« 「~レース切り絵の世界~ 蒼山日菜と13人の仲間たち」展 閉幕。。。 | トップページ | 富士川 展示作品。。。(2) »

2015年7月13日 (月)

富士川 展示作品。。。(1)

ここ5日ほど、とんでもないくらいに忙しい日々でした。

日が空いてしまいましたが、富士川に展示していただいたチョウチョたちを、2回か3回に分けて紹介させていただきます。

1舞目は『triton』

昨年の秋に切ったものになります。
これを最初にアップした際にも書いたことかもしれませんが、前翅と後翅のそれぞれの中に、「イルカさん」のシルエットを置いてます。
ちょっと無理があるかも…ですが。
わかります?^^

Triton_03

このチョウチョ、結構、活躍してくれてます。

昨年末には、大阪・福島区にある明晃印刷さんの高崎健治社長とイラストレーター・中本優さんの手で、活版作品にもしていただいています。
そして、今年1月に開催された『明晃印刷 -60年の活版術』展の一隅に、その活版作品共々に置いていただきました。
ほんとに幸せ者です^^

11694972_662027650595523_1826349067

11036450_662027653928856_3595254338

富士川へは、その時とは、額とバックの仕様を変えての出展とさせていただきました。

切りは…外枠シルエットだけを描いて、下絵無しで少しずつ切り進めたものになります。
その過程で「イルカさん」を入れてみたくなり、結句、名前が『triton』になったという次第です。

延べ5日間で8時間。

そして、2舞目は、『freesia』

Freesia_01

Freesia_03

元は別名を付けてた(らしい…当人、完全に忘れてます^^;)のですが、パーチメントクラフト作家の大嶋史子先生にお願いをして、この名前を付けていただきました。

これ、オリジナルはパープルなんです。
それをリメイクをした作品。

 ↓ 元はこんな感じでした。

11737909_662027640595524_2895033013

何故、切り直しになったかというと…今回の作品展のフライヤーの説明に、「モノクローム云々」という言葉を発見…(焦りました…)

その時点で、発送期日間近…(^_^;)
気付いてよかったです。

とにかく、それならばってことで、「黒」で切り直しをさせていただいたわけです。
完全に全く同じものは切れませんが、これはこれで、イイ経験をさせていただいたと思います。

1日切りで5時間くらいやったかな?

毎回の切りで、ほとんど必ずといってイイくらいに設定しているのが、「0.1ミリのライン」を入れること。

マジで細いので、指のささくれに引っかかると、しっかり「プチッ」となり、悲鳴を上げることになります。
そうならないように、注意深く、注意深く。。。(^^ゞ

そしてもう一点。
毎回の切りで、絶対に気を付けていること。

ともかく、焦らないこと。
それと、気持ちを込めること。

手作業で進めるものに、例外はほとんどないかもですが。。。

蒸し暑い日々ですね。
熱中症も猛威です。
水分補給と睡眠と、皆さん、しっかり摂って対策しておいてくださいね~

自分は今日は、8度超えの熱です(;^ω^)
ま、元気で動き回ってますけど。

(続く。。。)

|

« 「~レース切り絵の世界~ 蒼山日菜と13人の仲間たち」展 閉幕。。。 | トップページ | 富士川 展示作品。。。(2) »

アート」カテゴリの記事

切り絵」カテゴリの記事

思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204032/61879818

この記事へのトラックバック一覧です: 富士川 展示作品。。。(1):

« 「~レース切り絵の世界~ 蒼山日菜と13人の仲間たち」展 閉幕。。。 | トップページ | 富士川 展示作品。。。(2) »