« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月26日 (火)

そして 2週間。。。

大きな哀しみとか辛い場面に遭遇すると、人間て、言葉も涙も出ないって云いますが、ほんとにそうやなって思うことがありました。

この2週間、出来ることなら、部屋に籠ってどこにも出て行きたくないという気持ちの中にいて、それでも朝起きたら、やっぱり仕事には行かないとダメなわけで。

仕事から戻ってきてのパーソナルなことは、どうしても心身が固まってしまって何もできない。
FBの誕生日グリーティングを書くのが精一杯。
特に前半の1週間は全くダメ…
ただ、表向きは元気にしてないと、人さまに心配をかけてしまいます。
そこは、カラ元気と笑顔で踏ん張りました。(ちょっと自分をほめてやりたいですね^^)

後半の一週間は、いくつか約束ごとがあったので、移木之信が大事でもあるしってことと、歩みを運べば、そこから何かを得ることが出来るのは必定との思いで、重い足取りではあったけれど、それぞれの場所へ出向いてきました。

17日は、カリグラファー・濱田邦子先生の個展。
20日は、リボンローズ、ベーシックコースのラストレッスン。
21日は、垂水の小野隆弘さん主宰の「たるみ燐寸博物館」。
24日は、切り絵の師匠・蒼山日菜先生の切り絵教室へ。そのあと、日本画家・坂上楠生先生の個展。

よく動きました。

濱田先生の個展は、ほんとに行ってよかったですね。
自分のカリグラフィーのテイストは、やっぱり濱田先生から始まっているっていうことを、再び確認。(いつも確認させていただいています)
先生にお会いできたことも嬉しかったです。
興味深いたくさんのお話もありがとうございました。
次は秋のCLA 関西展だそうです。楽しみにしてます♪

リボンローズは、これで18回目やったそうです。(数えてなかった^_^;)
自分は、これで一旦小休止。
和田先生、河村先生、ありがとうございました。
いつになるか未定の次回ですが、また宜しくお願い致します。
ちなみに、最後のレッスンは、サテンリボンのブーケでした。
これは行き先が決まっています^^ 明後日発送。後日紹介。

垂水へプライベートで行ったのは、ものすごく久しぶり。
すぐに場所を見つけることが出来なかったんですが、迷いついでに、3分歩いて海へ。
『たるみ燐寸博物館』主宰の小野隆弘さんがよく写真を撮られる場所だそうです。
そして、その小野さんとは、1年半ぶりの再会。
笑顔の素敵な方です。
莫大な数の燐寸箱に囲まれて、細やかにお気遣いもいただきながら、心地よい時間と空間を味わわせていただきました。
ありがとうございました^^

切り絵の師匠・蒼山日菜先生は、ほんとに不思議な方で、時間中、生徒さんたちに声をかけられながら、何回か教室内を回ってくださるのですが、自分のところへ来られたときに、「お、工藤くん。元気?」と…
いつもはそんな風なこと云われません。
実は元気ではないってことが、しっかり見えておられたんでしょうね。
「元気です!」と笑顔で応えながら、「あー ばれてしもた**」と、胸の内で苦笑いをしてました。
そういうこと、しょっちゅうなんです。隠しごとができません(笑)
その辺りのことは、あらためて後日(いつになるかわかりませんけど^^;)書いておこうと思います。

この切り絵教室終了後にソッコーで出向いた日本画家・坂上楠生先生の個展では、素晴らしい大和絵の数々に囲まれて、約2年半ぶりにお会いした坂上先生と奥さまから、ほんとに大きな大きな激励をしていただきました。
また頑張っていこうと思えました。
感謝です。

そして今日は…
身体が悲鳴を上げてしまって、仕事も半休にして戻ってきました。
余りにしんどすぎて、眠ることができませんでしたが、3時間ほど横になって、やっと復活です。
とある方が、「工藤の身体が、工藤を守ってくれてるんだ。しっかりその声を聴くように。普段から聴かな過ぎーーー!」と忠告してくれました(;^。^A…

スイマセン…

単純バカで、人間が器用ではないので、あれこれ手練手管が使えません。
(でも、その分シンプルなので、いろんなものがよく視えます☆)
だから何かあると、余計のこと、重い日々が長く続くのかも。

でも、そういうことも、自分の命の境涯を、ほんの少しでも深めて、高めて、拡げてくれると信じたい。
またそうしていかないと、生きている意味も薄れてしまうのかもしれません。
そして、それが出来たら、感謝の磁場がさらに新しく拡がっていくと思うのです。

命が…少し痛いかな…
修復に、どれだけ時間がかかるのかわからないけれど、自身の治癒の力を信じて、訥々とでも頑張って歩んでいこうと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

悲喜交々。。。(56)

ハンミョウが 
道行く明日を 
占いて

鳳の 
舞いゆく空に 
夕日燃ゆ

紅に 
染まる不思議の 
月天子

龍が舞う 
風の狭間の 
雲居かな

冷たさに 
凍みいる恋の 
涙雨

探すとも 
月下氷人 
見えじ日々

なまじいに 
馬謖を斬れぬ 
浅情け

合わぬ酒 
干す杯に 
砂の夢

手を伸ばし 
風を掴んだ 
下弦の日

哀しみを 
押し上げ 虚空に
スパイラル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

蒼山日菜先生 ギャラリートーク @ 切り絵の森美術館。。。

先月から始まった 『レース切り絵の世界 蒼山日菜と13人の仲間たち』展。
連日盛況のようです。
出展されている作品も、ちょこちょこ売れているようです。   

10645007_617768961688059_40826292_2

さて。。。
  
4月の開場初日に、蒼山日菜先生のギャラリートークがありました。
告知が遅くなってしまいましたが、この5月にも開催されます。

5月16日の土曜日。明後日です。
今回は2回の開催。
  
午前11時からと、午後2時からと。

蒼山日菜先生 曰く…この日は、私にとって歴史に残る日になりそう…だとのこと。

その場にいられないのが残念ではありますが、どんな内容になるのか、後日のアップを楽しみにしておこうと思います^^

ところで。。。

切り絵の師匠である蒼山日菜先生が、ご自身のHPに『蒼山日菜切り絵研究室』メンバーの紹介ページを作ってくださいました。
ハズカシながら、自分もその中に載せていただいております。

こんなにまでしていただいて、感激と感謝がいっぱいです。
そして、このページの作成に労を取ってくださった、蒼山日菜boutique の上林史和さんにも感謝申し上げます。

まだまだ技量足らずの自分なので、こうして紹介していただいたことを励みにしながら、これからも、少しでも、一歩でもイイ作品を作成していくべく、日々の努力を忘れないようにしていきたいです。

蒼山日菜先生のHP… ← クリックしてくださいね。

このHP内、右上に、『Aoyama Hina 切り絵研究室』のバナーがあります。
そこを見ていただくと、研究室メンバーの簡単なプロフが掲載されています。

よかったら、覗いてみてください。
写真嫌いの工藤も、過去画を探して出してきました…^_^;
ん~ ** やっぱり写真は苦手ですね…

ギャラリートークは、来月6月にも開催されます。
またあらためて告知をさせていただく予定にしています。

皆さま、よろしくお願いいたします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

MOJINOKAKERA Ⅱ 濱田邦子先生 個展。。。

明日から開催になります。
(いつものことながら、告知が遅くなってしまい申し訳ありません)

神戸をメインに活躍をされているカリグラファー・濱田邦子先生の個展『MOJINOKAKERA Ⅱ』

11218692_632196536911968_6285355251

いつも、淡々としたトーンの先生なのですが、お会いして話をさせていただく度に、カリグラフィー・手書き文字に賭ける熱い思いっていうものが伝わってくる先生です^^

今回の展示には、クラッキングさせた作品を、何点か出展されるそうです。

カリグラフィーの平面作品は当然ながら、本のテキスト(内容)を手書きされた製本作品、そして、グラスリッツェン作品等々も^^

楽しみです。

GWが終わって、遊び疲れた身に、眩しい日差しの下で過ごした目に、春の風に吹かれながら、ホッと一息入れたいなって思っておられる方々^^

是非、足を運んでみてください。

MOJINOKAKERA たちが、優しい笑みで迎えてくれると思います♪

11109194_632196560245299_7719984864


   MOJINOKAKERA Ⅱ
 濱田邦子 カリグラフィ展

日時 : 2015・5/7(木)~5/17(日)
      12:00~18:00 (最終日17:00まで)
* なお 11(月)は休廊日となります

会場 : DELLA-PACE

住所 : 神戸市中央区北長狭通4-9-10 黒澤ビル1F
TEL : 078-392-9638

URL : http://della-pace.seesaa.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »