« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

カタログ。。。

つい先日、来月から使うという会社の新しいカタログに、「Memorial Selection」という文字を入れ込むのに、どこかにフリーのフォント無いか?と部長さんから聞かれました。
お目当ては、云うところのカッパー様の書体。

一緒に検索して探してみたのですが、どうもしっくりいかない様子。
PC駆使してカタログ作ってるYくんも困っておりました。
期日も迫ってるし。

と・・・何気に思いついて、「なんなら、書くだけ書いてこうか?」とYくんへ。

自分がカリグラフィーしているということは、会社の面々はほぼ知っているので、Yくんからも、「あ! 頼む!」という返事で、その日帰ってから、すぐにカッパープレート体で練習。

翌日持っていって、見せたところ「とりあえずOK」の返事でした。
その後、2度ほど書き直しをして、最終採用。
でも、まさか、ほんとに使ってもらえるとは思ってもみなかったので、自分が一番びっくりしています。

出来あがったのはこれ ↓

C03325ccbb09896d8d565c04b2666c1a

話があってから出来あがるまで、1週間無かったんです。
でも、何とか形になってよかった^^

細かいことを言えば、傾斜とかモロモロ粗がありますが、これが今の自分の実力なんやろうし。
精一杯の気持ちで書いたので、ヨシとしておきます。

ヨシとしても、課題を残してもらったことには、感謝ですね^^

短期間ながら、自分の身辺にいろいろな流れがあって、ここにたどり着きました。
その流れの中でも、とあるきっかけがなかったら、多分、十中八九、きっと書いてなかったと思います。
そのきっかけをくれた方に、こころから「ありがとう」って伝えたいです。

ほんと、ありがと☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

今日はカッターで。。。^^

メルフさんこと須川さんから要請をいただき、チョウチョを一つ切らせていただきました。

チョウチョ切ったのも久しぶりです^^

064a08ce296cd9db7cd727d7702a4096

切ったのはアゲハ。前翅長が38ミリの春のアゲハです。(夏のアゲハは50ミリを超えます)
前翅長が38ミリやと、横幅がちょうど60ミリくらい。
須川さんからは、50~70ミリで・・・という要望があったので、あれこれ見本を探して、最終アゲハにしました^^

当初は国蝶である「オオムラサキ」にしようとも思ってたのですが、これやとサイズがちょっと大きくなってしまいます。

ただ・・・今回はいつもと違ったところが一つ。

切り絵ハサミではなくて、カッターで切ったということ。

カッタ―なので、用紙は二つ折りにはしておらずフラット平面切り。
これも須川さんから、「あるものに吊るす」・・・という条件があったので、ピラピラのコピー用紙とかでは心もとなく、ならばと用紙には「ラシャ」を使ったことが理由でもあります。

切り絵ハサミは、かなりデリケートで、コピー用紙でも3枚とかになると痛んでしまう?かも?という繊細さ。
といっても、弱いってわけではなくて、そういう状況で使うように造られていないってこと。
なので、カッタ―で切ったのですが、実はカッタ―切りは初でした^_^;

順序的には・・・
1.白のコピー用紙に原寸大のチョウチョの下絵を書く。
2.(自分の好きな)濃紺のラシャを下に敷いて、1を載せる。
3.上下の紙がずれないようにしながら、ペンシル式カッタ―で切っていく。

書いてしまえばこれだけのこと^^;

でも、神経使いました。

雅美さんという切り絵師がおられます。
彼女は、カッタ―とハサミを使って切るんですが、もうとにかく繊細すぎてビビりますよ**
妥協の無い作品からは、でも、すごいものを見た時に出る溜息ではなく、「声」が出てしまいます。
「おーーーーーー**」って。
おまけに、かなり計算された構図。
見るたびに、「おー」「おー」って声上げてます(^_^;)
だから、自分のなんて、当然ながら足元にも遠く及びません・・・
でも、スゴイ刺激になるんですよ^^
ただ、自分は自分なので、それはそれとして、自分が出来ることをこれからも頑張っていきます♪

99f0add085141865cc3c8673a0a5382c

↑ のは切った原版で、↓ のが切り抜いたあと^^;
何気に見てて面白いです。

ついでに遊んでみました。

14550aaeb8766ebdcd7035d0cff474c8

初カッタ―切りをさせてくれた須川さんに感謝です^^

ありがとうね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

蒼山日菜さんの切り絵教室。。。vol.4

20日の水曜日、「蒼山日菜さんの切り絵教室」へ行ってきました。
今回で、4回目になります。
朝日カルチャーセンターでの教室としては3回目。
前回が4月やったので、ちょうど3カ月ぶり。

今回は、うさぎさんがシャボン玉しながら洗濯干している図?です。

2回目以上のメンバーは、それに自分で絵を加えて、ちょっとオリジナルな部分を入れ込んで切るという課題付き。
自分も、一応そちらの方に入れていただいて・・・
が、絵心が無いので、これはちょっと…(~_~;)

こういうとき、ほんとに「絵心」って大切になってきます。
日菜さんご自身も、「上手に切れても、絵が書けるか書けないかっていうのは、一つの星になる」と言うてはりました。
だから、結構苦しかったですね^_^;

ただ、実はこの日、14時から仕事が入ってて、遅くても1時15分には教室を出ないといけないということがあり、とにかく出来るだけ早くやってしまうべく、必死こいてやりました。

元絵を見てすぐに思いついたのが「ほのぼの」っていうイメージ。
なので、「バカボン」風のお日さまを入れよう^^
それと、お日さまがあるなら、雲を一つ。
そこに鳥さんを入れて。
それから、ウサギさんにリボンをつけて^^;;;
んでもって、木の陰に、ちびこいうさぎさんを入れて、ママうさぎが洗濯干してるのを、こっそり覗き見してるの図に。

切りだしたのが、多分11時40分くらい?
あとは、ほんとに無心に、しかも息するのも忘れるくらいに集中して切ってました。

新宿の朝日カルチャーでは、かなりの時間オーバーだったということも耳にしていたので、仕事が待っている身としては、遅れてはならじーという焦りも入ってます・・・

で、1時10分に出来あがったのがこれです。

Cf56c964b1a923872e498db3dfa0a627

あと、ちょっとだけですが、木の葉っぱも2枚ほど付け加えてます^^

この日記、当日すぐにアップするつもりやったのですが、↑ の切った分の「元絵」を並べた方が、見る人には違いが分かりやすいのではないかと思ったんです。
で、昨日、その元絵のほうを専用の黒い用紙に縮小コピーして、夜に切っておきました。

8801a50e58f38d91280c5c7e180e0db9

上が元絵で、下が自分が下手っぴの絵を付けくわえて切ったものです。
たまたまですが、縮小コピーしてみたら、ほぼ同じ大きさやったので比べ安いです。

間違い探しみたいな図になってますが、どんなもんでしょ^^

次回は12月だそうです。
行けたらイイのですが。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

カナブンの日々。。。

先週の土曜の朝、おっとり刀で起き出して、歯磨きにバスルームへ入って、ふとバスタブを覗いてみると・・・
なんか、黒いモノが…
最初はゴキちゃんかと思ったのですが、よくよく見ると「カナブン」です。
排水口ギリギリのところにいてたので、ちょっと滑ったら落ちてしまう。
なので、拾い上げてやりました。

手の平に載せてみると、なんとなくお腹を空かせていそうな顔してたので、たまたま買っておいたリンゴを出してあげてみると…

E649c76d046d304b319ebbdfc87f6872

しがみついてがっついてます・・・^^;
見てると可愛いので、そのまま机の端っこにおいておきました。

そのカナブン、そのままずっとリンゴにかじりついたままで、次の日の日曜の朝まで姿勢崩さず。
もちろん、リンゴをあちこちと移動はしてましたよ。
日曜、自分は仕事なので、さすがに部屋に置いたままにはしておけず、暑いけどベランダに出して、あとは元気になって飛んで行きや~っと声をかけておいた次第。

帰ってきてから見てみると、リンゴだけがポツンとあったので、お腹も一杯になったし、きっと何処かへ遊びに行ったんやろうと^^

で、その翌々日の昨日の夕方、仕事から帰ってきて、マンション入口の自分のポストのすぐ上のところに目を留めると、何やら小さいものが・・・

また「カナブン」(^^ゞ
舞い戻ってきたのか???と思いましたが、テカリが違うので違うのでしょう^^
でも、暑さのせいか、ぐったりしています。
ならば、ここはやっぱりリンゴ。

切ってあげて、乗せてみると、このコもしっかりがっついてかじりつくの図。

017b636113011fdfe74115f06655c64c

それからまる一日。
まだかじりついてます。
よく食べるね~

明日には、どこかへ飛んでいくかな~

今日は蒼山日菜さんの切り絵教室がありました。
詳細は、また後日に^^
終わってから仕事に走ったので、相当ハードな一日になったのであります・・・(~_~;)

でも、疲れてないで~~~
また明日も頑張ります^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

虹を見たかい。。。^^

この日記の件名見て、「渡辺美里の≪虹を見たかい≫」を思い出した方がいたら、きっと同年代?^_^;

それはまあ、どうでも良いことなので、横に置いておいて^^;

朝から降り続いた雨も夕方にはあがり、きれいな夕焼けが雲間から見えだしたとき、ふと空を見上げてみると、どうも虹が出そうな雰囲気。
ちょうど家に戻ってきて寛いでいたのですが、ベランダへ出てみました。
が…東の空に虹は見えず…

と、先日結婚したばっかりの後輩から、「虹を撮りました~」と写メが届き、何となく気になって、もう一度ベランダへ出てみると…♪

84a27ebb286f02914fbe717de42a61a4

出てました☆
結構おっきいです。
よく見ると、二重になってるんですが、わかるかな~

356b661c4c423f861437f0271b09a40f

本体の外側にうっすらともう一つ虹が見えます。

ちょうど、3日前に「over the rainbow」のことを書いたばっかりやったので、なんかタイミングがよくて、単純に嬉しかったです。

Af7c1f8b870e0636d775457cc1eeb564

こんなに大きな虹を見たのって、随分久しぶり。

イイことあると嬉しいのですが^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

over the rainbow。。。再び。。。

一日、寝込んでました。
目が覚めてから、何事につけて「張り合い」というものが無くて、ほんとに何もしてません。食べることもしてなくて、やっと先ほど起きあがってクッキーを食べたところです。

今日は額装のレッスンがあったのですが、そういうわけで欠席です。
4月にあったポストカード展で買ったカードの創り主さんと、ここでのコメントのやりとりで、そのカードの額装をする約束をしているのですが、先月のレッスンは、急遽仕事になってしまい、併せてまた延び延びになってしまいました。
申し訳ないです。
次回は必ず。待ってて下さいね^^

起きがけに、久しぶりに、コニ―・タルボットちゃん(当時6歳)の≪over the rainbow≫を聴きたくなり、you tube へ。

http://www.youtube.com/watch?v=y68JoxCkc1Q

↑ これです。コニ―ちゃんが歌い始めると同時に、すごい涙が溢れてきました。
今また、聴きながらキー打ちしてますが、いくらでも溢れてきます。
見えにくいし・・・^_^;

"Somewhere Over the Rainbow"

     music by Harold Arlen and lyrics by E.Y. Harburg

Somewhere over the rainbow
Way up high,
There's a land that I heard of
Once in a lullaby.

Somewhere over the rainbow
Skies are blue,
And the dreams that you dare to dream
Really do come true.

Someday I'll wish upon a star
And wake up where the clouds are far
Behind me.
Where troubles melt like lemon drops
Away above the chimney tops
That's where you'll find me.

Somewhere over the rainbow
Bluebirds fly.
Birds fly over the rainbow.
Why then, oh why can't I?

If happy little bluebirds fly
Beyond the rainbow
Why, oh why can't I?

『オズの魔法使い』のヒロイン・ドロシーが歌うこの歌を初めて聴いたのは、多分小学校時代。
それからの幾歳月の後、去年は、その『オズ~』の裏版でもある『Wicked』を、劇団四季のミュージカルで観ました。

『オズ~』は虹を越えて、夢を叶える希望を歌い、『Wicked』のヒロインは、希望を捨てて、疎んじられ「悪い魔女」として消えていきます。

自分はそんな消え方はしたくない。

『over tha rainbow』 と 『Defying gravity』

どちらも、カリで作品にしてみたいです^^

因みに、『Defying gravity』の歌詞はこれ。

Something has changed within me
Something is not the same
I'm through with playing by the rules
Of someone else's game
Too late for second-guessing
Too late to go back to sleep
It's time to trust my instincts
Close my eyes... and leap!

It's time to try
Defying gravity
I think I'll try
Defying gravity
Kiss me goodbye
I am defying gravity
And you wont bring me down!

I'm through accepting limits
'cause someone says they're so
Some things I cannot change
But till I try, I'll never know!
Too long I've been afraid of
Losing love I guess I've lost
Well, if that's love
It comes at much too high a cost!

I'd sooner buy
Defying gravity
Kiss me goodbye
I'm defying gravity
I think I'll try
Defying gravity
And you wont bring me down!

I'd sooner buy
Defying gravity
Kiss me goodbye
I'm defying gravity
I think I'll try
Defying gravity
And you won't bring me down!
bring me down!
ohh ohhh ohhhh!

長いなぁ・・・・・・・・・^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

What a beautiful memory !

仕事から帰ってきてポストを覗くのが、結構楽しい瞬間である人って多いのではないでしょうか?
自分もその中の一人です^_^;
といっても、いつも毎日何か入ってるわけではなく、入ってても請求書の類がほとんど…
でも、それでも、ポストを覗くって、嬉しい瞬間です。

今日もチラ見すると、見慣れた水色の封筒が入っていました。
見慣れたといっても、年に4回しか入ることのないものなのですが。
しかしながら、それも今回で最後となります。

ZARD OFFICIAL FAN CLUB 『WEZARD』からの最後の会報誌第52号です。

立ちあげられて、今年で20年。
ほんとにあっという間です。
ちょうど、イイ節目でもあるので、会費制のファンクラブから、無料のメールマガジン制に変更をということのようです。

形は変わっても、これからも『ZARD』のファンであることに、なんら変わりが無いので、これからも「応援」をさせていただきたいと思っています^^

いつか・・・カリで、『ZARD』坂井泉水さんの「何か」を表現して作品にしたいと思いたったのが、亡くなられた4年前のこと。
技術も何もないペン持ちなので、まだまだ時間はかかると思うけれど、「その時」が来たら、一生懸命描いていきたいです。

7edd0e30752240e2185983c375adfd88

Eca3bce0609a0a8486a799d45665096c

2798214b7c6d3ba9c4a3901ef830e0d2

立場上…ということもあるのかもしれないけれど、亡くなられてからも、ずっと多くの人たちに感動を生みだしていってる『ZARD』坂井泉水さんは、まさに「生きていることと死んでいることとは同じ」っていうことの一面を教えてくれているように思えます。

運営に携わってきてくださった方々、また今後もメール配信等で頑張ってくださる方々に、ファンの一人として、心から感謝いたします。
ありがとうございました。

What a beautiful memory !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

無事終了。。。

3fd86d38474f94190e67c5f36f8985c0

とにかく、無事に終了。
自分も肩の荷が少し降りました。
新婦さんの、なんと可愛いらしいこと^^
結婚式で新婦さんが可愛くて感動したのは、これで2回目。

その当人さまにも、ウェディング・ボードの方、何とか喜んでいただき、ホッとした次第です。
後輩である新郎には、ここに至るまで、かなりの「心労」をいただきましたが(^^ゞ ま、午前午後の式と披露宴ともに、感動の中に終えることができたということやし、めでたしめでたし。

2次会も、かなりの盛り上がりの中に終わりました。
自分、籤運は悪いので、ビンゴは何ももらえなかったですが。

昨日の2次会でよかったのは、新郎当人と自分の後輩2人による、即席トリオの演奏でした。
木村カエラさんの「バタフライ」を、新郎がサックスで、あとの二人がユーファとクラリネットで吹くという、なかなかのもの。
感動でしたね~♪
ほんとに一所懸命の演奏で、だからこそ、会場が一体になって、一気にボルテージが上がったように思います。

前日の晩、新郎から電話があり、種々「謝り」の言葉があったんです。
いろいろありすぎたので…(~_~;) 
が、やっぱり思うのは、過ぎたことがどうこうではなくて、「今」と「これから」やないかなってこと。
その旨、懇々と話させてもらい、こちらも種々激励をさせてもらいました。

いつもいつも、自分のこころにとどまって離れない、宮本輝さんの「錦繍」のなかの言葉があります。
いくつもです^^

「生きていることと、死んでいることとは、もしかしたら同じことかもしれへん」

「不思議なことだと思いますが、きっと人間は、自然のリズムと同じものを、自分のなかででも奏でているのでございましょう」

「でも、過去とは何でしょうか。私は最近、私の「今」は、私の過去によってもたらされていると確かに思えるようになりました。別に大した発見ではありませんが、そんなことは当たり前みたいな気がして、そう取り立てて考えてみることはなかったので、私は何か新しい発見をしたような気持ちになりました。過去は、まさしく私に現在をもたらす働きをしていたのでございましょう。だとすれば、「みらい」はどうなるのでしょうか。私の過去によって、もうどうにも変えることの出来ない未来が定まってしまっているのでございましょうか。もはや未来は変えようがないのでしょうか。私はそんなことはない。そんな馬鹿なことはないと考えずにはいられません」

「あなたは過去にこだわるあまり、「今」ということをお忘れになっていらっしゃるような気がするのでございます。かつて父が言った言葉が、蘇ってまいります。「人間は変わっていく。時々刻々と変わって行く不思議な生き物だ」。父のいうとおりです。「今」のあなたの生き方が、未来のあなたを再び大きく変えることになるに違いありません。過去なんて、もうどうしようもない、過ぎ去った事柄にしか過ぎません。でも厳然と過去は生きていて、今日の自分を作っている。けれども、過去と未来の間に「今」というものが介在していることを、私もあなたも、すっかり気がつかずにいたような気がしてなりません」

「声は大事や、その人間の本質が出るもんや」

新郎新婦のこれからを思いながら、自分の中の「何か」にリンクして思い出したので、書きとめてみました。
まだまだ他にもあるんですが、それは明日から沖縄に新婚旅行へ行く彼らには、今はまだ少し必要ではないと思うので略します。

ふたりして
行末までも
幸光れ

そういえば、演奏「チョウチョ(=バタフライ)」やった♪

D6005dde0ae55209728903251f40c1bc

付記。。。ウェディングボードの横と、右側の新郎新婦の写真を飾ってくれている花、自分の友人の花屋さんに、この前々日にいきなり急遽お願いしてアレンジしてもらいました。ほんとに急やのに、イヤな顔一つしないで引き受けてくれ、おまけに予算…3000円やのに、めっちゃっすごい大サービスでびっくり&すごく感謝です。ほんとにありがとう^^また何かでお返しします♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »