« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

行ってきました^^ 優ちゃん個展。。。

昨日、9月28日、bow こと 中本優ちゃんの個展 『bow 中本優 3rd illustration exhibition 』へ行ってきました。

天気もよくて、最高の訪問日和^^

場所は、言わずとしれた明晃印刷さん

先ず入口で迎えてくれたのが。。。

01_19

ちなみに、右のイーゼルは須川さんの作。
段ボールです。イメージよりはるかにしっかりしています。

中に入ると、先客がおられました。
高崎さんが、間髪入れずに紹介してくださり、「名刺の交換しときや~」と。
感謝です。
件の彼は、Webdesigner さん。
聞くと、自分の名前と同じ「祐輔」
おまけに、来年から神戸で仕事をすることになっているとのこと。
自分、生粋の神戸っ子なので、なんか縁を感じました。
カリグラフィーのこと等も話できて、かなりイイ時間の始まりです。

主役の優ちゃんはというと、その彼の似顔絵のdrawing 中。
しっかり特徴捉えてカジュアルに仕上げてました。
何気に思ったのですが、似顔絵を描く人って、人の顔覚えるの得意やろな~。
自分は、人の顔と名前を覚えるのが、かなり苦手です。
基本、記憶力が悪いので、何でも覚えるのはトロイのですが、特に顔と名前は・・・
訓練します^^;

入ってすぐに、高崎さんのお母さんが、珈琲を入れてくださいました。
御馳走様でした。そして、ありがとうございました^^ ドーナツも♪
美味しかったです。

会期中、来たくても来れなかった方々も結構おられたので、写真紀行 『THE PARTY』をば。

02_17

↑ 左手前にあるのが『Fuwara 』のキットです^^ 御存知の方も多いかも。

03_17

これ、活版印刷のミニ・ワークショップ用のマグネシウム版です。
これを使って、多分、手金でガッシャンってするのかな?
ちなみに、手金ていうのは、↓ です。

04_16

やってみたくないですか?^^ 

05_17

優ちゃんが、描いてきた似顔絵と笑顔さんたちの写真です。
目標の50人超えたそうです^^

06_13

優ちゃん、似顔絵作成中の図。 で、誰のん描いてるのかな?

07_8

え?

08_7

自分のでした(^^ゞ 太りたい願望があるので、ふっくらと描いてくれています。
それにしても、一枚描くのに10分かかってません。早業です。さすがはプロ。

09_6

10_5

11_6

このTシャツ、結構評判がイイようです。

12_4

13_3

犬のジャッキーとお星さま。

14_2

等身大ユコちゃんと弟のロンちゃん。

15

16

17

18

優ちゃん仕様のスパンコール仕上げのFuwara 3連。

19

左奥に見えているのが、明晃印刷さんの工場内部。
見学できますよ^^

20

新しいお客様の似顔絵作成中の図。

21

テーブルの上^^

そんなこんなの、『THE PARTY 』
堪能していただけたでしょうか^^

折角なので、ユコちゃんグッズを買って帰りました。

22

A3サイズのユコちゃんポスター。
どこに貼ろ???(^_^;)

23

ポスカ、その1。。。

24

ポスカ、その2。。。
向こう側4枚は厚手のもので、手前のは、少し薄め。
これはすべて活版印刷です。

25

お星さまのモビール。
まだ、飾ってませんけど(^^ゞ

26

これは、購入グッズを入れてくれる紙袋。
もちろん活版です^^

優ちゃん個展を見つつ、明晃印刷さんの工場の中も見せていただきました。
このリポは、ちょっとまた後日に^^

多分、1時間くらい居てたと思います。

始終、ホンワカした空気の中で、すっかり癒していただきました。
今回、来れなかった方は、次回を期待しててくださいね~
優ちゃんはもちろん、ユコちゃん・ロンちゃんたちも、さらに成長した笑顔を見せてくれると思います。

個展は今日で終了。
が、10月1日に取材が入るとのことで、当日は展示はそのまま、13:00~18:00まで。
取材は、15;30~の予定だそうです。
よかったらどうぞ。。。とのことであります。

以上。

優しいエネルギーをいただき、このあと自分は、心斎橋へ。
カワチにて、ガッシュを4本購入。
そのあと、Winged Wheel 心斎橋 さんへ。
実は、絵封筒展といのがあるのですが、その申し込みへ。
が、作品締め切りが、来月の5日?
どやろ・・・(~_~;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

土屋美奈さん イラストレーション展 ATARAYO。。。

「つっちー」こと、土屋美奈ちゃん の作品展があります。
ほぼ一年前に、神戸の honey comb BOOKS さんで作品展をされて以来なんですね~

惜夜(あたらよ)

ねむらなくても
夢は見られる

明けてしまうのが惜しい夜

とってもかわいい詩人。
いつも、目をキラキラさせて、コツコツと一生懸命に作品を描き上げています。
是非、観に行ってみてください。
つっちーのほんわかした独特の優しい空気を感じたら、その場を去るのが惜しくなるのは必然^^

Bbea9830a033a697eeb32195a1048099

場所は京都になります。

土屋 美奈 イラストレーション展「ATARAYO」

10月8日(月・祝)〜10月14日(日)
14:00〜20:00
(土日祝:13:00〜20:00)
※最終日14日は18:00まで

gallery Main 2F

〒600-8028 京都市下京区寺町松原下ル
      植松町 731-1 小林ビル 2F/3F

TEL 075-344-1893

阪急河原町駅 2番 10番出口より南へ徒歩9分
京阪清水五条 3番出口より西へ徒歩4分
京阪祇園四条 1番出口より西南へ徒歩9分

* 入口は河原町通に面しています。
焼き鳥屋さんとクリーニング屋さんの間の階段を上がってください。
* 京阪特急でお越しの方は、乗り換えるより、四条駅から歩いたほうが手っ取り早いかもしれないそうです^^

地図・・・ → map

7adfe610650a10ed2d0830108f0a1cf5

秋の気配を感じながら、京都の町を散策がてら、ちょっと覗いてみませんか?^^

つっちーのブログも、どうぞ。。。→  ←

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

ギルド展終了。。。

11日から始まった、『第5回カリグラファーズ ギルド展』関西展も、昨日で終了。
10日の搬入、昨日の搬出に携わってくださった方々、ありがとうございました。
小さな作品展でも、いろいろと大変なのを体験させていただいたので、180を超える作品を…となると、やっぱり半端ないです。
東京展、北海道展、そして関西展で、陰に陽に携わってくださった方々に、ただただ感謝です。

自分は、たまたま休みであった初日に、急遽お昼から行ってきました^^
受付で、マスター同期のクリリンさんと久しぶり(2年ぶり?)にお会いでき、しょっぱなからイイ感じ。
木作先生、徳田先生ともお会いできました。
徳田先生は、いつもの如く冷静です。
あの冷静さが、自分にあれば・・・と、言葉をやりとりする度に思うのです・・・とにかく、おっちょこちょいですからね~自分・・・

さて、作品たち。
来てよかったと思える、個性豊かな力作がいっぱいでした。
それぞれに工夫されてたり、さすがは○○先生って思える作品があちこちにあったり。

自分は、いつも先に作品を観て、それから作者の名前をチェックするという観方をしてるのですが、あ~これ、特にイイって思えたのが、濱田先生と白谷先生のもの。いつものことながら、このお二人のものは、特に特に見入ってしまいます。
名前だけ知っててお会いしたことの無い方の作品を観るのも、この作品展の楽しみの一つ。
ちゃんと観てきましたよ~と、この場をお借りして、お伝えさせていただきます^^

ほんとは、このあと、すぐ近くの大谷美術館で行われている 『イタリア・ボローニャ国際絵本原画展』 にも行きたかったのですが、8月下旬から体調が悪く、諦めて帰ってきた次第です。

13日には友人が行ってくれて、自分の作品の前から、「これ、どうやってるの???」と、わざわざ電話をくれたりもしました(^^ゞ

ちなみに、自分のは、こんなんです。

252fb9044e26ec95c8653992f09ec5be

B2ee469e8dc3708198d01143d16d96f2

C56092d0a79e71de7d7c9b413d63b556

どうやっているのかというと、文章を描いた濃紺の用紙にハサミを入れて、桜の花弁の連鎖を切り抜き。
下に、薄いピンクの用紙を置いて、そこにもハサミをいれて、こちらは桜の花弁の連鎖を切り残し。
用紙は2枚使っています。

文章は、宮本輝さんの小説 『夜桜』 (英訳版)の最後の方の一節からとりました。

「膨れあがった薄桃色の巨大な綿花が、青い光にふちどられて宙に浮いているように見えた。ぽろぽろ、ぽろぽろと減っていくなまめかしい生きものにも思えるのだった。綾子は到底眠れそうにないこの不思議な夜を、桜とともに起きていようと決めた」

添え書きは、以下のように。

前回の作品展では、同じく宮本輝著『錦繍』の中の一節を描かせていただいた。
今回も、宮本輝作品から、中でも 『夜桜』 というところまでは決まっていたものの、どの文章を選ぶかに、かなり時間がかかってしまった。

この1年半は、ほとんどペンを持つことができない日々であったために、まるでビギナーのような体たらくでありますが、とにかく新たなスタートの気持ちで臨ませていただいた次第です。

ベースの濃紺は「夜」
最近はまっている切り絵で、桜の花びらの連鎖を切り抜き、切り取って、『夜桜』 をそのまま表現。
ハサミは、切り絵作家・蒼山日菜先生プロデュースの切り絵ハサミを使用。
あえて中途半端にしたグラデーションは、主人公「綾子」の気持ちを表したつもりである。

・・・ ・・・ ・・・

14日は10:00~12:15までが当番だったのですが、その時間に合わせて、京都から芙美さんとことことさん、それに8カ月ぶりの再会となった高貴なるお嬢さまが来てくださいました。
ありがとうございました~^^

お嬢さまとは、この後に一緒にランチを。っていうても、カレーでしたけど…(^_^;)
そして、県立美術館で開催の 『パール 海の宝石』展へ。
パールの輝きが、ギルディングのように見えたのも不思議でしたね~
それにしても、女性はやっぱりこういうもの、興味以上に魅かれてしまうのですね、古今東西を問わず。。。(^^ゞ

・・・ ・・・ ・・・

次の作品展は2年後。
今回以上に一生懸命に頑張るってことを課題にしながら、トロイながらも、日々歩んでいきたいと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

イルミネーター松島里佳さん。。。Ⅱ

先月の28日、イルミネーター松島里佳さんにお会いしてきました。

3年前に、大阪市は中央区の「ギャラリー ボルベール」というところで、「中世の宝石-第Ⅱ章 松島里佳展」という個展をされたとき、とてもお世話になったカリの先輩に連れてってもらってお会いしたのが初めてでした。その時は、3日ほど後に、もう一度その個展に行かせていただいてます。なので、正確に言うと、今回で3回目の出会いになります^^

イルミネータ松島里佳さん。すごい方です。

その時感じたことと、今回、偶然が折り重なったような流れの中で再会出来て感じたことも、全く変わりません。
その流れは、先日のブログ「青い屋根へ。。。」に、ちょっと書いてます^^

ちなみに、その3年前の時のブログが ↓

「イルミネーター松島里佳展。。。」

里佳さん(先生に申し訳ないのですが、こう呼ばせてください^^;)と、彼女がオーナーをされているカフェの前でばったりと3年ぶりの再会をしたあと、自分と「青い屋根」のテラケンさんとで、そのカフェにて珈琲を飲んで、しばし待ち。
里佳さんは、所用で出て行かれたあと、小1時間ほどで戻ってこられました。
テラケンさんは、お店のことがあるので、一足先に帰って行かれたので、自分が一人で待機)

最初は、対面でどんな話したらイイのやろ???って、頭の中はそのことばっかりで、かなり緊張。
が、戻ってこられた里佳さん、どこまでも3年前と同じでした。

イルミネーターというのは、とても高貴なる労作で、そのイメージだけでいえば、とてもとても近寄ることなんて無理?って思うくらいなものがあります。
でも、里佳さんは、ほんとに気さくで、笑顔も素敵で、優しい方。
こちらが知らないことばかりなのに、嫌な顔一つされず、一点一点わかりやすく教えてもくださいました。
なので、緊張もすぐにほぐれ、珈琲のおかわりまでしていただき、とにかく話に夢中になって、あっという間に1時間ちょっとが過ぎていました。

イギリスに渡られて、苦労をされながらの生活。カリグラフィーを学ぶ中で、偶然出会ったイルミネーションに魅せられたこと。そこから夢中になって技術を学んで行かれたこと。
人間だけでなく、そういうものとの出会いも、決して偶然なんかじゃないのでしょうね。

話のなかで、尊敬する…というより憧れの先生の一人でもある白谷泉先生のことも話題に上がりました^^
お二人に接点があったというのも驚きでしたが、併せて白谷泉先生のすごいエピソードも聞かせていただきましたが、それは「ほんとにびっくり**(中身は内緒^^)
やっぱり、何かをモノにするには、努力も必要ながら、度胸も要るんですね~(^_^;)

でも、そんなこんなの苦労の日々のことを話されているときも、里佳さんは終始嬉しそうににこやか。

「ほんとに、楽しそうに話されますね^^」というと、

「ほんとに楽しい日々でした」と。それが一番印象的でした^^

そう云える歴史を自分の中に持っている方は、やっぱり幸せだと思います。
どんな苦労も、全部、自身の糧にしてしまう。
だから、恨み辛みの言葉一つ出ません。
そういう方と話していると、全く疲れないし、心が軽くなります。
逆に、こちらが疲れさせてしまったのではないかと、心やきもきです^_^;

そんな里佳さんも、実は、ここ2年間、イルミネーションの活動を全くされていないとのことでした。
していなかったというより、出来なかったというのが正しいようです。
でも、この秋から、2年ぶりにその高貴なる活動を再開される予定だとのこと。
楽しみです。そして里佳さんも、とても嬉しそうでした。

話の中で話題にもさせていただいたのですが、特に今年に入ってから、どうも里佳さんのことが気になってて、つい先日もFB上で話題にしたばっかりだったのです。
人間の「縁」て面白いですね。
「青い屋根」で、ヴェラムの話をしなければ、テラケンさん里佳さんのことを口にしなかったでしょうし。
全てが繋がり合っているっていう感を受けた、上等の時間でした。

里佳さんといろんなものに感謝です。ありがとうございました♪

そうそう、3年ぶりにお会いしたものの、普通なら忘れ去られてて当然であるのに、里佳さん、工藤のことを覚えていてくださったおりました。。。めっちゃ嬉しかったです。。。^^☆ ワ~イ♪

その里佳さんがオーナーをされている カフェ・ギャラリー「アルカ ディ ノエ」

Af44d70a13f54a9f999388f23e30cc5a

3d3c96e56ad2f2cc09e5b7759ebb29a0

そ^^ ギャラリーが併設されてます。
もちろん、里佳さんの作品も置かれてます。里佳さんのイギリス時代の友人の方の作品も。

アクセス 阪急伊丹駅から西方向へ。常岡病院交差点へ向かって400m。あおき動物病院の2階。

所在地 〒664-0858
      伊丹市西台2-5-12 2階 Cafe Gallery Arca di Noe

TEL/FAX : 072-782-3909
e-mail : arcadinoe@trad.ocn.ne.jp

* 原則として、月曜が定休です

お近くにお越しの際は、是非お寄りくださいね~☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

bow 中本優 3rd illustration exhibition。。。

あれ」から4カ月とちょっと。
bow とユコちゃんが帰ってきました^^

おや?
ひそひそ話しが聞えます。
ここは大阪福島区の歴史ある活版印刷所。
その一角でユコちゃんとbowがなにやら企んでいるようです。わくわくそわそわ。
bowプレゼンツのユコちゃんだらけのゆかいな!? パーティへみなさまをご招待 !

ということらしい。。。

ユコちゃんだらけ?

そうえいば、DM はユコちゃんだらけでした^^;

Yuu1_3

このDM、表はシルク、裏は活版での印刷。
印刷は、もちろん、明晃印刷さん
ちなみに、DMの印刷は、bow こと 中本優ちゃんが、あのでかいハイデルベルグを駆使して、自分で刷り上げたもの。

Yuu2_3

↑ これがハイデルベルグ。ほんまにデカイです。

今回の個展で面白いのは、ライブペインティングも同時開催すること。
実は、今年の5月に一度、この明晃印刷さんで、中本優ちゃんがライブペイントをしはりました。
その時の作品が、これ。

Yuu3_2

これ、明晃印刷さんの壁画になっています^^

で、DM によると・・・

bow live paint action vol.2  「M」ing -Mixing !-

テーマは・・・「Mix !」

パーティの参加者の似顔絵を描いてミックス!(???)
似顔絵いっぱいで完成させたいとのこと。
だから、たくさんの方々に参加してほしいですね。
写真嫌いのmysticlaw こと工藤も、似顔絵ならイイかも(^^ゞ

この4カ月ちょっと、決して順調ではなかった道を、頑張って歩いてきた bow こと 中本優ちゃんの、また一つ成長した姿を見に来てくださいね~

ちなみに。。。

今回も、芳川紙業株式会社須川さんが、『何か』協力しているらしい。
何を『協力』してるのか、それも楽しみです。

bow 3rd illustration exhibition  「THE PARTY !」

時   2012年9月18日(火)~29(土)
       13:00~18:00
 * 23日の日曜日はお休みになります。ご注意を。

場所  明晃印刷株式会社
    553-0003
     大阪市福島区福島3-5-25 文化ビル1F
Tel    06-6451-4438
  http://www.meiko-print.co.jp/

アクセス
・JR福島、JR東西線 新福島、阪神新福島、京阪中之島の各駅から徒歩10分圏内です。

地図は、ここをクリック → 「

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

『第5回カリグラファーズ・ギルド作品展 関西展』のお知らせ。。。

A171a08049f3e10bcd270f709979189c

2年に1回の作品展です。
東京展に始まり、今回初で北海道展、そして、今度は関西へ。
200点以上になるのでしょうか?

最初の東京展で展示されたものが全て関西入りするわけではないので、それが残念かなぁ。
特にともっち先輩の作品、直で観たかったな~と、結構しょげております。

それはともかく、もうすぐ始まります。

mysticlaw こと 工藤は、14日の10:30~12:00 過ぎくらいまで当番で居てま~す。

第5回カリグラファーズ・ギルド作品展 関西展

2012年9月11日(火)~9月16日(日)
 10:00~17:50(最終日は 15:00 まで)

西宮市立市民ギャラリー
 西宮市川添町 15-26
  Tel 0798-33-1666

阪神「香櫨園駅」から徒歩6分
JR 「さくら夙川駅」から徒歩15分
阪急「夙川駅」から徒歩17分

地図はこちらをクリック → 

どうしても観たい先生方の作品があるので、自分も今から楽しみです。
カリグラフィーを御存じの方も、そうでない方も、文字が織りなすレア―アーツの世界へ、是非是非起こしください♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »