« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月20日 (日)

テルニストの集いへ。。。

__

昨日は、芥川賞作家・宮本輝先生(以下、輝先生)のファン(テルニストと云います)のオフ会がありました。
出席のメンバーのほとんどは、先日告知させていただいた『草原の椅子』展の初日に参加されてから、会場である カフェ青い屋根へ移動。

自分は、当日…つまり、昨日、仕事の呼出が無ければ、必ず出席させていただきたいとか云うてたのですが、朝の7:15に部長から電話…
「ユウちゃん、出れる? 神戸、頼むわ」

というわけで、仕事になりました。が、夕方に外せない用事がある旨伝えると、その辺はうまいことやってくれとのこと^^v
ワクワクを胸に、ソッコーで準備して現場へ向かいました。

新開地で神戸電鉄に乗り換え、すぐ次の駅で下車する予定ながら、輝先生の『海岸列車』の上巻を夢中になって読んでて、一駅通り過ごすハメに・・・(;・∀・) 間に合ったものの、ヒヤヒヤです。
で、仕事終わって、スタッフのおねえさんたちとランチの後、阪急電車にて塚口駅を目指しました。
乗ってる間は、またずっと『海岸列車』上巻を読んでました。
なぜか十三で乗り換えをせなアカンという頭があり、その十三駅で何の気なしに宝塚戦に乗り換え・・・
しばらく乗ってましたが、さすがに途中で???です。

塚口って…神戸線やん(;^ω^) 午前の流れから逃れられず、また引き返し。
多分、このロスタイムが無かったら、遅刻は無かったな~

カフェ青い屋根の扉を開けると、輝先生はもう着座されており、ちょうど乾杯をするところでした。
遅刻、申し訳ありません・・・(~_~;)
そして、お忙しい中の御出席、ありがとうございます。

5時くらいから始まり、輝先生が帰られた8時までの3時間は、ほんとに夢のような楽しい時間でありました。
一人一人の自己紹介では、その度に輝先生の絶妙のウィットが入り、全員がしっかりいじられてしまい、笑いの渦は消えません。
自分も、↑ の『海岸列車』を読んでて乗り過ごし&乗り換え間違いのことを、自己紹介の中で話させて戴いたのですが、「そんなもん、あんたの不注意やんか。俺の小説のせいにするな~」と云われ爆笑。
他にも何回かいじられ、なんか笑い過ぎて。。。

詳細は書けませんが、とにかく、自分の目の前に、ずっと読み続けてきている芥川賞作家・宮本輝先生がいてはるっていうことだけでも夢みたいやのに、その方と楽しく団欒しながら、笑いと笑顔と爆笑(一緒か・・・^_^;)鳴りやまずの宝の時間でした。

ここまで気さくでイイのかなって思うくらいの、まるで同窓会のような雰囲気です。
ほんの5分くらいでしたが、輝先生の横に座らせて戴き、若干の近況とカリグラフィーのことを話させていただいたのが、昨日一番の歓喜の時間です。
でも、楽しい時間というのは、ほんとにあっという間に過ぎてしまいますね。
名残を惜しみつつ、輝先生をお見送りし、お開きに。

輝先生、アメリカ帰りでお疲れの中、ほんとにありがとうございました^^
そして、たくさんの貴重なお話にも感謝です。

一つ、特に心に残ったこと。

「悪気があってやったのではないと言いつつ、結局人を傷つけるのは、最悪の悪気や」というお話。

人がどうのではなく、自分にあてはめて、重々気をつけなければと思ったものです。

とにかく、この素晴らしい時間を準備してくださったテルニストの諸先輩の方々に、この場を借りて感謝をいたします。
ほんとに、ありがとうございました。
そして、お疲れさまでした^^

また次の機会を楽しみに、励みに、これからもまた、自分の課題に頑張って行きたいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

チョウチョばっかり切ってます。。。^_^;

時間が無いので、駆けます。。。^_^;

最近切ったもの。
チョウチョに嵌りそうです。

最初のは、青森の才女とも呼ばれている方に切らせていただきました^^
チョウチョはオリジナル。
3連にしました。和紙を使用。
結構気合が入りました。
ちょっとした御礼です。

C1

で、こちらは関西活版倶楽部のメンバーでもある中本優ちゃんの2回目の個展への陣中見舞い。

C2

中側の4つは和紙。
周りの12のチョウチョは色紙。
四角い重ねも和紙。
ピンで写真撮るのを忘れていたので、お願いをして撮って送ってもらいました。
大きさは、どれも幅は4センチくらいやと思います。

どちらも喜んでいただけて嬉しい限りです♪

それと・・・

C3

後輩の妹の誕生日のお祝いです。
諸事に絡み、今まで一緒に仕事をしていた後輩ですが、転職して頑張っています。
妹は変わりなく、スタッフで頑張ってくれています。
つうか、これもチョウチョやし・・・^_^;

と、上の2つは先月末に切りました。
一番下のは今月初め。

とりま、しばらく切り絵はお預けになる・・・?・・・のかな?(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「草原の椅子」展。。。

先月の24日、てらけんさんにお会いした時に戴いたフライヤー。

M1_2

今週の土曜日から始まります。

テルニストも、そうでない人も、一度は覗いてみてほしいです。^^

小説『草原の椅子』は、毎日新聞で、1997年12月3日~1998年12月31日まで連載されたもの。
その長編の題名をテーマに開催。

著者の宮本輝先生が撮られた、作中人物たちが旅をするタクラマカンやフンザ等の写真展示や、新聞連載中に掲載された、北村公司さんの挿し絵も紹介されるとのこと。

自分は連載中は読んでなくて、単行本になってから読ませていただきました。
そのあと、一度再読。
で、たまたまですが、先月4回目(?)の読了を終えたところです。
(何回読んだか覚えてへん^^;)

M2_2

こんな感じに、付箋が一杯になってしまいました(^^ゞ

現在は、『海岸列車』の上巻を再読中です♪

で、「草原の椅子」展。

場所は、追手門学院大学附属図書館内にある『宮本輝ミュージアム』

会期は・・・2012年5月19日(土)~9月20日(木)

詳細は、こちらから^^
  http://www.oullib.otemon.ac.jp/teru/index.html

というわけで、自分も初日に行く予定にしてたのですが、仕事が忙しく、5月2日から15日まで、休みが4回も飛んでしまい、久方ぶりに15連勤ということになってしまいました。
カリグラフィーのギルド展に提出する作品を描かないと・・・なのですが、ほとんど何も出来てません。
提出期限が迫っているのと、相変わらずの遅作のゆえ、やむなく後日ということに。

ただ・・・

宮本輝ファンクラブ「TERUNIST.COM」の方々の集いが、当日の夕方くらいから、てらけんさんのところの「青い屋根」であるので、そちらには何とか顔を出させていただこうと思っています。
仕事で呼び出しさえなければ、必ずや。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

サプライズ・カルトナージュ。。。

ここんとこ忙しさが半端なくて、書いておきたいことがあるものの、なかなかアップできません。
なので、タイムラグしまくりですが、何しか記録をば^^

先日、カリの同志でもある高貴なるお嬢様から、宅急便が届きました。

01_14

開けてみると。。。

02_12

これ、蒼山日菜先生の切り絵のデザインをプリントしたハンカチです。
これを蓋に使うとは、なかなか出来ます。。。
自分が、蒼山日菜先生の教室に通っているってことも、よく知ってくれているからこそのワザ。
やられた~って感じです。
mysticlaw の切り絵道具等々を入れておきなさいとのお達しでした。

で、その蓋を開けると。。。

03_12

中に入ってたのは。。。

04_11

これもカルトナージュ仕様。

この表紙のカリグラフィー、カッパーとゴシイタで描かれているのですが、なにせカッパーの傾斜がぶれてないんです。
自分など、今年に入ってから、ちょっと描くことありましたが、最大の悩みは傾斜が揃わないということ。
どうしたら、こんなにキレイに描けるのでしょ?
とりま、これ、お手本にしている今日この頃です^_^;

見開きはこんな感じ。

05_12

メモパッドです^^

最近、かなりのかなり、カルトナージュに嵌っているようです。
長いことお会いしていませんが、忙しい日々の中でも、自分なりのアクティビティを追求しているって、すごいなって思います。
負けないように頑張らねば。。。^^

それにしても、サプライズでした(^^ゞ

いつも、ドッキリびっくりをありがとうございます♪
大切に使わさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »