« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

to and from Elena。。。

かなり前後してしまってますが、記録のため。。。^^;

アメリカに住むロシア系アメリカ人 Elena。
去年の6月のことではありますが、FB上で、彼女にバースデーグリーティングを書かせてもらった際、それを送ってほしいと連絡がありました。

ちなみに…バースデーグリ―ティングは、FB友人で誕生日を公開してはる方全員に書かせていただいています。
なので、この1年でも、もう1000人超え^_^; (9割が外国人なのですが…)
ほとんど毎日書いていて、誕生日の無い日は、月に2~3回あれば良いほう???
(多い日は、10数人とかになるので、そろそろ考えた方がいいよという、ご心配の声もいただいております^^; ありがとうございます。。。)

でも、Happy Birthday ! だけではなくて、先方の名前と日付も書かせていただいていることもあってか、皆さん、結構喜んでくれはります。

下手っぴりこんなカリ文字にもかかわらず、ほんとに時たまですが、今回の Elena のように、書いたものを送ってくれってメッセージが入ることがあって、カリグラフィーの楽しさとか、文字を書く喜びとかを知ってもらったり、カリグラフィー自体に興味を持ってもらったりするのに、少しはお役に立てているのかも?って思ったりしています。

件のElena。。。

さすがに、誕生日のグリーティングだけでは芸がないし、書いているのはコピー用紙やし…
で、自分にはこれしかないかってことで、併せてチョウチョを切って送らせていただきました。

Alia_flugilojn

名前は alia flugilojn(エスペラント語で、もう一つの翼)
英語でいうと another wings

送らせていただいてしばらくすると、Elena からも郵便が^^

届いたのがこちら。。。

10432980_588400017958287_6815066711

水彩画作品が2点。

紫陽花とクレマチス。

で、去年のクリスマス直前に…

14935_588398391291783_3996476778783

10359918_588398401291782_5289508159

嬉しいクリスマスプレゼントになりました。

どれだけ手間と時間がかかったことか。
信義には信義でお返しをしないと。

Elena、ありがとうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸・三宮 マグロの揚漬丼「ぼちぼち」。。。

神戸市立上野中学3年5組 浜中学級の同級生でもある久保吉勝くんが、地元神戸・三宮にお店を出しました。

うちのクラス、ほんとに仲が良くて、クラス会も数年に1回はしています。
大抵15名くらいはいつも集まってくれます。

その浜中学級一番の人気者といっても過言ではない、おもろい男・久保くん☆

ずっと飲食の世界で頑張ってきた彼が、去年、とうとう自分の店を持ったんです。

自分は、同じクラスメートからその情報を教えてもらいました。
嬉しかったですね~♪♪♪

ただ、住みが大阪の自分としては、なかなかすぐには行けません…

何とかしたいな~って思っていた矢先の11月28日。
たまたま神戸に仕事が入り、現地入りの時間がずれこんだおかげで、2時間ほど空きが♪
そらもう、行くしかないし^^

即、三宮下車で行ってきました。

10731116_557089731089316_2505296518

メイン通りから少し脇へ入ったところですが、すぐにわかります。

久しぶり(前回のクラス会以来?)に会った久保君(通称 よっさん)は、これまでとず~~~っと変わらない人懐っこいよっさんスマイルです。

お互い、簡単に近況を報告しつつ、何しか食べることに。

10519203_557089744422648_8577894800

マグロの揚漬丼です。
これ、よっさんのオリジナルなんですね^^
マグロがめちゃキレイで美味しそう!って、特に女性には評判だそうです。
美味しそうに見えているだけでなくて、これ、ほんとに美味しかったです。
ヘルシーでライト♪

写真からはわかりませんが、ご飯は美味なる雑穀米。
最後のほうで、残った雑穀米に、よっさん渾身の出汁をかけてお茶漬け風にして食すると、また違った味わいができます。

開店まで、かなりの苦労があったようで、当然、今も山あり谷ありみたいです。
でも、学校時代の友達たちが来てくれるのが、すごく励みになるって云うてました。

10015160_587966788001610_3254968535

こちらが「よっさん」^^
本人の許可を得て、ブログ掲載でございます。

カウンターだけの小さなお店です。
でも、よっさんワールドは、心地よくて広やか。
彼の人柄が、お店いっぱいに詰まっています。

10421488_587966808001608_5284983554

1509727_587966831334939_76346313721

JR、阪神、阪急の各三宮駅から、徒歩10分かからないくらいのところにあります。
お近くにお越しの際は、是非、ご賞味くださいね^^

わが大切なクラスメートの前途を祝して乾杯です♪

それはそうと…よっさん、頼むから、そっちに食べに行った同級生やない工藤の知合いに、中学時代のアルバム見せるんやめてくれへんか?…(;^ω^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

活版作品に。。。

年が明けてから、活版話題が続いています。
今回もまた、活版で^^

先日の15日まで開催された、企画展 『明晃印刷 -60年の活版術』 と 『yukoh tsukamoto Exhibition 植物界』

ものすごい盛況ぶりで、連日、たくさんの方々が来場されておりました。

その際、明晃印刷展エリアに、工藤のカリグラフィー作品とチョウチョ切り絵、そして、それを活版作品にしていただいたものを展示していただきました。

カリグラフィーの方は、ソクラテスの言葉から。

10311365_580916012040021_4256234929

「An electric ray can electrify others because he is electrified himself.」

「シビレエイは、自分がしびれているからこそ、他をもしびれさせる事ができる」

これは、明晃印刷の高崎さんに描かせていただいたもの。

4年ほど前にさかのぼりますが、高崎さんとカリグラフィーの話をしている際に、「カリの作品を描かせていただきます」と約束をしたんです。
その約束を、今回やっと果たすことができたということになります。

この文章は、当初から「これでいく」と決めていたもの。
高崎さんご自身が、このソクラテスの言葉そのものの人やからです。
ただ、作品にする「ここ」っていうリズムとタイミングがなかなか合わず、そのままずるずると時間だけが過ぎ…

今回、ちょっとした経緯があって、カリグラフィーと切り絵の活版を出していただけることになり、この「タイミング」で、「今や!」ってことで描かせていただきました。

活版にしたものが↓です♪

10924759_582283295236626_3128998434

10923192_582283325236623_88409254_2

ともかく嬉しかったですね。
自分の描いたカリ作品が活版になって、なんか生まれ変わらせていただいたような思いです^^

それからチョウチョ。。。

1511145_580922585372697_83890179307

名前は、「triton」
去年切った作品です。
遠目なのでわかりませんが、変則で「イルカ」のフォルムをそれぞれの翅に軽く入れています。
なので、この名前。

活版にしていただいたものが。。。

10941043_582283245236631_1615336859

15928_582283268569962_7219564129476

こっちのは、インクをグラデーションかけての印刷。
右にいくほどに薄くなっています。

高崎さん、中本優さん、ありがとうございました^^

ちなみに・・・元々部数が少量で、おまけに残部僅少なのですが、カリの活版もチョウチョの活版も、双方とも販売できます。
送料・消費税込みで、各2000円。

ご注文は… mystic.tempo★gmail.com まで。(★を@ に変えてくださいね^^)

P1030509

今回の企画展、自分は、初日と最終日に寄せていただいたのですが、両日ともに、高崎さんイラストレーターの中本優さん の人脈から、何人もの方々とのご縁をいただきました。
ありがとうございます。

名刺の交換もさせていただきました。
もちろん、活版名刺で made by 明晃印刷♪

無事に終了となった企画展。
高崎さんをはじめ、中本優さん。ほんとにお疲れ様でした。
中本さんなんかは、毎日のように半徹・徹夜続きやったそうです。
その甲斐あっての大成功なのでしょうね^^
お疲れ様でした☆☆☆

そして、設営に使われた多数のダンボールは、工藤の恩人でもある響書家・須川栄司さん勤務の芳川紙業株式会社製造の製品。
上田社長さま、須川さん、ありがとうございました。

とりま、今年一番目の山が終了です。
次なるは。。。

頑張ります・・・・・・・・(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

干支紙細工 『未』。。。

昨年の4月に開催させていただいた、「3人展 『Dear...』」

その時に「お祝いに」と、大きなフラワーアレンジメントを抱えて持ってきてくださった方がいました。
それが、「ひこかみ」さんこと坂口雅彦さん。
その当日、自分は在廊ではなかったため、期間中にあらためて来てくださり、はじめましてと相成りました。

少し前から、バーチャルで交流はさせていただいてました。
が、実際にお会いした坂口さんも、それまでと変わらぬ、飾らない「おもしろいおっちゃん」^^
苦労人で、心細やかで、さりげない気遣いをされる方です。

それ以来、なかなかお会いする機会がないままになっているのですが、年明け早々、とてもかわいいものを送ってきてくださいました。

それが。。。

10891584_577580039040285_3875371341

干支紙細工の「未」バージョンです。
かわいいでしょ♪

実は、去年もいただいてました。

10931356_578921735572782_5137689091

そ^^ 「午」

簡単に組み立てられます。

1999年に、『組立紙細工:ひこかみ』を立ち上げられて以来、地道に紙細工作品を生みだしてきておられる坂口さんは、大正区在住。

大正区といえば「沖縄」
沖縄といえば「シーサー」♪

坂口さんのシーサーも素晴らしいんです。

1969166_610777225698300_59882514502

ダンボール製の大きなシーサー作品。

418221_271907319585294_1227946374_n

龍のもあります。

干支シリーズのような掌サイズから、上のシーサーや龍のような大きなものまで、坂口さんのアートは愛嬌があって楽しい♪

子どもたちとのワークショップも、笑顔満載でやっておられます。

この「干支紙細工」 販売もしてます^^

これ、封筒と一筆カードも入っているので、メッセージを記して、切手を貼って郵便として送ることもできます。

↓ こんな感じ^^

10917843_578949378903351_7530259726

詳しくは、↓ の坂口さんまで♪
(坂口さん、メッセージ、ありがとうございました^^)

10931369_578945545570401_4945716675

もちろん、他にもいろいろと販売作品があるようです^^
作品たちは、切り込みが入っているので、ハサミ不要、のりも不要です。

294043_111744972268197_2079776283_n

↑ これも、坂口さん作品☆☆☆

寒い日が続いています。
風邪だけではなくて、インフルエンザも猛威をふるっています…
みなさまも、呉々もお気を付けくださいね。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

2015 活版年賀状。。。

今年も、明晃印刷の高崎さん と、そこを拠点に頑張っている、福井はあわら市出身のイラストレーター中本優さん から、活版印刷の年賀状を頂きました。

10915247_577580429040246_9037164395

156029_577580405706915_394186295496

↑ こちらは、明晃印刷の高崎さん からの年賀状♪

10891818_577580469040242_4175110641

10420261_577580452373577_1857072543

↑ こっちのが、イラストレーター中本優さん からの年賀状☆

整然と並ぶドットと、そこに打たれた赤いインク。
これ、ズレてないのが技術なのだと思います。

全体のドットの部分とインクの部分で、少なくとも2回圧し。
もしかしたら、インクの発色加減で、赤いドットのところ、2回圧しをしているかも?

先日の記事でもアップしたことですが、現在、大阪市福島区の LADS GARELLY にて、明晃印刷さんの個展が開催されていますが、この年賀状、お二人ともがその準備に徹してはるときの『作品』です。

当然、個展の準備以外にも仕事があった中で、一枚一枚の年賀状を丁寧に作成されている。

お二人のその姿勢に感服してしまいます。

活版のものって、凹凸の手触りがよくて、そしてあたたかみがある。
デジタルが本流になっている時代だけれど、人間の求めるものは「心」に沿う・添うものではないかなって、いつも思います。

手作業から生まれるものは、もちろん作り手の命の温度や境涯の大きさ・深さってものが作品に出るものですが、人間がかつえて求めているものが、少なからず込められている。
それが、大きく深く込められているのか、小さく浅くメッキされているのか。
大雑把に云えば、そういうことになりますが、大きさ・深さによらず、自分は…どこまでも、人間の心を信じたいなぁ…

件の明晃印刷さんの個展 ですが、15日が最終日。(最終日は17:00まで)

かなりの反響のようで、初日18:00からのオープニングパーティ(カンツォーネの夕べ)には、ギャラリー始まって以来の人数であったと伺いました。

同時開催のイタリア・ミラノ在住の yukoh tsukamoto さんの個展も素晴らしいです。
「命」を見つめる優しい「眼」から生まれた作品たち。。。と、自分なりに感じた次第です。

是非、お越しくださいね^^

 ← 詳細はこちらです。クリックを♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

企画展 明晃印刷 ―60年の活版術- のお知らせ。。。

10906541_573583289439960_2179884741

来たる1月6日(火)から始まる「企画展 『明晃印刷 -60年の活版術-』 」

明晃印刷株式会社は、大阪市福島区福島の、築80年の歴史をもつ文化ビルにありました。
が、当ビルが老朽化により取り壊しとなるため、昨年9月に立ち退き。
現在は、同じく福島区の海老江にある昭和の雰囲気がいっぱい詰まった長屋に移転しています。

10427320_478328468965443_6139660889

↑ 旧 明晃印刷

10343026_524892454309044_7225229767

↑ 現在の明晃印刷

60年という歴史。
人間で云えば還暦です。
還暦はまた、新しいスタートでもあります。

そのスタートを新天地から始めたばかりの明晃印刷としての、今回の企画展。
代表の高崎健治さん の意気込みは、当然半端ではありません。

高崎さんの秘書役でもある、イラストレーター中本優さんの気合いもすさまじい。
このお二人の、いわば二人三脚の相乗効果が、今回の企画展に存分に発揮されることは、間違いありません。

「活版術」とありますが、単なる、活版印刷の技術だけの展示会ではなく、二重にも三重にも思いを込めての作品たち、いくつもの写真、活版を支えるアイテムの数々。
それぞれが、見る人の心をして何かを湧きだたせ、残してくれることと思います。

人との出会い、作品との出会い、新しい自分との出会い。
年頭に当たって、何かが生まれる十字路のような作品展になるでしょう。

是非、足をお運びくださいね。

今回の企画展は、高崎健治さん・中本優さんの大切な友人でもある、イタリアのミラノで活躍されている日本人アーティスト・塚本裕子(yukoh tsukamoto)さんの個展、

yukoh tsukamoto Exhibition 植物界

との同時開催となります。

10409257_573583269439962_2819158875




この2つの展示会のオープニングパーティーが素晴らしいです♪

 ~* ~ オープニングパーティー ~*~

1月6日(火) 18:00~

ギターとカンツォーネの夕べ

このオープニングパーティーには、日本を代表するギタリスト・杉浦知美氏の演奏と伴奏とともに、ミラノで研鑽を積み、幅広く活躍をされているカンタンテの方々の共演による生演奏があります。

篠原 良三氏 〈バリトン〉
市岡 雅明氏 〈テノール〉
大野 陽子氏 〈ソプラノ〉
太田 優子氏 〈ソプラノ〉

杉浦 知美氏 〈ギター〉
柏森 秀幸氏 〈ギター〉

乞うご期待です^^



A 室 … yukoh tsukamoto Exhibition 植物界

          &

B 室 … 企画展 「明晃印刷 -60年の活版術-」

 

期間 : 2015年1月6日(火)~1月15日(木)
時間 : 12:00~19:00(最終日 17:00まで)
* 月曜は休廊となります

場所 : Lads Gallery
住所 : 〒553-0003
     大阪市福島区福島 3-1-39 メリアス会館 102号室
tel / fax  : 06-6453-5706

アクセス : JR東西線 新福島駅より徒歩7分
        JR環状線・阪神電車 福島駅より徒歩12分
        京阪中之島線 中之島駅(2番出口)北へ徒歩2分
        
        市バス JR大阪駅より・・・
        53系統「堂島大橋」下車 北へ徒歩3分
        55系統「堂島大橋北詰」下車 南西へ徒歩2分

地図 :  ← こちらをクリックしてくださいね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »