« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月19日 (火)

『日菜祭り』展 @代官山ARTSRUSH。。。

ギリギリの告知になってしまいましたが、明日からです^^;

東京は代官山のARTSRUSH での、切り絵作家蒼山日菜先生と、先生が厳選されたお弟子さんたちとの切り絵作品展示会。

まずは、蒼山日菜先生のブログから。。。 ← ここをクリック♪

行きたいながら、どうしても行けないのが、非常に悔しい・・・
関東の方々、是非行っていただきたいです、自分の代わりに(^^ゞ

今回は、日菜先生は、「夢」と「花筏」を出展されるとのこと。
聞くところによると、この作品、滅多に観られないのだそうです。
だから、余計に行けないのが悔しい・・・
昨年、京都の高台寺での展覧会に行かれた方は、目にすることが出来たと思いますが、これにも行けてないーーー

それと。。。この『日菜祭り』展。中学生が一人出展されます。
すごいことです。驚愕…よりも、自分的には、すごく嬉しいです。
これから先、将来が楽しみ至極。
だから、尚更行けないのが哀しい・・・

初日の20日は、日菜先生も夕方には来られるそうです^^
会場の ARTSRUSH のスタッフさまも、すごくイイ感じにディスプレイをしてくださったとお聞きしました。
全てが楽しみの展覧会。

期間は3週間。
入場無料。
作品は販売されま~す☆

『日菜祭り』展。。。

日時    2013年2月20日(水)~3月11日(月)
時間    11:30~20:00(月曜は~17:00)
定休日   火曜

場所    ARTSRUSH
住所    〒150-0021
        東京都渋谷区恵比寿西2-14-10 トゥワン代官山103
TEL&FAX  03-3770-6786

みなさん、お誘い合わせの上、是非。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

SENSES 2013 twinkling 濱田邦子|大竹野いつ子作品展。。。

2be156c2461311e7401c12a4226c74f9

カリグラファー濱田邦子先生と、手織りの大竹野いつ子先生とのコラボ作品展。
カリと手織りっていうのが、なんともいえません^^

前回の濱田先生の作品展には、仕事で都合がつかず、結局行くことができなかったので、今度こそはと思っております。
(つうか、どんだけ前回悔しかったか><)

2013年2月21日(木)~26日(火)
11:00~20:00

場所は、gallery 1
住所 : 神戸市中央区海岸通9番地チャータードビル2階(北西入口)
TEL : 078-392-2880
e-mail : info@gallery-ichi.com

アクセスは、各線三宮駅・元町駅から徒歩10分強くらいです。

ちなみに地図は・・・ ← ここをクリックして下さい^^

自分のカリのベースのほとんどは、濱田先生に教えていただいたもの。
作品群も大好きなのですが、今回のコラボ?作品展、とても楽しみです。

今度は、仕事でオジャンにならないように祈りつつ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Calligraphy PPバリエーション大阪教室展。。。

6884e89991f16e2e891172c710d22a23

大阪で、PP バリエーションを学んでいるメンバーによる作品展。

カード・小物等々の販売もあります^^

主催は、カリグラファーズ・ギルド会員の薮本准子先生、生玉絹子先生、そして中村仁美先生。

マスターの授業でお世話になった中村先生のポインテッドは、とっても粋です♪ ちなみに、DMの作品は、中村先生のもの。
薮本先生は、カリグラフィーのためなら、何でもやります!っていう情熱家&有言実行の行動派。
自分は、カリではなく、フランス額装で少しお世話になりました。
生玉先生にはお会いしたことない(と思うの)ですが、作品展で見せていただく作品は、いつも優しさいっぱいです^^

総勢30数名の作品展。

是非是非、立ち寄って覗いてみてください^^

Calligraphy PPバリエーション大阪教室展

2013年2月14日(木)~18日(月)

時間は・・・12:00~19:00 (最終日は17:00までです)

場所は、イロリムラ(89)画廊 展示室3 ← クリックしてください♪

ちなみに、住所は、大阪市北区中崎町1丁目1-15
  http://www.k3.dion.ne.jp/~irori-05/index.html
TEL : 06-6376-0593

期間が短いですが、よろしくお願いしま~す^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »