« ブレイクタイム。。。 | トップページ | 武蔵野美術大学校友会支部関西展2011。。。 »

2011年3月12日 (土)

一日も早く。。。

とてもひどく、悲しいことになっています。

自分も、神戸で被災したので、地震の怖さは肌身で分かっているつもりでしたが、津波の恐ろしさが、これほどまでとは思いもしませんでした。

とにかく、一人でも多くの方が救われること、これ以上の被害にならないこと、そして、一日も早い復興と、亡くなられた方々のご冥福を心から祈るものです。

今回の地震で感じたことが多々あるのですが、その中で、どうもスッキリしないことが一つあります。

それはツイッターのRT(リツイート)のこと。
 (RTについて、詳しくはココをクリック)

昨日、地震が起きて1時間くらいしてからでしょうか。
嵐ようなRTとなりました。
つまり、情報が矢継ぎ早に送られてくる状態です。
自分は携帯でツイートすることが多いので、携帯に通知設定している方々のつぶやき通知メールが入ります。
入る度に、ツイッターのホームへ繋げるのですが、繋げている間に、またRTが入ってくる。
その繰り返しのために、しばらくホームに入れない状態が続きました。

同じようなことを経験されている方も多いのでは?と思います。

最初の10通ほどまでは、自分にRTされてきたものを、自分からもRTしていたのですが、それではどだい携帯のバッテーリーがもちません。四六時中(通知)メールが届いているという状態なのですから。
これはアカンと思い、ホームに繋げることはしないでおくこととし、通知を受けるのみとすることに。

それでも、2時間もするとバッテリー落ちで電源ダウン。

そこで思ったのは、震災被害エリアの方々でも、携帯でツイッターを使っている方がかなりおられる。
ならば、矢継ぎ早のRTだけでも、非常時に充電もままならないところで、大切な電気の消耗は避けられません。
大事な時に使用できなければ、それこそ「大事」に至ってしまうかもしれない。

自分がフォローさせていただいていて、日ごろからよくツイートされているある方が、昨日の地震発生以降、全くつぶやきを止めておられます。
確かに、情報を発信することも大切かもしれませんが、あえてツイートを止める。
何もしない勇気」も、こういうとき、どれほど大切であるか、考えさせられた次第です。

併せて、上記のツイートを止めておられる方、やはり「ただの仕事師」ではないなと再認識しました。

だからといって、つぶやくのはよくないとか、RTはするな…という極論を云っているのではありません。

情報を、どう取捨選択して、どういうベクトルで伝えていくか。
それは、誰がやるのがベターなのか。自分なのか。
流れてくる(RTされてくる)情報が、本当に正しいものなのか、等々。

そういう「メディア・リテラシー」が、こういう非常時にこそ、それぞれの立場で発揮されていくべきではないかと思います。

自分は…出来るだけツイートは控えるべく、現在は止めているものであります。

|

« ブレイクタイム。。。 | トップページ | 武蔵野美術大学校友会支部関西展2011。。。 »

思うこと」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204032/51102899

この記事へのトラックバック一覧です: 一日も早く。。。:

« ブレイクタイム。。。 | トップページ | 武蔵野美術大学校友会支部関西展2011。。。 »