« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

清水裕子 × 松永亨子 二人展 『ENGRAVED』。。。

芦屋を地盤に活躍されているカリグラファー・清水裕子先生と、ブックアーティストの松永亨子先生が 「二人展」 をされます。

清水先生は、いつもいつも優しい笑みを絶やされない方。
書かれる文字たちもそのまま^^
優しさがそっと手を触れてくるような体温を感じさせてくれます。

松永先生のことは、存じ上げておらず申し訳ない限りなのですが、逆に興味津津。
ブックアーティストさんということですが、型破りに大きな「くくり」のあるブックアーティストさんだそうで、つくられる作品は、言葉に例えられない面白さがあるそうです^^

そのお二人が、それぞれの作品とともに、コラボ作品も展示されます。

作品展のタイトルは、『ENGRAVED』

1779693_541208352677454_92079189200

今回、清水先生は、アルファベットを石に彫ったレターカッティング作品のみを展示されます。

松永先生は、独創性に富んだブック作品を出展。

松永先生による6メートルほどある巻物作品、雄勝(石巻)産スレート12枚に文字を彫ったコラボ作品等々、合計20点近くの展示予定。

清水先生によれば・・・

「タイトルの『ENGRAVED』は、物理的に〝刻み込まれた〟状態だけでなく、心や記憶に焼き付いたことも含めて」とのこと。

いろいろと想像してしまいますが、やはり「現場」で「実物」をということでしょうね^^

11358_541208332677456_8243028916781

清水裕子 × 松永亨子 二人展
          ENGRAVED

2014年10月31(金)~11月9日(日)
  ★ 11月3日(月・祝)は休み

12:00~19:00(最終日は17:00まで)

於) ギャラリーPAW
〒 659-0064
 芦屋市 精道町 2-15

TEL/FAX 0797-32-1791

e-mail ) paw_paw_@hotmail.com

アクセス… 阪神芦屋駅より東へ徒歩約5分
               JP芦屋駅より南へ徒歩約8分

清水裕子先生HP… ← クリック
松永亨子先生HP… ← クリック(英語のHPになります)


尚、清水先生の作品のほとんどは、販売されるということです。

ちょうど木々も色づきはじめるイイ季節。
閑静な芦屋の街の一角に、心と足を休めてみてはいかがでしょうか^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

出展 3舞。。。

今月は、切り絵チョウチョを、2か所へ3枚出展させていただきました。

一つは、名古屋で行われた『蒼山日菜のレース切り絵教室 受講生展覧会』第1回 に出させていただいたもの。

10702130_533128193485470_1580109254

切り立てホヤホヤを写メしたので、フラットになってなくて、ちょっと見にくいです(^_^;)

これ…搬入する前日の夜11時から5時間かけて切ったんです。
いわば徹夜。
切り上げて額装して、形が整ったのが当日の5時。

自身の不手際があり、徹夜になってしまいました。
途中、3回諦めかけたのですが、3回とも 「絶対できる!」って云い聞かせながらハサミを動かし続けました。

なんとか完成して、無事に名古屋へ。

1920101_533128353485454_30668818250

額装はこんな感じです^^

名前は。。。「freesia」=フリージア。

元々は別名をつけてたのですが、人生の先輩のお母さんみたいな方に、付け替えていただきました。

これが一つ。

そして、つい先日、大盛況の中を終了となった、福岡は飯塚市にあるマサジアートギャラリー で開催された 『蒼山日菜 切り絵研究室 作品展 ~ c'est un destin. ~』 に出展させていただいた2点。

Img_8268

9月の初日から切り始めたものの、上がるまでに16日もかかってしまったチョウチョ。

今回のチョウチョも、3点とも、図案無しでぶっつけで切っていったのですが、この分については、まったくどう切ったらイイのかってことが浮かばないまま、ただただ、じ~っと紙とにらめっこをしてました。

その間、たぶん・・・10日以上かな~(~_~;)
でも、不思議と焦りとかはなくて、これも「絶対できる!」って思っての切りでした。

その分、込めた思いも半端ではなく、自分と縁のある人たちのこと、お世話になった・なっている方々、もちろん、切り絵の師匠のこと、自分にとって大切な人のこと等々。

「感情を込めないと、いい作品はできない」とは、切り絵の師匠の蒼山日菜先生の言葉。
ちょうど1年前に云われたことです。
工藤の「感情を込めないで切った作品」を見られての叱責の言葉。
あれ以来、忘れたことはなく、日菜先生には、ただ感謝するしかありません。

10678491_532439653554324_5233396244

10390402_532439670220989_4036051387

名前は。。。「tenga」= 天雅。

これは、熊本から来られた方が買ってくださったそうです^^
つまり、お嫁入り。

正直云うと、寂しいんです…^_^; 
でも、喜ぶべき、嬉しいことなんですよね。
ありがとうございました♪

そして、もう一舞。。。

Img_8527

これ…イルカさんを、それぞれの翅の中に埋め込んだんです。
わかるかな~(^^ゞ
都合、4頭のイルカさんがいてます。

なので、名前は。。。「triton」 = トリトン としました。

10672386_532442180220738_7616166506

10653376_532442156887407_6381609070

このチョウチョは、切り始めからで5日間。
時間にしたら、たぶん…8時間くらいかと思います。

本来なら、図案を書いてから一気に仕上げるのですが、下絵無しの切りになるので、頭の中で、図案を考えて考えての繰り返し。

その「時」のタイミングとか思いとか、きっといろんなもの=要素がかみ合う「時」っていうものがあるのでしょうね。
そうやって出来た一舞です。


以上3点。

この場をお借りして。。。

名古屋の作品展で特にお世話になった、名古屋朝日カルチャーの森山さん、そして マサジアートギャラリー の其田さまご夫妻と、常時在廊してくださった、「蒼山日菜 切り絵研究室」メンバーの武藤さんをはじめ、搬入・設営・在廊、そして、撤収・搬送にかかわってくださった方々に、あらためて感謝申し上げます。

ありがとうございました。

併せて、名古屋展・福岡展へ足を運んでくださった全ての方々に、感謝いたします。

そして。。。
これを機に、また一つ、自身がステップアップしていけるよう、「昨日より今日、今日より明日」の気持ちを忘れずに、一歩一歩の遅い歩みですが、精進していこうと心しています。

☆ガンバロ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

Time Tested Beauty Tips 。。。

9月2日から7日まで、京都の文化博物館ミュージアムギャラリーの5階で開催された『カリグラファーズ・ギルド展』関西展。

この前には東京で、そして、この関西展のあとは九州へ巡回。
自分も出展させていただいてました。(東京と関西にて展示)

10702179_536537519811204_38114432_2

' Time Tested Beauty Tips '

御存じの方も多いと思われますが、Audorey Hepburn が、亡くなる年の最後のクリスマスイブに、2人の息子たちに読み聞かせたという詩です。

原文は、アメリカの詩人 Sam Levinson が孫娘の誕生に贈った手紙で、彼の詩集『時の試練を経た人生の知恵』に収録されていたもの。

が、Audrey がとても好きだった詩であること、Audrey の名言としても人口に膾炙されていることに鑑み、一番下の作者名を書く部分に、敢えて Audrey の名前を「本名= AUDREY KATHLEEN RUSTON」にて記させていただきました。

1920060_536537589811197_303515867_2

10685522_536537546477868_50326674_2

" Time Tested Beauty Tips "

For attractive lips, speak words of kindness.
For lovely eys, seek out the good in people.

For slim figure, share your food with the hungry.
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.
For poise, walk with the knouledge you'll never walk alone...

People, even more than things, have to be restored, renewed, revised, reclaimed and redeemed and redeemed...
Never throw out anybody.

Remember, if you ever need a helping hand,
you'll find one at the end of your arm.
As you grow older you will discover that you have two hands.
One for helping yourself, the other for helping others.

「時を超えた美しさの秘密」

魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
豊かな髪であるためには、一日に一度、子供の指で梳いてもらいなさい。
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。

物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、
失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
何度でも再出発することができます。
誰も決して見捨ててはいけません。

人生に迷い、助けてほしいとき、いつもあなたの手のちょっと先に、
助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないでください。
年をとると、人は自分にふたつの手があることに気付きます。
ひとつの手は、自分自身を助けるために。
もうひとつの手は、他者を助けるために。

原文の1行目と2行目、「太字」にしていある部分を、ゴシサイズドイタリック体にて、作品・文章部分の一番上と一番下のそれぞれの2行にもってきて、他のパートを挟む形にレイアウトしました。

挟んだ部分は、x ハイトが2ミリ。
ほんとは、1ミリに挑戦したかったのですが、さすがにそこまでの技量が…^^;

でも、次回には挑戦したいと思っています。

それと…本来なら、ここはカッパープレート体で書きたかったところ。
これまた技量不足で、単なる筆記体にて…

これまた次回に期したいと…^_^;

いろんな思いを込めて書いた作品になりました。
このままの形で、届けたい人もいます。

届くのかな…

NTラシャ
スピードボール C2, ジロット 303
ROHRER & KLINGNER 社製 Smaragdgrun (水性インク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

蒼山日菜 切り絵研究室 作品展 ~ c' est un destin ~

明日から始まります。

世界のレース切り絵作家・蒼山日菜先生 と、先生が選抜の「蒼山日菜 切り絵研究室」メンバーによる切り絵作品展。

作品は、100を超えているそうです。

100…すごいです…

少しだけ、会場風景の画像を見せていただきましたが、圧巻でした^^

作品は販売されます。
また、蒼山日菜先生 のグッズも取りそろえられております♪

そして、とても素敵な DM をつくっていただきました。

Img_8657_2

作成してくださったのは、マサジアートギャラリー代表の其田寿枝さま。
ありがとうございました^^

もちろんこの絵柄は、蒼山日菜先生 の切り絵作品。

参加作家は。。。

蒼山日菜先生

蒼山日菜 切り絵研究室 メンバー (敬称略)
  ・ 安藤 いく子
  ・ 川上 和枝
  ・ 清家 由佳
  ・ 霞末 知美
  ・ 菅野 湧己
  ・ 田島 みよ子
  ・ 徳山 みえ子
  ・ 中沢 由紀子
  ・ 原 あす香
  ・ 武藤 美穂
  ・ 宗清 有木子
  ・ 山下 ちとせ
  ・ Ko hina + 古谷 ななえ(コラボ /カービング)
  ・ 工藤 祐輔

会場 : マサジアートギャラリー

住所 : 福岡県 飯塚市 鯰田 2299 - 5

TEL  : 0948-29-4877

会期 : 10月10日(金) ~ 10月19日(日)

時間 : 11:00 ~ 18:00 (会期中は無休)

尚、11日の午後と12日の午前に、蒼山日菜先生 と「切り絵研究室」メンバーの何名かが在廊。
また、会期を通して、同じくメンバーの武藤美穂さんが在廊となります。

ちなみに、工藤は…行けません><

Img_8658

アートの秋。
切り絵の秋。

繊細なモノクロの世界から、心温まる色彩を感じてみませんか?^^

(あ、工藤のは繊細やないですが…)

どうぞ、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

『蒼山日菜のレース切り絵教室 受講生展覧会』第1回。。。

昨日から始まっています。

蒼山日菜先生の切り絵教室講座の、朝日カルチャー名古屋校の受講生さんたちと、新宿教室、中之島教室(自分で~す^^)のメンバーも参加の作品展覧会。

もちろん、蒼山日菜先生も出展してくださっています。

10406958_10202530985547902_75426218

昨日は、17時前後から、蒼山日菜先生と講評会がありました。
自分は、名古屋校の切り絵教室を受講後にソッコーで帰ったので、それには参加しておりません…残念~~~

が、午前中に搬入をさせていただいた際に、ほとんどの作品については鑑賞させていただいてて^^

それにしても、みなさん、ほんとに細かいので…
その場に、自分のを置いて良いん?って雰囲気ではありました…
でも、徹夜して頑張って切ったチョウチョ。
会期中、観てくださる人たちに、ちょっとでも心に和みを持っていただけたら、嬉しい限りです。

是非是非、御高覧ください♪

会期 : 2014年10月5日(日)~10月18日(土)
場所 : 朝日カルチャーセンター名古屋校
時間 : 月~土 9:30~20:00
       日   9:30~17:00
      * ただし、最終日は16:00 までになります。

住所 : 〒460-0008
       名古屋市中区栄 3-4 スカイル 10階
TEL : 052-249-5553

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋へ。。。

昨日は、日帰り弾丸ツアーで名古屋へ行ってきました。

目的は3つ。

1) 朝日カルチャーセンター名古屋校で昨日から開催の『蒼山日菜のレース切り絵講座受講生展覧会』への自身の作品搬入。当日搬入です。

2) 切り絵の師・蒼山日菜先生との会食会参加。

3) 蒼山日菜先生の切り絵教室受講。

日菜先生ずくしでした^^

実は名古屋は初めて。

10703951_533216923476597_28032735_2

大きい街ですね・・・
なんか、思った以上でびっくり**

10628130_533216936809929_5608827733

10696316_533216960143260_1384495466

ほんとはもっと写真を撮りたかったんですけどね~
時間の関係で限度がありました。

諸般の事情により(ここにも書けない事情です…笑)、前日からほぼ完全徹夜で仕上げたチョウチョを持って、まずは朝日カルチャーセンタ―名古屋校へ。
担当の森山さんは、ここに来る前から、とても親切に対応してくださいました。
あらためて感謝申し上げます。

ありがとうございました^^

無事に搬入・設置までして、次は会食会の会場へ。

場所は、フレンチの RESTAU K YAMAUCHI というお店。

10351171_533354836796139_3648297318

こんな感じで14名の会食会。

日菜先生は、いつものごとくのトークが炸裂して絶好調♪
男性は、自分一人だけであったので、前半の1時間は、ほんとに緊張してました^_^;

10665120_533355140129442_6299354943

こういう場所に来て、こんな贅沢するのも何年ぶり?みたいな?感じで、いいのかな~と思いつつも、でも後半は、アットホームな雰囲気の中、楽しい時間を過ごすことができた次第です。

みなさん、ありがとうございました^^

そうそう、忘れたらアカンことが一つ。

10665700_533355176796105_7856629091

これ、日菜先生の切り絵作品をあしらった煎餅なんですが、会食会の参加者全員に持ってきてくださったマーサさん。
マーサさんは、全国の切り絵教室で有名なお母さんです♪
もったいなくて食べれませんが、美味しく戴きます^^;
ありがとうございました~

で、この会食会の設定も、森山さんです。
裏方はほんとに大変だと思います。陰の功労者ですね^^

実はここで、自分も入れていただいている「蒼山日菜切り絵研究室」の、同じメンバーでもある徳山さんに初めてお会いすることができました。
嬉しかったです^^

あまりの盛り上がりに、あっという間に時間オーバー・・・(笑)

日菜先生は、先に急いで切り絵教室のほうへ。
残った面々は、その後でタクシーにて教室へ。

10分ほど遅れただけで無事に到着。
50名が参加しての切り絵教室でした。

そして今度はこの会場で、「蒼山日菜切り絵研究室」の山形メンバーの原さんと初の御挨拶。
いつも一生懸命な頑張り屋さんです。

「研究室」メンバーといっても、全国から選ばれているので、一同に顔を合わすことは、よっぽどのことでもないと無いと思います。
でも、昨日は、こうやって二人の方にお会いできました。
それだけでも、名古屋に来てよかったなと♪

10713001_533315796800043_2798413054

徹夜明けにもかかわらず、居眠りをすることなく行って帰ってくることができました。
それだけ充実の時間やったのやと思います。
よく歩いたし~

さすがに・・・帰ってきてからはダウン寸前で、10時前には布団に入るということになってしまいましたが^_^;

今日は…昼からずっと部屋の掃除をしておりました。
やっとこれで、人間らしい部屋に戻ったと思います(^^ゞ

さて、山を一つ越えたところですが、また新しい山が目の前に出てきています。
時間との闘いは、まだまだ続く。。。です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »