひとつ。。。 | トップページ | 福岡展 出展作品。。。  »