« 日々に疎し。。。 | トップページ | 贅沢ランチ。。。 »

2009年12月13日 (日)

ことばのちから。。。(2)

性格上、以前はしょっちゅう落ち込んでました。
たまに寝込んでた頃もあったくらいです。
元々は冷蔵庫って云う異名をとったくらいに、他人には冷たく尖がってました。
その報いでもあったのやろな~って、今は思ってます。

ま、それでも、落ち込むっていう事態は、どこかで必ずあるもの。
人間は、いろんな縁に触れて生きてるわけで、その「縁」で、上向いたり、下へ落ちていったり(^^;) 忙しい日々を送っているのでしょう。

例外はあるのかな~

心が元気な時は、それでイイ。
でも、命が沈んだ時、自分を励ましてくれるのが、親友であったり、同志であったり。
現実的な話、そういう人たちと連携取れない時や場所にいるとき、自分のその沈滞した心を起こしてくれるのが、いろんな人たちの言葉でもあります。

元気だけじゃなくて、時にそれは、戒めであったり、忠告であったり、叱咤であったりする時もあります。

人それぞれ、元気になれる「縁」は、きっといろいろあるのでしょうが、自分には、「箴言」や「詩」や「写真」が、それに中(あた)るかもしれません。

どういうわけか、そういう言葉たちを、書きとめる習慣が付いていて、結構な量になってるので、今日もまた、ちょこっとその一分を載せてみました。

ことばのちから、第2弾です。

☆ 人生には、さまざまな痛手を受けることがあります。
しかし「達成できる何か」はあります! 何か「実現できる夢」は必ずあるのです! だから、最後に勝利する人とは、たとえ転んでも、立ち上がり、再び前に進む人です。
 (ライサ・ゴルバチョフ M・ゴルバチョフ元ロシア大統領夫人)

☆ 四六時中富んでおれば惰弱になり、四六時中喝采を受けておれば愚鈍となる。 (オーストリアの作家ツヴァイク)

☆ 運命は私たちに幸福も不幸も与えない。ただその材料を与えるだけだ。その材料を好きなように用いたり、変えたりするのは、私たち自身の心である。どんなことにも負けない強い心があるかないかで、人は自分を幸福にも不幸にもできるのだ。  (モンテーニュ 『エセ―』から)

☆ 私は手に負えない楽観主義者である。私の楽観主義は、人間ひとりひとりに非暴力を展開させる無限の可能性が備わっているという信念によるものである。 (ガンジー)

☆ 後退は敗北である。意思というものが屈してしまえば、いったい何が残るのか? 妥協してしまえば、どうして本当の自由が勝ち取れるのか。 (仏ミッテラン元大統領)

☆ 人間の一番の敵は、恐れであり、これが、一番、手強い。
恐れほど、人間にとって、悪い結果をもたらすものはない。
なぜなら、恐れが起こったならば、精神の力を弱め、考える力を断ち、賢い知恵を減らしてしまう。能力や知識も役に立たなくなってしまう。
   (タイの外交官  ワータ・カーン)

☆ 喜びの声を発すれば、喜びの人となり、悲しみの声を発すれば、悲しみの人となる。努めて歓喜の声を発して歓喜の人生を送ろう。  (内村鑑三)

☆ 君の心に悲しみあり
されど君よ、悲しむな
自分で自分の悲しみをふくらませるな
悲しみから自分を解放するのだ
疲れも、わびしさも、悲哀も
吹き飛ばすのだ
迫害の嵐吹きつける運命も
心軽やかに乗り越えていこう
いかに大きな壁であろうと
心も軽く立ち向かう人こそ
勝利者となるのだ
  (ウズベキスタンの詩人 アリシェル・ナヴォイ)

☆ 弱さは自分でつくりだすものだ。  (ルソー 『エミール』)

☆ 人間もほんとうに下等になると、ついに他人の不幸や失敗を喜ぶこと以外の関心をなくしてしまう。  (ゲーテ)

ライサさんは、亡くなられて、も10年なのですね。
旦那さんのゴルビーが、今来日されてますが、お孫さんであるアナスタシアさんを連れてこられてます。
奥さんに良く似た、別嬪さんで聡明なお嬢さんに成長されてて、亡きライサさんも、きっと喜んではるやろうって思いました^^

ナヴォイは、「ナワイー」とも。ウズベキスタンの有名な詩人。
詩集とかは、日本では無いと思います。(あるのかな?)
が、断片なら、チョコチョコお目にかかるときもあり、この詩文も、そんな中から出会ったもの。
このとき、欝がひどくて、かなりしんどかった時期でもありました。
そんな時に、この詩に出会えたことに、ある種の必然を感じたものです。

「負けるなよ」「元気出せよ」「大丈夫や」「きっと頑張れる」

そんなメッセージが聴こえてきたように思ったこと、よく覚えています。
そういう気持ちは、決して長続きはしないのですが、メモってあるので、振り返ってみることも出来るし、また当時の気持ちを思い出して、また「頑張ろう^^」って思えるのです。

さて・・・また沈みがちな今日この頃。
ナヴォイが、こっちを見てるように思います。

負けるなよ^^ 頑張れるぞ^^

|

« 日々に疎し。。。 | トップページ | 贅沢ランチ。。。 »

ことばのちから」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

いい言葉、いっぱいですね。ありがとうございますshine

四半世紀前(笑)のまだ中学生の頃、
今までの人生の中で一番辛くって、
あんな苦しみ全然役に立たないだろうと思ってたら、今になって
思春期にさしかかった息子のしんどさをわかってあげられる、
というギフトになって戻って来ました。

また10年以上前に夫が仕事で苦労していたことが、
今の私を助けてくれています。

無駄にはならないようになってるんですね~happy01

紹介してくださったたくさんの言葉も、
彼らのいろんな経験の中から
実感をもって生まれたものなのだと思うと、
それぞれの人生が愛しくなります。

お互いうまくリラックスしながら、いきましょうねgood

投稿: aopu | 2009年12月13日 (日) 23時49分

aopu さん。。。

苦しいこと、辛いこと、自分がキチンと経験したことは、同じような場面で苦しんでる人がいたとき、100%とは云わないけれど、その人のしんどさの一分をわかることが出来る。
そして、プラスになるアドバイスをしていくことが出来る。

ってことを、とある先輩に云われたことがあります。
だから、どんどん苦労していけって。

苦しみから逃げないでいた分、それは必ず、自分の人生の肥やしになっていくことは間違いないのやから、人生に無駄なんて無いよ、とも云うてました。

その時その場では、どうしようもないくらいに打ちのめされたり苦しんだりしたことも、振り返ったら、笑顔で受け止められる時も来ますよね。

人間、一人では生きていけないのやし、いろんな場面で、持ちつ持たれつも経験しながら、それぞれのペースで、それぞれの立場で、イイ人生送ってけるようにしていきたいものです。

そんな中で出会った言葉は、出会う人間と同様、決して偶然に出会ったものではないと思うし、だからこそ、ほんの一行の文章でも、大切にしていきたいと思って、ノートの書き写してきました。

たまに、有志にメール配信してみたり^^

これからも苦しみながら、イイ言葉を捜して溜め込んでいきま~す☆

投稿: mysticlaw | 2009年12月14日 (月) 21時22分

mysticlawさん「冷蔵庫」っていうあだ名がつくなんて
よっぽどcoolな人物だったんですね。
その反動あってか(?)、私の中のmysticlawさんは熱い人物像を描いております(笑)
一つの言葉に救われたり、元気をもらったり
私もよく言葉によって救われます。周りの人からのもあれば
名言といわれるものからも。
その一言に一喜一憂する気持ち、よく分かりますconfident
だから自分が発する言葉も大切だし、その言葉を受け取った時に
感じる気持ちも大切だな、って思います。
たくさんの素敵な言葉、ありがとうございます♪

投稿: まさっぺ | 2009年12月15日 (火) 16時03分

まさっぺさん。。。

冷蔵庫…そんなんやったから、その報いで、今はひょんなことで、いろんな人から冷たくされたりするのやと思ってます(^^;;

冷蔵庫っていうのは、決して cool ってことではなく、無関心であり続けたって云うたほうがわかりやすいかも。関わることへの面倒臭さっていう感覚が、自分の中をかなり占めていました。
それでも、心の中では、熱いものを求めてはいたのでしょうが。

だから、「言葉」に敏感になって、イイものを求めていたのかもです。
それは、自分の中において、救いでしたね~
助けられてばっかりです、いろんな言葉に。

「言葉」自体、善悪両面の力持ってます。
少なくとも、周りに縁する人間には、前に進んでいこうって思ってもらえる言葉をかけていける自分に成長していきたいっす♪

投稿: mysticlaw | 2009年12月15日 (火) 19時12分

■mysticlawさん、
こんにちは、散歩道です。

「星々の溜息」、これも好い言葉ですね。
ゲーテの言葉に身も縮む思いでお邪魔させていただきました。
私も話し言葉には気を使います。
今この言葉を発しても大丈夫か、相手に失望や絶望を与えないか
結構考えて話をするほうですね、時には沈黙も最良の励ましになるようです。

星の様にちりばめられた言葉、ことば。
また、楽しみに訪問させていただきます。

投稿: 散歩道 | 2009年12月16日 (水) 11時19分

散歩道さん。。。

どうもです^^
わざわざ、お越し頂きありがとうございます。
aopu さんのお蔭ですよね。感謝です。

このゲーテの言葉を聴いたのは、何かの講演だったと思います。
その時は、少し噛み砕いて…

「人間も、本当に低劣になると、他人の不幸や失敗を喜ぶこと以外に、生きがいを失くしてしまう境涯にまで、成り下がってしまう」

って云われてました。何故か、ここだけ覚えてるのです(^^;)

そうなりたくないと、それ以後は思ってきました。これも、感謝です。

「言葉」は一面、とても怖いです。
人間を、生かしも殺しもしてしまいます。
だからって、緻密になりすぎると苦しくなりますし。
難しいですね~(^。^;)

沈黙☆ イイ沈黙できる人は、イイ言葉を出していけると思うのですが、どうなのでしょ???

後ほど、リンク貼らせていただきますね^^

投稿: mysticlaw | 2009年12月16日 (水) 18時48分

■mysticlawさん、
リンク、ありがとうございました。
私の方でもリンクさせて頂きました。

中身のない沈黙は論外ですが、
内に秘めた愛情や優しさは自然と表情や眼に現れますから、
「イイ沈黙」も功を奏する事もあると思います。

私などは語彙が貧しいですから
mysticlawさんの所で多いに勉強させていただきますね、宜しくです。

投稿: 散歩道 | 2009年12月17日 (木) 16時36分

散歩道さん。。。

ありがとうございます^^

「イイ沈黙」が出来る人になりたいと思います。
人間、年齢を重ねるごとに、その人の心根が顔に、目に表れてくるものと云いますが、そういう意味では、怖いですね~

ただ、怖がってても時間は過ぎていくのですから、イイ意味で諦めて(^^;)、日々の積み重ねをしていきたいとは、一応は思っています。

語彙…少ないですよ^^;
きっと、これからわかってくることと思います(^。^;)

そちらは相当寒いのでしょうね{{ (>_<) }}
風邪などひかれませんように☆

投稿: mysticlaw | 2009年12月17日 (木) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204032/47015575

この記事へのトラックバック一覧です: ことばのちから。。。(2):

« 日々に疎し。。。 | トップページ | 贅沢ランチ。。。 »