« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

活版EXPO1。。。パートⅡ

今月11日から始まった『活版EXPO1』も、昨日で終了。

この長丁場、この催しを支えてこられた全てのスタッフと関係者に、お疲れ様でしたとお伝えしたいと思います。
特に目に見えないところで、陰の立場で動いていた方々もおられたことでしょう。
自分も仕事の中で、どちらかと云えば裏方で動いているので、次元は違うものの、多少はそのご苦労がわかるつもりでいます。

そして、連日連夜にわたって『活版EXPO1』を実質取り仕切ってこられた、明晃印刷株式会社の高崎健治さん(専務取締役)。
そのバイタリティと前向きな姿勢はどこから生まれるの???と、何度も問いかけたくなるくらいの大活躍でした。
活用されているツイッターのフォロワーも、期間中に1000人を越えてましたし。

とにかく一度は…との思いで行ってきたのが、17日。
もう一度くらいは行っておきたいと思いつつ、なかなか時間が取れないでいたのですが、ちょうど1週間後の24日に訪れることができました。

ブリーゼブリーゼに入ったのが、18時ごろ。
会場に入ると、高崎さんが手金を使って、お客さんに活版の体験を教えておられるところでありました。
(写真撮ればよかった・・・^_^;)

展示を見ながら、その姿を観察させてもらっていたのですが、ツイッターからの想像とは違って、とても淡々とされており、しかも無駄なく動いている。
話すスピードも、決して慌ただしいものでもない。
結構男前さん^^
仕事ができる男。。。というよりかは、仕事をやりぬいてしまう男という感を、自分は受けました。

手が空いたようなので、近づこうと思ったものの、何故か気おくれしてしまったのは、自分がシャイなこともありますが、高崎さんの淡々とした姿の中から浮かんでくる、相当にシャキっとしたオーラのようなもの(気概といったらイイのかな)に、多少気おされてしまったからかもしれません。

とにかく、挨拶をさせていただき、少しばかりお話もさせていただきました。

連続17日間に及ぶ『活版EXPO』です。
明晃印刷の仕事もやりながら、ブリーゼブリーゼとの往復もこなしながらの日々です。
とにかく、お身体だけは大切にしてほしく、その旨を伝えさせていただいた次第です。

前回のものと重複するものもありますが、写真展示なりです^^

01_3

02_3

↑ カリグラフィーをする自分たちには「ウェディングボード」として知られているもの。
活版で印刷してあります。写真ではわかりにくいのですが、文字の凸凹がかなりイイ感じなのです^^
これぞ、活版印刷ってとこですね。
自分も負けてられん!って思いながら、見入っておりました。

03_3

↑ 所謂「クリカ」 ただの印刷と違うのは、手触りにあったかみがあること。
一時のものではなく、こういう人間味のある労作は、絶対に無くなってほしくないです。

04_3

05_3

↑、この活字を並べるための台も、実は段ボールです^^

06_4

07_3

須川さんが用意された段ボールも、ちょっと疲れてきてるのかなって感じですが、きっと最後の最後まで、高崎さん共々、なんとしても大成功におさめてやるぞ!との気概と気魄で、会期を全うしたものと思います。

ツイッターで、少し話しただけの当人・高崎さんとお会いできたこと。
そして、『活版EXPO1』に、2度も行けたこと。
活版印刷の人間味にふれることが出来たこと。
改めて、カリグラフィーにかける思いを固めることができたこと。
そして、新しい人との出会い。

やっぱり「生きる」ということは、すごいことなんやなと、改めて感じることができた『活版』との遭遇でありました。

そうそう、もう一つ感心したこと。
それは、ツイッターでもそうですが、高崎さんて、「しんどい」という言葉を吐かないのですよね。
常に前を見据え、足元を揺るがせにしない姿勢に、この人と一緒に仕事をする人は、ほんとに幸せやなと思ったものでありました。

お土産を購入しました^^
活字星です。 ↓ 

08_3

「ユウスケ」のイニシャルから「Y」を^^
いつも応援してくれる大切な友人にも、同じものを買わせていただきました。

『活版EXPO1』

大団円で終了しました。
でも、ここに携わった方々は、もう次へのスタートを切っていることと思います。

ポルトガルの詩人カモンイスの有名な詩の一節が思い浮かびます。

「ここに地終わり、海始まる」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

さくら。。。1題。。。+1題。。。

マイナーながら、大好きなグル―プである≪Seannorth≫の歌です。
イイ歌です。
でも、切ないねんな~

SeanNorth / ソメイヨシノ ~桜の木の下で~ + 秒速5センチメートル

それと、ふくい舞さんの<さくらソング>

ふくい舞 / いくたびの櫻

日付が変わりました。

今日が、とてもイイ一日になりますよう。。。☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

活版EXPO 1。。。

活版EXPOに行ってきました。

01_2

昨日は仕事が休みということもあり、ちょっと遅れた母の35日忌のために神戸の実家に寄った後、3時過ぎに会場のある西梅田は≪ブリーゼブリーゼ≫2階のパブリックスペースへ。

02_2

自分が行ったときは、ほとんど人がいてなかったので、じっくりゆっくり見させていただきました。(そのあと、10分くらいしてから、あれよあれよと、人の出入りが激しくなってきてましたけど)

須川さんが用意された段ボールに、きちんと組み込まれた大きな活字。
これは、宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』の一節なんです。
活字なので、裏向きになってます^^

03_2

が、反対側は、ちゃんと表向き。
活版印刷ですから♪

04_2

05_2

↑ この凸凹感、わかってほしいです。

特にキレイやったのが、≪活字星≫

06_3

07_2

このオブジェも、『銀河鉄道の夜』がモチーフになっています。
写真で見るより、実物のほうが、渋くキラキラしてて、ほんとにキレイでした。
使命を終えた活字の一つ一つが、最後の最後まで、しかも静かに泰然と生き抜いているように、自分には見えました。

入って5分くらい見ていると、そっと近づいてきた女性。
ここを仕切ってはる、明晃印刷の高崎社長の奥さまでした。
当然、初めてお目にかかったわけなのですが、なんというか、とても小柄でありながら、自分のカドを一気に削ぎ落してくれるような、そんなあったかい「お母さん」のようなオーラのある方^^
ちょうどひと月ちょっと前に、母を亡くしたばっかりやったからかもしれませんが、その高崎のお母さんと、懐かしい空気を感じながら、結構話し込んでしまいまして(^_^;)

60年にもわたって続けてきた、大阪の老舗印刷会社です。
相当な苦労が想像されますが、とても淡々とされていて、最後の最後に、「やっぱり信用が一番やね^^」と意見の一致をみたのは、自分にとっても、とてもうれしいものでありましたね。

デジタルが最善のような世の中で、活版ていうものは、アナログの・・・というより、アナクロの範疇に入るものなのかもしれません。
でも、どんどん冷たい空気に染められていくような時代やからこそ、活版印刷がここにきて見直され、少しずつブームにまでなっていこうとしているのかもしれません。

それは、冷たい時代に、実は人が心の奥底で求めてる「あったかい何か」を、活版印刷が、その芯のところに持っているからかもしれないです。

自分はカリグラフィーというものをしていますが、これもまた、手書き文字であり、CGやらでは醸し出せない人間のあったかさを秘めたアートと思っています。
そこに魅せられた理由を書いてると、終わりなく続きそうなのでやめておきますが、結局、人間は「心こそ大切」なのだと、カッコよく結論しておきましょう^^v

高崎社長さん・・・朴訥な職人肌のお父さんでした。
ゆっくり話す時間が無かったですが、御夫婦ともに、とにかくいい方です。
来てよかったって思った次第。

あと少し写真を^^

これは、手金という名前の手動式の活版印刷機です。

08_2

活字さんたちです。

09_2

27日までやってます。

自分も、もう一回くらいは行ってみたいと思っています。
高崎さんには息子さんがいてはるのですが、ツイッターでちょっと話はさせていただきながら、まだお会いしておりません。
楽しみにしておきます。^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

ちょっとは進歩している (・_・;) ?

相変わらず、イタリックやってます。
小田原先生のビギナー本を参考に…というか、そのまんまで練習しているのですが、何とかほぼ毎日、ちょっとでもペン持てているせいか、少しずつ手の方も思い出してきてくれているような塩梅です。

ただ、進歩しているかどうかは別ですけどね(^^ゞ

ビギナー本といっても、何も知らない初心者が見て、一読したらそのまま描けるようになる…なんて本ではありません。
ここがカリグラフィーの難しい部分なのかな~

ここでいうビギナーというのは、ある程度はカリを学んで、イタリックは修了できるかどうかぐらいのレベルかなって自分は思うのですが、実際に教室をもって教えてはる先輩方たちは、どう捉えておられるのでしょう。
また教えてもらいます^^

ずっと、ペン先C2で練習してきてたので、昨日からC3に切り替えました。

110216_001012

ただね~ フローリッシュって、ちゃんと習ってなくて、小田原先生の本にあるまんまを自己流で描いてるだけなので、多分これ、きっとおそらく、かなりチェックが入るのではって思っています。
機会があれば、ちゃんと教えていただきに走ろうと思ってはいますが。

話は変わりますが、先日はバレンタインデーでした。
毎年のことながら、今年もまた、うちの会社でも、女性社員とスタッフの方々が、全男性陣のために買ってきて配ってくれました。

お返しは要りません…と云われても、はいそうですか~とは云えないのが通常です。
こういうとき、カリをやっているというのは、とてもラッキーです♪
今年も、何かカードを描いてさしあげようと思っています。5人いてます。

去年と違って、今年のバレンタインは、現場に出なかったので、業者のお姐さん^_^;たち(おねえさん…ではなくて、お姐さんです)から戴くということがなかったので、戴いたのはこの一つ…と…

実は前日の13日、とても大切な友人がわざわざ郵送で送ってくれたのです。
どうせ一人身で、寂しい明日を迎えるだろうから…と(^_^;)
でも、送られてきたものは…

Image303

プレゼントも一緒に入ってました(*- -)(*_ _)

チョコはこんな感じです♪

Image306

んで、プレゼンとはというと…

Image307

本が2冊と、それからプラスα~^^☆

カルトナージュの本は、自分がフランス額装を習っている、まさにその先生が書かれた本です。来月のレッスンの際に、この本のこと、それからカルトナージュのことを訊いてみようと思っていた矢先やったので、そのタイミングにビックリ。

それと、蝶々の切り紙の本。
最近、小さなハサミを苦使しつつ、蒼山日菜さんの切り絵に挑戦し始めていることを知ってくれているその方からの、こころ強いエールみたいな贈り物になりました。

あらためて感謝です^^♪
めっちゃ嬉しかったでです☆

ありがとうございました。

というわけで、寂しいバレンタインデーを過ごすこと無く終えることの出来た mysticlaw は、またカリペン持って、練習しております^^

頑張ります☆☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

かなり迷いましたが・・・

めっちゃ思い切って、買うことにしました。

さすがに合計金額を見てしまうと、最後の「注文確定」のところをクリックするのに、ちょっと勇気が要りましたが・・・

あーまだ欲しいのがある…(~_~;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

ハート展作品。。。

先月上旬、何を描こうか? レイアウトは? 色目は?等々、考えてるうちに母が亡くなり、作品展に出すのは無理かも…と思ってました。

が、『どうなるかってことよりどうするかだ』っていう敬愛する方の言葉を思い出し、おまけに、DMに名前まで載ってしまっているので、どんなシンプルなものでもイイから、頑張って描いてみよって思い直して、都合3日間で作成したのがこれ ↓ です。

110206_235913

『ハート展』なので、♡です。

♡マークを連ねるのはすぐに決まったのですが、中に何を描くか・・・
気持ちとしては、「愛」テーマの短文を入れたいと思っていました。
ペン先がC4~5なら描けそうに思えたし。

が、提出期日までの残り時間がありません。

で、いろいろ手持ちの資料を物色していると・・・イイものがあったんですね~^^

「ありがとう」の28カ国語バージョン♪
そこから6カ国語を選び~

上から。。。

 Terima kasih (インドネシア語 トゥリマカシ) フラクチャー体
 Thank you (英語 サンキュー) イタリック体
 Salamat (フィリピン語 サラマートゥ) アンシャル体
 Gracias (スペイン語 グラシアス) ルタンダ体
 Obrigado (ポルトガル語 オブリガード) カロリンジャン体
 Dhanyabaad (ネパール語 ダンニャバード) ゴシサイズドイタリック体

最後の一枚は「with Love」

とまあ、こんな感じ。

全然ペン持ってなかったとこから描いたので、限りなくビギナー仕様です^_^;

とても感謝したいひとがいてるので、そのひとへって思いで、6枚の「ありがとう」にしたのですが、そこに母親への感謝の気持ちも込めさせてもらいました。

ちなみに、自分のペンネームである「工藤祐輔」を初めて使った記念ものになりました。

即席で描いたから、作品自体はしょぼいですが、気持ちは二重にも三重にも込めたので、やりきった感はありました。楽しかったし☆

これを機に、今年はいろいろ挑戦できたらって思っています。

とにかく、去年はカリから遠ざかったので、その分目一杯引き寄せていこうと^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

神戸ハーバーランドへ。。。

先日の日記に書いた、もう一つのイイことです☆

慌ただしい日々の中、とても大切な友人からの誘いを受け、久しぶりに神戸はハーバーランドへ行ってきました。

天気予報はよくなかったらしいのですが、当日、ハーバーにいた間は、少し肌寒いながらも、日差しのあったかい上々の天気。

まるで「殺風景」そのもののような日常にいる今日この頃です。
久々にゆったりと見る神戸の海と空は、明るくて広く、こころも和む、まさに「天の時、地の利、人の和」の三拍子がほどよく揃ったような時間と空間になりました。

しばし、写真紀行で~(^^ゞ

出迎えてくれたのは、大きなスノーマン♪

01

そして、大きなキラキラ光る星とリボンの付いた、これまたデカイ贈り物?

02

キラキラ光る馬車。(色が変わります)

03

表に出てみると、これぞ「神戸」でしょ^^
生まれ育ちが共に神戸の自分を嬉しく思う瞬間でもあります。

04

大きな窓ガラスに映った、海のキラキラ☆

05

小学校に入る前に昇ったきりのポートタワーに、高所恐怖症の自分が・・・(^_^;)
コワーーー><
こんな感じに、下界が小さく見えます。

06

ふと向こうを見ると、船がターンをしてました。

07

下界へ・・・落ちてしまいそうです。

08

限界やったので、このあとすぐに下界へ(~_~;)
バレンタインデーが近いからでしょうか?
クリスマスの名残のツリーに、ハートマークがいっぱいです。

09

このあと、美味しいランチをいただき・・・

10

少し足をのばして、先日「しかく展」のあった『Saita! Saita!』さんへ。
パイナップルのスムージーです。
もちろん、美味^^

11

あっという間の数時間でした。
でも、かなり久しぶりにお会いした友人も、誘ってよかったと言ってくれ、自分も楽しい時間と会話を楽しむことができ、母逝いて以来、ほんとに心の和む時間と空間に浸れたと思います。

粋な計らいをしてくれた友人に、感謝です。

ありがとう^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活版EXPO1。。。

まだ見ぬ知己である方からの紹介で、「活版EXPO1」なるものを知りました。

実は明日からなのです^_^;
お知らせがギリギリになってしまい、申し訳ない限りなのですが・・・

自分もまだ、それがどういうものなのか、明確にわかっているものではありません。

が、コンセプトは面白い^^

 『古い未来へ』

わかってない自分が説明するより、ここを見ていただければ^^

http://innerscape.exblog.jp/12041863/

それと。。。

http://www.mebic.com/creative-expo/#event1

もひとつ。。。

http://blog.goo.ne.jp/melf-01/e/cb91c2d45183c61562c55a59b53c1f21

会期が明日の11日(金)~27日(日)までと結構あります。
場所も、西梅田のブリーゼブリーゼ♪

興味ある方も無い方も、近くに行かれることがあれば、是非立ち寄ってみていただきたいと思います。

自分も、会期中はせめて2回は覗いてみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

「つき」こそ心よ。。。

「つき」は・・・「憑き」であり、「付き」であり、「尽き」であります。

が、やっぱり「月」でしょ^^; のっけからしょうもないことですいません(^^ゞ

もう日付が変わってしまいそうな時間ですが、昨日の月はとてもキレイでした。
月と星が近くにあります。きっと仲良しなんでしょうね♪

P1000286_convert_20110207200826

去年だったか、京都の清水へ行った時、参道にあったTeftef 清水坂ガラス館で、一緒に行ったとても大切な友人が買ってくれたのが、↓ の「月と星」のストラップ。

Tsukitohoshi

これ買うとき、付いてたコピーに「何でも願いが叶う」って書いてありました。
あれ以来、携帯につけたまんま、一度も外したことがありません。

願いが叶っているのかどうか・・・どうなんでしょ?

などとよしなしごとを考えている場合ではなく、母亡きあとのここ最近、自分の廻りがとても慌ただしく、そこにまきこまれているような状態が、ずっと続いています。
ちょっと憂鬱・・・っていうのが正直なところ。

そんな今日(日付が変わったので「昨日」ですが)は、とてもイイことが二つありました。

一つはまた後日書こうかと。

も一つというのは…

カリグラフィーで、いつもお世話になっている方から、大きな荷物が・・・

110208_160719

なになに???

開けてビックリ**

110209_001338

巨大な「マカロンタワー」です^_^;
すごいです・・・
ていうか、これ、紙粘土で作ってるそうなのですが、どう見ても本ものそっくりで、今にも食べれそうなんですよ・・・
かなりのスィーツ好きの自分には、強烈に嬉しい手作りの贈り物でありました。

男一人の部屋に、この巨大マカロンタワーがいてくれるだけで、かなりの殺風景が吹き飛んでくれます。

めっちゃ嬉しいです♪
ありがとうございました。

さて・・・木刀の素振りをして、寝る前のカリ練習やります^^v

110209_001934

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

懲りずにビギナー仕様で。。。

110205_212326

イタリックばっかりしてます(^^ゞ
とりあえず、手の方もペンを思い出してくれたような感じになってきました。
テキストは、小田原先生のビギナー本を^_^;

でも、C2ばっかり描いているので、これがまともにC3、C4になると、きっとまたドツボに嵌るのやろうと思いつつですが。
一応、一昨日はC3で一枚練習してはみたのですが、ま…笑うしかなかったです…

一番右下の一行目。
「Thank you for your hospitality.」と描くつもりでいたのですが、一語目の「Thank」でこけてしまい、そのすぐ横に「←Saiaku(最悪)」と認めておきました。

その時点で、ちょっとやる気を失くしてしまったので、傾斜が揃わんな~と思って「slant(傾斜)」と描き、その横に「degree(角度の度)」と。
で、やる気失くした序でにおちゃらか気分になって、発音記号「i:」のつく単語を並べたみた次第。

で、↑の小田原先生の本をチラ見して「Holiday」という単語が目に入ったので、それを続けてみました。

アホでしょ(~_~;)

ここまで描いて、去年の年頭にやろうと決意して、ほとんどしなかったものの一つの「英語」の勉強をしないとな~と、ちょっと思案。
今年は、少しは頑張らないとって思っているので、現在ツールを手配中です。
って、もう2月ですけどね(^^ゞ (いつから始めるねん★)

去年の12月に、読むぞと決めた「Wicked」の原書も、最初の数ページを読んだまんまで放置しているので、これも手元に戻さないと^^;

テレビの無い我が部屋なので、DVD借りて映画でも観てみようかと考えてると、ふと「ウィリアム・ウォリス」を思い出しました。
そ、中世スコットランドの愛国者で、メル・ギブソン主演の映画 『ブレイブハート』でも有名な彼です。
結構前に、ビデオで観たのが懐かしい。
ソフィー・マルソーが可愛かったな~^^

権力に立ち向かっていく勇気は、処刑されることで消えてしまったけれど、死して尚、「勇気」は伝染して、あとに続く者たちに受け継がれていくというラストシーンは、今も鮮明に覚えています。
「勇気」は伝染するんですよね^^
そして、「臆病」も伝染していく。

この映画の中で、主人公が最後に叫んだ言葉が「freedom」でした。

思いつきで、さっきの練習の続きに、「liberty vs freedom」と描いてみました。
どっちが勝つと思います?^^
んでもって、最後に「H」を。

こころからホッとできる、あったかい「Holiday」が欲しいな~と思いながら…

最近は、集中力が1時間と続かないので、今日はひとまずこれにて終了しておきます…

またやりま~す^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »