« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月25日 (木)

クチナシの花。。。

090616_081905

街中で、クチナシの花が白く咲き乱れる季節です^^
紫陽花とほぼ同じくらいに開き始めるクチナシの花が、結構昔っからスキでした。
それが、より気になるようになったのは、ビリー・ホリデーの生涯のことを知ったときからだったように思います。

黒人女性ジャズヴォーカリスト ビリー・ホリデー♪

十数年前だったか、テレビで彼女の特集をしていたことがありました。
黒人であるという理由で、云われ無き人種差別を受け続けたことに対するささやかな抵抗と、白人への憧れをも込めて、あの真っ白に咲くクチナシの花を髪に飾って歌った・・・テレビでは、そんな風に云ってたと思います。そして、それが、彼女のトレードマークにもなったとこのこと。

それから、毎年、この季節になると、甘い香りを放って真っ白に咲くクチナシの花が、かなり気になるようになったわけです。見るたびにビリーを思い出します。

ビリー・ホリデーのことは、かなり前から知ってて、意味もわからないままも、彼女のあの痺れるようなブルースを聴き入っていたものでした。
もう、ホントに聴き入っていたのですよ^^
サラ・ボーンやエラ・フィッツジェラルドもスキですが、自分の中では、ビリーはダントツの地位にいます。

そんな中、2年前に、たまたまアマゾンで種々検索してたときに見つけたのが、

奇妙な果実―ビリー・ホリデイ自伝 (晶文社クラシックス)

訳が、大橋巨泉さんというのが、またよろしい^^
即購入したのですが、買ったまんま、ずっと積読状態・・・
それが今年、クチナシの花が咲き始めたのを機に、なぜか読んでみようと手にとって一気に読んでみました。巨泉さんの訳、読みやすかったです。

(ちなみに今月は、それなりにイイ本を読めています。
アイヌのチカップ恵美子さんの編著「森と大地の言い伝え」 なんかも、心洗われる名著の一つ にあげられると思います。興味のある方は読んでみてくださいね^^)

彼女の44年の短い人生は、麻薬と人種差別の渦の中での、苦悩と闘いの連続と云っても過言ではありませんでした。
それは、生まれてからそうであり、死んでからも続いた熾烈なもので、これが、「レディー・デイ」とまで云われた、ジャズ史上最高の名歌手の生涯とは、とうてい信じられないくらいのものです。

ネットで調べれば、それなりにいろいろ検索できるので、詳しくは書きませんけど、自分が忘れられないのは、彼女の死の前後のこと。

容態が悪化し、病院に運ばれたものの、かなり長い時間、廊下に置かれたベッドに放置されたまま・・・
死んでからも、長らくベッドに横たえられたまま・・・
自分の墓が作られて、埋葬されたのは、亡くなった翌年のこと・・・

この話を思い出す度に、溜息とともにやりきれなさを感じてしまいます。

でも、彼女のすごさは、今も、「ジャズ史上最高の名歌手」の地位を、誰にも揺るがされていないことでしょうか。

「いじめ」を含めての「差別」は、結局は悲劇しか生まないのだってことが、もっともっと浸透されれば、今の世の中、少しでも生き易くなるのにって、シンプルに思います。
そういう自分は、おめでたい人間でしょうか・・・
それでも、微力ながらも、ささやかであっても、何がしかの言動ができる自身でいたいと思います。

ビリーの名曲は数多く、その中でも、一番スキなのが・・・

「Strange Fruit」

作詞は Lewis allen

Southern trees bear strange fruit,
Blood on the leaves and blood at the root,
Black bodies swinging in the southern breeze,
Strange fruit hanging from the poplar trees.

Pastoral scene of the gallant south,
The bulging eyes and the twisted mouth,
Scent of magnolias, sweet and fresh,
Then the sudden smell of burning flesh.

Here is fruit for the crows to pluck,
For the rain to gather, for the wind to suck,
For the sun to rot, for the trees to drop,
Here is a strange and bitter crop.

自分は、邦楽でも洋楽でも、ほぼ歌詞を読むっていうことをせず、いつも聴くだけなのですが、20代の頃、この歌の内容を知ったときは、少なからずショックでした。

でも、いつか、この歌詞をカリグラフィーで描いてみたいと思います。

来月の17日は、ビリー・ホリデーが亡くなって、奇しくも50周年になります。

冥福を祈りつつ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

トンネル。。。

日頃、時間が無い無いって云うておきながら、
いざ、いつもよりもまとまった時間が取れるようになってくると、
やるべきことを手にすることなく、貴重な時間を浪費してたこの約一ヶ月でした。
その上、平均睡眠時間が4時間切ってるし・・・
確かに、仕事は忙しかったのですが、これは、ある意味、アホです。

「やるべきこと」というのは、カリグラフィーのことがほとんどなのですけど、それがなかなかできない・・・
毎日ペンを持つっていう自分に課した課題は、何とかクリアはしてました。
が、それも、ほんとに1行だけ・・・とか・・・ε- ( ̄、 ̄A) フゥー
早い話が、自分を誤魔化すための既成事実を作ってるだけのようなもの。
どうしても、自分の芯のところから、頑張って練習・復習っていう意識が湧いてこなかったのです。
波に乗れないっていうより、波を起こせないっていう・・・
そんなことなので、5月6月はイタリックの復習だけで精一杯 **;

とにかく、トンネルは長かった・・・(ノ_-;)…
でも、朝の来ない夜が無いように、
春の来ない冬が無いように、
出口の無いトンネルは無いのですよね^^

それを今回、身に染みて感じることができました。

今日は久し振りに、ペン持って、練習練習練習が出来、何かしら、気持ちもすっきりです。
やったのが、ゴシックの復習なので、大して大きく進んだってわけでもないのですけど( ;^^)ヘ..
でも、自分にとっては、大きな前進になったと思います。

実は・・・
自分がトンネルの中で、ウダウダしてる間に、自分よりも忙しい、同じくカリグラフィーをしている大切な友人が、一つの書体の修了作品を仕上げるところまできてたのです。
そのコツコツとした小さな積み重ねをしている姿に、「すごいな~」「よく頑張るな~」「エライな~」って感心したものです。
今回のトンネル抜け出しは、その友人からの励ましあって、何とかこぎつけたようなものなのです。
感謝しないとバチ当たりますよね。
あんまり、周りの人を大切にしてこないで、孤高を気取ってた今までの過ぎこし方を振り返ってみて、
ひととの繋がりって、すごく大事なのやって、今頃になって再認識です。
これも、ある意味、アホですけど。

でも、今頃になってってことでも、ちゃんと自分で判ることが出来たのやから、
これも、大きな進歩と思って、これからも頑張らないと^^

尊敬する人がこんなことを云われてました。

感謝のない人間は、行き詰まる。
感謝のない人間とは、付き合うな。
感謝のない人間は、「不知恩」だよ。
「不知恩」の人間は、必ず敗北する。暗い人生に入る。
「不知恩」の人間は、最後は惨めだ。
誰からも信用されなくなる。

そんな人間にだけはならないよう、今まで・これからの人間関係、大切にしていこうと思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »