« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月22日 (日)

3人展『Dear...』後記。。。その二

前回の続きです^^

Loverin02

 loverin

横幅で、5.5センチ。

切ったのは、2012年の12月(推定^^;)なので、結構前になります。
なぜ、手元に残ってたのかは、ちょっと不明です。
切ったはしから、すぐに飛ばしてしまうので、手元に残るのは、自分の場合、ある意味「奇蹟」に近いかもしれません。

でも、今後は、ちょっと考え方を変えようかとも思っています。
ほんとにたまのたまに問い合わせがあります。
手元にあれば、アップにしてみたり、角度を変えての画像をお送りすることもできるのですが、それができないっていうデメリットにやっと気付いたという…

あとは切る時間を何とか確保しないと…^_^;

この「loverin」
お気付きの方もおられると思いますが、3人展『Dear...』のDMに使ってもらったものです。

Loverin_01

元々は、載せるため…ではなかったのですが、DM画像の撮影をしてくださる方との初ミーティングの際に、いくつか置いていったものの中の一つがこれでした。
で、撮影されたものを見せていただいた中で、一番よかったのが、この「loverin」
プロの方に撮っていただいたので、どれもがよかったのですが、最終的に、撮りの角度と、あとのお二人の作品画像とのバランスから、ベストショットってことで、これをチョイスさせていただきました。

このDM、種々経緯がありまして、まだ手元に35枚ほど残っております。
終わってしまった作品展ですが、「欲しいー」って方がおられましたら、遠慮なく御連絡くださいね^^

Menta

 menta

下翅の幅で、約7センチ。

英語の「mint」のスペイン語になります。
色的に、ミントカラーなので、この名前にしました。
ちょうど1年前に切ったチョウチョです。
これも、奇蹟的?に手元に残ってました。
3人展に出すのはちょっと迷ったんですが、「loverin」を出すので(DMに載せたってこともあり)、手元残りコンビってことで出させていただいた次第です。

Passion_dream

 passion dream

幅がだいたいで12センチくらい。

ひさしぶりに「深紅」のチョウチョを切ってみたくなって切ったもの。
下絵無しでの切り。
0.1ミリ以下の挑戦もしてみました。

テーマは…「時代はどんなに廻っても、ハートと夢には、情熱いっぱいでありたい」

夢って、実現できないことではなくて、いつか実現できること。
実現できることなら、「どうせ、夢やし・・・」ではなくて、実現すべく、少しずつでも歩みを前に進めたいです。
「諦めない」こと・・・かな。

前に進もうとするとき、上昇できそうになるとき、人それぞれで違うでしょうが、その「歩み」を押しとどめて喜ぼうとする「力」が、どこからともなく現れてくることが多々。
そこで、「どうせ・・・」になってしまったら、そのまま足踏みでなくて、後退になってしまう。
そういう「愉快犯」はどこにでも存在している。
ヘラヘラ笑わせたままにはしたくありません。

「諦めない」って、「負けない」ってことかもしれないなって思います。

人には人の「運命」みたいなものがあるのかもしれませんけど、自分は、「運命」って変えられると思うんです。
決まってしまっているのなら、出来ない・出来なかったことが、諦めの渦の中に吸い込まれてしまう。
運命に抗うのではなくて、運命を「善き」に変えていく。
人間って、そういう「力」を内にしっかり持っていると信じています。

Love_wind

 love wind

幅10.5センチ、下絵無しの切り。

流れるラインは「風」のつもりです(^_^;)
フォルム自体を柔らかく。。。を心がけて切りました。

何気に、チョウチョばっかり切ってますが、どういうわけか、チョウチョ切っていると、気持ちがやさしくなれるんです。
と云っても、他のものを切っていると「喜怒哀楽」激しくなるって意味ではございませんけど(^^ゞ

ちなみに、これは、この写真よりも実物のほうがだいぶキレイです♪

10341608_478641922282295_8181697098

 rivereto de amo

エスペランサ語で、「愛の流れ」
下絵無しの切り、幅は・・・たぶん、12センチくらいかな???
作品展終了と同時に飛んで行ってしまったので、測っておりません^_^;
悪しからずご了承ください。

なので、現在は「個人蔵」となっております。
持ち主さまにお願いをして、写メ撮りしていただきました。

自分で云うのも…ですが、バランス…イイと思っています^^v

ちなみに、このチョウチョ、3人展出展のこれまでの10枚の中では一番人気がありました。
もうひとつ、注目度 no.1 ってのがあったのですが、それはまた後日に。

「loverin」については非売品(DM記念なので~)
「menta」 「passion dream」 「love wind」は、現物販売可能です。

さて、残りは2点とプラスαになりました。
また、時間を見つけてアップさせていただこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

3人展『Dear...』 後記。。。その一

4月の3人展『Dear...』 が終了して、もうすぐ2カ月。
時間の過ぎる速さにおののくばかりです^^;

3カ月以上前から準備をして、搬入をし、会期を通してたくさんの方々と出会わせていただき、片づけをして搬出。

元のガランドウになったギャラリーの中で、3人が3人とも放心状態になっていたことが、懐かしく思い出されます。

次に進まないとアカンのに、いまだに足踏みしている自分もいたりして、少なからず焦りがあったりするのも事実で。

そういうこともあり、また、来場できなかった遠方の方から、少しでもイイから作品を見せて欲しいというメールをいただいたりしたこともあって、ここでは工藤分に限りますが、拙作をアップさせていただこうと思います。

Love_sweet

   love sweet

工藤の切り絵チョウチョのほとんど…割合でいうと、95%以上かな…のチョウチョに、模様として「♡」を入れてます。
それと、「桜の花びらの連鎖」っていうのを、よく使って入れています。

前から一度やってみたかったのが、「♡」と「花びら連鎖」だけのチョウチョ。
今回、それをやってみました。
それほど大きくはありません。
横幅で測って、約7センチ。
名前は、ストレートに付けておきました^^

Love_sprint

   love sprint

たいていのチョウチョは、紙を半折にして切り抜きをしています。
片方だけを見つつ切るってことになるわけですが、これ、出来上がって開いてみると、思ったのと違った「雰囲気」になっていることが結構あるんですね。
これは特にそうやったもので、はっきり云うて、思ってたのよりよくありませんでした(~_~;)
でも、失敗ってわけではなく、ダメってことでもないと思っているので、これをベースにして、次回はちょっと成長したパートⅡを切ってみたいと考えています^^

横幅は、8.5センチほど。

それと、通常のチョウチョは、半折にした用紙に下絵を書いて切っていくのですが、今回やってみたのは、下絵無しで考えながら切る。。。って方法。
この「love sprint」については、下絵半分、下絵無し半分で切ってみました^^

Madam01

   madam butterfly (お蝶夫人)

madam butterfly ですが、「蝶々夫人」ではなく、竜崎麗香の「お蝶夫人」

下絵無しからの切り。
切りながら、「エースをねらえ!」の「お蝶夫人」が浮かんだので、このネーミングになりました。

「おまえ、チョウチョにお蝶夫人って、なんやねん???」っていう爆笑ブーイングが一部からありましたが、強行突破でこの名前にしました。
欲を云えば、前翅のくるくるを、もう少し工夫したらよかったかな…

横幅、11センチあります。

超高校級・竜崎麗香の実力ドッシリ感を出してみようと試みたのですが、うまく表現できたのかどうか。。。(^^ゞ
笑っておきます。

Por_siempre

   por siempre (スペイン語で「永遠」)

メキシコに住むFB友に教えてもらったいくつかの単語の中の一つ。

「por siempre」 = 永遠

大好きな言葉になりました。

下絵無しの切り。
切りながら、ネーミングはこれしかないかなと思って決めたもの。
自分にとって、とても大切な方を思いつつ切ったものの一つ。
自身でも、かなりお気に入りの一舞になりました。
永久保存版(笑)かも。。。

ちょん切れたらおしまいの、0.1ミリ部分を自分としては結構入れてみました。
じっくり考えながら切っていったので、何とか失敗がなかったのかな~と思っています。
ただ、0.1ミリを下るのは、まだ無理かな~

Amor_de_dragon

   amor de dragon

最初の一切りを入れた瞬間に名前が決まりました。
下絵無しの切り。
横幅は9センチ。

とあるおふた方を思って切らせていただいたもの。
今回の切りの中で一番「思い」が「気合い」のように入ったチョウチョになりました。
どこが「dragon」って云われそうですが、ま、入ってるんです^^
ちょっと無理があるかもですが、わかっていただけると嬉しく思います♪

「思い」を形にする、させていただくっていうのは、ものを創る側としては、至高の喜びの一つかもしれないですね。

ここにアップした5舞は、3月に東京・代官山のギャラリー ARTSRUSH で行われた、蒼山日菜先生と「蒼山日菜切り絵研究室」メンバーによる切り絵作品展 『紙の宝石~レース切り絵展~』に出させていただいたものです。

5舞とも、無事に戻ってきてくれました^^
なので、そのまま「3人展」へスライド出展できたことになります。

残りの分については、あと1回か2回に分けてアップさせていただこうと思っています。

* ちなみに、この5舞については、現在は、オール非売品。
別に御注文はお受けできますが、まったく同じものは出来ないのと、納期は未定になりますこと、ご了承くださいませ。。。☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

カリグラフィー作品展のお知らせ。。。

4月の3人展の際には、何かとお世話になり、また来場もしてくださった木作先生・籔本先生はじめとする6人のカリグラファーズ・ギルド会員の先生方。
そして、その先生方が担当されている京都・滋賀のクラスの生徒さんたち。

その方々による作品展があります。

「アルファベットと星のささやき」
~カリグラフィー・クラス作品展~

Yabu01

DM も素敵です。

2年に1回の作品展。
今年は、全員で作成の「星☆のオブジェ」もあるそうです。
カード・小物の販売もあります♪

担当講師・・・青木・生玉・木作・辻井・丸池・籔本各先生
           (カリグラファーズ・ギルド会員)

会期・・・6月4日(水)~8日(日)
 *会期中は無休

時間・・・11:00~18:00(入館は17:30までになります)
 *最終日は 10:00~16:00

場所・・・京都万華鏡ミュージアム 姉小路館ギャラリー

住所・・・〒604-8184
     京都市中京区姉小路東洞院入る

TEL/FAX・・・075-254-7902

アクセス①・・・京都市営地下鉄:烏丸御池駅(出口3-1、3-2)より御池通を東、東洞院通を南、姉小路通を東へ徒歩約3分 

アクセス②・・・阪急電車:烏丸駅より東洞院通を北、姉小路通を東へ徒歩約10分 

アクセス③・・・京都バス・市バス:烏丸御池下車 徒歩3分

手書き文字のアートの世界。
お近くにお越しの際は、是非、覗いてみてください^^
手書きのあたたかさ、癒しの風がやわらかく迎えてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »