« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月21日 (木)

『カミーユ・ピサロと印象派』展。。。

先週は結構走りました。
13日の水曜日に、神戸は北野でやっていた『Inter-Action 手書き文字だから』展に行ったのですが、そのあと、そのまま阪神電車で岩屋に移動。兵庫県立美術館で開催中の『カミーユ・ピサロと印象派』展も鑑賞してきました。

5d397afd319134424789c1479e14a65b

どちらかといえば、印象派は好きなカテゴリーではなく、ピサロのことも大して知っているわけでもなく…だったものの、結果的に行ってきて良かったです。

特に知識もないですし、数を観てきたわけでもありません。
でも、順路を進むにつれて、ピサロの画の変わりゆく様に何かしら、気持ちが高ぶってくるものがありました。
とことん真摯に絵が好きやったんやな~っていうそれです。
解釈がどうとかっていうのは、正直わかりません。門外漢でもあるし。
ただ、イイものはイイって云える・思える自分ではありたいと思います^^

自分もカリグラフィーを何とかかんとか、中断はしょっちゅうあるものの続けられてきてますが、それもやっぱり「カリグラフィーー」自体が好きやからってことが一番。(と、比べる次元が恐れ多くも全く違いますが・・・^^; )
鬱で苦しんでた時に癒された恩がありますし。

印象派といえば、自分はセザンヌがものすごく好きです。
故郷エクスの一画家として、死ぬ間際まで絵筆を離すことは無かった、ある意味不遇の画家。
名声を得たのも逝去後。
ピサロとは対照的かな。

第1回の印象派展に出展した作品につけられた新聞評は、「錯乱によって動かされて描く狂人の絵」
3年後の展覧会では、「狂人が狂人を描いたような絵」
ケチョンケチョンです。

きっと想像を絶するような失意の中にあったであろうセザンヌの、それでも絵筆を取り続けて逝いたその執念が好きです。

その執念があったればこそ、セザンヌの影響を受けた後進のピカソたち、立体派と呼ばれた画家たちが脚光を浴びたのは歴史の事実。

などということも、思い出させてくれた『ピサロ』展でした^^

この日は、この後、歩いて15分ほどの実家へ。
母亡きあと、寂しいやろうに健気に頑張っている父親の様子を見に行ってきました。
そうめんを用意してくれていて、なんか申し訳なかったな。
すごく美味しかったです。
ありがとう。

食後、今年の3月に、自分が素材を提供して出来たカレンダーを、母親の写真の前に置いてきました。
(カレンダーは、須川さん勤務の芳川紙業さんのもので、明晃印刷高崎さんが作成したものです)
関係者の皆さまに感謝です。
母親も喜んでくれていると思います。

で、実家の後は、再び歩いて10分ほどの弟の家へ。
ちょっと病んでいます。
3月まで同じ会社で働いてましたが退職し、現在療養中。
現状を聞きつつ、励ましつつ。
何かと怨嫉が多いヤツなので、どんなことにも感謝を忘れるなよと伝えて帰路に。

こう云う時は真っ直ぐ帰らないもので(^_^;)
梅田・・・ヨドバシカメラ・・・ジュンク堂書店・・・家・・・と、歩きまわった一日となりました。

くたくた^^;

『カミーユ・ピサロと印象派』展。。。

6月6日(水)~8gつ19日(日)
於)兵庫県立美術館

詳しくは・・・ ← ここをクリック^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

Inter-Action again。。。

01_17

12日の火曜日から始まった、『Inter-Action 手書き文字だから』展。。。も、今日が最終日。
ほんとに、あっという間でしたね。
今日は仕事の呼出がなく、無事に休みを確保できたので、水曜日に引き続き、しっかり2回目の鑑賞へ行くことができました。

スタートから昨日まで、ギャラリーのガラス窓に文字を書いていくという、清水裕子先生三戸美奈子先生のライブパフォも、完成したものをじっくり観てきました。
逆光なので、ちょっと見にくいのですけれど、雰囲気だけでもどうぞ。。。^^

02_15

03_15

04_14

05_15

06_11

07_6

08_5

09_4

写真を撮るのに夢中になってたのですが、ふと振り返ると、かわいらしい女の子が一人、アルファベットカードを並べてました。
ちゃんと a から順番に並べています。
その光景が可愛くて、パパとおぼしき方に了解を得て、後ろ姿を写メさせて戴きました。

10_4

できあがり♪

11_5

この光景、清水先生もしっかり写メされ、すぐにFBにアップされてました^^

12_3

13_2

ちょうど、ギャラリーで一緒になったデザイナーのMさんも、文字カードを並べて写メ。

14

「joy !」 

しきりに、「楽しかった~」を連発されてて、なんかこっちまで余計に楽しくなってきた次第です。
カリグラフィーの世界に直接触れていただけて、自分も嬉しく思います。

結局、自分はこの「カード並べ」せず仕舞い・・・(^_^;)
ま、夢の中で並べておきましょう♪

Mさんも、「ほんとに楽しい企画展。もっと多くの人に見てもらいたい」と縷々云われてました。
自分も同じくです。

ちなみに、このデザイナーMさん。
教養深き才媛です。その文化度にはついていけません(^^ゞ

とりま。。。カリグラフィー、一生懸命頑張ります^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

行ってきました^^ Inter-Action。。。

神戸は北野へ行ってきました。

「Inter-Action ~手書き文字だから~」展。。。

01_16

02_14

会場に入ったのが、11:50くらい?
とりあえず、ひととおり観てまわり、12:00から始まる予定のガラスに文字を書くパフォーマンスを待ちます。
(以下、写真でその時の模様を^^)

03_14

左が三戸美奈子先生。右が清水裕子先生
後ろ姿ですけど^_^;
まずは「A」から始まりました。

04_13

05_14

06_10

07_5

08_4

09_3

10_3

そして、完成^^
この間、30分ちょっとくらい?
あっという間でした。
お二人の先生方が、交代で、相談しながら、書きすすめて行くアルファベット。
ライブなので、当たり前ながら臨場感がありましたよ~^^

これは東京展ではされてないそうで、神戸展だけ。
お得です^^

このライブパフォ、昨日から今週の土曜までされる予定と聞いてます。
最終日の日曜はないとのことなので、見たい方は16日までです☆
時間は、12:00からの約30分です。
こちらのパフォは、撮影可です^^

11_4

↑ 自分はやらなかったのですが、下に並べられてあるアルファベットカードを並べて写真を撮れるという特典もあります。
まだ未定ですが、最終日の日曜にも行く予定なので、その時にやってみようかなと思っています。

パフォのあと、再び両先生の作品を鑑賞。こちらは撮影不可です。

清水先生と三戸先生にご挨拶することもできました。
清水先生はほんと、包容力のある方です。
それは作品からも伝わってくる。
事情あって、清水先生のスクールを一旦やめていますが、来年には復活したいです^^
ていうか、その予定です♪・・・という話をさせていただくと、「工藤さんは工藤さんのペースで、楽しくやりなさい」とのお言葉をいただきました。何重にも意味があるのかもしれません。肝に銘じます。

そして、三戸先生とは初めてお会いしました。
スラっと背の高くて、清水先生同様の優しさが伝わってくる方。
三戸先生からは、お名刺までいただきました。ありがとうございます。
例の本の著者ですからね~
自分からしたら、雲の上の方です・・・
作品だけは、実物も写真も見たことはありますが、ご本人には初めて。
嬉しかったです^^

例の本はこれ。

12_2

会場にいたのは1時間ほどでしたが、みっちりたらふく御馳走をいただいた感です。

このあと、いろいろ動いたのですが、それはまた項を改めて^^

17日までやっています。

 ← 詳細はこちらをクリック♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

蒼山日菜展 ~沈思黙考~。。。

昨日、神戸の川田画廊さん からポスカDMが届きました。

Hina_2

蒼山日菜展 ~沈思黙考~ のDM^^

去年の4月に、芦屋であった「蒼山日菜個展 ~ラ・コンタンプラシオン~ 沈思黙考」を思い出します^^

場所 : Kawata Gallery / 川田画廊
 〒658-0081 神戸市東灘区田中町1-13-22-102
 Tel 078-451-1154      Fax 078-451-1155
  e-mail  kawata@ever.ocn.ne.jp
  Web  http://www.kawata-gallery.com/

2012年6月29日(金)~7月14日(土)
 10:00~18:00 水・日・祝日は休廊

JR の摂津本山駅から歩いて5分です。
交通の便ヨシ^^

是非、行ってみて、蒼山日菜先生の世界を堪能してください♪

まだ未定ではありますが、なんとか都合つけて行きたいと思っています☆

それと、今日から始まった「Inter-Action 手書き文字だから」展

とりあえず、明日は何とか行けそうです。
お昼の12時くらいからの30分、ガラスに文字をかくデモがあるとのこと。
その時間に間に合うかな~

仕事にならないことを祈ります・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

ZAZ。。。♪ & 雑感。。。

フランス語なので、何云うとうのかってことは、全くわかりません…(^_^;)
でも、今、ZAZ(Isabelle Geffroy)に思いっきりハマっています^^

je veux
Dans ma rue

歌がうまい。
声がイイ。
かわいい^^
カンフーもやっていたらしい。

元々は、3月下旬にたまたま巡り巡って You Tube で観たのが最初。
歌詞はわからないものの、そのリズム感と声が、ずっと心に残ってました。
ブルース歌える女性シンガーって、フランスではなかなかいないのでは?
ていうても、自分が知らないだけなのかもしれませんが^^;

それはそれとして、急にその声が聴きたくなって、You Tube チェックしまっくて、my favorite にしこたま詰め込んでおきました。
とりま、しばらくは、聴き続けるでしょう♪

先日・・・cum litteris さんからメールをいただきました・・・

7月の作品展に出す作品につける名前ロゴ、まだ届いてません…と(怒り)の内容。
遡ってチェックしてみると、締め切りが4月末となっておりました・・・><
ただただ、「申し訳ありません><」と返信するしか無く、日中、どんなんにするかをいろいろ考えながら用事をこなし、夜に描き上げて、写メして添付送信。何とか一件落着。

3a77cb6804f61ca3d92f6a9bb280b134

そして、昨日。

へたっぴなのでしょうがないとしても、自分のカリの件で、昨日はかなりしょげてしまってました。
が、いろんな方々から励ましをいただき、ほんと感謝にたえません。
みなさん、それぞれの環境や境遇や立場の中で、ほんとに頑張って練習しているんやってことも教えていただきました。
ありがとうございます。

海外の方がよく使われる言葉に「Take your time !」ってのがあります。
「ゆっくりやりや~」ってこと。

それと「Enjoy yourself !」
「楽しくやりや~」って意味。

時間に追いまくられているので「ゆっくり」はともかく、せめて「楽しんで」ペン持っていきたいものです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

A Work from Malaysia... マレーシアからの書。。。

I received a special work from Malaysia the other day.
It's written by one of my friends who is a Chinese calligrapher in that country.
His name is 黄祺源(Prince Aaron Shuichi Wong).
I call him Aaron^^
In fact, we promised to exchange mutual art work as a token of our friendship.
First, he sent me his special work.
That is below.

マレーシアに住む友人から、一書が届きました。
彼の名前は、黄祺源(Prince Aaron Shuichi Wong)といい、彼の国の書家です。
自分は、アーロンと呼んでいるのですが、なんで、Prince が付いてるのか、それは聞いたことがないのでわかりません(^^ゞ
実は、ちょっと前に、お互いの作品を交換しようという約束をしたのです。
先に、彼が送ってくれました。
それが、↓ の作品です。

01_15

So big. The size is 136sm × 69cm.

デカイです。136×69センチ・・・

02_13

My name '工藤 祐輔' and Aaron's Chinese name '黄祺源' are written definitely.

ちゃんと「工藤 祐輔」と「黄祺源」の名が書かれています。

03_13

The upper seal is carved by him more than 10 years ago.
This is his pseudonym, 綠曦.
The under one(祺源草書) is a gift from a seal maker. Aaron gave him his calligraphy work as well.

上の方の印鑑は、アーロンが自分で10年以上前に彫ったもの。
下のほうのは、印鑑屋さんがくれたもので、彼にも書を書いてあげてたようです。

04_12

This is applied because Aaron was born in the year of Chinese zodiac rooster.

この印鑑は、アーロンが十二支の酉年に生まれたので押しているとのこと。
なにかと面白いです。

Next, it is my turn.
He requested the sentences from the Bible.
It's very long...
And it is for the first time for me to write calligraphy work such long sentences.
But I'll try and finish the work with pleasure and appreciation for him.

で、次は自分の番なのですが、彼からは聖書の中の文章をリクされました。
それがまた長い^^;
自分にとっても、これだけ長い文章を書くのは初めてになります。
でも、頑張ってやり遂げたいと思います。喜びと感謝でもって。

Incidentally, I practiced to write the sentences. The below is that.

ちなみに、練習で書いてみたのが、↓ の写真です。

05_13

Tentatively, I wanted to know how long are the sentenes all.
It took me 3 hours to write down all...
Let's start^^

とりあえず、どれだけ長いのか知りたかったわけで・・・
全部書くのに、3時間かかりました・・・(^_^;)
やります☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

徒然。。。交々。。。

5月は忙しく動き回りました。
特に、仕事・・・
結局、休みは6回飛んで呼出出勤。
まあ、嬉しい悲鳴ではありますけど^_^
でも、前半は、5月1日に1回休んだだけで、15日まで2週間連続仕事してました。

一番困ったのが、ギルド作品展に出す作品制作・・・
休日にやるつもりにしていたものが、とにかく休めないわけで、どんどんどんどん後回しになっていきます。

24日になって、やっとまともな休みが取れ、朝からカリ一本で部屋籠り。
ランチに近所のイタメシ屋さんへパスタを食べに出ただけです。
が・・・所謂、誤字・脱字・綴り間違いの連発・・・
結局、この日には仕上がらず、5回の失敗の末、27日の夜にやっと文字部分は完成。
5回も失敗って、いまだかつてないです(~_~;)
いい加減、諦めよっかって思ったくらい。

翌28日も休みが取れて、朝から夜の10時くらいまで、チマチマと手を加えて、やっと全面完成。

文字は・・・何しか、この1年半(正確には2年半ですが)いろいろありまして、まともにペンを持てた日っていうのが殆ど無い状態やったので、前回の作品展の時に比べても全然進歩無し・・・(そういうこともあって、清水先生のスタジオには5/10回しか通えなかったってのもあるのです)
それはそれでしょうがないので、そのままの姿で出すことにしました。
徒然草第150段の精神です^^v

でも、しょぼペン持ちでも、今年はどんどん表に出して行こうと思っています。

ギルド分のを発送して落ち着く間もなく、お世話になった方が急逝し、29、30と京都へ行ってました。
でも、その29日、左手の薬指を少々裂傷~**
久方ぶりの流血の惨でしたが、これが前日でなくてよかった~><
左手やからまだイイものの、それでも何かと不便です。
こうやって、PCのキーを打つのも、いつもよりも5割は遅い。

が、その状態で、その夜は、帰ってきてから、また別の作品を作成しました。
31日に必着のもの。
これも、もうやめておこうかと思ったものの、とにかく「出す」と決めて申し込みしたので、頑張ってみました^^
やったら出来るねんて~☆ 翌日、投函!!!

なんか、ほんとに走り続けた5月でしたが、とりま、取りこぼしが一つも無かったというのがイイ。
ちょっとくらいは、自分を褒めてやれそうに思います^^

指は・・・曲げると傷が開いてしまう状態なので、バンドエイドでぐるぐる巻きにしてます^^;
もうそろそろくっついてくれると思うのですが…

さて、6月。
今月も大きな作品を一つ上げないとなので、今度はちゃんと期日見据えて(^_^;)頑張っていく「予定」にしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

作品展 「Inter-Action 手書き文字だから」。。。

A15eaf7d13bd4ff1db0bc9e2e21c488a

三戸美奈子先生と清水裕子先生のお二人のカリグラフィー作品と、800個の文字で遊べるコラボ作品の展示。

「800個の文字で遊ぶ」っていうコンセプトが面白いです^^

現在、東京にて公開中。
これが終わると、なんと神戸は北野にやってきます。

ちなみに、東京展は4日(月)まで。
 11:00~19:00(最終日は17:00まで)

Azabujuban Gallary (麻布十番ギャラリー)
 港区麻布十番1-7-2 エスポワール麻布102
   TEL 03-5411-3900
   http://azabujuban-gallery.com

神戸展は、6月12日(火)~17日(日)まで。
 11:00~18:00(最終日は16:00まで)

GALLEREY 北野坂
   神戸市中央区山本通 1-7-17 WALL AVENUE 4F
   TEL 078-222-5517
   http://www7.ocn.ne.jp/~kitano/

地図は、↑のギャラリーのサイトを見ていただくのがイイですね。
神戸っ子なら、北野坂を上がって、山幹越えて、信号一つ過ぎて~ちょっと行った右側。。。でわかると思います^^
兵庫鍼灸専門学校の向かいになります。

今回、清水先生から、わざわざこんなところ(しょぼいワンルーム)にまで、DMを送っていただきました。
感謝です。申し訳ないです。
2年前かな。1年間程、清水先生のスタジオに通ったものの、10回のうち5回しか行けなかったという劣等生です。どの面下げて~~~行っていいものか・・・と、やっぱり多少は悩みましたが(^^ゞ
それに、お会いしたことのない三戸先生からも、一度声をかけていただいたので、頑張って行ってこようと思っています。

仕事以外で神戸に行くのも、結構久しぶりです。

楽しみっす♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »